ブログネタ:乗ってみたい車は?~東京モーターショウ~

クチコミ番付参加中

乗ってみたい 車と いえば・・・・・・・

それは、これしかない

スーパーカー
それも、たぶん俺が乗れる可能性0パーセント

       の
ランボル・ギーニ カウンタックLP5000

しかも、赤がいいな~~ぁ
カウンタック3
↑カウンタックLP5000クワトロバルボレー
しかも 黒だけど、くれるんなら何色でも
いいかな~~ぁ

あと、俺が大金もちなら・・・・・・・・・・・

当然 カウンタックは無論 購入するが、

社用(社長専用車) 

は BMW850i 色は、シルバーがいいです。

これもまた、BMWでは珍しく リトラクタブル・ライト

を採用したカッソイイ車です。おまけに、エンジンも

確か、V12気筒だったはずです。

あとほし~~ぃ言えば ジャガーXJ220と

フェラーリーF40とダッチ バイパーGTS-R

ジャガーXJ220は俺の中でスーパーカーの

貴婦人と思ってます。デザインがアールのきいた

流れるようなデザインで、フェラリーやランボル・ギーニ

とは違う 例えて言うなら、かなり綺麗な女性です。

フェラリーやランボル・ギーニ は戦闘的スタイルと

かこ良さが、ありますが、ジャガーXJ220は綺麗な

形をしたスーパーカー しかも、当時フェラリーや

カウンタックの最高速324kmも破るかなりの戦闘力

を見せつけてます。

フェラリーF40は、第二期スーパーカーブームの火付け

役でフェラリー40周年を記念して作られた車 当時

カウンタックにつぐ渋さを兼ね備えてます。

ダッチ・バイパーGT-Sは↑に書いた車とは違う形

でかっこいい車です。上に書いた車は全部

リトラクタブル・ライト(隠しライト)を使用した車ですが、

ダッチ・バイパーはライトで、車の顔を作りかなり

いかつい、顔立ちだがそれが個性で1回みたら、

忘れられない 車です。一回地元のイエローハット

で、入り口にめだつ 様に止めてあったバイパー

見たんですが、かなりシビレました。日本車には

無いしイタ車やドイツ車 他のどの車にもにていません。

どんな形かと言えば 日本のカプチーノの形をもっと

迫力だした車 カプチーノは660ccだが、バイパー

8000ccのトラックのエンジンをつけた車ですからね

あんな車に乗れる身分なら 今時のレギュラー150円

気にしてなでしょうがね。

これら、乗ってみたい車ですが、たぶん無理でしょう~






あと話しかわって、東京モーターショ に出てきて 

new GT-R ん~~n

正直 微妙、GT-R は 32 で終わったなーて所

ですもう スペック だけで、買える 車の時代は、90年代

で消滅しているのでは、R32は当時 バブル期の車で、

売れまくっていたが、それ以上のインパクトはありました。

スペックも280ps自主規制いっぱいにもっとよくを言えば

え! これが、GT-Rてのを見たかったです。今回の

GT-Rは今までのGT-Rの流れの形でした。

でも好きな人は好きかもよ。










AD

最近、このGT-Gargeの所書いてませんでしたが、

今年こそ月1回は最低でも書きたいと思ってます。

てことで、今年の始めの一発目は・・・・・・

新車4台かいました。

「ほんまかよ~~ぅ!!」

この話は、とあるイエローハットでマシーンを

見っけたのが事の始まりでした。

ある日なにげに、カーショップに立ち寄りました。

最初はヒマ潰しにいろいろ見てたんですが、

とあるコーナーにそのマシーン達があったのです。

       それは・・・・・・

    チョロQしかも昔あったものとは、ちがい

かなりいいもんだしてました。そしてよくみると

これは、、、、すす スバル360・・・・・・

そして、S800 んんん~~欲しい

やっぱり、やめとこと、そそくさとその日は、

家に帰りましたとさ。

しか~~し1週間後おい子を家に送る時

またも、あのイエローハットに立ち寄り・・・

そしてあのコーナーへ直行!!

そして、あのスバル360が、俺が1週間前置いた場所

と同じ所にあったのを見てまだ売れてないのか!!

俺が買うしかないと、熱くなりスバル360手に

そして、こないだは無いと思ってたS800が、

よく探すと上の段にズラリと待っていたのだ!!

