いい話・悪い話

テーマ:

韓国土産話第2弾です。マークです。


観光地の話。


景福宮というとこに行きました。

ここは豊臣秀吉が韓国征伐に出陣した際の舞台になった場所らしいです。

激しい攻防が繰り返され見事豊臣軍を返り討ちにした話など

すっかりガイドに聞き入ってしまいました。

作りはどういうものかというと

漫画「龍狼伝」というのを知ってる人ならまさに漫画にでてくるような

お城そのものだと思ってくれたらいいと思います。

三国志の挿絵などにでてくるような作りでちょっと感動しました。

ここは三国志とは関係ないですが漫画をダブってしまいました。

男性にはかなりお勧めできるとこだと思います。


あと韓国で有名な屋台。

何だか得体の知れないものや見慣れないものがありました。

豚の頭の丸焼きや黒いソーセージみたいなもの。

チャレンジしたかったのですが団体行動だったため買えず。


次の日の朝、ちょっと自由時間があったのでホテル周辺を約1時間ほど

散策し、屋台で買い物を。


俺「カムサハムニダ~。」


おばちゃん店員「カムサハムニダ~」


挨拶くらいしか知らなかったので英語で


銀紙に包まれて鉄板の上で保温されてるものを指さし、


俺「what is this?]


おばちゃん「(困った表情で)nhiahfapsoig (韓国語なんですが・・・)」

       「ウ~ン・・・ベーコン・ピクルス・エッグ・・・なんちゃらかんちゃら」


俺「ふ~ん。」

どうしようかな~と悩んでいると

おばちゃんがわざわざそれを開いて詳しく韓国語で説明してくれました。


言葉のわからない俺はとりあえずおばちゃんが一生懸命説明してくれたのが

嬉しくて1500ウォンの方を買いました(1200か1500だったので)。


俺「カムサハムニダ~」


おばちゃん「カムサハムニダ~」


買ったのは朝食にちょうどいいホットサンドのようなものでした。

もっといろいろまわりたかったのですが如何せん時間が・・・。


前の記事ではお金に厳しい奴だなと映っているかと思いますが

「必要なものを必要なだけ必要な時に適切な値段で」というのが

ついつい出でてしまうんです。

社会に出てからはこれが身にしみてしまいました。


でもこの時はそれよりも熱意のようなものに心動かされたので

別にそんなに欲しくなくても(あと韓国でしかできない体験が一番の

目的だったので)買ってしまいました。


親には「あんた若いのにけちね~」と言われたりしますが

自分ではケチだとは思ってません。

今しかできないものとか今しか買えないものとかでは

バンバン買いますから、俺。



悪い方の話。


これまたガイドさんに紹介されて行った韓国式サウナとでもいいましょうか

「汗蒸幕(ハンジョンマク)」に行ってきました。


以前から韓国アカスリをやってみたかった俺は興味深々。

参加者は男はお偉いさんと俺の二人だけ。

何かサウナのようなとこで面接されてるみたいで嫌でしたw

でもサウナ→入浴→アカスリ→体を洗ってくれる(ここまで男の人に)

上がってから全身アロママッサージ→フェイスマッサージ(女性に)

してもらいすっごい気持ちよかったです。


後で聞いた話ですが女性陣で行った方と話してると

同じコースでもメニューがさらにあったらしい上に

チップなんかなかったよと。


やられた~・・・

気持ちはよかったんですが正直それなら日本のサウナで

頼む方がいいと思いました。

サービスも値段も。


日本はサービスに関してはほんと充実してますよ。


AD

コメント(3)