リサイクルで 「お客様」 と 「日本」 を幸せにできると
本気で信じているWEBリサイクルショップが

あなたの いらないモノ、使ってないモノ 買取します!


 人と社会と地球にやさしい 「ソーシャル・リサイクル」



☆あなたの家に、しまったままの  家電 はありませんか?
☆押入れの奥に、しまったままの 子供用品 はありませんか?
☆大切にしまったままの スポーツ用品 はありませんか?
☆庭に置いたままの スポーツ自転車 や 工具類 はありませんか?

引取り費用は一切かかりません

〔費用がかからない理由〕
弊社はリユース(再販売)を目的としたリサイクルショップです。なので、買取金額を
こちらがお支払することはあっても、頂くことは絶対にありません。
この様な理由ですので、壊れたものや汚れの多いモノは引取れません。ご理解下さい。

使わなくなったモノが、寄付になります。
 寄付は 「乳児院」 へ送ります。


$元気なブログ


【メディア掲載】

$元気なブログ

2013年5月
横浜市経済局発行 「TAKE ACTION!2」の「地域福祉に取り組む」ページに
エバーフォワードが掲載されました。
→横浜市経済局のソーシャルポートHPからもPDFをご覧いただけます



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-30 22:28:59

学校での子供のコミュニケーション能力~その1

テーマ:ブログ

新年度が始まって、新しく幼稚園や小学校、中学校に上がった

子供たちや、新しいクラスになった子も多いことでしょう。

そしてそんな子供たちの新生活に

子供たち以上にドキドキと期待とで、不安になってる

お母さんも多いのではないでしょうか。

 

 

最近「学習障害」という言葉を聞く機会が

増えましたね。

もしかしたら学習障害よりも

「発達障害」や「ADHD]という言葉の方が聞く機会が多いかもしれません。

 

こう呼ばれる子供たちの割合がどれくらいいるのか

皆さんはご存知でしょうか?

 

文部科学省が調べた調査結果によると

知的障害は無いものの学習面および行動面で

困難を持っている児童の割合

 

6.2%

 

多いか少ないか、どう感じるかは人それぞれですが

こういった調査結果になっています。

 

この子供たちに接する先生や周りの大人たちが持つ

共通のキーワードがあって、

それが

「コミュニケーションがうまく取れない」と言うのです。

 

そこで、コミュニケーションという言葉の意味を

よく考えてみたいと思うのですが

 

「私のコミュニケーション能力」

「あの人のコミュニケーション能力」

 

この言葉は変だって気づきました?

 

コミュニケーションってのは

人間が2人以上集まった時に初めて生まれる事柄なのです。

 

だから正確には

「私達のコミュニケーション能力」

「あの人達のコミュニケーション能力」 です。

 

そんな子供たちのコミュニケーションについては

また次回お話させて頂きます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-02 11:43:17

あけましておめでとうございます

テーマ:ブログ

皆さま新年あけましておめでとうございます。

 

昨年もたくさんの方々に支えられて、

おかげさまで仕事に関しては

相変わらず、小さくコツコツとではありますが

忙しくさせて頂きました。

全てのお客様に感謝しております、

誠にありがとうございました。

 

その反面、夏に喘息を患い

体調面ではあまり芳しくない一年となってしまいました。

また体調がすぐれないと、メンタル的にもイマイチで

気分が落ち込む日が多い一年だったとも感じています。

 

反省点として、リサイクル事業と機械設計事業の2本立てで

順調に伸びてきていますが、

新しい取組みを始めようと考えていながらも

結局現状維持を優先してしまい、

挑戦しない年であったと反省しています。

 

そんな中でも、母子生活支援施設への訪問も定期的に行ったり

横浜市男女共同参画(フォーラム戸塚)様の

DV被害で苦しむ女性を支援する活動

「パープルライトアップ ひかりの実プロジェクト2016」を

お手伝いしたりと、社会的事業は変わらずに継続できた

年でした。

http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/topics/4284.php

 

今年は、健康第一は当然のこととして、

目標として

「10年先を見据えて、短期的な利益にとらわれず、

長期的に考えたらプラスになることは

果敢に変えていき挑戦していく」

 

こんな一年にしていきたいと思います。

 

みなさまにとっても、

とにかく健康第一で、充実した一年になりますよう

心から願っております。

 

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-18 11:15:23

障害を持って生まれる子供が増加

テーマ:子育て

最近はだんだんと朝夕も涼しくなってきて、秋の気配を感じるようになってきましたね。

 

乳児院には、多くの赤ちゃんが暮らしていますが
健康な子だけでなく、身体的な障害を抱えている子も多くいます。

そもそも、現在の母子の出産の状況はどうなっているのでしょうか?

 

医療の進歩により、出産による妊婦の死亡率は大きく改善しています。
今から45年前の1970年に50%だったのが
2015年には4%と、約1/10まで減ったのです。

 

 

それなら、生まれてくる赤ちゃんも健康に生まれてくる子が増えているのでしょうか?

新生児の死亡率は、妊婦の場合と同様に医療の進歩により改善してます。

 

ところが、40年前から新生児の生まれた時の平均体重が
ずっと減り続けているのです。

 

1975年に3200gだった平均体重は
2015年に3000gへと200g減っているのです。
200gというと大したこと無い様に感じますが、
そもそも3000gしかない新生児にとって
体重が200g減るというのはかなりの変化です。


2012年のデータですが、未熟児の割合は約10%、10人に一人の割合まで増えています。

それに呼応するかのように増えているのが、障害を持って生まれてくる子の数です。

 

1973年に1000人中2.4人だった障害児の割合が
2012年に1000人中16.7人へと、8倍も高くなってしまったのです。

 

原因は出産年齢の高齢化だとも言われていますが、正確な原因はまだわかっていません。

待機児童の対策や、産後クライシスなど、出産後のケアについての議論は多くありますが、
妊娠中の妊婦さんに対するケアも、重要でひっぱくした課題と言えるでしょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。