2006-02-03 00:46:47

いやー

テーマ:4_日々雑感

やっと、一段落しました。ほっ


明日から、沖縄!!

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-01-27 05:09:58

麻生太郎の記者会見

テーマ:4_日々雑感

http://homepage2.nifty.com/snowdrop/social/politics/aso20051031.html

いやー、久しぶりに笑った。

名前間違えすぎ。

あの声を思い出しながらみると、面白いっす。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-10-22 03:19:31

秋風

テーマ:4_日々雑感

世の中は秋風が、気持ちいい感じで吹いてきていて、ちょーきもちいいと北島康介ばりに叫んでもいい季節ですが。


俺の心の中は、嵐という感じで、なかなか、いろんなことがうまくいきませんな。


やっぱり占い師の言葉とおり、今年中はだめなんでしょか。


ふぅぅぅぅー

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-10-16 05:03:29

言うべきか、言わざるべきか、それが問題だ

テーマ:4_日々雑感

はーい。こんばんわんこ。


今日は地元の連れが、こちらで結婚式があるということで遊びにきてるんですが、友人は1.5杯の酒によったとかで、もう寝てます。


それも、俺のベットで。


まあ、友人は明日早いらしく、寝なきゃいけない。私はまだ仕事が残ってる。そりゃー、私が仕事でソファーを使っている状況を考えれば、私がソファーで、友人がベットを使うのは全くもって、合理的な訳なんだが。


でも、心情的にはそうはならない。
30歳手前の毛深く、太っている男の皮膚組織が、私の枕、シーツを犯している。その男の老いた皮膚組織が枕の繊維の間に入り込み、臭いまで沈着しようとしている。観察していると、おもむろに私の掛け布団を抱きかかえている。親しい仲にも礼儀ありということを明日話すしかあるまい。


うぉー、今、股間を掻いた。


男であれば、通常動作。想定の範囲内の行動なのだが。人には道理がある。30手前であれば、ものの分別をわきまえねばなるまい。小倉さんの前でズラの話題は禁句であるように、このような文書を書いている私の手前でのその所業は禁じ手であることは言うまでもないであろう。


うーん。


『床で寝ろ。』


言うべきか、言わざるべきか、それが問題だ。


カブログ 人気blogランキング
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-10-14 04:36:47

MARS FLAGが意外と面白い件

テーマ:4_日々雑感

いやー、お久しぶり。


今日は最近見つけたサイトの紹介なんだけど、『MARS FLAG』って検索サイトがあるんですが、
簡単に説明すると、Yahoo!などで検索した場合、文字ベースの検索結果が返ってくるのに対して、画像ベース(サムネイル)で検索結果が返ってきます。


一見、サムネイル見にくいじゃんと思うかと思いますが、サムネイル上にマウスを置くと、はくしょん大魔王ばりに、呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ンって感じで画像がアップされるのです。(これがミソ)

