実践で使える英語をマスター!実践英語マスター道場 GLJ英語学院

何度も英語学習に挫折して、語学留学してもダメだった
元トラックドライバーがアメリカで奇跡のMBA(経営学修士)
を取得。英語に悩み悩まされ続けた日々の想いを胸に、本当に
役立つ英語学習に関する様々なお役立ち情報をお届けします!

NEW !
テーマ:

GLJ英語学院代表の安田です。

 

 

しかし、ここ最近のシドニーは

暑い日が続きますね~。

 

 

この時期、日本との気温差が35度以上!

想像するだけでゾッとします。

 

 

本日の英語回路トレーニングは、

 

 

【将来のための最も重要な4つのスキル(onのニュアンス)】

 

 

です。

 

 

それでは、本日もいってみましょう!

 

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:編集後記

 3:知っ得!オージースラング

 

■ 本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

【将来のための最も重要な4つのスキル(onのニュアンス)】

 

 

本日の記事タイトルは

 

 

The 4 Most Critical Skills For The Future

 

 

直訳すると

 

 

「4つの、最も重要なスキル、将来のための」

 

 

ということです。

 

 

簡単に意訳すると、

 

 

「将来のための最も重要な4つのスキル」

 

 

ですね。

 

 

これまで、基本的にコンピュータが

可能だったのは、効率化・単純化できる

仕事でした。

 

 

しかし近年では、除々に認知能力を必要とする

仕事もこなせるようになってきていますよね。

 

 

オックスフォード大学の

マイケル・A・オズボーン博士氏によると

 

 

「人と人とがコミュニケーションを

しなければいけないサービス業の壁すら

ロボットが乗り越えようとしている」

 

 

と指摘しているそうです。

 

 

一方で人間は、

 

 

「機械にできることは機械に任せる」

 

 

ことで、さらに

 

 

「高次元でクリエイティブなことに

集中できるようになる」

 

 

というのだと。

 

 

一体どんな未来がやってくるのでしょうか?

 

 

それでは、onのニュアンスを

見ていきましょう。

 

 

【Today's Sentence】

 

Computers and machines are taking 

on many tasks and will continue 

to take on more. 

 

We need to be realistic that the requirement 

for humans in manufacturing 

and production will reduce. 

 

 

■ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

 

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に

声に出して能動的に使えるようにしましょう。

 

 

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

 

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する

 

 

【★英語の発声準備9ステップ★】

 

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

 

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

 

 

【task】

 

意味:仕事・職務・役割(名詞)

 

発音:タスク(タは舌先を上前歯の歯茎裏にしっかり付ける)

 

<一番強く発音する箇所:taのa>

 

 

【realistic】

 

意味:現実的な・実際的な・現実主義的な(形容詞)

 

発音:リアリスティック(リアは舌先を喉元奥の方へ)

 

<一番強く発音する箇所:reaのe>

 

 

【requirement】

 

意味:必要なもの・必須要件・前提条件(名詞)

 

発音:リクワイアメント(クワは唇を丸めて前に突き出す)

 

<一番強く発音する箇所:quiのu>

 

 

【reduce】

 

意味:減る・縮小する(動詞)

 

発音:リデュース(リは舌先を喉元奥の方へ)

 

<一番強く発音する箇所:duのu>

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

1:仕事・職務・役割(名詞)

 

2:現実的な・実際的な・現実主義的な(形容詞)

 

3:必要なもの・必須要件・前提条件(名詞)

 

4:減る・縮小する(動詞)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を"味わって"下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

【1: task】

 

⇒ a piece of work that must be done, 

especially one that is difficult or unpleasant 

or that must be done regularly:

 

 

【2: realistic】

 

⇒ judging and dealing with situations 

in a practical way according to what is actually 

possible rather than what you would like to happen:

 

 

【3: requirement】

 

⇒ something that someone needs or asks for:

 

 

【4: reduce】

 

⇒to make something smaller 

or less in size, amount, or price:

 

 

■ ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━

 

続いてチャンク毎に英語を前から

英語のまま理解できるように

直訳技術を磨いて行きましょう!

 

 

英語を意訳しているうちは

絶対に英語のまま理解する事は

できません。

 

 

最初は日本語だけの直訳でも良いので、

次第に日本語訳にするまでも無いものは

そのまま英語で考えて行きましょう!