そしてここから、加速がつきフェアレディー赤を

見っけたそのチョロQはちょいお値段高めの

こだわり仕上げ と書かれていた。そのシリーズ

は何類も有りほとんどが、日本のノスタルジック カー

渋いしぶすぎるぜ!!さらに熱くなり選びにえらんだ

あげく、HONDA N360

じつは、この車あんまりしらないんですが、

フロントグリルに Hエンブレム見た

瞬間!!これにしょうと決めました。

じつは、かなりフェアレディーと悩みましたが、、、

やはりHONDAにはよわいんです俺が、

 そしてこんなもんで、いいかと帰りかけた瞬間

おい子が、「これ、好きなんちゃうんS2000」

と手ににぎられたマシーンが、S2000だったんで

   思わず「ちょっと見せてみ」と俺が熱くいったの

だった。

そして、結局買いましたとさ。

「それも、キャシュで1600円ほどで、」    

  

                         おしまい!!

       チョ路級

画面向かって左の車がスバル360その奥の金色の車が

S2000そして右の赤いオープンカーがS800通称エスハチ

画面の一番奥の赤い車がHONDA N360です。

N360は俺は知らない車ですが、デザインの形がいいのと

色が赤だったんで決めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   おまけNSXをこよなく愛するオーナーに送る!!

       1枚の画像

       マジョレット版NSX

これがマジョレット版NSXです。

(わかる人はわかります。)


AD

カウタックのケツながーい事GT-Garageの記事書いてませんでしたが、部屋

のかたずけしてたら、この画像のメモリーカードを見つけましたので、カウンタックLP5000の後ろから、の画

 

像貼り付けました。と言うことで久々のGT-Garageです。そして、この後ろのデカイリヤウィング伊達では

 

ないのですカウンタックは、物凄くスピードが、出る車だと思われてますが、その反面に意外に欠点も多い車

 

なのですが、デカイ!!リヤウィングは、その欠点から生まれた産物なのです カウンタックLP400には、リ

 

アウィングが、無いんですがそのLP400の欠点だった所が、時速200kmあたりで、車体が安定しない、ふ

 

らつきが、出るのですそれは、空気抵抗を激しくうけるために車体が安定しない状態が出る、そのためいくら

300km出る車でもアクセルを踏む事の出来ない車になっていたのが、カウンタックLP400でした。その対処

 

として装備されたのが、でか過ぎるリアウィングだった。 カウンタック自体が、空力学的に煮詰められ完成した

 

車体では、なかったのです。それと、NACAダクトやエアースクープ、アウトレットもその効果は見た目より

 

したまわっていたそれが、原因でエンジンルームには、エアーが留まり、それが、200km超えたあたりから

 

来る操舵性のわるさの原因されている 。しかし・・・その後カウンタックLP400のマイナーチェンジで、カウンタックLP400sカウンタックLP500sカウンタックLP5000クワトロバルボレーカウンタックLP500025tnアニ

バーサリーとして、進化1974~1989まで、永きに渡り愛された、イタリアのスーパーカーなのです。

カウタック単行本1巻そしてこんな、単行本みつけました!!この漫画 は、熱い!!カウンタックLP400をここまで、好きな漫画家いるだろうか!!梅澤 春人が、描くカウンタックは、スーパーカーブームで育つた世代は、涙なくては読めない内容は、あえてフセますが、間違いなくヒットする漫画です。

そして↓のカードが、泣かせますね~~~~~俺はタマラナイ感動!!

 

きらきらカウンタック 俺が買った単行本に付いていたカード(かっこいい!!)

いわゆる これが、カウンタックのガルウィングです。そして、ライト開けてもかっこいいのが、スーパーカー帝王たる所以フェラーリーには、リトラクタブル ライト(いわゆる、隠しライト)を開けてかっこいい のが、1台も無いが、さすが、カウンタックは、惚れ惚れする例え空力がどうだのダクトが駄目だのと言っても、それを差し引きできる、かっこ良さ、とカリスマがそなわった車は、もー二度と出て来ないと俺は思うのですが!!。

AD
ついに、登場スーパーカーの帝王カウンタックだぞ!!

カウンタックLP5000この車は、スーパーカー第1次ブームのLP4

00のデザインをいかしたLP5000です。おーとここで、LP5000のゼロが

一つおおく書いてあるときずいた人は、LP500の間違いじゃないの?と思うって

いるだろう!!LP500とは別ものなんです。このカウンタックLP5000は、

LP400べ-スにオーバーフェンダーやLP500と同じ巨大なリアスポイラーな

どを装備したカウンタックです。大体の人はリアスポイラーが有る無しでLP400

かLP500といいます。それだけこの車の知名度が高いのがわかります。

LPなんちゃらとか知らなくても、カウンタックと聞けば1度は耳にしたことあるで

しょ!!めちゃめちゃかっこいい、からな!!俺がくそガキ時分に見たまま色あせし

てないのが何よりの証拠いくら作り物が、年を取らないとは、ゆえ30年前のデザイ

ンが今も不滅とは凄い!!事だよ。こいつを、生み出したランボルギーニがいかに

フェラーリよりいい車を作りたかったかが解る車がカウンタックだったと俺的には

思うなーこいつをデザインしたマルチェロ・ガンディーニの感性がすごい未来を見て

いるかのデザインそしてマルチェロ・ガンディーニのデザインを惚れこんで、車にし

たフェルッチオ・ランボルギーニのスピリッが世に生み出したスーパーカーだ!!

