世の中の不思議

テーマ:

遊びに行きたい症候群にかかってます。マークです。


外に出ないと楽しいことには出会えないですよね~。



今日、久々に出会い系サイトから料金延滞の電話きました。

むか~しむかしにも何度か電話きたことあってこっちも気分がいいときは

相手してやって返り討ちにするのが楽しいんですが

いい加減やめて欲しいです。情けないわ~。


電話してくるとこは毎回違う会社です。

こっちは携帯でサイトとか使うのはニュースとか株価とか

必要最低限のものしか使わないことに決めてて

出会い系サイトなんか全く入らないんですよね。

どっから情報漏れてるんやろか・・・。


今日のお客さん!?も若いやつで、最初はマニュアル通りの

受け答えしてましたが、こっちが少しずつ反論していくと

「はぁ?言ってることがわかりませんが」とか「何言ってるの?」とか

どんどんボロが出てきます。

以前はだんだん口調が変わり最後には「取立てにいくから」とか

「ふざけたこといってんじゃね~」とか喧嘩言葉になるんですが

今日のやつは明らかに脅しの言葉をはきました。

「さらいに行くぞ」「ぶち殺すぞテメー!」など言いやがりました。

俺は怖くなり!?「はいはい、わかりました」「よし、じゃあ来い!一緒に警察行くぞ」

と言い、更に電話を伸ばすために適当なこと言いながら

ボイスレコーダの準備をしてましたw


するとプツッっと切れてしまいました。

何だよ~と思いながら携帯をほおり投げると1分後くらいに

同じ番号で電話がかかってきました。

もうめんどくさいな~と思い電話とりませんでしたが

1分弱の間に作戦会議でもしてるんでしょうか。


そういえば昔は番号非通知でかけてくるのが主流だったような気が

するんですが、最近はそうじゃなくなってるんですかね。

今日のは番号通知してました。

まあ追っかけられてもいいようにすぐ解約できたり

プリペイドだったりするんでしょうけど、手口が変わりつつあるんですかね~?


俺個人的には悪いものは全てなくなれと思うんですが

世の中では悪いやつがいるから成り立っているものもありますよね。

不思議です。


最近のニュースで騒がれている姉歯建築士の偽造構造計画書関連の

話は建築業界全体を巻き込んだものになってしまいましたね。

あのずさんな仕事がばれてないうちは取引先として名前が出ている

ヒュー○ーやシ○ケン、木村○設は業績自体も結構よさそうでしたが

ばれたとたんにガタガタになるでしょうし、すでに潰れてる?自ら潰した?

とこもありますが信頼回復はほとんど無理なんじゃないでしょうか。

被害者の方はほんとにお気の毒です。


悪いことがばれなければ関わっている人みんな不幸を感じることは

なかったのです。被害者の方は少なくとも大地震が来る時までは

不安を感じることはなかったはずです。

今回の件は大地震が来る前にわかって良かったですけどね。


世の中いろんな人がいるからまわってるんですよね~。

でも悪はなくなって欲しいんですけどね。

AD

かっこよさ

テーマ:

三度の飯よりハンバーグが好きなマークです。


サッカーJ-2アビスパ福岡がJ-1昇格になりました。


サッカーファンじゃないけど地元のチームががんばってるのは嬉しいです。


おめでとう!!!



今日は時間があって久々にある番組を見ました。

それは「黄金伝説」という番組です。

この番組は結構好きでどの企画も俺好みで飽きません。

ここに出演しているよゐこの濱口優に尊敬の念すら感じますw


はじめ彼が「とったどー!」とか「マッサル・マッサルー」とか言っているのを

見て、やっぱこいつあほやな~とか思ってたのですが

最近の男(俺も含め)に比べてある意味たくましいなと思います。


ある程度番組で環境を整えているという点もあるけども

自分で海に潜って食料調達し、何日も生活している姿ははっきりいって

かっこいいと思います。男として。


男は昔から食料調達が仕事で女が家を守るというのが古い古~い

考え方でしたが、今では全くそのような考えは通用しなくなっております。

男がナンパしたがる(個人差はあると思うのですが)動物で

擬似の狩りみたいなもんだという人もいますよね。

俺はナンパが好きな人の気持ちはあんまりわかりませんが

他の事で狩りの意味合いを持つ行動をしているような気がします。


最後に「英雄、色を好む」という言葉があります。

女性からするとふざけんな!という意見が大半だと思います。

どちらかと言えば俺もそう思うのですが

この言葉は結構当たっているような気がします。


ということは俺ももっとエネルギーが必要なのかなと・・・。

AD

特徴

テーマ:

今日はいい天気で気持ちよかったですね。マークです。


貴重な休日を計画通り動けたのでまあよかったかな。



今日、携帯の機種交換に行きました。

俺が使っているのは○ーダフォンです。

一件目に行った○ーダフォンショップの店員さん、

若くて知識もあったのですが、こっちがどの機種にするか

迷っていると何だか嫌な雰囲気出してきました。

だいたい機種をどれにするかめぼしはつけていたのですが

店で詳しい話を聞いているとどんどん悩んでしまいました。

残念ながらたくさんのパンフレットを渡され次の予定を済ませようと

店を後に。


移動中、あれにしようというものが決まり、違うショップへ入りました。

ここの店員さんは20代後半といったところか。

まあ丁寧に説明してもらって、どうすれば希望の条件になるか

考えてくれました。

やはり店員さんの対応で気分は大きく変わりますね。

2件目の店で変更しました。今後1件目のお店に行くことはないでしょう。


最近携帯事業の新規参入が決定し、来年11月には番号を変えずに

携帯会社を変えることができるようになりますよね。

今、○ーダフォンは劣勢でドコモ・auにはじきとばされてます。

実際使ってる側としても○ーダフォンのサービス、携帯デザインなどは

負けていると感じます。

このままの状況でこの新制度ができれば俺は2年後くらいには

会社を変えるでしょう。

どこに変えるかは新規参入の会社もあるのでまだ流動的ですが

もっと便利なとこを利用することは間違いないです。


会社は自分とこの個性を出して採用活動・営業活動などしていると

思いますが、実情はどこもはっきりいって違うことが多いです。

入ってみなければわからない。でも面接等では本音ばかりは

言ってられません。


やはり人間、バランス感覚が大事です。


でも個性も大事です。


自分らしさを失うのはつらい。

AD

キャッチフレーズ

テーマ:

今日はいい天気ですね~。これから外出予定のマークです。


最近とあるチャットルームに時々行くようになったのですが


居心地がよくて時間を作れた時は遊びに行ってます。


そこの人はみんなウェブカメラをつけている人が多いので


俺もウェブカメラを買いに行こうかなと思ってます。


というか、今日買いに行けと言われたのでちょっと見てくる予定です。



上のチャット部屋の話の続きですが、マナーの良い部屋っていうのは

得てしてそういう人間が集まるように感じます。

俺が行ってるとこもマナーが良く、挨拶をし、はじめての人が来たら

簡単な自己紹介もしています。

ここで自己紹介をする時にキャッチフレーズのようなもので紹介した人が

いたのですがこれが的を得てるというかその人の個性というものを表していて

思わず「あってるあってるw」と思うことがありました。


自分の事を簡潔明瞭に的確に表現するっていうのは結構難しいですよね。


世の中にはこれを得意とする人達がいます。

CMや映画の宣伝などで使われているフレーズなどを考えている人達、

コピーライターという人達です。

フレーズがヒットすると商品の認知度などが著しく向上し、

会社の業績にも影響を与えられるというなかなか面白げな仕事ですよね。


世にいう物を作る・運ぶ・売るという仕事ではありませんが

人に大きな影響を与えられる魅力ある仕事だと思います。

とある新聞屋さんのトップで某球団の実質的オーナーの

○○さんは「物を作る・運ぶ・売ったりせずに金儲けするのはけしからん」

とか「ハゲタカ」とか言っております。今、世間を騒がしている村上ファンドこと

村上世彰さんのことですよね。

俺はこの○○オーナーがなんでこんなアホな発言をするのかわかりません。

ただ感情的に発言してるだけならわからなくても当然かもしれませんが。


ちょっと横道にそれました。

まあ自分を売り込むことがちょっと苦手な俺としては自分のキャッチフレーズ

みたいなもんを作りたいなあと思ってます。

結構初対面の人とか付き合いが浅い人には「怖そう」とか

「おとなしそう」とか「まじめそう」とかちょっと暗めの印象を与えているらしく、

付き合いが長くなったり慣れてくると「楽しいやつやね」「おもろいな」とか

少し明るいイメージに変わるみたいなんです。

それはそれでいいのかもしれませんが、第一印象が良い方が得かな~とも

思うんです。

みなさんは自分の第一印象についてどう感じてますか?

また、第一印象の位置づけってどのようなものですか?