 

 

最終的に全て英語になったら・・・

それが当たり前ですが英語を英語で

捉えている証拠です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Computers and machines are taking 

on many tasks and will continue 

to take on more. 

 

We need to be realistic that the requirement 

for humans in manufacturing 

and production will reduce. 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

 

【★chunk 1★】

 

=Computers and machines are taking 

on many tasks and will continue 

to take on more.=

 

 

<直訳1>

コンピューターと機会はね、引き受けるよ、

多くの仕事をね、そして続いていくよ、

(仕事を)引き受けることを、もっとね。

 

 

【★chunk 2★】

 

=We need to be realistic that the requirement 

for humans in manufacturing 

and production will reduce.=

 

 

<直訳2>

我々は必要だよ、現実的になることが、

必須要件が、人間にとっての、

製造や生産において、減るだろうと。

 

 

■ ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

 

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて

ここではなるべく英語に近い直訳で

全体を捉えるようにしましょう!

 

Computers and machines are taking 

on many tasks and will continue 

to take on more. 

 

We need to be realistic that the requirement 

for humans in manufacturing 

and production will reduce. 

 

 

<解答例>

 

Computers and machines は are 

taking on するよ、many tasks をね、

そして will continue していくよ、

to take on することを、more ね. 

 

We は need だよ to be realistic になることが

that the requirement が humans にとっての、

in manufacturing and production において、

will reduce だろうと. 

 

 

■ ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━

 

ステップ4ではリスニングの為の

スピード音読をして行きましょう。

 

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ

スピードのある音読をして下さい。

 

出来れば秒数を測って下さい。

 

 

スピード音読(目標5回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Computers and machines are taking 

on many tasks / and will continue 

to take on more. /

 

We need to be realistic that the requirement 

for humans / in manufacturing 

and production will reduce. /

 

参考の音声はこちら

https://goo.gl/a2IIT9

 

 

■ ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

 

それでは最後の仕上げです。

 

 

ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに

そこに感情を込めて発話実感と共に

相手に伝えている意識を持って行う

オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。

 

 

単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む

(wellやyou knowといった繋ぎ言葉を

入れても良い)あるいは手などを動かしながら

読むとより実践的でかつ効果的です。

 

 

ステップ4のスピード音読との

秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、

オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。

 

 

「一読入魂!!」

 

 

オーラリング音読(目標10回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

Computers and machines are taking /

on many tasks / and will continue /

to take on more. /

 

We need to be realistic / that the requirement 

for humans / in manufacturing 

and production / will reduce. /

 

参考の音声はこちら

https://goo.gl/LWvaRZ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回は以上です。

 

 

前置詞は難しい分野ですが、

様々な英文を見れば慣れていきます。

 

 

例外も多いので完璧に

マスターすることは止めて、

慣れていくことに集中しましょう。

 

 

ポイントは英文を前から

イメージで理解しながら前置詞で

位置関係を掴んで行く事です。

 

 

その為に前置詞は位置関係を

はっきりさせる役割があります。

 

 

on・・・接触、ピタリと

くっついているニュアンス

 

 

She looked at a clock on the wall.

 

 

接触していれば決して

上では無くてもよいので、

 

 

on the wallのように

壁に触れている状態でも使います。

 

 

本日は以上です。

 

 

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

http://goo.gl/sKd7M0

 

 

■ 編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

今回の記事は

 

 

「将来のための最も重要な4つのスキル」

 

 

がテーマでした。

 

 

記事のおさらいをすると

 

 

1. Communication and Inter-Personal Skills

2. Problem Solving Skills

3. Analytical Skills

4. Personal Mastery Skills

 

 

1:コミュニケーションと対人スキル

2:問題解決スキル

3:分析スキル

4:個人の専門的スキル

 

 

今回の記事で気になったのは

 

 

1. Communication and Inter-Personal Skills

1:コミュニケーションと対人スキル

 

 

人と人とのコミュニケーションに

必要不可欠なツールである言語。

 

 

そして英語もまた世界共通の

言語ツールの一つです。

 

 

さて、英語という言語ツールを使った

英会話コミュニケーションスキルとは一体?

 

 

ある研究によると

 

 

「英会話コミュニケーションスキルとは

英語に興味・関心をもち,英語を使って

いろいろな人に進んでかかわる中で,

 

相手の言いたいことを理解しようとしたり,

自分の言いたいことを言葉やさまざまな手段を

用いて伝えようとすること。」

 

 

どうですか?