百も承知のことですが、決まった秒数での情報伝達は、いわずもがな、文字ベースの情報よりも映像ベースの情報の方が分かりやすいですよね。


で、サムネイルじゃサイトのなんとなくの情報しか分からないと思いきや、アップされた画像でかなりの情報が読み取れます。


結構面白いので、疲れたときにでもお試しあれ。



MARS FLAG
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-10-07 00:16:06

才能の使い道

テーマ:4_日々雑感

もすかう


ご存知の方も多いと思うんですが、これまじ面白い。


Flashについて最近、とあるサイトで導入するのはどうだろうと考えていたりしていて、

色んなサイト等をみてまわったんですが、自分でつくるとなると、HTML、CMSでサイトを構築するのと

違って、かなりキビシーという感覚なんですね。


そもそもFlash自体をサイトにおくと、やっぱり人間、動くものに目がいきますから、

Flashのイメージがサイトのイメージになりやすいです。


想像してもらえばわかりますが、

好きなサイトを頭に重い浮かべた場合、『文章』よりも『画像、動画』が浮かびますよね。

例えば、Yahoo!を想像したときには、赤いYahoo!の文字をイメージすると思います。


ということは、サイトの種類にもよりますが、

企業のサイトの画像、Flashは企業ブランドカラーと一致しており、かつ、企業がかもし出したい

ブランドイメージを想像させるような画像、Flashを掲載します。


私も企業のWebサイトの構成について提案するプロジェクトについていたことがあるのですが、

その企業はGlobalに展開している企業ということもあり、サイトに使用する画像にも、

多種多様の人種をバランスよく入れ、全世界に発信しているというイメージを暗に入れているんですね。

そういう視点で、Global企業サイトを見てみると、男女比、人種比がバランスよく配置されていることにお気づきになるはずです。


やはり、サイトにおける動画は企業(サイト)の”顔”なのです。


また、サイト自体、画像、動画、音声、文字によってのみで、読み手に情報を伝達するしかないわけで、

ほぼ視覚と聴覚によって、支配されてしまうことを考えると、

文字よりも圧倒的に読み手に訴える力がある動画(Flash)のイメージの重要性についてご理解頂けると思います。


では、極端な言い方をすると、

『CoolなFlashを載せとけばいいじゃん。』という考えになるかというと、デザイン系のサイトなどの特殊な

場合を除いては、答えは No でしょうね。


もちろんサイトの種類によるところが大きいですが、

大半のサイトはコンテンツを読ませて、商品の販促につなげたりしたいわけです。


ですから、作り手の意図としてはコンテンツ(サイトの作り手として一番見てほしいところ)に

読み手の目を移動させる必要があるわけです。


Flashに求めるものはというと、サイトのブランドイメージの向上が一番ですが、

一方で、それの存在感が際立ってしまうと、本来の目的の半分しか読み手に与えることができなくなってしますので、そのあたりのバランスが重要です。


一般的な回答としては、

・サイトの上部にあまり大きすぎないサイズ(700px X 300px程度)

・商品などのブランドイメージの浸透のみを目的とするならば、上記より大きくてもいいでしょう。

・サイトもしくは企業と同様なイメージカラー

・企業向け、安全性を求めるサイトであれば、写真などを使用し、リアルなイメージを出す。

 それ以外であれば、フレンドリーさを出すためにアニメを使用するのもいいでしょう。

・Flashをサイトナビゲーションに織り交ぜ、サイトの他コンテンツへの導線とする。

になるのではないでしょうか。


・・・・・・・・・・・・と一般論をここまで述べたわけですが、

じゃあ、自分でやるとなると、これはまた話は別なわけです。


やっぱ職人に頼むしかないかな、と思ったところに、もすかう  を見たわけで、

趣味でこういうのを作成して、公開しているんですね。


確かに、自分の感性に従って面白さにのみフォーカスして作成する能力と、

ある要求に基づいて作成する能力という違いはあれども、

人を感心させる能力がそこにはあるわけです。


『俺にもつくってほしーーー』


そんなことを3秒考えて、サイト構成などもろもろ練ってる最中です。


まだおわんねぇーー


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-10-01 06:42:22

ブロガー必見!

テーマ:4_日々雑感

おつかれ!つーか、今日もこんな時間までおきてまーす。

ブロガーの皆様に朗報!Googleが無償で画像管理ツールを提供しております。結構画像ってPC内に散乱してません?私もダウンロードして使用してみたのですが、これがなかなか。一度お試しあれ!


