実践で使える英語をマスター!実践英語マスター道場 GLJ英語学院

何度も英語学習に挫折して、語学留学してもダメだった
元トラックドライバーがアメリカで奇跡のMBA(経営学修士)
を取得。英語に悩み悩まされ続けた日々の想いを胸に、本当に
役立つ英語学習に関する様々なお役立ち情報をお届けします!

NEW !
テーマ:
GLJ英語学院代表の安田です。


午後から急に風が強くなりましたが、
こちらは暖かい一日でした。


本日の英語回路トレーニングは、


【やりたくないことを始めるヒント(to doの流れ)】


です。


それでは、本日もいってみましょう!


_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング
 2:編集後記
 3:知っ得!オージースラング

■ 本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【やりたくないことを始めるヒント(to doの流れ)】



本日の記事タイトルは


5 ESSENTIAL TIPS TO START DOING THINGS
THAT YOU DO NOT LIKE TO DO



直訳すると


「5つのヒント、始めるための、することを、
あなたが嫌いなこと、することが」


ですね。


簡単に意訳すると


「やりたくないことを始める5つのヒント」


ですね。


「やらなければいけないとは思うけど、
やりたくない」という心理。


分かります。


目の前にタスクがあったとしても
グズグズして今すべきことを


後回しにしてしまうんです。


「やる気がおこならい」
「面倒くさい」
「今、忙しい」


などなど、やりたくない理由を
挙げればキリがありませんよね・・・



今回の記事にはそんな気持ちを
打破できる5つのヒント書かれていました。


それではto doの流れを一緒に
見ていきましょう。


【Today's Sentence】

On the other side, if you put efforts
to do difficult things or those things
that you to hate to do,

you will be motivated to do harder tasks
with confidence and brace well
for difficult situations in your life.


■ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

 
厳選した英単語を以下の9ステップを参考に
声に出して能動的に使えるようにしましょう。


【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)
2:英単語を映像として理解する(イメージ化)
3:日本語訳から1秒以内に英へ変換する


【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回
2:えくぼを作るような口の形を作る3回
3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回
4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回
5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回
6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回
7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 
8:おへその下辺りに力を入れる
9:口元も舌もリラックスした状態


*一番強く発音する箇所で大きく強く、
長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。


【effort】
 
意味:尽力・努力(名詞)
 
発音:エフォート(フォは上前歯で下唇を軽く)

<一番強く発音する箇所:effのe>


【motivate】
 
意味:刺激を与える・やる気にさせる(動詞)
 
発音:モティベイト(ティは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:vaのa>


【brace】
 
意味:身構える・準備をする(動詞)
 
発音:ブレイス(レイは舌先を喉元奥の方へ)

<一番強く発音する箇所:raのa>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…
以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:尽力・努力(名詞)

2:刺激を与える・やる気にさせる(動詞)

3:身構える・準備をする(動詞)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 
1秒以内で答えられたら次の英訳を"味わって"下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【1: effort】

⇒ the physical or mental energy that is
needed to do something:


【2: motivate】

⇒ to make someone want to achieve
something and make them willing to
work hard in order to do this:


【3: brace】

⇒ to mentally or physically prepare yourself or
someone else for something unpleasant that is
going to happen:


■ ステップ2:Literal Translation ━━━━━━━━━━━━━


続いてチャンク毎に英語を前から
英語のまま理解できるように
直訳技術を磨いて行きましょう!


英語を意訳しているうちは
絶対に英語のまま理解する事は
できません。


最初は日本語だけの直訳でも良いので、
次第に日本語訳にするまでも無いものは
そのまま英語で考えて行きましょう!


最終的に全て英語になったら・・・
それが当たり前ですが英語を英語で
捉えている証拠です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 
On the other side, if you put efforts
to do difficult things or those things
that you to hate to do,


you will be motivated to do harder tasks
with confidence and brace well
for difficult situations in your life.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【★chunk 1★】

=On the other side, if you put efforts
to do difficult things or those things
that you to hate to do,=



<直訳1>
一方で、もしあなたがね、するよう努力する、
難しいことをね、もしくは、それらのこと、
あなたがしたくないことをね、


【★chunk 2★】

=you will be motivated to do harder tasks
with confidence and brace well
for difficult situations in your life.=



<直訳2>
あなたは、やる気にさせられるだろうね、
することで、より難しい作業をね、
自信を持って、そして、よく準備するよ、
困難な状況のために、あなたの人生の中で。


■ ステップ3:Litteral Translation2━━━━━━━━━━━━━

チャンク毎に日本語で直訳した内容を踏まえて
ここではなるべく英語に近い直訳で
全体を捉えるようにしましょう!

On the other side, if you put efforts
to do difficult things or those things
that you to hate to do,


you will be motivated to do harder tasks
with confidence and brace well
for difficult situations in your life.


<解答例>

On the other side で、if you がね、put efforts する、
to do difficult things をね、もしくは those things を、
that you to hate to do をね、


you は will be motivated だろうね、to do することで、
harder tasks をね、with confidence を持って、そして
brace well するよ、for difficult situations のために、
in your life で。


■ ステップ4:Read Aloud 1━━━━━━━━━


ステップ4ではリスニングの為の
スピード音読をして行きましょう。

大まかに区切りながら意味理解の伴った出来るだけ
スピードのある音読をして下さい。

出来れば秒数を測って下さい。


スピード音読(目標5回)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 
On the other side, / if you put efforts
to do difficult things / or those things
that you to hate to do, /


you will be motivated to do harder tasks
with confidence / and brace well
for difficult situations in your life. /

参考の音声はこちら

http://vocaroo.com/i/s1P5J1jTSNZK



■ ステップ5:Read Aloud 2 ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。


ここでは細かく区切りながら意味理解をベースに
そこに感情を込めて発話実感と共に
相手に伝えている意識を持って行う
オーラリング音読(スピーキングのため)を行います。


単語の塊(2, 3語)の間にあけて読む
(wellやyou knowといった繋ぎ言葉を
入れても良い)あるいは手などを動かしながら
読むとより実践的でかつ効果的です。


ステップ4のスピード音読との
秒数の差異が10秒以上(EX:スピード音読10秒、
オーラリング音読25秒)になるようにしていきましょう。


「一読入魂!!」


オーラリング音読(目標10回)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 
On the other side, / if you put efforts /
to do difficult things / or those things /
that you to hate to do, /


you will be motivated / to do harder tasks /
with confidence / and brace well /
for difficult situations / in your life. /


参考の音声はこちら

http://vocaroo.com/i/s1I37UytqNBy

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回は以上です。


to doを使う時の良い例が今回は
出ていました。


to doでどんどん右から流れるように
伝えて行く事はそれ程難しくありません。



もちろんtoの前で一区切りしながら
伝えて行く事もありです。


そちらの方が全て滑らかな
言い方よりも余程自然です。



音読練習では滑らかに伝える事も
必要ですが、実践では区切りながらでも
問題はないです。



本日は以上です。


本日の記事は以下よりご覧いただけます。
https://goo.gl/TlGEkl


■ 編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

今回の記事は、


「やりたくないことを始める5つのヒント」


でした。


スティーブン・R. コヴィー氏の
「7つの習慣」の中で


「時間管理マトリクス」
というものが紹介されています。


これは緊急度×重要度の掛け合わせによって
作られる第一から第四までの領域のことです。


【第一領域】憂い(緊急で重要)
【第二領域】備え(重要だが緊急でない)
【第三領域】穀潰し(緊急だが重要でない)
【第四領域】憂さ晴らし(緊急でも重要でもない)



ちなみに英語学習は


【第二領域】備え(重要だが緊急でない)


に属しています。


ちなみに


この【第二領域】というのは


予防行為
勉強・習い事(自分を磨くこと)
準備や計画
適度な息抜き


などで構成されています。



これに対し


【第四領域】の「憂さ晴らしは


暇つぶし・インターネット
長時間、必要以上の息抜き
だらだらとした電話
世間話・テレビ
その他無意味な活動



などで構成されています。


【第二領域】にある英語学習が
なかなか思うようにいかない人は


得てして【第四領域】に流される
傾向があります。



実際に【第四領域】は楽しくて、
楽なことばかり。


もちろん、気分転換も時には必要ですよね。


“憂さ晴らし”が必要なら我慢せず
時間を割くのが一番!



そして最大限楽しんで、その後は
きっちりと気持ちを切り替えます。


ここで注意しなければいけないのは、
決して依存だけはしないこと。


ダラダラと【第四領域】にいてはいけません。


あなたが今取り組んでいる英語学習は
あくまでも【第二領域】です。


「めんどくさい」
「時間がない(まだある)」
「つらい」
「自信がない」



といった心のブレーキを外す習慣をつけて
あなたが【第四領域】に費やしている時間を


もっともっと【第二領域】にある英語学習に
費やしてみましょう!


