大人になると・・・

テーマ:

最近ほんと寒いですね。マークです。


こういう時は屋台であったかいもんでも食べに行きたいですな~。


あと、映画「男たちの大和」と交渉人「真下正義」をちょっと見たいですね。


長渕さんの「close your eyes」は久々にいいな~と。


むしろこの曲から映画にも興味が湧いてきたといっても過言ではない


ほど何か心動かされました。



先日書いた記事に仲間のことを書いたのですが進展がありました。

結論から言うと、彼は退社すると決心しました。


相談に?(というかほとんど腹は決まっていたようだが)のっていた

時までの彼はほんとに笑顔がなくなり、何か調子悪いのかな~というのが

目に見えていたのですが、決心がついてからは笑顔も少しだけ戻りつつ

最後の業務をしております。


違う部署の人からすごく気に入られていて部署移動の話もあったのですが

彼が辞めたいと思うようになるのは今回が2回目でした。

前回も相当悩んだらしく、自分が簡単にあきらめる人間だというのが

嫌で踏みとどまったらしいのですが今回は再び盛り上げる気力すら

なくなってしまったようです。

たしかにご飯もあまり食べず、遊びに出かける元気もなく、毎日家に

帰っては寝る、というか何もしたくない状況になっていたんです。


彼とは同じ研修とかを受け、彼の人間性などをわずかですが

見てきて、良き仲間であり良きライバルとしてやれそうな関係を

築けそうだっただけに残念です。


しかし、彼の状況を見ているとガンバレとはとても言えませんでした。


違う部署の人とは彼自身もうまがあっていたので

部署の移動も選択肢に入れて欲しかったんですが

2回目ともあってやり直す自信もなくしていたようです。


人の人生なんてどこでどう転がるのかわかりません。

ただ、日々何か努力してないとまず好転することは少ないのでは

ないでしょうか。

彼にとって今回の決断が良かった事になることを祈るばかりです。

AD

善と悪。裏と表。

テーマ:

こんばんわ。夜に書くのは久しぶりです。マークです。


最近めっきり寒くて朝布団から出たくない症候群にかかってます。


あと、ストレスのせいか間食がとまらなくなりつつあります。


非常にやばいです。



最近毎日休憩時間に株価をチェックするのが密かな楽しみになってます。

株を買うことで社会のことを一層知る機会が増えているなと

感じるのと物の見方も少し変わってきている気がします。

ただ、相変わらず俺のボロ株は上がりませんw

ちゃんと調べて買ったものは良い方向に向かってきているので

欲だけで選ぶのはだめだと実感してます。

常に勉強です。


今、仲間の一人がちょっとやばい状況にあります。

真面目で明るくて正義感の強い人なんですが、それだけに

裏では相当悩んでいるようです。

俺もそんな経験をしたことあります。


社会に出てると上の人間が「あのカラスは白い!」と言うと

「いえ、黒です!」とは言えないことが多々あります。

良いものは良い、悪いものは悪いと言いたいのに言えない時の

葛藤は俺は何とも言えない気分になります。

こういう機会に出くわせば出くわすほど自分に力をつけなければと

思ってしまいます。


その連続でストレスがたまり、体に支障がくるほど悩んでいる仲間が

いて、少しでも力を貸してあげたいのですが俺には力がありません。

黒いものを白いと言っているやつに「黒だろ!」と言えるだけの

力がありません。


無力です・・・。


ほんとにどうしてよいかわかりません。


何を書いたらいいのかわからなくなったので今日は終わりにします。

ごめんなさい。



AD

嬉しいできごと(後編)

テーマ:
前編では学生時代の事だったが今回は結婚式

前後のお話。


俺は格闘技が好きで彼らをちょこっとプロレスの世界へと

引き込んだことがある。

彼らもそれに付き合ってくれ、そこそこ楽しんでくれていた。

だから俺は結婚式に
























「うおォォォォー!!おめでとう!!

 

レスラーはなぁハートなんだよ!!」






















こんな格好でこんなこと言いたかった。

でも彼から昔、

























「うちの親父、怖いしうるさいしめっちゃ古いんよ」



と言われた記憶がよみがえった(大汗)







よくよく考えると彼



























レスラーじゃありませんから!!







当然ながら俺もレスラーじゃない・・・。

興奮してたんやろな、俺。_∥ ̄∥○



いざ結婚式場に行ってちょっとしてから、友人と

俺「あいつの家族とか兄弟って似とんのかね~?」

友人K「どうやろかね~。俺も見たことなか~。」

俺「どの人があいつの身内か当ててみようか」

友人K「おう、じゃあ探してみっか」




数分後・・・


俺「おいおい、兄ちゃんおったぞ」

友人K「まじ!どこどこ?」

俺&友人K「そっくりやん!!」

しかも二人の兄ちゃんは























双子

































俺&友人K「だったね~双子やった。どっちの兄ちゃんも似と~」







当然である。双子なんだから。


さらに



俺「確か姉ちゃんもおったよな~」

友人K「そうやったね~」

するとそこへ子供を抱えた女性が・・・



























俺「なーなー(友人Kへひそひそ声で)、絶対この人ねーちゃんやんw」

友人K「間違いなかろうねw」





ねーちゃんもそっくりだったw。

兄弟って似るもんやな~と思った。うちもこげん見えるんやろか?