非常に分かりやすい定義ですよね。

 

 

そしてこの定義を

3つのポイントに分けています。

 

 

言葉や文化に興味・関心をもち,

英語活動を積極的に楽しむこと。

 

 

相手の言いたいことを理解しようとしたり,

自分の言いたいことを言葉やさまざまな

手段を用いて伝えようしたりすること。

 

 

英語を使いながら,いろいろな人に

かかわろうとすること。

 

 

英語回路トレーニングで

フォーカスしているのは2番目の

 

 

「相手の言いたいことを理解しようとしたり,

自分の言いたいことを言葉やさまざまな

手段を用いて伝えようしたりすること。」

 

 

です。

 

 

そのために発音練習・音読・直訳を

何度も何度も繰り返し、

 

 

英語を英語として捉える

「脳」を作っていくのです。

 

 

■ 知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

「Chewy」=「チューインガム」

 

 

またまた短縮形ですが、これは

Chewing gumのことですね。

 

 

日本に負けず多くの種類のガムが

存在するオーストラリア。

 

 

日本ではChewing gumを短くして

ガムと呼びますが、Chewyとyを付けて

短くするところがオージー流ですね。

 

 

I'll get some bikkies 'n chewy for ya.

ビスケットとガムを買ってくるよ。

 

 

Cheers mate!

ありがとさん!

 

 

その他Snakeと呼ばれるヘビの形をした

Jellyはオージー(特に子供)に人気のグミです。

 

 

機会が合ったら是非とも試してくださいね。

 

 

知っていて損はない、現地でも使える

オージースラングでした!

 

 

本日は以上です。

 

 

ここまでお読みいただき

ありがとうございました!

 

 

GLJ英語学院代表

安田

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは。

GLJ英語学院

ファウンダーの山本です。

 

 

こちらは連日寒い日が続きます・・・

 

 

それでは、本日も英語回路トレーニングとは

別にライトな感覚で1点に集中して

 

 

実践の英会話表現とそれに伴う

ボキャビルを行いましょう!

 

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 1:実践の英会話表現

 2:実践英会話のボキャビル

 3:英語の名言

 4:編集後記

 

■ 実践の英会話表現━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

 

実践の英会話シーンで使われる表現です。

 

 

<本日のお題:臭いよ!>

 

 

Did you wash your clothes?

 

(その服洗った?)

 

Never, have washed it since I bought.

 

(いや、買ってから一度も)

 

It smells funky!

 

(臭いよ!)

 

 

<1点集中ポイント:It smells funky.>

 

 

funkyには「独創的な」

「個性的な」「カッコ良い」

 

 

イメージが先行して良い意味で

使われるケースもありますが、

 

 

その意味だとこの例文は何だか

さっぱり分かりませんね(笑)。

 

 

funkyには一方で「カビ臭い」や

単純に「臭い」という意味で

使われるケースもあります。

 

 

ネガティブなイメージでも

funkyは使われることを

覚えておきましょう。

 

 

■ 実践英会話のボキャビル━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

実践の英会話表現で使われた重要な

英単語・熟語を英語で理解してみましょう!

 

 

=funky=

 

 

「having a bad smell」

 

(悪い臭いを持っている)

 

 

 

<1点集中ポイント:funky

の意味を英語で捉える>

 

 

■ 英語の名言━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

英語の名言から英語だけでなく、

人生の知恵を盗みましょう!

 

 

 

I feel that the greatest reward for doing 

is the opportunity to do more. 

 

 

by Jonas Salk

 

 

「私は行動する最大のメリットは

更に突き詰める機会であると感じている。」

 

 

新年の目標や計画を立てた

人は多いと思います。

 

 

そしてそれを行動に移している人

はそこからさらに減っていき、

 

 

行動しても途中で諦める人

が出てきて、

 

 

最終的に目標や計画が頓挫する

人が多くを占める結果になるのが

普通ですね。

 

 

目標や計画を立てて行動まで

起こせないのはそもそも行動する

 

 

タスクが細分化されていない

ことがほとんどの原因です。

 

 

そして細分化した内容で行動したのに

途中で頓挫するのは行動のチェック

(反省)を怠っているからです。

 

 

行動のチェックを行っていれば

改善すべき内容も見えてきて、

 

 

次の行動に移すことができます。

 

 

そうしていくと行動することで

今回の名言で言われているように、

 

 

どんどん突き詰めたところに

到達していきます。

 

 

行動のチェック機能を持ちましょう!