それが今やるべきこと。


【第二領域】にある行動を続けることで
あなたが目標とする素晴らしいゴールに
到達することができます。


■ 知っ得!オージースラング━━━━━━・・・・・‥‥‥…


「Rellies」=「親戚」


「Relatives」が短くなった形です。


家族を大事にするオージー。


家族の話だけでなく
親戚の話も出てきます。


この「Rellies」は日常会話など
幅広い状況で多用されていますね。


The rellies are in town this weekend!
今週末、親戚が遊びに来るんだ!


今週末から夏時間(サマータイム)が
始まりますが、正式には
Day Light Saving と言います。



直訳すると「日光を節約すること」


時間をちょっとずらすだけで太陽の恵みを
普段以上に受けることができるって
素晴らしいですよね。



知っていて損はない、現地でも使える
オージースラングでした!


本日は以上です。


ここまでお読みいただき
ありがとうございました!


GLJ英語学院代表
安田


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
GLJ英語学院代表の安田です。


日本は雨続きのようですが、
体調にはお気をつけください。


さて、件名の内容ですが、
僕はオーストラリアに渡って路頭に
迷いそうになりました。


その全ての原因は「英語」です。


もっと細かいことを言えば「英会話」です。


直ぐに自分の伝えたいことが言えない・・・
相手の言っていることが全く分からない・・・


本当にダメになるかと思っていました。



日本で試してきた英会話教材や
英会話スクールの経験が全く通用しない
世界に愕然としていました。


ほんの少しですが、
大丈夫だろう・・・という淡い期待や
自信はあったのです。



しかしその期待も自信も一瞬で
崩れ落ちていきました。


そんな時にネットサーフィンを
していて出合ったのが
英語回路トレーニングです。


あの頃の僕がまさかこのサービスを
提供しているGLJ英語学院の代表に
なるとは夢にも思っていませんでした。



そして英語回路トレーニングの
あるエッセンスを凝縮させて
僕は約3ヶ月で路頭に迷っていた


男から何でも英語で意思疎通
できる人間へと生まれ変わりました。


詳細を書くととても長くなりますので、
お時間のあるときにこちらをご覧ください。
↓ ↓

http://focuspeak.jp/focuspeak/


そして今回はフォーカスピークと名付けた
その手法を個別指導で対応出来る体制が
整いましたのでお知らせします!


以下に以前、GLJ英語学院ファウンダーの
山本と僕がまとめたフォーカスピークの
内容も記載しておきます。


お時間の無い方はこちらをご覧ください!


----------------------------------------------------------------------
 ■3か月で英語が自然と口から溢れ出す・・・
  あの感覚を手に入れる!
-----------------------------------------------------------------------


今回、新発表するノウハウは英語スピーキング力を
上げる事に1点集中した内容です。


その名もスピーキングにフォーカス(集中)
するとかけて「フォーカスピーク」


つまり、僕が普段からお伝えしている
英語脳・英語口・英語耳(英語回路)


という3つの要素の内、
英語脳と英語口を先に鍛え上げて
しまいます。



これによってまずは英語が自然と口から
溢れ出す感覚(ちょっと経験した人にしか
分からないとは思いますが・・・)


を短期間(3ヶ月)で身に
つけてしまう方法です。


オーストラリアで英語回路トレーニングを
受けていた安田には1年間というカリキュラムを
受ける時間的猶予はありませんでした。


とにかく1日でも早く英会話が
できないと生活が成り立たない・・・


その中で彼が勝手に英語回路トレーニングに
アレンジを加えて実践していた
内容がベースとなっています。



今までの常識である英会話習得
プロセスと全く違います。


英会話ができないと生活できない
安田だったからこそ偶然編み出された
英会話速習メソッドでした。


このフォーカスピークは従来のように
単語やフレーズ、学校文法をひたすら暗記
するような方法ではありません。



もっと効率的に、短期間で、しかも
実用的な英会話をマスターする方法です。


たとえば、


●日常生活レベル(もちろん海外旅行レベルでも)
で不自由無く英語が話せるようになります。


●スピーキング力が先に上達して
後から実用的なリスニング力も付いてきます。


●英会話スクールやスカイプ英会話などで
講師達ともっと密に話せるようになります。




1日でも早く英会話をマスターしないと
生活が成り立たなかった、その追い込まれた
状況から生み出された英会話速習メソッドです。
↓ ↓
http://focuspeak.jp/focuspeak/


