2017年/2657号─────────2017/4/12発行
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
「 情 熱 思 考 」
 - リアライズ青木の - 
ポジティブ思考へと目覚めるために!        
 http://www.e-realize.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
--------------------------------------------------
★2017年新刊第1弾!2月8日発売
「図解 新人の質問型営業」(同文舘出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4495534912
---------------------------------------------------
★「3か月でトップセールスになる 質問型営業最強フレーズ50」(ダイヤモンド社)
 「3つの言葉だけで売上が伸びる質問型営業」(ダイヤモンド社)
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/505418/ref=pd_zg_hrsr_b_1_4_last
発売後ロングセラー。アマゾンセールス部門2冊が常時ベスト10入り・海外4か国語に翻訳
--------------------------------------------------
★ポッドキャスト「青木毅の質問型営業」は
ビジネス部門 200万回ダンロード達成!約3万人が聞いている
https://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-mu-yino-zhi-wen-xing/id991303656?mt=2&ign-mpt=uo%3D4
---------------------------------------------------
リアライズの青木です。
随分、ご無沙汰しました。
今年で私は62歳になります。
このメールマガジン「情熱思考」を出したのが、
46歳ですから、
そこから16年ですね。
いゃあ、びっくりしますね。
月日の経つのは、本当に早いです。
あっという間に、年を重ねて、この年になりました。
私が20代や30代の頃には、
60歳ともなると定年引退で、
人生の後始末にかかるぐらいの年だと思っていました。
私がこの年になって感じることは、
人生まだまだ、元気で、バリバリやれそうだということです。
と言っても、世間的には60代ですから、
そろそろ後進への交代を考えながら進んで行く必要もあります。
そいう言う中で、
今年はすでに6冊の出版が決まっています。
私自身の最終段階として、
一気にこの「質問型」を展開させていく時期であるとのことでしょう。
すでに今年は現在、
「質問型営業」で2冊出版しています。
--------------------------------------------------
★2017年新刊第1弾!2月8日発売
「図解 新人の質問型営業」(同文舘出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4495534912
--------------------------------------------------
★2017年新刊第2弾!4月1日発売
「売れる営業の質問型トーク 売れない営業の説明型トーク」(日本実業出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4534054874
---------------------------------------------------
売れ行きも好調で、1冊はすでに増刷。
もう一冊も増刷確実な形で、売れています。
そして、来週には、
「質問型コミュニケーション」の本が、
初めて出ます。
--------------------------------------------------
★2017年新刊第3弾!4月17日発売
「仕事を円滑に進めるには、まず上司から部下に質問しなさい
最高の結果を引き出す質問型コミュニケーション」(カンゼン)
https://www.amazon.co.jp//dp/4862553877
---------------------------------------------------
それぞれが切り口が違います。
決して、同じ話ばかりということにはならないはずです。
ただ、読まれる方は、
自分が知りたい切り口の本を選んでいただければと思います。
年に6冊というのは、
少々無謀と言われるかもしれませんが、
自分自ら営業をかけたのではありませんので、
神様のお達しとしてとらえています。
本というのは、
自分の持論を伝えていますので、
まるで、自分の分身や、
子供を世に送り出している感覚を持っています。
ですから、当然ですが、
一冊一冊を気を抜くことなく、
丁寧に私の思いをしっかりと伝えきった
魅力あるものに仕上げていきたいと思っています。
どの本も、
読み継がれロングセーラーの本に
なってくれればと願っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ本
今日は私の本のおすすめです。
★2017年新刊第2弾!4月1日発売
「売れる営業の質問型トーク 売れない営業の説明型トーク」(日本実業出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4534054874
★2017年新刊第3弾!4月17日発売
「仕事を円滑に進めるには、まず上司から部下に質問しなさい
最高の結果を引き出す質問型コミュニケーション」(カンゼン)
https://www.amazon.co.jp//dp/4862553877
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------------------------------------------
★2017年新刊第2弾!4月1日発売
