非通知相手の対処法

テーマ:

なんだかお疲れ気味です。マークです。


今週は休みが少ないのといろいろ仕事が大変でしんどかったです。


おかげで運動に誘ってもらったのに参加できず、


どうやってストレス発散しようかまだ迷ってます。



今日、非通知で電話がかかってきました。

俺は以前何度か出会い系サイトの請求の電話がかかってきて

暇つぶしに相手してむこうを逆切れとかもういいとか言わせて

撃退したことあるんですが、今日はちょっと違う戦法でとってみました。


「ぷるるるっ、ぷるるるっ、ぷるるるっ、ぷるるるっ、ぷるるるっ、・・・」


ちょっと長めに出るのを待ってから


「ぽちっ」


非通知 (むこうもちょっと間を置いて)

      「もしもし」(ちゃらい感じの若目の男の声)


俺「・・・、・・・、・・・」

  (充分間を取って)「もしもし・・・」


非通知「・・・あっ、すいません。間違えました~」(声のテンション↑)



なんだよ~。つまんね~な。

これからどうしようか考えてたのにw


みなさんはこういう電話の対処ってどうしてます??

おもしろいのがあったら是非試してみたいんですが。

お願いしま~す。

AD

これから楽しみだ

テーマ:

平日ですが嬉しかったので。マークです。


昨日、寝る間際に入った朗報。

R-1グランプリで福岡吉本の博多華丸が優勝しました~!!


俺が高校生だった頃くらいだろうか。

吉本が福岡にも上陸してきた。

主に九州出身のお笑い芸人(志望)がテレビに出始めました。

当時あった「とことんサンデー」という番組。

これが福岡吉本の始まりだったのではないでしょうか。


この番組で博多華丸(当時は鶴屋華丸)・大吉(当時は亀屋大吉)が

福岡吉本のリーダー的存在としてがんばっていた。

今では初期のメンバーでお目にかかれるのは何人くらいだろうか。


俺はその番組は好きでよく見ていました。

博多弁丸出しのテレビ。

それが一番感動したような気がする。


ちょっと前までは博多華丸・大吉もまだ福岡で活動していたんですが

福岡吉本の後輩芸人達がどんどん東京に出て行くようになっていた。

あんまりパッとしないようですが。

あいつらが行くより華丸・大吉とかおたこぷーとかが行った方がええやろ~

と思っていたんですが、とうとうその時期が来たんですね~。

博多華丸・大吉に改名して進出するらしいと聞き、

がんばって欲しいな~と思っていました。

吉本つながりでたまに大阪の方にはちょこちょこ仕事に行っていた

みたいですが、東京では全く見なかったです。


はじめ、日テレの「松紳」で福岡の芸人が熱いと紹介され

これで福岡吉本の芸人もでてくるかと思っていたんですが

壁はなかなか厚いようでした。

地元では華丸・大吉の東京進出のコーナーを作っている番組があり

彼らのことを少しだけ紹介していました。

俺はそれが結構好きで見てたんですが

なかなか厳しいんだろうな~と感じました。

二人とも結構いい年なんで勇気のいる挑戦だと思います。


そんな中今回のR-1優勝。

福岡人としてめちゃくちゃ嬉しかった。

二人には全国区の芸人になって欲しいです。

ただ福岡人・九州人の心は忘れて欲しくないですね。


もう一人おもしろい人を紹介しておきます。


鹿児島出身 三遊亭歌の介


この人もおもしろいですw





AD

ちょっと騒ぎすぎか?

テーマ:

今日は昼前まで寝てました。マークです。


起きてからゆっくり風呂に入りたいな~と思ってましたが


遅く起きたためそうゆっくりできず、とりあえず外に出て


行った事のないラーメン屋に行ってみました。


チェーン展開してるとこでそこそこ店舗数も持ってるとこでしたが


大してうまくなかったのでもうそこには行かないでしょう。



今日は先日買ったバットの初打ちしてきました。

結構わくわくしてました。


「おし!いい当たりしてやるで~!」


1球目

いきなり空振りw


2球目

パコンッ!


うんんん・・・

何だこの音は。


3球目

パコンッ!

いい感触w あれ?でも音は・・・


そんな調子がちょっと続きある時バットの先にボールが・・・


バコンッ!







痛て~っ!!


硬式球を打った時のような痛みが・・・


その後も何度かいてっ!っと思うようなのがあり、

このバットは打ち手のレベルも必要なんだなと思いました。

確かに芯くった時の伸びはちょっと気持ち良かったけど。

反発力が高いといううたい文句だけをそのまま鵜呑みにした結果、

バットから





「もっと練習してから使えよ!へたくそ





と言われている気がしましたw

これからこのバットとどう付き合っていくか考えますw


それにしてもトリノオリンピックは残念な結果が続いてますね。

ハーフパイプやモーグルは苦戦するだろうなと思ってましたが

スピードスケートはメダルが取れるんじゃなかろうかと

思って見てましたがだめでしたね。

清水宏保→加藤条次への世代交代はいい感じに

(というと清水選手には悪いんですが)