------------------------------------------------------------------
 ■なぜ、3ヶ月で英語が口から溢れ出すのか?
------------------------------------------------------------------


この「フォーカスピーク」と名付けられた
英会話速習メソッドはスピーキング力を
まずは上げることにまずは1点集中します。


そのために以下に示す5つのメソッドを使い、
学校文法や暗記などに頼らない
からこそ可能なのです。


<1:継続学習メソッド>

→当たり前ですが英語学習を継続
させられなければ英語が口から溢れ出す
事はありません。


<2:特殊な音読・発音メソッド>

→1日5分聞き流していても一向に
英語が話せるようにならないのは
特殊な音読・発音をしていないからです。


また無意味な音読と発音練習は
時間の無駄だということもこれで分かります。


<3:イメージ英文直訳メソッド>

→英語回路トレーニングでは学校英文法も
取り入れますが、フォーカスピークでは
一切取り入れません。


それでもこのメソッドで簡単に英文を
組み立てて話せるようになります。


<4:リエゾンメソッド>

→英語の子音の連結や消失によって
変化する音を捕まえるメソッドです。


一見リスニング力に関わるメソッドと
思われますが大きな勘違いです。


<5:シンプルイングリッシュメソッド>

十分上記4つのメソッドでも十分口から
自然と英語が溢れ出しますが、


最終的にこのメソッドを使って
言いたい事がどんなに複雑な事であれ
英語で表現できるようになります。



フォーカスピークの5つの英会話速習
メソッドの詳細はこちらに記載しています。
↓ ↓

http://focuspeak.jp/focuspeak/


これを読んで5つのメソッドを
知るだけで目からウロコが何枚も落ちます。


------------------------------------------------------------------
 ■学生や主婦、シルバー世代の人達も絶賛
------------------------------------------------------------------


実際に僕がスカイプ面談でヒヤリングした
人達も含めてフォーカスピークで学んだ
人達の感動の声をお聞きください。


「フォーカスピークにもっと早く出会って
いれば良かったと後悔しています。
英会話スクールでも成果を出しています」


~千葉県野田市在住 川崎様


「ニュージーランドの交換留学生と知り合う
きっかけがありまして、某英会話スクールに
通っていたので自信はありましたが全く通じないし
何度も聞き返されるし・・・

フォーカスピークに出会って、他の
どの先生からも教わったことのない方法で。

今ではニュージーランドの交換留学生派帰国
しましたが、ネット電話で問題なくやり取り
しています」



~福岡県福岡市在住 西川様


「以前短期留学してtoeic対策をしていましたが、
頭に入っていかなくて。

帰国後にフォーカスピークと出会いスピーキングに
1点集中することで楽しく英語に向き合える
ようになりました。

toeidだけでなくMBAに挑戦してみようか
というレベルになっています」



~滋賀県米原市在住 加藤様


「正直、英語を英語のまま理解」
という意味が分かりませんでした。

しかしイメージ英文直訳メソッドで
いつの間にか「英語を英語のまま考える」
ようになり、こういうことだったのか!
と思い、今では日本語意訳は全く見ません」



~島根県松江市在住 古賀様



※ここでは紹介しきれませんが、
他にも続々と届いている声はこちらです。

↓ ↓
http://focuspeak.jp/focuspeak/


------------------------------------------------------------------
 ■期間限定募集となります<<10/8まで>>
------------------------------------------------------------------


フォーカスピークは3つの
個別指導スタイルを取っています。


個別指導ですので多くの人達に
対応できるノウハウではありません。


本来は多くの人達に対応したいのですが、
英語回路トレーニング同様に募集期間を
制限して対応しないと指導品質に関わります。


そこで今月の9/26から10/8までという
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


短い期間にはなりますが
期間限定募集を行います。



個人の事情で実際にスタート
される時期は自由に設定されて
問題ありません。


それこそ個別指導スタイルを
とっているので対応が可能です。


そしてタイミングがあった
段階でスタートし、


3か月後には英語が自然と口から溢れてくる
状態を身に付けたい方は以下より
是非お知らせください。
↓ ↓

http://focuspeak.jp/focuspeak/


※募集期間前でも締め切る可能性が
ありますのでご了承願います。

※自信があるので完全返金保証付きです。



PS:

上記に記載しているように、
山本は僕が開発したフォーカスピークを
とても良くご紹介してくれます。


それは僕が指導してきたクライアント
さん達の成果が非常に高かったからです。


山本は実際にスカイプという
インターネット上で出来る


テレビ電話のようなシステムで
面談もしています。



しかもフォーカスピークの手法をベースに
しているのは英語回路トレーニング
なので尚更です。


こちらを見るだけでもどうして短期間で
スピーキングがマスターしていき、



その後リスニングなども含めて
英会話がマスターしていけるのか
参考になりますので是非ご覧ください。
↓ ↓

http://focuspeak.jp/focuspeak/



GLJ英語学院代表
安田


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
こんにちは。
GLJ英語学院
ファウンダーの山本です。


昨日と今日も少し曇りがちでしたが、
時折晴れ間も出ていました。


久々で嬉しかったですね。


それでは本日も英語回路トレーニングとは
別にライトな感覚で1点に集中して


実践の英会話表現とそれに伴う
ボキャビルを行いましょう!


_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:実践の英会話表現
 2:実践英会話のボキャビル
 3:英語の名言
 4:編集後記

■ 実践の英会話表現━━━━━━・・・・・‥‥‥…



実践の英会話シーンで使われる表現です。


<本日のお題:詳しく言う>


Hey, what happened?
Tell me what you did exactly.


(おい、何が起きた?お前がした事
を正確に教えなさい)


Well, I don’t wanna go into detail.

(ん~、詳しくは言いたくない)



<1点集中ポイント:go into detail>




go into detailは直訳すると
細部にまで入って行くという
イメージです。


「詳しく言う」なので、
tellなどを使っても良いと
思いますが、


go into detailで「詳しく言う」
という意味で使われます。



またwannaはwant toの略なので、
don’t wanna~では
「~したくない」ですね。


つまりdon’t wanna go into detail
は「詳細を言いたくない」となります。



単純に詳細ではなく、「その話」
などを特定して伝える時は、


I don’t wanna go into that.


のようにdetailの代わりにthat
などを使います。


■ 実践英会話のボキャビル━━━━━━・・・・・‥‥‥…


実践の英会話表現で使われた重要な
英単語・熟語を英語で理解してみましょう!


=go into detail=


「give all details or discuss the details」

(全ての詳細を与える、あるいは
その詳細について話し合う)


<1点集中ポイント:go into detailの意味を捉える>




■ 英語の名言━━━━━━・・・・・‥‥‥…

英語の名言から英語だけでなく、
人生の知恵を盗みましょう!



A discovery is said to be an accident
meeting a prepared mind.


by Albert Szent-Gyorgyi


「発見とはいざという時のために、
普段からたゆまぬ努力を続けてきた人と
偶然に出合うことで生まれる」





普段からたゆまぬ努力って
凄い意訳ですが(笑)・・・


発見って別にノーベル賞のような
人類に好影響を及ぼすレベルでなくても、


僕らの生活の中でも小さな発見って
ありますよね。



それがきっかけで色々な物事が
うまく回ったりして。


それは直感にも繋がりますが、
インプットの質が悪いと発見も
直感も当然悪くなります。



そこから出てきた発見や直感に頼ったら
これは悪影響のスパイラルに入ります。


インプットの質を上げるには「受身の姿勢」
ではなく「能動的な姿勢」が有効です。



例えばテレビのバラエティは
受身の姿勢ですが、読書は
能動的な姿勢ですね。


あるいは英語学習でもそうですが、
自分自身を「教える立場」に置いてみる。


それが現実的でないなら、仮にでも
良いので「誰かに教える意識」で学ぶと


尋常でなくインプットの質が上がります。



何でも能動的な姿勢で学びを得たら、
誰かに教えることを実践してみましょう!



<1点集中ポイント:教える意識で学ぶ!>



■ 編集後記━━━━━━・・・・・‥‥‥…



またアメリカで銃乱射事件が起きましたね。


被害が小さいからか記事も
小さかった感じはしますが、


もう何回目?って感じです。


銃協会と政治家の癒着など
過去から現在までの慣習でなかなか
法改正ができないようですが、


ずっと起きている問題を解決するのに
今までと変わらないやり方では
本質的な解決は無理です。



今ある問題は今までの思考と行動が
引き起こした問題です。


今までの思考と行動を変えないと
銃乱射事件は無くなりませんね。



本日は以上です。


ありがとうござました!


Be all you can be!
Where there is a will, there is a way!


GLJ英語学院
ファウンダー
山本


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)