$リヤカーブックスblog

【電子書籍】マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか?
吉本佳生・講談社・1700円

App Store


今日、マックでSサイズのホットティーを注文しました。

普通のカフェだったらちゃんと店員さんが淹れてくれたホットティーが出てくると思うんですが、マックってお湯とティーパックとマドラーと砂糖を渡されるんですよね。で、自分でティーパックをお湯につけて紅茶を作る。

いつもやってるから今日も当たり前にティーパックをお湯につけて、砂糖を入れて、マドラーで混ぜたら、ホットティーが完成しました。でも、その時フッと思ったんですが、これって「ティーパックをお湯に入れたら紅茶が出来る」「お湯に砂糖を入れて混ぜたら溶ける」っていうのを誰しも知ってるから成立しているんだって思ったんですよね。

ここまでは当たり前の話ですが、もし仮にですよ、もし仮に今までホットティーって“養殖に成功した事例がまだないホトティという希少な品種のブタのオシッコを三日三晩寝ずにじっくりコトコト煮込み続けたもの”って教えられて育った子がいるとするじゃないですか。それだけの労力がかかるわりには数百円で売ってるな~おかしいな~と思いながらも純粋だからそのままそれを信じて育てられた子がいるとするじゃないですか。

その子が成人するまでたまたまマックに行くことがなくて、22歳の春に彼女とのデートで生まれてはじめてマックに入ったとするじゃないですか。直前に二人で映画を観ていて、メシを食うにはまだ少し早い時間だったから軽くお茶しながら映画の感想でも言い合おうみたいな感じでマックに入ったとするじゃないですか。

そこで「俺、これ好きなんだよね。コストパフォーマンスが凄いよね。」とか言いながらホットティーを2つ頼んだとするじゃないですか。じゃあ、お湯とティーパックとマドラーと砂糖を2つずつ渡されるんですよ。「え?」ってなりますよね。意味がわからないですよね。いやいやいや、俺が注文したのはホットティーだよ。お湯とティーパックとマドラーと砂糖じゃねぇよ!って。

でも、彼女は平然とトレイを持って空いてる席にさっさと座ってしまった。え、なんで?文句言おうよ、って一人で混乱してたら彼女はカップの蓋をとってティーパックをお湯のなかにいれて上下させてる。お湯はどんどん茶色くなる。

あれ?この色、ホットティーの色にすげぇ似てるなぁ、って思いながらも状況が把握できずにボーッとつっ立てる自分。そんな自分に向かって「早く、こっちおいでよ~」って優しく手招きしながら、彼女は片手で砂糖をその茶色いお湯の中に入れてマドラーで混ぜている。え?え?なに?何してんの?それ何?宗教的な何か?

「やっぱりディズニーピクサーはいい仕事するよね~」ってさっき見た映画の感想をしゃべりながら彼女はその茶色い液体を渡してきた。いや、ちょっと待って、映画の感想どころじゃないよ…と思いながらも、試しにその茶色の液体を飲んでみた。

じゃあ、いつも飲んでるホットティーの味がする。ええええー!何これ何これ何これーーー!!パニックになった彼は思い切って彼女にきいてみることにした。


「ねぇ!これ、何!?」

「ん?ホットティーだけど?」

「いや、ホットティーって養殖に成功した事例がまだないホトティという希少な品種のブタのオシッコを三日三晩寝ずにじっくりコトコト煮込み続けたものじゃないの?」

「え?」

「え?」

「…わかんないけど、ブタのオシッコってどれだけ煮込んでもブタのオシッコなんじゃないかな…。」

「だ、だよね…。」



こうして自分が今まで信じていた常識が崩れたら彼は一体どうなってしまうんでしょうね?

つまり何が言いたいのかというと、自分で作るの面倒くさいからちゃんと作ってから出してよってことをマクドナルドさんにお願いしたい。





☆ ☆ ☆



$リヤカーブックスblog


ちゃんとした真面目な電子書籍レビューは、毎月第1第3木曜日に更新されます「R25 for iPhone」の中で連載しております!無料のアプリなので皆様ぜひよろしくお願いします!(リヤカーブックス/木村貴則)
AD
最近、どこの本屋さんでも「20代でやるべき○個のこと」という感じの本がたくさん並んでいます。

僕も一応は20代なので「どんなことをやっておくべきなんだろう?包茎手術とかかな?」と気になって本屋さんにいく度に手に取ったりします。

そこでフッと思ったのですが、一体20代でやっておくべきことはいくつあるのでしょうか?いくつクリアすれば30代を迎えることが出来るのでしょうか?

さっそく数えてみましょう。







20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)/本田 健

¥600
Amazon.co.jp


まずは17個。





20代に必ずやっておくべきこと―人生を拓く31の法則 (ワニ文庫)/中島 孝志

¥620
Amazon.co.jp


そして、31個。
さっきのとあわせて合計48個。











20代でしなければならない50のこと―一生を賭けるものには、20代でしか出会えない。/中谷 彰宏

¥1,260
Amazon.co.jp


ぎゃー!いきなり50個も増えたー!
合計98個。












20代でやっておきたい50の習慣 (別冊宝島)/著者不明

¥980
Amazon.co.jp



え、また50個ですか!?
合計148個。100を超えちゃった!!