「売れる営業の質問型トーク 売れない営業の説明型トーク」(日本実業出版社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4534054874
---------------------------------------------------
・すでに、2週間前に発売され、
アマゾンのセールス・営業ランキングでも
常にベストテンに入ってきました。
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/505418/ref=pd_zg_hrsr_b_1_4_last
・おかげさまで、順調に売れています。
・本の内容は、まさに私の体験からにじみ出たものです。
体験談と言ってもいいでしょう。
・ご存知の方も多いと思いますが、
かつて私は徹底的な説明型営業でした。
話下手な私は、基本通りの説明内容を徹底的に覚え、
お客様の前で、その通りに説明することしかできませんでした。
気の利いた会話で、
お客様とのコミュニケーションもできない私は、
とにかく、説明内容を徹底的に覚え、
その通りに話しました。
それが、トップセールスになるですから、不思議なものです。
しかし、私はどこまでも説明に徹する説明型営業のセールスマンでした。
・要領のきかない私は、10年も同じような説明型営業を続けました。
時代は、インターネットの普及が始まり、
世の中が変わってきました。
私自身も悩みが大きくなり、
その中で、もがき苦しみ、
編み出したのがこの質問型営業でした。
苦し紛れに質問する。
そして、お客様にしゃべらせる。
話下手の私が取った戦略はこれでした。
ところがこれが営業の神髄のコツをつかむことになるのです。
そして、本当のトップセールスに
私を押し上げてくれたのでした。
・本に書いている「説明型トーク」と「質問型トーク」は、
私が「説明型営業時代」と「質問型営業」時代に使ってきたものばかりです。
見事な違いであるこのトークを私が使ってきました。
そういう意味で、どちらのトークを使おうが、
あなたはトップセールスになることもできると思います。
さて、どちらを使いますか?
--------------------------------------------------
★2017年新刊第3弾!4月17日発売
「仕事を円滑に進めるには、まず上司から部下に質問しなさい
最高の結果を引き出す質問型コミュニケーション」(カンゼン)
https://www.amazon.co.jp//dp/4862553877
---------------------------------------------------
・いよいよ発売が1週間後に迫りました。
アマゾンのマネジメント・人材管理部門の
新着ランキングでもベスト3に入ってきています。
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/1099152/ref=pd_zg_hrsr_b_1_3_last
・この本が面白いのは、8人の上司がプロローグで登場。
部下の指導で失敗していた上司8人が、
最終章では見事な変身をします。
ビフォーアフターが載っていのです。
ここをぜひ見ていただきたいです!
・この本は、質問型営業をアレンジして、
上司と部下のコミュニケーションに活用?
と思われていませんか?
・実は、上司部下の質問型コミュニケーション法は
質問型営業と同じ時期に生まれました。
むしろこちらのが先にできたぐらいです。
・上司と部下のコミュニケーションは、
上司がいかに部下の意欲を引き出し、
能力を発揮させるかがポイントです。
・これを別名コーチングと言いますが、
当社では、質問型コミュニケーションと言っています。
何が違うか?
もう少し、人間的ふれあいを重視しながら
コーチングをする方法です。
・これを大阪府などの自治体でスタートさせ、
東京都、岡山県、法務省などで指導してきました。
すでに3000人以上の実績がある実証済みのコミュニケーション法です。
・それが今回、ついに本になったということです。
・特徴はあくまでも実践できるもので、
非常にシンプルな方法になっています。
・この質問型コミュニケーションの原則と方法は、
上司部下だけでなく、
家庭などでも使ってもらえるものです。
・日頃のコミュニケーションを
こんな風にすればいいのかとわかり
きっと、びっくりされることでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ダイヤモンド社書籍オンライン
『トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事』
著者の須賀正則さんとの対談が実現しました!
来店型の営業で絶対にやってはいけないこと 青木毅×須賀正則対談(前半)
ダイヤモンド社が須賀さんと私との対談を実現してくれました!
http://diamond.jp/articles/-/122740
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・対談を終えての感想
須賀さんは私よりも2つ年下です。
温厚で、さすがトヨタで長年、営業、店長、部長と歴任してきた方と
あって、品がり、腰の低い人でした。
その須賀さんが、目標達成の話になると、
さすが、話が止まりませんでした。
まるで、湧きあがってくるように、
次から次へと持論が出てきます。
それも自分が実践してきたことばかりですから、
やはり、説得力が違います。
48か月連続目標達成は、半端じゃない記録です。
48か月達成した月は、48か月前の3倍の売り上げに
なっているのです。
つまり、4年間、毎月達成し続け、
4年で3倍の売り上げになってしまったのです。
その秘訣の片鱗が、ここに載っています。
そして、本に載っています。
まずは、この対談を活用ください。
ダイヤモンド社での対談
http://diamond.jp/articles/-/122740
須賀さんの本です。
------------------------------------------------------------------
『トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事』
須賀正則(著)/本体1400円+税/ダイヤモンド社
なぜ、寄せ集めの集団が最強の組織に変わったのか?
トヨタ史上最高のオープン初月から48か月連続で販売目標を達成したメンバー育成術
https://www.amazon.co.jp/dp/4478100829/
------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------
●「質問型営業」セミナーの案内
あなたの売上を3ヶ月で2倍にする!  
 質問型営業塾体験講座(少人数限定)
東京、大阪、名古屋で順次、セミナーを行っています。
http://www.s-mbc.jp/category/event/
--------------------------------------------------
======================================================================
─◆◆ 最後に ◆◆─
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
どうぞご意見やご感想など、お気軽にお寄せください。
◎「情熱思考」-ポジティブ思考へと目覚めるために!
  のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000080648/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行責任者 株式会社リアライズ 青木毅   aoki@e-realize.jp
質問型営業コンサルティング http://s-mbc.jp/
(京 都本 部)〒617-0826 京都府長岡京市開田4-4-11
             TEL 075-953-6332 FAX 075-953-6333
(東 京Office)〒231-0023  東京都千代田区内神田3-2-1栄ビル2F
                          TEL 03-3526-2723 FAX 03-3526-2724
(大 阪Office)〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル4F
             TEL 06-6940-6418 FAX 06-6940-6419
(名古屋Office)〒461-0004 名古屋市東区葵3-23-7千種ファーストNビル9F
                          TEL 052-935-6332 FAX 052-939-5538
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AD
 2016年/2656号─────────2017/2/7発行
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
「 情 熱 思 考 」
 - リアライズ青木の - 
ポジティブ思考へと目覚めるために!        
 http://www.e-realize.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
--------------------------------------------------
★2017年新刊第1弾!
 アマゾンセールス部門早々ベスト10入り!
「図解 新人の質問型営業」(同文舘出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4495534912
見開き1ページで1テーマ。
左に解説。右に図解。
非常にわかりやすく、
困ったときに、そのテーマを開いて、
何回も読める。
しかも、短時間で読める。
助けになる本です。
初心者からベテランまで使える。
おまけに教育指導書としても使える。
---------------------------------------------------
★「3か月でトップセールスになる 質問型営業最強フレーズ50」(ダイヤモンド社)
 「3つの言葉だけで売上が伸びる質問型営業」(ダイヤモンド社)
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/505418/ref=pd_zg_hrsr_b_1_4_last
発売後ロングセラー。アマゾンセールス部門2冊が常時ベスト10入り・海外4か国語に翻訳
--------------------------------------------------
★ポッドキャスト「青木毅の質問型営業」は
ビジネス部門 200万回ダンロード達成!約3万人が聞いている
https://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-mu-yino-zhi-wen-xing/id991303656?mt=2&ign-mpt=uo%3D4
---------------------------------------------------
リアライズの青木です。
●おかげさまで「図解 新人の質問型営業」(同文舘出版)が
アマゾン・書店でも順調に伸びています。
今回の本は、営業本の中でも「教本」「指導本」として、
活躍で活躍してくれる本だと思っています。
ぜひ周りの方にもご推薦ください。
●米国の大統領がトランプ氏になって、はや、3週間。
連日、新聞でこの大統領の言動を伝えない日はありません。
一国のトップが全世界に影響を与えています。
これほど、リーダーの影響力をまざまざと実感させられたことは
なかったのではないかと思います。
トランプ氏の言動が、
世界の社会経済に大きく影響を与えています、
私たちも社会の一員として注目し続けていくことが必要でしょう。
良くも悪くも、リーダーは、
このように組織を大きく動かすことができるということです。
リーダーとして活躍している人は、
まさに、自らが組織に影響を与える人であることを肝に銘じ、
この2017年を動かしていきたいものです!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おすすめ本
『トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事』
須賀正則(著)/本体1400円+税/ダイヤモンド社
なぜ、寄せ集めの集団が最強の組織に変わったのか?