移行したと思いますね。清水選手は一時代を築いた偉大な

スケーターです。

彼が数年前に「自分を脅かす若い選手が出てこない」

と嘆いていたのがすごく印象に残っているんですが

加藤選手が見事世界で戦えるレベルの選手として出てきて

良かったと思うのですが今回はまだまだだったということですね。

それにしても岡崎朋美選手は素敵ですw


あと個人的にスノーボードクロスという新競技がおもしろそうだと

思ってます。

スノボーができたならあれに挑戦したいですね~。

AD

やっぱりええわ~

テーマ:

こんばんわ。マークです。


今日は暖かかったり寒かったりなんとなく疲れた一日でした。


もうすでに眠くてたまりません。



昨日2,3日前に注文したDVDが届きました。


何のDVDかというと・・・











8時だよ!全員集合2005




ですw


前々から欲しくて欲しくてたまらなかったんです。

ちょっと仕事で遅くなったので見るか見ないかで悩んだんですが

見ました。11時すぎから・・・


当然途中で記憶がありません・・・


というわけで今から見ます!


それではw

いい話・悪い話

テーマ:

韓国土産話第2弾です。マークです。


観光地の話。


景福宮というとこに行きました。

ここは豊臣秀吉が韓国征伐に出陣した際の舞台になった場所らしいです。

激しい攻防が繰り返され見事豊臣軍を返り討ちにした話など

すっかりガイドに聞き入ってしまいました。

作りはどういうものかというと

漫画「龍狼伝」というのを知ってる人ならまさに漫画にでてくるような

お城そのものだと思ってくれたらいいと思います。

三国志の挿絵などにでてくるような作りでちょっと感動しました。

ここは三国志とは関係ないですが漫画をダブってしまいました。

男性にはかなりお勧めできるとこだと思います。


あと韓国で有名な屋台。

何だか得体の知れないものや見慣れないものがありました。

豚の頭の丸焼きや黒いソーセージみたいなもの。

チャレンジしたかったのですが団体行動だったため買えず。


次の日の朝、ちょっと自由時間があったのでホテル周辺を約1時間ほど

散策し、屋台で買い物を。


俺「カムサハムニダ~。」


おばちゃん店員「カムサハムニダ~」


挨拶くらいしか知らなかったので英語で


銀紙に包まれて鉄板の上で保温されてるものを指さし、


俺「what is this?]


おばちゃん「(困った表情で)nhiahfapsoig (韓国語なんですが・・・)」

       「ウ~ン・・・ベーコン・ピクルス・エッグ・・・なんちゃらかんちゃら」


俺「ふ~ん。」

どうしようかな~と悩んでいると

おばちゃんがわざわざそれを開いて詳しく韓国語で説明してくれました。


言葉のわからない俺はとりあえずおばちゃんが一生懸命説明してくれたのが

嬉しくて1500ウォンの方を買いました(1200か1500だったので)。


俺「カムサハムニダ~」


おばちゃん「カムサハムニダ~」


買ったのは朝食にちょうどいいホットサンドのようなものでした。

もっといろいろまわりたかったのですが如何せん時間が・・・。


前の記事ではお金に厳しい奴だなと映っているかと思いますが

「必要なものを必要なだけ必要な時に適切な値段で」というのが

ついつい出でてしまうんです。

社会に出てからはこれが身にしみてしまいました。


でもこの時はそれよりも熱意のようなものに心動かされたので

別にそんなに欲しくなくても(あと韓国でしかできない体験が一番の

目的だったので)買ってしまいました。


親には「あんた若いのにけちね~」と言われたりしますが

自分ではケチだとは思ってません。

今しかできないものとか今しか買えないものとかでは

バンバン買いますから、俺。



悪い方の話。


これまたガイドさんに紹介されて行った韓国式サウナとでもいいましょうか

「汗蒸幕(ハンジョンマク)」に行ってきました。


以前から韓国アカスリをやってみたかった俺は興味深々。

参加者は男はお偉いさんと俺の二人だけ。

何かサウナのようなとこで面接されてるみたいで嫌でしたw

でもサウナ→入浴→アカスリ→体を洗ってくれる(ここまで男の人に)

上がってから全身アロママッサージ→フェイスマッサージ(女性に)

してもらいすっごい気持ちよかったです。


後で聞いた話ですが女性陣で行った方と話してると

同じコースでもメニューがさらにあったらしい上に

チップなんかなかったよと。


やられた~・・・

気持ちはよかったんですが正直それなら日本のサウナで

頼む方がいいと思いました。

サービスも値段も。


日本はサービスに関してはほんと充実してますよ。


久々に贅沢な買い物を・・・

テーマ:

軽く運動してすっきりしたマークです。


おかげで昼~夕方にかけて眠くて仕方なかったのですが


夜寝れなくなるのでふんばってます。



昨日はなんですが、軽く運動してきました。

俺は野球が好きなんですがマイバットがなかったので

買いに行ってしまいました。

知り合いと話してる時に

「ビヨンドマックスというバットが反発力が高くて飛ぶよ」

と言われ、そのバットを見に。


お店でバットを触ってみるとウレタンなのかゴムなのかわかりませんが

金属バットがやわらかいんです。

ぐにゃっとはしてませんがボールがあたる部分がそんな感じです。


俺「これって試合とかの時に違反にならんの?」


知り合い「大丈夫。公式なもんだよ」


俺「ちょっと高いね~。でも専用のバットケース付きなんやね」


知り合い「そうそう。普通の金属にバットケースをつけてちょっとお金を

プラスせにゃならんけど、まじで飛ぶよ。」


俺「そうなんか・・・。一生物が欲しいからちょっと奮発してもいいんだけど

予算はちょっと超えるなあ・・・。」


そんなやりとりをし、店員との交渉へ。


俺「これもうちょっとだけまけてもらえません?バッグも買うつもりやったけど

ちょっと予算オーバーなんですよ~」


店員「すいません。これ、正月特価の時の値段を続けてるんでこれ以上

まけられんのですよ。もとがいい物だからお買い得にはなってますけどね」


正直、もうちょっと交渉しても良かったんだけど、知り合いも手持ちぶさたに

してたので結局それを買うことに。


野球バッグまで入れて予算20000円だったんですが

バットだけで20000円になっちゃいました。

バッグはまた今度までにお金貯めて買うことにしました。


外で体動かすのはいいことなんだけど趣味にもお金かかりますね。


でも、おもちゃを買った子供のような気分で帰り、ルンルンでしたw



日本人対韓国人

テーマ:

長いことさぼりましてすいません。マークです。


おしかりの連絡を頂きましてあわてて書いております・・・。


最近おくればせながら「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」という本を


読んだのですが中々おもしろかったですね。


経済入門のきっかけにはなるかと思います。


次はこれまた売れている「百夜行」を読もうかなと思いつつ、


なぜか昨日新渡戸稲造著「武士道」という本を買ったのは何故なのか


自分にもわかりません。



ちょっと前に韓国に行ってきました。

仕事の都合で行ったのでパックでしたが日本人はなめられてる

のかなと感じる出来事がありました。

その出来事を。


一つ目。

韓国人のガイドさんが連れて行ったお土産屋はやたら高い!


一緒に行った人たちは平然と買ってましたが

(旅行気分だったのか金が余ってんのかw)

俺はとりあえず値切ってみました。

ちなみに日本語はかなり流暢な店員がほとんどですw

これだけでも日本人相手にぼったくってるなというのがありありなんですけど

それにちょこっとだけ乗っかって遊んでみようというw


1個10000ウォンのキーホルダー。

いくら値切れたと思います??





ずばり「2個イジョウカウナラ19000ウォンニスル」が正解です。



ほぼまけてくれませんでした。

他の人で値切る人がいないからなのかなあ。

他にお土産買う時間もなかったのでそこともう一箇所で買い物を

仕方なくしたんですがその2箇所ですら同じものなのに

1個10000ウォンで売ってるとこと18000ウォンで売ってたりして

なんだこりゃ!?と思わざるをえないようなとこに連れていかれて

しまいました。お金持ちのお偉いさんは金が余ってるのでそんな

そぶりもなく楽しそうに買い物してましたが

そんな金銭感覚でこの会社はやっていけるのか心配になりましたw


2つ目。

韓国の物価は日本に比べて高いものはそんなになさそうでしたが

安いものもそんなにありません。

市場は活気があり、旅行客を見かけると強引に腕を引っ張り

商売しているようなとこでした。


「オニイサン、トケイ カイマセンカ。ヤスイデスヨ。ニセモノダケド」




俺「そら安いやろ!!」(心の中で)

俺「安くなかった見向きもせんわ!ほんでいくらなん?」


客引き「30000ウォンデス。ヤスイデショ。」


俺「安くね~わ!」


そんなやりとりを楽しむのが醍醐味のひとつだと思いましたw

まともに相手してたらラチがあきません。

平気でバッタもんを大声で売っている文化は日本ではあまり見ませんよね。

影ではやってるかもしれんけど。

これはなめられてるというか文化の違いというものでしょうか。


最後に。


ホテルの近くのコンビニに夜中にアイスを買いに行きました。


俺「お~、アイスうまそうやんか。そこそこ安いね~。

  これにすっかな。」


俺が手に取ったアイスは700ウォン。

さあレジへ。


レジの音がピッ。


店員「(値段表示の方を指さして無愛想に)10000。」


俺「ん?あれ?700じゃないの?何で?(日本語で)」


店員「ア、hidiojanva 。(焦った表情で)」

レジ通し直し。


ここでそれまで俺がレジに行く前に店員と話してた友人らしき人が

店員と複雑な表情で何か韓国語で話してました。


店員「シュミマセン。700」


俺は疑いの表情で1000ウォンを渡しておつりもらって店を後に。


日本ではレジのバーコードが間違った値段を出すことってありますか?

ほとんどないでしょう。俺は経験ありません。

この出来事はレジがおかしかったのか店員がおつりを

ちょろまかそうとしたのか真相はわかりません。


嫌な経験ばかり書きましたが観光地はすばらしくよかったです。

いい話悪い話はもうちょっとありますが今日はこのくらいで。