リーダーになる前に20代でインストールしておきたい大切な70のこと/千田 琢哉

¥1,365
Amazon.co.jp



ひえ~!
70個もインストールしたらメモリが足りなくなっちゃうよー!
合計218個。もうパンパン。











人生でいちばん差がつく20代に気づいておきたいたった1つのこと/千田 琢哉

¥1,200
Amazon.co.jp




おおっ!1つでいいんですか!良心的!
ラッキー!合計219個!








この悲惨な世の中でくじけないために20代で大切にしたい80のこと/千田 琢哉

¥1,155
Amazon.co.jp



もうやめてくれー!
80個もあったら読む前にくじけちゃうよー!
合計299個。








40代になって仕事に困らないように20代で身につけておきたい100の「思考する習慣」/宮沢 大陸

¥1,155
Amazon.co.jp




うわあああああ!ついに100個がきたー!
合計399個。












結論









20代でやらないといけないことは
399個もある。









さらに











20代で出会わなければならない50人/中谷 彰宏

¥1,260
Amazon.co.jp




50人にも出会わないといけないし、












20代で身につけたい 営業の基本/高田 稔

¥1,365
Amazon.co.jp





営業の基本を見につけないといけないし、








20代から身につけたい ドラッカーの思考法/藤屋 伸二

¥1,470
Amazon.co.jp




ドラッカーの思考法も身につけないといけないし、











20代で身につけたい プロ建築家になる勉強法/山梨 知彦

¥1,680
Amazon.co.jp




プロ建築家になる勉強法までも身につけないといけないし、








20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ!/野瀬 大樹

¥1,365
Amazon.co.jp




真剣に考えないとヤバイので、








20代は忙しい!


AD

君がオヤジになる前に

テーマ:
$リヤカーブックスblog

「君がオヤジになる前に」
堀江貴文・徳間書店・\1,260



先の見えない経済情勢の中、不安と生きづらさを抱えて悶々とする20~30代に向けて「新しい時代を生き抜くための知恵とルール」を教えてくれる一冊。ただのビジネス術ではなく、転職、出世、結婚、子育て、生活習慣に対する向き合い方を指南してくれます。ちなみに、本書で使われている「オヤジ」というのは年齢的な意味ではなく「思考停止した人」のことを指しています。


この本を読んでいて面白かったのが、何といっても小見出しの痛快さです。「一夫一婦制を守らなくてはいけない時代は終わっている」「社員は育てるより切り捨てたほうが早い」「家族が大事なんて倫理観がつくりだしたウソだ」などなど、ここまで言って大丈夫!?と心配になるくらい攻めているタイトルが並びます。しかし、どれも本文を読むと納得させられることばかりでした!


基本的に本書は「25歳の君へ」「28歳の君へ」「32歳の君へ」「35歳の君へ」「38歳の君へ」と年齢別に分けられており、それぞれのライフステージに合ったアドバイスが書かれています。とくに25歳の項目に書かれていた「起業」に関する記述で一度独立すれば「欲しい人材」になれるのだから独立後の失敗を恐れるよりも、独立したらもっといい会社に転職できるチャンスだと考えたほうが進歩的だというのは「あー!なるほどー!ネガティブだけどポジティブー!」と目からウロコでした。


あと、ビジネスに関係ないけど虫歯菌と歯周病菌の違いなど歯に関する雑談が面白かったです!「歯周病菌こわーい!定期的に歯医者にいかなきゃー!」と思いました。



【こんな人にオススメです】
・「この仕事は自分に合っているのだろうか?」と悩んでいる方
・「保険に加入しようと思うけど、どの保険がいいんだろう?」と悩んでいる方
・「会社をもっと大きくしたい」と悩んでいるベンチャー企業の経営者の方
・奥さんと別れたい方

AD
$リヤカーブックスblog


■はじめに

実は最近、リヤカーブックスは通常営業をお休みさせていただいております。品川にはいません。

おそらく9月下旬までお休みすることになると思います。そんな言い方をすると「暑いからサボってるんじゃないの?」と思われてしまうかもしれませんが、そういうわけではなくちゃんとした理由があります!


その理由というのが2年目を迎えたリヤカーブックスのリニューアルです。

「リヤカーをリニューアルってことは羽をつけて空を飛べるようにするの?五体のリヤカーを合わせて巨大ロボに変形させるの?」とピュアな皆様なら目を輝かせて尋ねてくることでしょう。はっきり言います。違います。


反省のない人生は何も生み出さないように、リヤカーブックスも1年目の反省を活かして2年目に繋げないと同じ場所で足踏みしてしまうことになります。そこで、そもそもの営業形態を見直すことにしました。




■リヤカーブックスとは何者なのか?