 

 

<1点集中ポイント:行動のチェック機能を持つ!>

 

 

 

■ 編集後記━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

 

いよいよ今週の20日には

トランプさんの大統領就任式が

行われますね。

 

 

就任前から色々な言動で世界を

騒がせていますが、

 

 

彼の戦略の1つでしょうね。

 

 

正式に大統領に就任してから

どのようにアメリカを舵取り

していくのか非常に気になりますね。

 

 

本日は以上です。

 

 

ありがとうござました!

 

 

Be all you can be!

Where there is a will, there is a way!

 

 

GLJ英語学院

ファウンダー

山本

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは。

GLJ英語学院

ファウンダーの山本です。

 

 

1月もあっという間に

2週間が経ちましたね。

 

 

それでは、本日も英語回路トレーニングとは

別にライトな感覚で1点に集中して

 

 

実践の英会話表現とそれに伴う

ボキャビルを行いましょう!

 

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 1:実践の英会話表現

 2:実践英会話のボキャビル

 3:英語の名言

 4:編集後記

 

■ 実践の英会話表現━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

 

実践の英会話シーンで使われる表現です。

 

 

<本日のお題:そんなとこです>

 

 

Could you introduce yourself 

for everyone?

 

(みんなに自己紹介してくれる?)

 

 

Well, my name is Naoki, from Japan 

and wanna learn business with you guys.

That’s about it I guess.

 

(えー、日本から来たナオキです。

みんなとビジネスを学びたいです。

そんなとこです。)

 

 

<1点集中ポイント:That’s about it I guess.>

 

 

似たような表現で、

that’s it.、that’s all.(以上です)

 

 

に近いですが、

 

 

話の終わりに「まぁ、大体そんな

とこかな~」と締めくくる時に

 

 

that’s about it I guess.

 

 

が使われます。

 

 

that’s it.(以上)のように

言い切るのとは少し違って、

 

 

比較すればisとitの間に

aboutが挿入されています。

 

 

このaboutが「大体」

という意味として使われている

ために、

 

 

はっきり言い切りはしないけど、

まぁ、そんなとこです。

 

 

というニュアンスを出しています。

 

 

■ 実践英会話のボキャビル━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

実践の英会話表現で使われた重要な

英単語・熟語を英語で理解してみましょう!

 

 

=That’s about it I guess.=

 

 

「there is nothing else to do or to say」

 

(他にすること、または言うことはない)

 

 

 

<1点集中ポイント:That’s about it I guess.

の意味を英語で捉える>

 

 

■ 英語の名言━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

英語の名言から英語だけでなく、

人生の知恵を盗みましょう!

 

 

 

It's not that I'm so smart. 

It's just that I stay with problems longer. 

 

 

by Albert Einstein

 

 

「私はそんなに賢くはない。

ただ、人よりも長く問題と向き合うだけだ。」

 

 

これはアインシュタインの謙遜です(笑)。

 

 

ただ本質的なことは

問題との向き合い方ですね。

 

 

生きていれば様々な問題が

日々押し寄せてきます。

 

 

そして多くの人たちはその

問題から目をそらして、

 

 

安易な行動に流れていきます。

 

 

これも本能ですからある意味

仕方ない面はありますが、

 

 

本能に逆らい、問題に

真っ向勝負を挑まないと、

 

 

また同じ問題を永遠に繰り返して

時間はあっという間に過ぎていきます。

 

 

問題と向き合う時間の長さは

人それぞれあると思いますので

一概に言えませんが、

 

 

問題に真っ向勝負を挑む意識は

持ち続けたいですね。

 

 

<1点集中ポイント:問題に真っ向勝負を挑む!>

 

 

 

■ 編集後記━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

冒頭にも少し触れましたが、

明日で年明けから2週間が経ちます。

 

 

本当に時間が過ぎるのは

早いと感じますね。

 

 

この2週間どのように過ごしましたか?

 

 

そろそろ年初に立てた目標などへの

気持ちが薄れる時期です。

 

 

もう一度見直して進めていきましょう!

 

 

本日は以上です。

 

 

ありがとうござました!

 

 

Be all you can be!

Where there is a will, there is a way!

 

 

GLJ英語学院

ファウンダー

山本

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)