今日も疲れたな~

テーマ:

最近遊んでないのでストレスたまりつつあるマークです。


俺の買ったボロ株の株価がなかなか上がりません。


まあボロ株なんで仕方ないっちゃー仕方ないんですけどね。



こないだはbloghiro-diveさんにコメントもらいました。

採用側の人からのコメントが聞けて大変うれしかったです。

そしてbloghiro-diveさんのブログに行ってコメントさせてもらったのですが

そこにも更なるコメントを頂きました。ありがたかったです。

顔と顔をつき合わせて意見交換しているわけではないのですが

対話ができる(コミュニケーションがとれる)というのは

人に何かしらの影響や成長を与えてくれるすばらしいものだと

俺は思ってます。

それが肯定的であっても否定的であっても。

現にbloghiro-diveさんとこでは意見が合致しているわけでも

ありませんでしたが、有意義なものだったと思います。


今回のように意見があわなくても何かしら得られるものがある時もあれば

意見も合わず、得られるものもない、信用も高められないような

相手と出会うことがあります。

はっきり言って「こいつどうしようもないな」と言わざるをえない相手の時、

みなさんならどう対処しますか?

俺はもめ事が嫌いなのであいまいな返事をしたりしてその後はできるだけ

その相手と関わらないような行動をとってしまいます。


最近「はたしてこれでいいのだろうか?」と思うようになってきました。


気心知れてるような友人ならば多少きつくてもそいつの為になるように

言うべきことは言うんですが、友人ではない場合はどうすればいいのでしょうか?

本音でぶつかることも必要なのかなと最近思うんです。


やっかいなことにこれが目上の人や上司とかとなるとほんとに

どうしてよいかわからないんです。

こんなこと言うと「もっと気楽にやりなよ」とか「適当に流せば」とか

「バランスよくやりなよ」とか言われるんですが、性格的なものか、

どうしても良いものは良い、悪いものは悪いと思うように

白黒つかないと気がすまないんです。

これは俺が今後生きていく上で性格を変えない限りまた何回も

ぶつかる問題だと思います。


みなさんはどうしてますか?

大人の対応ですか?




出所しました

テーマ:

かな~り久々です。マークです。


最近めっきり寒くなって冬って感じです。


学祭を思い出します。



刑務所生活みたいな生活を2週間ほどしてきました。


生活はみっちり時間に追われ、課題が次から次に出され、


追われまくった生活しました。


一緒だった人はおっちゃん(50代)から若者(20)まで幅広かったので

いろんな話が聞けて楽しかったかなあ。

でもついていけない人で途中で辞めるやつもいました。


個人的にはおっちゃんになってからあんな生活を強いられるのは

相当きついと思いました。

もう癖になってしまっているところを直さなきゃいけないのが

かなりの難関です。

何回も何回も注意されてもなおらず、また怒られる。

ストレスがたまる。空気が悪くなる。悪循環に陥ります。


その中の一人、24歳の青年と知り合いました。

といっても同じとこの人で、務所生活が終わっても一緒なんですけど。


彼は大学卒業したけど就職が決まらなくて派遣で働いてた人でした。

俺も大学出てやっとこさ就職した口で同じような経験をしてました。

スポーツも野球を昔していたみたいでそこも共通点の一つで

スロットもやるらしく、話題にはこと欠かない存在でした。

彼のおかげで務所生活も楽しく、そして刺激になって一生懸命に

なれ、充実したものになったと思います。


今の彼を見ているとちゃんとしているのに大学出てから就職できなかった

というのは不思議に感じるような人です。

体育会系の環境で育っているせいか挨拶もちゃんとできるし

言葉使いもちゃんとしてます。

そして何より笑顔が素敵なんです。

密かに彼のことを「笑顔の貴公子、みよっちゃん」と命名しましたw


俺のこの笑顔や爽やかさというものは大きな武器の一つだと思ってます。

俺は技術畑を歩んでいるせいか笑顔が苦手でもそこまでは

苦労はしていませんが、営業とか人に接する仕事には

どえらい武器であり、できなければ大きなマイナスだと思います。

彼は文系らしいのでそういう仕事につく可能性が高かったのではと思うと

笑顔は大きな武器になったのではないかなと思います。

今の彼を見ていると仕事も普通にこなすし、人当たりもよくコミュニケションも

ちゃんととれるしこれからも勉強して成長していけば

いい人材になれる要素を持っていると思ってます。

がしかし、就職には結びついていませんでした。


大学時代の彼がどういう人間だったのかはわからないので俺が思っている

ことが100%正しいとは思いませんが、こういう人材になるというのを

見抜けなかった人事の人間、取締役以上の人間はどういうところを

見ていたのだろうか。

この辺はすごく興味があります。

はっきり言って俺も就職に苦労した方なので雇う側の人間の話が聞きたいです。


彼とは今後も接する事が多いので共に上を目指す同士になれたらいいなと

思います。