謙遜と謙虚

テーマ:



こんにちは^^


MSC代表コーチの神谷昌義です。


今日は、似て非なるものとして、


「謙遜」と「謙虚」の違いについて。


皆さんは、この違いを

しっかりと認識されていますでしょうか?


「謙遜」とは、どのようなイメージでしょうか?


「謙虚」とは、どのようなイメージでしょうか?


この2つ、

似ているようで、意味はまったく正反対になります。



簡単に言うと、

「謙遜」は相手を受け入れない。


「謙虚」は相手を受け入れる。


ということ。


どのような意味になるのかというと、



たとえば、



●さん、素晴らしいですね~~^^


という投げかけの場合、


「謙遜」で返すと、


「いやいや、そんな事はないんです」



というように、相手の言ったことを、

否定的に返答していきます。


すなわち、相手を受け入れてはいません。


そして、これを、

「謙虚」で返す場合は、


●さん、素晴らしいですね~~^^


という投げかけに対して、


「そうですか?ありがとうございます!」


というように、相手の言葉を、

肯定的に受け入れることが出来ます。


ただし、この場合、自分自身でも

素晴らしい思えていない場合には、


「そうですか?ありがとうございます。

なかなか自分ではそう思えないんですけど」


と付け加えることも可能で、


相手を受け入れたうえで、

自分自身の気持ちをお伝えすることもできます。



得てして、日本人は、謙遜民族で、

中には、ど謙遜!といえるくらい、

謙遜のひどい人もいますが、


本人は、相手を否定している感覚はなく、

ただただ、自分ではそう思えない!

ということを伝えているだけなのですが、

内容としては、相手を受け入れていない!

ということになります。



「謙虚」である事は、とても大切!


ということを理解している方は、

たくさんおりますが、

「謙虚」の扱い方を理解して、

うまく活用できてくるようになると、


「感謝上手」にもなってくるので、

大いに、活用していけると良いですね^^


「いやいや。。。」がつい口癖の自分から、

「ありがとうございます」が口癖の自分に^^


豊かさマインドを深めていきたいですね^^


今日も素敵な1日になりますように。。。


LEH

神谷




■あなたの悩み・問題の解決の

サポートをします☆

 体験無料コーチング


株式会社L.E.H
~Life Enjoy Happiness~
MSC代表コーチ
神谷 昌義
プロフィールはこちら







AD

コメント(4)