と心配になったw



と、先ほど話に登場した父ちゃんなんだが・・・

























俺「うわっ、渋い・・・。宇津井健に似と~!」


























と、心の中で叫んだ。

前にも言ったが俺は思ったことをすぐに口にはだせない小心者である。



実は俺は彼のかーちゃんにも一度お世話になったことがある。

溜まり場だった俺のところへ彼らはよく泊まっていたので

ある時彼のかーちゃんが一人暮らしの俺のところへ

お弁当を持たせてくれたのである。

現在、学生で一人暮らししてる人は飯を用意しなくていいのは

ほんと嬉しいのをわかってくれると思う。

(リッチな学生にはわからんかもしれんけどね)

でも彼のかーちゃん、彼、




























そんなにうちに泊まっとらんのよね
~ヽ(;´д`)ノ ヒュー 







彼んちそういうのはかーちゃんよりとーちゃんの方がうるさいらしい。

あっ!!、






































奥さん、冗談ですよ冗談ww



彼は真面目な人ですよ。心配ゴム用。

あっ、御無用です・・・(汗)



とにもかくにも彼には幸せに長生きして欲しい。

昔の彼は端から見てて怖いくらい運転中にメール打ってた。

マメなのはいいが、運転中の携帯メールはちょっと控えようねw


























AD

嬉しいできごと(前編)

テーマ:
ちょっと前に友人が結婚した。

おめでたい!!



そして・・・



















(´Д`)ウラヤマスィ~






















えがったえがった♪♪












そうそう、俺もそろそろ結婚してもいい年頃なのである。

しかし残念なことに・・・






















相手がいない・・・_∥ ̄∥○…orz







その友人とはどういう付き合いかというと

生まれ育ったとこから大学入学の為に移り住んだ先で

最初に友達になった人で、卒業するまでつるんでいた人間である。

彼ら(今回は結婚した友人をメインに書く)には大変お世話になった。



俺は大学が理系だった為出席が厳しくとられるので朝一で

扉の前に立つことがたまにあった。ただし、





















パチンコ屋の…チン、ジャラジャラジャラ

 
                
              

_∥ ̄∥○
























そう、何を隠そうダメ大学生の経験がある。
(代返をしてくれる友人もいた・・・。/(x x /)ごめんちゃい)


かくいうこの友人は真面目な人で大学生になってからも

勉強していた。テスト前は勉強教えてもらってたし。



そんな彼の(もう一人いたが)エピソードが一つ。



俺は一人暮らしだったため(とはいっても貧乏だったので

銭金に出てくるようなところで間借りしていた)

けっこうな溜まり場となっていた。

そんなある日、大学の授業が休講になったのである。

その日俺はそんなことも露知らず





















(o_ _)o.zzz…寝坊である(大汗)















そこで彼らは空き時間をつぶすためと知らせるために

我が家にやってきたのである。

そして俺が気づいた時にはうちで友人二人でスーパーファミコンを

していた・・・。























ん…うん…

ん!!


























おわっ!!あんた誰??
























目が覚めたとき、二人の背中しか見えなかったので誰だかわからなかった。

一回見てまた寝て驚いて起きるといった漫画のような動きをしていた。

その後・・・


























友人二人

「ウィーッス!!1限休講になったから!」



俺「おおお前らどうやって入ったん!?」



そう、鍵はちゃんとかけていたのだが我が家は古く

(築何年かはわからないが昔は3畳だった部屋を壁をとって6畳に

してある昔から貧乏学生の住む家だったのだ。)

玄関こそ普通の鍵だったのだが、個人の部屋の扉は

わっかに「 ̄○こういうのが引っかかるだけの家であった。

引っ掛けるだけなので扉に隙間があり、そこに何かのカードを挟み、

クイッ!!

っとあけたらしい。



みんなは寝てる間に誰かが自分の部屋に入ってきて何かをしている

といった経験がありますか?



こんな彼がとうとう旦那さんです。

俺に結婚の連絡くれた時、こんな事言ってました。
























彼「俺もとうとう年貢の納め時かなw」



















奥さんが見ていたら誤解されるので言っときますが冗談ですよw


彼はホッソリ・スラッとした男前でもてる人だった。

ちゃらちゃらしてないし真面目なんだが悪ふざけにも付き合ってくれる

いい奴だった。しかし何といっても























女に対してマメ

だった。






















これは最も俺が結婚相手を探すのに必要なのではないかと思う・・・。




まあ俺は不細工だし、もちょっと痩せた方がいいというのもあるのだが・・・。