例年高成婚率!セラピーができる結婚相談所。2016年は62,5%でした♪

東京・恵比寿で結婚相談所を開き婚活セラピーを行っている湯田佐恵子&博和です。驚異の成婚率の理由は、自分の中に結婚できる状態を作っていくこと。一度体験にいらしてみてくださいね!


テーマ:
ドキドキは絶対に薄れる!? 既婚男女が語る「3年目の結婚生活の実態」
大好きな人とゴールインすることを、誰もが一度は夢見るはず。しかし実際のところ、ラブラブの新婚生活はど..........≪続きを読む≫
ラブラブな関係は結婚後どう変化するか。そして、良い変化の仕方は?
アメバニュースにはかかれていない「幸せをふかめるための結婚生活の秘訣」を伝授しま~す!

■男女を超えた関係に
「結婚するとドキドキ感は絶対に薄れるから、男女の刺激ある関係性を重視していたら物足りなくなる一方だと思う。人間として尊敬できる関係性にシフトしていくことが大切」(30歳/男性/IT)
結婚する段階からすでに男女関係を超えて尊敬できる人間同士であることが望ましいと思いますが、でも20代で結婚する方々はそういった腰の据わったビジョンはまだ見えないかもしれないですね。
でも尊敬しあえる人間関係になるためにも「結婚する」と決めた段階から、お互いの好みや生活習慣に対して、改善できるところはうまく改善する方向で話し合っていくことが大事。だって人間同士の社会生活ですものね。

■感謝を言葉にしなくなった
「家族になると、なかなか褒め言葉や感謝を口にしなくなって、お互いにフラストレーションがたまってけんかになった。それ以降、思っているだけではなく、きちんと『ありがとう』と言葉にして伝えるようにしている」(32歳/男性/メーカー)
■「さみしい」と言われてしまった
「仕事が多忙で家に帰れば寝るだけの生活を送っていたら、『一緒に暮らしているのにさみしい』と妻に言われ、夫婦という関係性に安心しきっていた自分に気がついた。週に1度はちょっとオシャレなところで外食するとか、たまには一緒にお風呂に入るとか、つながりを大切にしている」(29歳/男性/建築・土木)

この二つはコミュニケーション。絶対にコミュニケーションは必要です。それも男性からのコミュニケーションを期待していると、あっという間に夫は岩のように固く変貌してしまいがち。女性の方から、どんどん前向きに肯定的に、優しくコミュニケーションしていくと、男性が柔らかくなります。

■絶対的な安心感ができた
「恋人とはちがい、けんかが多くても別れに直結するのではなく、どう折り合いをつけるかを考えるようになった。それほど一緒にいる意味があるし、代え難い存在。なんだかんだ言っても側にいてくれる安心感が、日々の活力になっている」(26歳/女性/飲食)

「絶対的な安心感。」「何ものにも代えがたい。」「日々の活力。」
うまくいっている夫婦にはこれがあります。これこそが結婚の醍醐味。
それは当然相手に感謝することでもありますが、それだけでなく、「二人」でいることの摩訶不思議なありがたさでもありますね。
二人でいる時、そこに神が宿る」といった言葉を聞いたことがありますが、まさにそんな感じ。
「関係」という新たな魔法が手に入る。だから結婚て面白い。もちろん結婚前の彼氏彼女の時もあるはずですが、まだ発展途上で緊張感があるのでしょうね。相手に転移されてしまうのか「神」ちゃまのことは気づきにくいですよね!
これは新婚してしばらくした時に一番感じますが、実際結婚して長年過ごしてみると、例えば何か問題があったりしてそれを二人で超えた時に、またその「神」ちゃまがふわっとやってきます。そして、年輪を重ねれば重ねるだけ、神ちゃまも深まります。

そして、新婚当時のあのセクシャリティーも、さらに深まりますよ♪
(リアルラブはセックスレスの相談も受け付けております♪)

結婚の魔法。あなたも手に入れませんか?
結婚相談所リアルラブへのお問い合わせはこちら。
★★★
結婚相談所リアルラブ

いいね!した人  |  リブログ(0)

例年高成婚率!セラピーができる結婚相談所の湯田佐恵子と博和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります