実践で使える英語をマスター!実践英語マスター道場 GLJ英語学院

何度も英語学習に挫折して、語学留学してもダメだった
元トラックドライバーがアメリカで奇跡のMBA(経営学修士)
を取得。英語に悩み悩まされ続けた日々の想いを胸に、本当に
役立つ英語学習に関する様々なお役立ち情報をお届けします!


テーマ:
こんにちは。
山本です。


英語回路トレーニングのキャッシュ
バック募集期間が残り3日(5/31まで)
となりました。
↓ ↓

http://www.gljeigo.jp/training/

*既にご参加表明されている方々は
スタートまでもうしばらくお待ちください。
(テキスト発送は募集終了後、
集計作業を終えてからになります)


それでは、本日も引き続き
「英会話ができない3つの理由」
の続きですが、本日が最後のコラムです。



英語回路トレーニングの
キャッシュバック募集の時だけ


お伝えしている内容ですので、
是非参考にしてください。


前回は英会話をマスターしていく上で
必要な3つのベースの1つである
アクティブ化した語彙力についてお伝えしました。


3つのベースとはこちらです。


1:英文を瞬時に英語のまま理解できる文法力
2:アクティブ化した語彙力
3:一定レベルの発音力



何度も言いますが、このベースが無ければ
英会話スクールに通っても、留学しても英会話を
マスターしていく事は厳しいのが現実です。


本日は残りの一定レベルの発音力に加えて、
更に違う視点で英会話ができない理由も
お伝えしましょう。


【日本語の論理思考(文法)に引きずられる?】


発音を語る前に、前回の最後にお伝えした
チャンキングとも関わる内容から
お伝えしますね。


英会話や英語力がなかなか
上がらない人達に共通している事が、


日本語の論理思考(文法)に
引きずられてしまうケースが
多いという事です。


その中でも代表的なものが
英作文の練習です。


英作文とは日本語の文章を
英語に変換する作業です。


学校のテストでも問題として
良く出題されましたね。


これはこれでとても効果的ですが、
英文に対応する日本語の論理思考(文法)
に引っ張られてしまい、


いつまで経っても英語を
話す時あるいは書く時には


日本語で考えなければならない状態
になってしまう人達がたくさんいます。



もちろんその状態になっても
処理速度が早ければ良いのですが、


上手くいかない人達の多くは
いつまでも日本語の論理思考に
引きずられたままで


余計に英語の瞬発力や反射神経を
落としているケースもありました。


弊社の英語回路トレーニングでも
アウトプットの為に一部英作を行いますが、


もっと直訳型で更に文法要素を
イメージさせていく日本語を独自に使い、


これをトリガー(引き金)にして
この問題を解消しています。


英作でも和訳でもどちらにしても、
綺麗な意訳は必要ありません。


学校英語ではどうしても理解度を測る為に
意訳をさせる傾向があるのは仕方のない事ですが、


意訳はどちらかというと国語の範囲です。



もう何度も言いますが、
これこそ僕らが日本で英語教育を


何十年も受けているのに
実践で使えない元凶です。


この事実には相当な自信があります。


なぜなら直訳やイメージで感じる
英文のルールを徹底させたら操れるように
なる人達が続出しているからです。



これを突き止めた時には何と
晴れやかな気持ちになったことか(笑)。


文科省はいち早くこの事実に
気がつくと良いのですが・・・


文章構造の真逆な2つの言語を
強引にそれぞれのルールで理解しようと
すること自体がナンセンスです。



それができるのは同じ構造を持つ
中国人や欧州の人たちです。


特に欧州の人達は加えてアルファベット
も使うのでそりゃ楽ですよ。



僕ら日本人や韓国人(日本語と韓国語は
同じ構造のため)
は悲しいかな、


もし母国語(日本語or韓国語)を使うなら、
英語のルールをそのまま採用して


母国語(日本語or韓国語)を崩して
いかないと使えるようになりません。



しかしそれができるのは
母国語(日本語or韓国語)の論理を
理解している、操れる大人だからこそです。


逆に言うと日本人が韓国語を学ぶ、
または韓国人が日本語を学ぶ時は・・・


そうです、母国語を使いながらマスター
すること、つまり意訳でもマスター可能
という事になるのです。



事実、日本語をマスターする韓国人の
スピードと言ったら凄まじく早いです。


でも韓国人も英語は大の苦手です。
中々マスターできません。


ここに共通点が見えませんか?




【英語発音のレベルは上げる必要があるのか?】


今日の本題から少しそれましたが、
それでは英会話をマスターする上で必要な


3つのベースの最後になりますが、
一定レベルの発音力についてです。


英語の発音に関しても非常にレベルの
低い人達が英会話ができない
という傾向が見られました。


決して発音マニアになる必要も
ネイティブと同レベルの発音になる
必要もありません。



僕もネイティブ並みの発音では
ありませんし、


発音が上手いか?と言われれば
それ程上手いとは自分でも思っていません。


しかしネイティブからは
全く問題ないと言われています。


ある一定レベルがやはり
発音にもあります。



せっかくインプットした内容が
発音の悪さで伝わらなかったり、
伝えることができなかったり、


口が動かないだけで無意識に
その英単語やチャンクを


拒否して使わないのは
もったいない事です。


要するに知識レベルの指令が
口の動きの筋肉レベル(運動レベル)に
連動していないと、


思うようなスピーキングが
出来にくくなります。



ですから口の動きを運動レベルで
別途ある一定のレベルまでトレーニング
する必要があるのです。


せっかく頭の中には色々な英文を
組み立てられる能力があるのに、


口が自然と動くレベルに無いので
一拍「間」が出来てしまいます。


理由はただそれだけなのに、


「自分はやっぱり思うように
英語が話せない・・・」


ともったいない落ち込み方や
勘違いをしている人が実際にいるのです。



また発音が上達すると
リスニングにも効果があります。


自分で音をプロデュースできるように
なれば音の聞き分けがスムーズに行きます。



この当たりもリスニングに
相乗効果があるので実力も上がる
要因かとは考えています。


そしてリーディングも発音力が
上がるのと比例して


スムーズに心の中で読めるように
なり相乗効果が見られました。


発音は英語が母国語でない人達には
それぞれの特徴があって良いという主張が
ありますが・・・


僕もそれは同感です。


しかし残念ながら日本人の発音は
特徴というレベルに届かない状態です。


英語と日本語は発声する何もかもが
違いすぎるからです。



そして英語発音は上達していくと
英語学習自体も楽しくなっていきます。


【素早い会話に対応するためには?】


そして素早い会話に対応するためには、
発音もそうですが、音としての慣れが必要です。


これは3つの全てのベースがあった上で
取り組む必要があるのですが、


英語は日本語とは違い子音が
とても重要になってきます。


子音同士が繋がり連結音(リエゾン)を
起こしたり、消失音を起こしたりします。


これが後でスクリプトを見れば
直ぐに理解できても実際に聞いて
分からない1つの原因となっています。



また素早い会話では決して
正しい英文法を話していない
ケースもあります。


これも実際の会話を通して
対応していかなくてはなりません。


ただし、これは・・・


英文を前からどんどん即時に
理解していける力があった上で
成り立ちます。


アクティブ化している英単語のベースが
あって成り立ちます。


発音で一定レベル以上の
発せられる力があって成り立ちます。



ですから素早い会話に入る前に、
以下のチャックをしてみて下さい。


アクティブ化している英単語が
ベースにあるのか?


瞬時に前からザクザク英文を
理解出来る力があるのか?


発音の理解(特に子音を発するメカニズムが
理解しているか)ベースがあるのか?


さぁ、これまで英会話ができない理由
とその対策をお伝えしてきました。


僕は相当な自信を持ってこれらを
お伝えしています。


それは膨大なコストと手間を
かけてここまで調べ上げて、


どうして日本人の大人は
英会話をマスターする事が難しいのか?


という答えを見つけ出そうと
方法論を確立しようとした事が
きっかけです。



大人が英会話を挫折する事なく
マスターしていくプロセスは


これまでお伝えして来た事が
間違いないと断言出来ますし、


それに対して異論反論があれば
どんな事でも答える自信があります。


それぐらい調べあげ、指導を通して
英会話をマスターしていく人達を
見てきたからです。


是非お役立て下さい。


ここまでお読み頂き、
ありがとうございました。



PS:

メール個別指導なら1日約444円という
参加費用で個々の環境や能力に合わせた、


あなただけのカスタマイズされた
英語回路トレーニング指導の募集は


残り3日間(5/31)で締切ります。
http://www.gljeigo.jp/training/


もし独学や英会話スクールなどに通って
いても上達に限界を感じているなら・・・


是非英語回路を身につける
その1歩を今すぐ踏み出して下さい。


早い人なら6ヶ月で身につける事
が可能です。


1日5分聞き流すだけ・・・や
英会話スクールにいきなり飛び込んで


英会話をマスターした人などいません。


大人の場合は海外留学したって同様です。


英会話に堪能な人が近くにいるなら
どうぞ聞いてみて下さい。


英語回路があって初めて
英会話はマスターできるのです。


そして英会話を自由に操るようになって
東京オリンピックの時など色々な
外国人と交流しましょう!


海外ドラマや映画を字幕には出て来ない
もっとライブ感ある感情で感じましょう!


既に国境を超えているグローバル社会が
引き起こす格差社会に仕事で負けないよう
今より人生をより豊かにしましょう!


僕はこの世の中から英語難民が
消える事を自分の体験を
通して願っています。


個別指導という特徴の為、
残念ながら多くの方々に提供できる
サービスではありませんが・・・


膨大な手間とコストがかかるこの事業を
2008年から継続する理由はよもや
そこにしかありません。


そして既に英語回路を身につけて、
英会話を自由に操る仲間達がいます。


ほんの少し前まで英文法という
言葉にすら拒否反応を示していた、


彼ら彼女らの中には英語を教える事を
仕事にする人達まで出ています。


次はあなたの番です。


あなたが英語回路構築へ1歩踏み出し、
実際のトレーニングでお会い出来る事を
楽しみにしています。


残り3日(5/31まで)で募集を締切ります。
1日約444円で個別指導が受けられる
↓ ↓

http://www.gljeigo.jp/training/


いいね!(56)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
山本です。


英語回路トレーニングのキャッシュ
バック募集期間が残り5日(5/31まで)
となりましたのでおしらせします。
↓ ↓

http://www.gljeigo.jp/training/

*既にご参加表明されている方々は
スタートまでもうしばらくお待ちください。
(テキスト発送は募集終了後、
集計作業を終えてからになります)


それでは本日も引き続き
「英会話ができない3つの理由」
の続きです。



前回は英会話をマスターしていく上で
必要な3つのベースの1つである


英文を瞬時に英語のまま理解できる文法力を
身につける方法についてお伝えしました。


3つのベースとはこちらですね。


1:英文を瞬時に英語のまま理解できる文法力
2:アクティブ化した語彙力
3:一定レベルの発音力



何度も言いますが、このベースが無ければ
英会話スクールに通っても、留学しても英会話を
マスターしていく事は厳しいのが現実です。


本日は2番目のアクティブ化した
語彙力を身につける方法です。


【語彙力の低さに対処する方法?】


語彙力は英単語を暗記している数だと
誤解されるケースがありますが、


アクティブ化(能動的な利用可能)
しているか?


パッシブ化(受動的な利用可能)
しているか?



という2つに分かれます。


アクティブ化は英単語を日本語訳を介さず、
英語のまま理解していて(英単語からその単語を
イメージで理解しているケースも可)


能動的に使える状態です。


またパッシブ化とは英単語を日本語訳を
介して理解していて受動的に使える状態です。


ただ単に英単語の暗記量が多くても、
パッシブ化している状態ならそれは
インプットシーン(読む・聞く)では役立っても、


アウトプットシーン(話す・書く)では
役立つことは難しくなります。


アクティブ化している英単語なら全てのシーン
(読む・聞く・書く・話す)で使えます。



だからと言って、決して英単語が
パッシブ化しているからダメだ
ということではありません。


難易度の高い英単語や難解な英文や
専門的な内容の英文に時間的余裕を持って


読める時にはパッシブ化している
状態でも有効です。


更にパッシブ化している状態でも
出来る限り多くの反復を行う事で


アクティブ化に移行する
ケースもあります。


特殊な場合を除いては、
速い反応速度が求められる


コミュニケーションシーンで
英単語はやはり出来るだけ多く
アクティブ化している事が必要です。


そして英単語をアクティブ化するには
3つのアプローチがあります。


1:英英辞書などを使い英語⇒英語で
ダイレクトに学ぶ


2:英語⇒イメージ⇒英語という
イメージをはさむプロセスを入れる


3:日本語⇒英語という変換を瞬時に行う
(あるいは英語⇒日本語の瞬時変換でも良いが
この場合は日本語⇒英語よりも多くする必要あり)



2番目の方法で途中イメージを
はさむ場合に日本語の助けを借りて
イメージするのももちろんOKです。


私が今考えると英語回路と
呼べるものを身に付けた時、


英単語をアクティブ化させたのは
1番目の方法でした
(時折3番目を併用しながら)。


しかし指導した中でアクティブ化数が
最も多かった方法が3番目の方法でした。


日本語から英語への瞬時変換です。


よって弊社の英語回路トレーニングでは
3番目を採用していますが、


これも導入するタイミングがあります。


例えば英文を理解するベースがないのに、
やみくもに英単語をアクティブ化しても


使える(読む・聞く・書く・話すシーンで)
ことができません。


これは良く色々な書籍に出ている
短文暗唱も同様です。



数多くの短文を暗記したり、
会話集を丸暗記しても応用力が
効かないのです。



これにしてもタイミングと
ステップがあります。


つまりそれが英単語であれ短文であれ、
「自覚して意味編成をしている感覚」
の無い中で丸暗記を行なっても


機械的に対応するオウム返しのような
状態になりとても実践的とは言えません。



少し違う状況に陥ると途端に
何も言えなくなってしまいます。


恐らくこのタイミングやステップを
しっかり知ってあるいは調べて
実践している人達は非常に少ないと思います。


このタイミングとステップを
見つけ出すのにとても苦労しましたが、


「何だこういう事か!」と霧が晴れたように
スッキリした時を今でも覚えています。



ただ闇雲に短文暗唱なんてしても
効果などあるわけありませんし、


英単語にしてもそうですが、
覚えられるわけがありません。


この英単語のアクティブ化と
英文のイメージ化(英文を瞬時に
理解できる力)が


英語のコミュニケーションシーンの根幹で
あると言っても過言ではありません。



【チャンキングを実践させていく方法?】


英単語のアクティブ化と英文イメージ化に
加えてもう1つ突っ込んだ技術があると


とても楽に英文をあらゆる
コミュニケーションシーンで
捉える事が出来ます。


それがチャンキングと呼ばれる技術です。


チャンキングとは英文をチャンクで
捉えて行く技術でもあります。


これは単純に技術なので誰でも
トレーニングすれば習得可能です。


またチャンクとは人間が一度に
情報処理できる単位の事で、
通常7+-2で5つ~9つの間です。


最近では4+-1(3つ~5つ)という事も
言われていますが、


基本的に当社では5つ~9つの範囲で
対応しています(どうしても厳しい場合は
3つ~5つでも対応します)。



英語のコミュニケーションシーン
(書く・話す・読む・聞く)では


いつでもチャンク単位に収まる
範囲内で捉える事が大切です。


だから先日もお伝えした、
直訳などで前からどんどん捉えていく
練習が必要なのです。


初心者は特に一語一語で捉えて
しまう為に意味処理も遅くなります。


これを解消するには


チャンクごとに区切って読む、
聞く、話す、書くという訓練が必要です。


特に話す時などはチャンクとチャンクの間に
つなぎ言葉としてwell, you know,などといった
言葉を挟みトレーニングします。



あるいは少し間を空けます。


これは弊社が採用している音読の1つで
オーラリングという音読があります。


単純に自分の声だけで読む方法ですが、
チャンク単位は2、3語という短い単位でも
構いません。


2、3語であれば例え初心者であっても
その意味を味わいながら、理解しながら
音読する事が可能です。


もちろん読む時はスラッシュなど
を入れて読んでも構いませんが、


なるべくそれは早い段階で止めて、
スラッシュの助けなしに進める方が
もちろん良いです。


ただし、スラッシュリーディング
とは少し違います。



スラッシュリーディングは区切った箇所から
最終的に文章全体を繋ぎ合わせて意訳に
持っていくことが基本です。


チャンキングは最初日本語の力を
借りる場合は変な日本語でも良いので前から
どんどんダイレクトに捉えて行きます。



そうすることで英語を話しながら
あるいは聞きながら、


同時に英語で考える事が
日本語の力を使ってでも
可能になっていきます。


それがチャンク(2、3語であっても)
でのオーラリング音読と重なる事で
自由に英語を組み立てて行く力が身につきます。



以上が語彙力を上げて行きながら、
チャンクという技術を積み上げて行く
大切さです。


3つのベースを構築しながら
リスニング・スピーキング・リスニング・
ライティングという技術を積み上げる。


そのステップやタイミングを間違えると
英会話をマスターする道のりで
非常に遠回りする事となります。



3つのベースのうち残りは発音ですが、
本日も少し長くなりましたので、
続きはまた次回お届けしますね。


ここまでお読み頂き、
ありがとうございました。


PS:

メール個別指導なら1日約444円という
参加費用で個々の環境や能力に合わせた、


あなただけのカスタマイズされた
英語回路トレーニング指導の募集は


残り5日間(5/31)で締切ります。
http://www.gljeigo.jp/training/


もし独学や英会話スクールなどに通って
いても上達に限界を感じているなら・・・


是非英語回路を身につける
その1歩を今すぐ踏み出して下さい。


早い人なら6ヶ月で身につける事
が可能です。


1日5分聞き流すだけ・・・や
英会話スクールにいきなり飛び込んで


英会話をマスターした人などいません。


大人の場合は海外留学したって同様です。


英会話に堪能な人が近くにいるなら
どうぞ聞いてみて下さい。


英語回路があって初めて
英会話はマスターできるのです。


そして英会話を自由に操るようになって
東京オリンピックの時など色々な
外国人と交流しましょう!


海外ドラマや映画を字幕には出て来ない
もっとライブ感ある感情で感じましょう!


既に国境を超えているグローバル社会が
引き起こす格差社会に仕事で負けないよう
今より人生をより豊かにしましょう!


僕はこの世の中から英語難民が
消える事を自分の体験を
通して願っています。


個別指導という特徴の為、
残念ながら多くの方々に提供できる
サービスではありませんが・・・


膨大な手間とコストがかかるこの事業を
2008年から継続する理由はよもや
そこにしかありません。


そして既に英語回路を身につけて、
英会話を自由に操る仲間達がいます。


ほんの少し前まで英文法という
言葉にすら拒否反応を示していた、


彼ら彼女らの中には英語を教える事を
仕事にする人達まで出ています。


次はあなたの番です。


あなたが英語回路構築へ1歩踏み出し、
実際のトレーニングでお会い出来る事を
楽しみにしています。


残り5日(5/31まで)で募集を締切ります。
1日約444円で個別指導が受けられる
↓ ↓

http://www.gljeigo.jp/training/


いいね!(43)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
GLJ英語学院代表の安田です。


今週も1週間が終わりましたね。
お疲れ様でした。


【世界最速のヘリコプター登場?(according toの使い方)】


です。


それでは、本日もいってみましょう!


_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング
 2:編集後記

■ 本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【世界最速のヘリコプター登場?(according toの使い方)】



Airbus just patented the fastest helicopter in the world


直訳すると


「エアバスはちょうど特許を取得した、
最速のヘリコプターの、世界で」


ですね。


簡単に意訳すると


「エアバスは世界最速ヘリコプターの特許を
取得したばかりである」



ですね。


本日は欧州最大の航空機メーカー
「エアバス」社が世界最速ヘリコプターの
特許を取得したという内容からです。


エアバス社の名前は知っていましたが、
ヘリコプターを作っていることは知りませんでした。


実際にこのヘリコプターは開発中とのことです。


こんな最速ヘリコプターが飛び交う時代が
もうすぐそこまで来ているということですね。


それではaccording toの使い方
について理解しましょう!


【Today's Sentence】

According to the patent,
this helps reduce noise,

and vibrations while improving lift
and passenger safety.


■ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

 
厳選した英単語を以下の9ステップを参考に
声に出して能動的に使えるようにしましょう。


【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)
2:英単語を映像として理解する(イメージ化)
3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する


【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回
2:えくぼを作るような口の形を作る3回
3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回
4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回
5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回
6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回
7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 
8:おへその下辺りに力を入れる
9:口元も舌もリラックスした状態


*一番強く発音する箇所で大きく強く、
長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。


【patent】
 
意味:特許(権)(名詞)
 
発音:パテント(パは唇を閉じてパッと開く)

<一番強く発音する箇所:paのa>


【reduce】
 
意味:減らす(動詞)
 
発音:リデュース(最初のリは舌を喉元へ)

<一番強く発音する箇所:reのe>


【vibration】
 
意味:振動(名詞)
 
発音:ヴァイブレイション(ヴァは下唇を軽く噛む)

<一番強く発音する箇所:raのa>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…
以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:特許(権)(名詞)

2:減らす(動詞)

3:振動(名詞)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 
1秒以内で答えられたら次の英訳を"味わって"下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【1: patent】

⇒a special document that gives you the right
to make or sell a new invention or product that
no one else is allowed to copy:


【2: reduce】

⇒to make something smaller or less in size,
amount, or price:


【3: vibration】

⇒a continuous slight shaking movement:


■ ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━


続いてチャンク毎に英語を前から
英語のまま理解できるように
直訳技術を磨いて行きましょう!


英語を意訳しているうちは
絶対に英語のまま理解する事は
できません。


最初は日本語だけの直訳でも良いので、
次第に日本語訳にするまでも無いものは
そのまま英語で考えて行きましょう!


最終的に全て英語になったら・・・
それが当たり前ですが英語を英語で
捉えている証拠です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 
According to the patent,
this helps reduce noise,

and vibrations while improving lift
and passenger safety.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【★chunk 1★】

=According to the patent,
this helps reduce noise,=



<直訳1>
その特許によるとね、これは役に立つよ、
ノイズを減らすのに、


【★chunk 2★】

=and vibrations while improving lift
and passenger safety.=



<直訳2>
そして振動を、そのうえ改善するよ、
持ち上げる事と乗客の安全をね。


■ ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて
ここではなるべく英語に近い直訳で
全体を捉えるようにしましょう!

According to the patent,
this helps reduce noise,

and vibrations while improving lift
and passenger safety.


<解答例>

the patent によるとね、 this は helps だよ、
reduce するのに noise を、

そして vibrations を、そのうえ improving するよ
lift と passenger safety をね。


■ ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━


ステップ4ではリスニングの為の
スピード音読をして行きましょう。

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ
スピードのある音読をして下さい。

出来れば秒数を測って下さい。


スピード音読(目標5回)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 
According to the patent, /
this helps reduce noise,

and vibrations / while improving lift
and passenger safety. /

参考の音声はこちら

http://vocaroo.com/i/s0LzE1s8LJHt


■ ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。


ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに
そこに感情を込めて発話実感と共に
相手に伝えている意識を持って行う
オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。


単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む
(wellやyou knowといった繋ぎ言葉を
入れても良い)あるいは手などを動かしながら
読むとより実践的でかつ効果的です。


ステップ4のスピード音読との
秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、
オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。


「一読入魂!!」


オーラリング音読(目標10回)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 
According to the patent, /
this helps reduce noise, /

and vibrations / while improving lift /
and passenger safety. /

参考の音声はこちら

http://vocaroo.com/i/s17Q7ekwPCPI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。


今回のaccording to は通常、
権威ある機関や第三者からの情報を


引用するときに用いることが
できる表現で自分の直接的な経験や
意見には使えません。



例えば、According to me,
という言い方は普通はしません。


ぜひ覚えておきましょう。


本日は以上です。


本日の記事は以下よりご覧いただけます。
http://goo.gl/BUpwxS


■ 編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は


「世界最速のヘリコプター登場」


でした。


最速という言葉は乗り物などで
よく使われていますが、これは
英語学習にも当てはまります。


英語を英語のまま捉えて瞬時(速く)に
対応する力がそうですね。


僕はこの瞬時に対応する力を養う
トレーニングの一つとして頻繁に
英英辞書を使っています。


最初は頭の中で持っている知識を
フル活用して英英辞書に書かれている
内容を日本語訳にするかもしれません。


それはそれで結構ですので、
力まずに続けてみてましょう。


英英辞書に慣れていない内は、
非常に不安な気持ちになります。


どういう事かと言いますと・・・・・


英和・和英辞書のように日本語で
一発解答される癖がつくと、


その時はすっきりしますし、
快感ですし、単語の意味がはっきり分かって
覚えた気になります。



しかし、英英辞書は全くその反対です。


調べてもすっきりしませんし、
快感でもありませんし、
単語のはっきりとした意味も分からないので
覚えた気になりません。


全てイメージとして捉えるからです。
しかしこのイメージで捉える事が実は


英会話を習得する(英語を英語で捉える)
上で重要なのです。



例えば、何か言いたい事があるけど
単語が思いつかないという現象があるとします。


日本語訳で覚えていた場合はその単語を
忘れた場合は言葉に詰まります。


しかし英英辞書で慣れている場合は
瞬時にいくらでも言い回しが出てくるのです。


そして会話の幅が広がります。


英英辞書を使うことに拒絶反応を
起こす人もいるかもしれませんが、


はっきり言うと英英辞書は慣れ以外の
何物でもありませんので機会があれば
どんどん活用していきましょう。



本日は以上です。


ここまでお読みいただき
ありがとうございました!


GLJ英語学院代表
安田


いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)