だから、日本のくそガキどものスーパーアイドルになったのもうなずけるはずだ!
     (そのガキには、当然俺も入ってるがな!!)
 後ろから見たミウラです。黒いブラインドみたいな所の下に水冷60度V型12

気 筒DOHC3929ccの過激なエンジンが積まれてます。ミウラが好きな人

は、こ のミウラP400SVよりライト部分にまつ毛のあるP400Sのほうがいい

と言う人 もいる。まーあ車の形はほぼいっしょですが好みの分かれる所です。

(こだわり!!だよ!)車好きは、そうゆうこだわりをもって車を購入するからな!!

(でもこの車ミウラを買う人はよほど好きか金もちしかかえないぞ!)  

 (現実的な事 言うなよなー夢がないぞー男のロマンだ!!)
  
 俺のこのミウラの思い出といえば、駄菓子屋の前によくガチャガチャが設置してあり

 1回当時20円でカプセルが出てきた。そのカプセルの中からスーパーカーけしご

 む が1個い入っているのだが、カプセルに無理やり入れられているため曲がった

 スーパーカーが出てくるだよ!!そしてよく出たのがミウラいーあーなん十台所有
 
 してたかあ今思うとブルジュアなくそガキだたなーーでも曲がったミウラですけど!!
 
そうそう!そのガチャガチャの名前はコスモ かコスモスだったような気がするだれか覚えてる人いますか・?
このミウラ スーパーカー第1次ブームのはしりのこの車を、見てくれ!!

こいつは、ラ ンボルギーニ社のミウラP400SVという車です。時は、1971

年~1972年 製造された車他にも初代ミウラP400( 1966年~1969

年製造 ) ライトにまつ毛がある中期ミウラP400S(1969年~1971年

製造) そして画像のミウラSVP400SVこのミウラは最終型で、中期ミウラP

400S のライト部分にまつ毛があった物を廃止してかっこよく仕上げられてま

す。P400 SVのVはイタリア語で、ウ”ェローチェで、速いと言う頭文字のV

です。たしかに このミウラ速かっただろう最高出力・・MAX370ps/770

0rpmも出てい たとは、スゴイ1969年頃の日本の車では、あり得ない数値

だ!!形もそうだが、 日本人の感性ではありえないスタイルをしていたはず、今見

てもいいデザインセンス だ。イタリア人の感性あるデザインは、今でも日本人は勝

てない。いいデザインする 人材がいても日本は、右に習えの習慣があるため製品と

して、世に出る事が少ないの が事実 売れてる物のまねを、する。だが、スーパー

カ-とは時代を無視し、今あ る現状全てのぜいたくな、装備とスタイルを詰め込ん

だ乗り物なのです。ミウラもそ の1台です。

 Nsxについて、軽く説明を、付け足すと、車の価格は、1990年ごろで、
 
 1千万くらいしてました。デビューしたては、バブル期だたので、1千万
 
 の車でも、予約で、生産が、追いつかない状態でした。

 (なんで、車の生産で、造られないのか!)と思う人もいるかと
 思いますが。
 NSXは、機械でのオートメイションでの生産じゃ無いからです。

 熟練したHONDAのメカニックがほぼ、手作業で1台ずつ

 丹精こめて造られオーナーのもとに、来るのだから、金があったバブル期でも、

 大量生産は、 不可能だたのです。

 そもそも、車の売り上げ目的をめざした車では、ないからです。

NSXは,その時代のHONDAの技術の結晶体そして、車の最高峰(夢の日本製、スーパーカーの誕生だから!!)
あくまで、金では、無く夢を、追った車だからです。(でも、お金無いと買えないがなー)
(おーいテメイなんてこと、言うてるんだヨ!!)