グーグル、画像管理ソフト「Picasa2」日本語版を無償公開

カブログ

人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-09-25 03:12:20

企業倫理→MBA留学日記

テーマ:4_日々雑感

はーい。こんにちはー。三連休いかがお過ごしでしょうかっ。


これといって、予定がにゃいのは言うまでもないのですが。


で、今日のお題ですが、MBA留学についてなんですが、まったくもって私のことじゃございません。私の知り合いがMBA留学したもので、よかったら見て行ってあげてください。


企業倫理の授業の箇所など、よくまとまっていて、こういうトッピックを普段読まない方々でも分かり易いかと思います。


理系出身の私は当然のことながら、初めて聞いた内容だったにも関わらず、楽しく読めました。

私はバリバリ「企業の役割=利益追求。企業の持ち主=株主」と思っていて私の意見が変わった分けではないですが。


こっちはかっこいい感じのバナー

mba_banner.gifのほほんMBA日記


こっちはかわいい感じのバナー

mba_banner2.gif

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-22 03:24:17

リーサルウェポン

テーマ:4_日々雑感

リーサルウェポンとはご存知の通り、究極の兵器。通常、核兵器のことを指す。

また、笑いのリーサルウェポンとか、○○のリーサルウェポンとか映画「リーサルウェポン」とかという使い方をすることがある。有体にいうと、「それ使っちゃったら、もう終わりなわけよ」って代物で、例えば、女の子を口説くという目的があった場合、匂いを嗅ぐと惚れてしまう香水といった類の代物である。かなりドラえもん的、プロレス雑誌の最終面広告(今から25cm身長がのびる)的な代物であって、通常ありえなかったり、手に出来ないものである。


今から9ヶ月前になるだろうか。
我が家に、「目覚ましのリーサルウェポン」的道具が届いた。
その名を「起こし太郎(おこしたろう)」と言う。


そもそも、目覚ましというと、時計に代表されるように、人の聴覚を刺激することで、睡眠状態から起床させる。目覚ましの中には、好きな音楽が入ったもの、人の声で起こすもの、大音量で起こすもの様々存在する。現在あるか分からないが、かわいい女の子がモーニングコールしてくれるサービスも存在したと記憶している。


かく言う私も、「ライディーン」という爆音目覚ましをもっている。
そう、私はかなり朝が弱い。というか、ヤバイくらいに朝が弱い。


そこで、登場するのが、「起こし太郎 シリアル100番台」なのである。
これは、聴覚が駄目なら、触覚でどうだぁぁ!という、私にしてみれば、コペルニクス的発想の転換ではないかと思えるくらいの商品である。


そもそも私の「起こし太郎」との出会いはテレビでJR職員が使うプロ使用の目覚ましがある!という番組を見たことに始まる。プロ使用という言葉が醸し出す甘味な響きに引かれ、ネットで探したもののJR職員と同じものは売っておらず、妙にさびしい思いをしたことを思い出す。


さびしすぎて、介護用ベット(時間がくると、寝ずれ防止のために自動的に起き上がる)を代用できないかとも考えた。しかし、これはうつ伏せで寝た場合、「一人キャメルクラッチ」状態に陥り、決まり手ならぬ、死因:一人キャメルクラッチによるギブアップ負けとなるのはいくら、プライドが低い私と言えども、受け入れることができない。ましてや残された両親に至っては相当の脱力感に襲われることだろう。ドラクエ2で復活の呪文を入れ終わる寸前にファミコンがフリーズしてしまうが如き脱力感に襲われることは間違いない。


そんな思いに駆られ、待つこと2年くらい。やっと一般ピーポーでもネットで買うことができる時代になったのである。


下記リンクで、そんな起し太郎の優雅な動きが堪能できる。
この優雅な動き、無表情な男性の姿をご覧頂きたい。


http://www.jrnets.com/eki-net/train_goods_200407/mov/okoshitaro.asx


ご覧いただけただろうか。


私には10万の価値に見合うと確信している。空気乾燥機の亜流じゃんという批判が聞こえてきそうだが、断じてそのようなことはありえない。ありえるはずがない。


あと数時間と朝が迫っているわけだが、今朝も私は上下運動することだろう。


注;決して宣伝ではないですよ。笑 アフィリエイトでもないっすからね。
よかったら、投票おねがいしますね。起きられない子にも愛の手を!!!