トヨタ史上最高のオープン初月から48か月連続で販売目標を達成したメンバー育成術
https://www.amazon.co.jp/dp/4478100829/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、ダイヤモンド社の著者対談で、
この本の著者須賀正則さんと対談をさせていただきました。
この内容については、
ダイヤモンドWEBオンラインで出稿されると思います。
その際には報告をさせていただきます。
ex.http://diamond.jp/articles/-/68629

まずこの本についてです。
『トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事』
須賀正則(著)/本体1400円+税/ダイヤモンド社
なぜ、寄せ集めの集団が最強の組織に変わったのか?
トヨタ史上最高のオープン初月から48か月連続で販売目標を達成したメンバー育成術
https://www.amazon.co.jp/dp/4478100829/
ダイヤモンド社記事
http://diamond.jp/articles/-/105868/
この本の内容は、
リーダーで活躍されている方には、
かなり役立ちます。
ここの書いてある48か月連続販売目標達成は、
トヨタ史上最高の出来事なのです。
なぜなら、目標を達成すると翌月はさらに
目標が上乗せされるからなのです。
ということは48か月連続、
目標が上乗せされていくということですね。
それを連続達成されるということは、
かなりすごいことなのです。
当然、奇跡的なことも起こらなければ、
到達しないのです。
この本では著者で実際にリーダーとして、
48か月達成の偉業を成し遂げた須賀さんが、
そのようなチームのまとめ方、
モティベーションの上げ方、
具体的達成の方法など
実際に行われたことを書かれています。
著者の須賀正則さんとも対談で直にお会いしましたが、
さすが、トヨタのディラー支店長として、
活躍してきただけあって、
かなりの温厚で物腰の柔らかな好人物です。
しかし、いざ、目標達成の話になると、
止まらない!
質問が日常会話の私だけに、
私の話よりも質問しまくりました。
最後に私が心に残った本の一部をご紹介します。
・人は「言葉」で説得されたときではなく、
「心」で納得した時に動く。
・ひとまずは今週の目標達成はすっぱりと諦めて、
今月の目標達成に向かって、
今やるべきことを焦らずに実行していくのです。
目先のことは捨てて、1か月先、1年後に向けてしっかり種をまく。
それが常に先を考えるということです。
・チームとして連続で目標を達成し続けるためには、
一人のエースを育てるよりも、
ゾンビを作らないことの方が大事。
・チームとして連続で目標達成するためには、
成績優秀なトップセールスがいる必要はありません。
いえ、むしろトップセールスなんて正直言って、邪魔なのです。
・絶対達成しなくてはならない命題として認識させるには、
「組織目標=自分の目標」と考えてもらう必要があります。
あとは、ぜひ本を買って役立だててください。
--------------------------------------------------
★2017年新刊第1弾!
「図解 新人の質問型営業」(同文舘出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4495534912
左解説右図解の見開き1テーマがわかりやすい!
---------------------------------------------------
--------------------------------------------------
●「『新人の質問型営業』出版記念講演会」
http://www.s-mbc.jp/news/5241/
2月18日(土)15:00-17:00 福岡【共通】
2月25日(土)13:00-15:00 大阪【本人向け】
2月25日(土)16:00-18:00 大阪【育成担当向け】
2月26日(日)13:00-15:00 東京【本人向け】
2月26日(日)16:00-18:00 東京【育成担当向け】
ご参加の方には特典があります!
http://www.s-mbc.jp/news/5241/
--------------------------------------------------
●「質問型営業」セミナーの案内
あなたの売上を3ヶ月で2倍にする!  
 質問型営業塾体験講座(少人数限定)
東京、大阪、名古屋で順次、セミナーを行っています。
http://www.s-mbc.jp/category/event/
--------------------------------------------------
======================================================================
─◆◆ 最後に ◆◆─
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
どうぞご意見やご感想など、お気軽にお寄せください。
◎「情熱思考」-ポジティブ思考へと目覚めるために!
  のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000080648/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行責任者 株式会社リアライズ 青木毅   aoki@e-realize.jp
質問型営業コンサルティング http://s-mbc.jp/
(京 都本 部)〒617-0826 京都府長岡京市開田4-4-11
             TEL 075-953-6332 FAX 075-953-6333
(東 京Office)〒231-0023  東京都千代田区内神田3-2-1栄ビル2F
                          TEL 03-3526-2723 FAX 03-3526-2724
(大 阪Office)〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル4F
             TEL 06-6940-6418 FAX 06-6940-6419
(名古屋Office)〒461-0004 名古屋市東区葵3-23-7千種ファーストNビル9F
                          TEL 052-935-6332 FAX 052-939-5538
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AD
 2016年/2655号─────────2017/1/31発行
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
「 情 熱 思 考 」
 - リアライズ青木の - 
ポジティブ思考へと目覚めるために!        
 http://www.e-realize.jp/
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
--------------------------------------------------
★2017年新刊第1弾!
「図解 新人の質問型営業」(同文舘出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4495534912
左解説右図解の見開き1テーマがわかりやすい!
---------------------------------------------------
★「3か月でトップセールスになる 質問型営業最強フレーズ50」(ダイヤモンド社)
 「3つの言葉だけで売上が伸びる質問型営業」(ダイヤモンド社)
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/505418/ref=pd_zg_hrsr_b_1_4_last
発売後ロングセラー。アマゾンセールス部門2冊が常時ベスト10入り・海外4か国語に翻訳
--------------------------------------------------
★ポッドキャスト「青木毅の質問型営業」は
ビジネス部門 200万回ダンロード達成!約3万人が聞いている
https://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-mu-yino-zhi-wen-xing/id991303656?mt=2&ign-mpt=uo%3D4
---------------------------------------------------
リアライズの青木です。
明日はいよいよ、9か月ぶりに出版します。
自身としては8冊目の本となります。
「図解 新人の質問型営業」(同文舘出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4495534912
実は、この本は、10年前に、
たまたま、同業種の方の出版本を見た時に、
これは見やすいし、使いやすい。
「こんな本を私も出したいな」
と思ったことがきっかけです。
が、当時、初めて2006年に「ミッション・コミュニケーション」(あさ出版)
出版し、なかなか売れず。
売れない本を出した筆者の話はどこの出版社も聞いてくれず、
しかたなく、しばらくはこの企画は水面下にありました。
3年後の2009年に私の2冊目の本がでます。
質問型営業の初めての本
「ビジネスリーダーの質問力」(角川SSC新書)です。
これがまずまず売れました。
さらに2年後。
「質問型営業のしかけ」(同文館)が売れ、増版を重ねました。
やっと、信用をつけた私が、
再度今回の企画を出版社に持ち込んだわけです。
しかし、それでも実現できず、
それ以外の本が4冊もでましたが、
なかなか、今回の企画が通らなかったのです。
ですから、私のとっては
ようよう実現した、
「構想10年」の思い入れのある本なのです。
なぜ、そんなに思い続けたのか?
それは、読者の「お役に立つ」と思ったからなのですね。
※※※※※※※※※※※※
見開き1ページで1テーマ。
左に解説。右に図解。
非常にわかりやすく、
困ったときに、そのテーマを開いて、
何回も読める。
しかも、短時間で読める。
助けになる本です。
初心者からベテランまでつかえる。
おまけに教育指導書としても使える。
※※※※※※※※※※※※
そういう幅広い使い方ができるのです。
当社でも今後はこの質問型営業を教えるにあたっての
指導本とする予定です。
どうか、書店で立ち読みでいいですから、
手に取って、この本を開いてみてください。
そして、気に入れば、
買って役立ててみてくださいね。
でも、「本」って、
こうやって、
生まれるんですよね。
   青木 毅
--------------------------------------------------
■「新人の質問型営業」(同文舘出版)の原稿から!
--------------------------------------------------
ここに書かれた内容は、
最終最後で、ページ調整のため、
削除された項目です。
ですから、本当にかわいそうなので、
この場で紹介をしてあげようと思います。
このような内容が、72項目載っています。
どうか、お楽しみに。
そして、この文章、
役立ててください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんな時どうする?
営業のお悩みQ&A
「怪しまれる」「冷たくされる」「断られる」のがつらいですけど……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●解説
まず「自分がお客様なら?」と考えてみましょう。
アポイントの電話をかけたり、
飛び込みで訪問したりすると、
「怪しまれる」
「冷たくされる」
「断られる」
といった状況に遭遇するでしょう。
そこで
「別に変なことをしているわけでもないのになぜなんだ?」
というやるせない気持ちが起こり、
「情けない」
「もうイヤだ」
という感情になるのです。
では、質問です。
あなたは知らない人から電話がかかってきたり、
知らない人から訪問を受けた時に、
怪しまず、
冷たい感じにならず、
断らず、
暖かく対応するでしょうか?
答えはおそらく「NO」でしょう。
見ず知らずの人からアプローチされれば、
誰だって警戒心を持つものです。
あなたも疑いを持ち、
そのような態度で対応するはずです。
「怪しむ」
「冷たくされる」
「断る」
というのは人間として当たり前の感情・行為であり、
それは見知らぬ者への警戒心、防御の姿勢なのです。
そんな時に売り込みでもされようものなら、
さらに警戒するのは当たり前です。
 
ですから、
お客様に怪訝な態度を取られたら、
「そのような態度をとられるのは当たり前」
と理解しましょう。
落ち込むこともなくなるはずです。
そして、伝えていくことの順番や、話し方を工夫することです。
●その答えは、第2章「質問型営業のアプローチ」
警戒心を取り除き、人間関係を深めるの項目に書いています。
●図解
「怪しまれる」「冷たくされる」「断られる」の場合、
次のように乗り切ろう
→「自分がお客様なら?」と考えてみる
→「そのような態度をとられるのは当たり前」
→「話の順番」や「話し方」を工夫
・出ていただいたことに感謝する
・とにかく、謙虚に
・柔らかく、あたたかく話する
・あせらず、落ち着いて話する
・声のトーンを少し低くすると落ち着く
●怪しまれた場合、こんな一言
・「失礼しました。初めてのお電話なんです」
・「突然で、本当にすいません。少しだけいいですか」
・「お電話出ていただき、ありがとうございます」
・「よく、このような電話かかりますか。申し訳ございません」
・「ご迷惑ですよね。本当にありがとうございます」
という言葉をはさみながら、アプローチに入っていく
--------------------------------------------------
★2017年新刊第1弾!
「図解 新人の質問型営業」(同文舘出版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4495534912
左解説右図解の見開き1テーマがわかりやすい!
---------------------------------------------------
--------------------------------------------------
●「『新人の質問型営業』出版記念講演会」
http://www.s-mbc.jp/news/5241/
2月18日(土)15:00-17:00 福岡【共通】
2月25日(土)13:00-15:00 大阪【本人向け】
2月25日(土)16:00-18:00 大阪【育成担当向け】
2月26日(日)13:00-15:00 東京【本人向け】
2月26日(日)16:00-18:00 東京【育成担当向け】
ご参加の方には特典があります!
http://www.s-mbc.jp/news/5241/
--------------------------------------------------
●「質問型営業」セミナーの案内
あなたの売上を3ヶ月で2倍にする!  
 質問型営業塾体験講座(少人数限定)
東京、大阪、名古屋で順次、セミナーを行っています。
http://www.s-mbc.jp/category/event/
--------------------------------------------------
======================================================================
─◆◆ 最後に ◆◆─
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
どうぞご意見やご感想など、お気軽にお寄せください。
◎「情熱思考」-ポジティブ思考へと目覚めるために!
  のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000080648/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行責任者 株式会社リアライズ 青木毅   aoki@e-realize.jp
質問型営業コンサルティング http://s-mbc.jp/
(京 都本 部)〒617-0826 京都府長岡京市開田4-4-11
             TEL 075-953-6332 FAX 075-953-6333
(東 京Office)〒231-0023  東京都千代田区内神田3-2-1栄ビル2F
                          TEL 03-3526-2723 FAX 03-3526-2724
(大 阪Office)〒531-0072 大阪市北区豊崎3-20-9 三栄ビル4F
             TEL 06-6940-6418 FAX 06-6940-6419
(名古屋Office)〒461-0004 名古屋市東区葵3-23-7千種ファーストNビル9F
                          TEL 052-935-6332 FAX 052-939-5538
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AD