(男は、夢、ゆめ、だよ!!)(HONDAを、見ろ、凄いだろ、HONDA DNA)  

 おまけ で言うと、NSXが、出てくる映画が、ある。

 写真のNSXみたいに、超ドアップで出てくる。

 映画名は、パルプフィクションのNSXは、劇中アキュラと呼ばれている。
             (HONDAの輸出仕様の名前)
 掃除屋と呼ばれる紳士的おちゃんが、NSXを転がしてやって来る

(掃除屋とは、ギャングが、殺した死体を、処理してくれるおっちゃんです。)

 電話1本で、速攻できます。映画の中のセリフで、こういいます。

 (10分でそっちに、行く)と言いシルバーのNSXで現れるです。
          (写真の様なNSXで参上します。かっこいいー)
 現場に到着したら、ギャングの2人が、掃除屋おっちゃんのNSXを見てたら、
 
(俺のアキュラに、傷でもつけてみろ、お前ら、ブ殺すぞ!!)
 
 と掃除屋のおっちゃんのセリフが、かっこいいんだ!!
 
 そして、仕事が、終わると、ぱっ金ボインを、シルバーのNSXに、
 乗せホイルスピンさせえて、ぶっ跳んで行くのです。
 でも、この映画に、出てくるシーンは数秒です。興味ある方は、1度観てくれ!!
 

NSX-tyep s zero NO:4


次に足まわり、についてNSXーtyep s zeroは、サスペイションは、

 ノーマルNSXより、固めの、セッテングされてます。             
アルミホイールは、この、tyep s zeroのみ、ドイツ製の、BBSを、履いてます。   
BBSとは、ドイツ生まれのアルミホイールで、BMWの純正、標準アルミホイー

ルで、しられてます。
 
BBSは、鍛造アルミホイールで、かなり、高価なアルミホイールなのです。

(俺自身も、RX-7に、履かせていた。4本で、30万以上する高価なホイール
 今考えると、よう買えたなー)

でも、なぜ高いのか、それは、鍛造アルミホイールだからです。アルミホイールには、鋳造と鍛造が、あり鋳造は、鋳型にドロドロに、溶けたアルミの液体を、流しこんで、造るホイールです。 

鍛造は、アルミの固まりを、専用のプレス機で作られたホイールです。だから何が、

違うの!!と思うはず鍛造ホイールは、耐久せい が、あり長持ちします。でも形に

は、限られた物しか、できません。

対する鋳造は、回転耐久せいは、無くそんなに長持ちは、しません。でも、ホイールデザインの多さは、物凄くあります。(耐久せいが、無いと言ても車を何時かに買い換える時が来るまでは、ホイールもってるだろ)

まーあ鍛造だろうが、鋳造だろうが、かっこよければ、いいんですよ!!
高い、いいアルミホイールはいても、車とあってなければ意味がないですからね。

NSX-tyep s zero NO:3

次に、NSXの心臓部に、ついて、(エンジン)は、写真のリアガラスの下が

 エンジンです、アルミネットごしに、見えるのが、エンジンです。        
 ミッドシップと、呼ばれるエンジンレイアウトです。              
 ミッドシップの説明:ミッドシップとは、車の、中央にエンジンを、載せた、車で す。
(だが、フロントにエンジンを、載せた、フロントミッドシップて、のもある)
 
 NSXはエンジンを運転席の後ろ側、普通の車(4人乗り)後部座席に、エンジン があります。
 当然2人乗りです。(まースーパーカーの宿命です。)
 スポーツカーは、運動性能 を、あげるため車重バランスが、重要になって、くる、いくらいい、
 エンジンを、積んでも、バランスが、悪くては、クイックに曲がる事も出来ません。そこで、車の
 中心にエンジンを乗せ前後のバランスを取るMD(ミッドシップ)が、生まれたのです。
(スーパーカーは、ほとんどが、MDが多い)絶対MDの方が、スポーツ 性能が、いいとは、限ら ないですヨ!!あくまで、理想です。HONDAが、この車を、造る時、最上級のエンジンレイアウトだと考えたから、だと思います。
 排気量3200ccVTECエンジン6速マニュアル ミッションで、メータ読みで、270kmぐらい、出るらしい。
(俺が、乗ってないから、はきりとは、言えないが?でも、NSXなら、きっと出るにちがいない。)
かっこいいーーいNSX。 
 この、リアビュー見て下さい。じつにいいですよ。ううーんしびれる!!(まあーあたりまえです。
 この、リアテールまわりが、その当時のHONDA車のデザインが、濃く残ってる所です。   
 
 NSXのデザインは、イタリアの某有名なデザイン会社に、委託されたとゆわれてます。(フェラーリのデザインもやってる会社です。)
 
 一流のデザイナーが当時のHONDA車のデザインを、上手く取り入れた所が、テールランプまわりです。当時は、(civicのテールランプ使ってるちゃうんか、)とか言われてました。(そんなわけ、あるか!!)まあー今となっては、90年代のHONDA車のいい味に、なってる所でも、あります。