リニューアルにあたり、そもそもリヤカーブックスとは何なのか?という原点に立ち返り考えてみました。

リヤカーブックスが目指すものは「今までにない全く新しい本屋さんの形」です。本が売れないと言われているこの時代ですが、本を読む人は何も訴求しなくても読んでくれます。だからこそリヤカーブックスは本を読まない人に「なんか面白そうだなぁ」とまずは興味を持ってもらう仕組み作りを目指しています。

つまり、「リヤカーブックスは移動式の本屋さんで~す!」と言っていますが、実は本屋さんのフリをした媒体(メディア)なんです。リニューアル時は、そのメディアとしての要素を本格的に強化すべく特徴的なWebページを作り、日々の営業形態を変え、PRをメインにした活動を主にしていきたいと考えています。

とは言え、リヤカーを引いて本を売るというリヤカーブックスのアイデンティティ的な部分は変わりません!そこが変わっちゃうとリヤカーでもブックスでもなくなってしまうので!お前、誰だよってなっちゃうので!




■2年目のリヤカーブックスがするべきこと

多くの人が訪れるリアルに強い本屋さんはたくさんあります。多くの人が訪れるネットに強い本屋さんもまあまあたくさんあります。しかし、周りを見渡した時にリアルにもネットにも強い本屋さんは存在しませんでした。

リアルの本屋さんはネットの本屋さんを嫌い、ネットの本屋さんはリアルの本屋さんを嫌っていましたが、リアルとネットが手を取り合って相乗効果を生み出している場所は今のところ見つかりませんでした。

そんな本屋さん、そんな場所を目指してリヤカーブックスは新たな気持ちで2年目に挑戦していきたいと思います。リアルもネットも実は陸続きなんですよね。







すでにリニューアル準備は動き出しており、出版業界の方々だけでなく色々なジャンルの方にこういうことは出来ないか、こういうの面白いと思うんだけど、とご相談させていただいております。今からリニューアルOPENが楽しみでなりません。

リニューアルにあたり「なんかリヤカーブックス面白そうなことしてるなぁ~話だけでも聞かせてよぉ~」と少しでも興味を持ってくださった方はリヤカーブックスのTwitterアカウント宛に可愛い可愛いリプライちゃんを飛ばすか、rearcarbooks★note.fm宛(★は@に変換)に可愛い可愛いメールちゃんをお送りいただければ幸いです。お待ちしております。



それでは皆様、新しくなるリヤカーブックスを楽しみにしていてくださいね!

$リヤカーブックスblog


「バブルさん 30代を悩ます迷惑上司の生態と対処法」
斎藤啓・阪急コミュニケーションズ・\1,365



先日、自分と比べて年齢が一回り以上も上の方とお食事をする機会がありまして、あーだこーだとおしゃべりしていたのですが、なぜかその方は高圧的というか上から目線というかしゃべる言葉の節々に「俺が仕事をやるんだから俺に媚びへつらえ!」的な想いが見え隠れしていたので、僕はイライラしました。


こちらからプレゼンに行っていたのならまだわかりますが、その打ち合わせは交渉の場でも何でもなく、何か一緒に出来ることがあればいいですねぇという気軽な会食の席にも関わらず!


いちいちイラっとするその方に対して「このオッサンは何なんだろうか?なぜこんなにも態度がデカいのだろうか?」と思っている時に、ちょうどその謎を解決してくれる本に遭遇しましたのでご紹介したいと思います。


この本のテーマになっている「バブルさん」とは、40代前半で現在、管理職やリーダーの立場にあるバブル時代のおいしいところだけを味わってきた人たちのことを指します。もちろん、40代前半の方が全員そうだというわけではなく、その名前の由来にもなっているバブル時代を引きずる驚異的な軽さ、薄さ、いい加減さを併せ持った人々のことです。要するに時代錯誤の仕事術を振りかざす老害ですね。


実際に“被害”を受けた20~30代のビジネスマンの悩みをもとに、バブルさんの生態を解明してくれます。飲み会で繰り返し語られる小さな武勇伝や、虚栄心にまみれた理不尽な指示など、次々に語られる悲鳴にも似たエピソードは、20~30代のビジネスマンが読むと「あるある!」と思わず言いたくなるものばかり!


と、ここまでは悪口ばかり書いてきましたが、ただ上司の文句をいうだけの本ではございません!バブルさんの生態を踏まえて、対処法や仕事術も教えてくれます。


容姿で部下を判断するバブルさんとは「少なくても清潔感は常に意識しておこう」ということが学べますし、人事に過剰なまでに敏感なバブルさんからは「新人も情報を持っておくにこしたことはない」ということが学べます。なんだかんだ言ってその生き様から学ぶべき部分も多いのがバブルさんの特徴であったりもします。(反面教師的な学びも多いですが・・・)


このように、バブル時代の繁栄と衰退を見てきたバブルさんに学ぶことは少なくはないはずです。彼らだからこそ知る、理不尽な社会を生き抜く処世術を是非学びましょう!バブルさんに悩まされる20~30代のビジネスマンに読んでもらいたい一冊です。


反対に、40代前半の方にもオススメの一冊でもあります。「俺って大丈夫?バブルさんじゃない?」という確認のためにぜひ読んでみてください!あなたのためでもあり、部下たちのためでもあります!!!