人気blogランキングへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-19 22:35:03

世代交代いろいろ

テーマ:4_日々雑感

9/17に民主党の総裁選が行われ、前原誠司衆院議員が管元代表を僅差で破り、新代表になったのは周知の通りで、今回の無残な衆院選惨敗のマイナスイメージをある程度払拭した民主党にとっては最良の選択となった。


そもそも日本人は「若い人や年配の方が特別なことをすると、すごい」的発想をもっているし、メディアを見てもそういう取り上げ方が多い。ゴルフの宮里愛しかり、卓球の愛ちゃんしかり。実力の世界なんだからさと思いながらも、やっぱり日曜日の昼下がりに愛ちゃんがテレビにでているとついつい見てしまう自分に後々になってゲンナリするわけなんですが。一方、日本人が好きな物の見方として、巨大な戦力に立ち向かう無力な存在に対しても同様です。判官贔屓(はんがんびいき)という言葉は頼朝、義経の時代からあった言葉だそうで、元来そういう図式が好きなんだと思う。確かに記憶に新しい、渡辺恒雄 vs 古田 も国民は古田支持だったことを考えても理解できる。今回の衆院選も女刺客たちの見当ぶりを見るにつけても、綿貫、亀井といった方々の人相をみると、vs権力者の様相に見える。
日本人のものの見方は如何なものかというつもりもないし、アメリカ型の勝者のみが礼賛される社会もどうかと思う。


私が言いたいのは物事の良し悪しは別にして、物の見せ方が如何に重要かと言う事である。


一方、9/18にNOAH(プロレス)で現王者 力皇 vs 初代・第5代王者 三沢光晴 のタイトルマッチが行われ、力皇が防衛に成功した。私はテレビで観戦したわけですが、納得いかん。
なぜ納得いかないかというと、そこに何も気持ちを動かされる何かがない訳ですよ。
そもそもプロレスをガチというつもりもないし、様式美の世界、ソープオペラの世界と思うわけですよ。では何を期待しているのか。巨大な相手を前にして、散々苛められた上でそれを乗り越えて勝利することを見て、心を動かされる訳です。


ここら辺で、プロレスをご存知ない方に、構図を説明すると、

三沢光晴・・・NOAH社長兼選手。全日本プロレス(馬場の団体)のころより多数のタイトルを獲得し、団体のエースとして君臨。NOAHではアンタッチャブルな存在。43歳。

力皇・・・元内幕力士。現NOAH GHC王者。現在、34歳くらいで、次世代のエース候補。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/photo/200509/im00022259.html


上記リンクを見て頂ければ、ご理解頂けると思いますが、ベビーフェイスではないだろと。体格を考えると、ヒールでこそ活きる存在であると。
確かに、団体を引っ張ってきた層の高齢化を考えると、この世代への早期の世代交代は重要であると考えるが、そこに何も感動がなければ、実際の客からの支持は集まらないわけで、現在、三沢が一定以上の人気があるのは、ジャンボ鶴田という巨大なチャンピオンを体格で見劣りする三沢が懸命に鶴田の技に耐え抜いて、勝利することにファンは支持したわけでそこんとこを考えろよと一ファンとしては思いますね。

但し、会社経営の面ではどうかというと、今現在の集客力を考えると、プロレス界全体の集客力が落ちる中で武道館をフルハウスにするだけの力があり、体力がある時に次の成長に向けて投資するのは全くもって間違いではない。だから、今の内に本当に強い王者というイメージをファンに植えつけておいて、他のエース候補の壁役として将来考えているのだろう。そうすれば、判官贔屓のファンは力皇の対戦相手になるだろうエース候補に声援を寄せることになるし。

但し、ヒールになるにはベビーフェイス以上にプロレス好者になる必要があり、そうであれば、その片鱗を見せろと。実際に三沢に試合をコントロールされているようではまだまだである。


政治からプロレスに話が飛んだが、何であれ、どのように見られるかそれが問題である。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。