1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-05-28 23:57:38

続・微妙にブルーな話2

テーマ:4_日々雑感

猫近寄り防止”砂”を買ってきて、玄関の周りに撒いた。
去勢された猫にはきかないらしい。
ホルモン的に嫌われるニオイってものがあるだと感心。


でも、まだ糞は片付けていないけどね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-28 01:09:14

微妙にブルー

テーマ:4_日々雑感

帰ってきたら、玄関にねこのうんこがあった。
まだ、半乾きである。


明日にでも、ひっそりと乾いたうんこをどかそうとおもふ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-26 23:14:28

ぼやき

テーマ:2_仕事

つーか、今週はなにかとむかつく。
決まったスケジュール、決まった工数、決まった成果物を作成するのが、仕事なのに、何考えてんだ。
時間管理、工数管理ができねぇー奴の下(大きな意味で)働いていると。
ただ、馬鹿かと。
まわりの迷惑をかんがえろっつーの。
で、どうせ明日の朝には方針変更だろ。ばーか。


まあ、こういってもどうしよーもないんだけど。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-24 22:35:54

レッサーパンダたつ

テーマ:4_日々雑感

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050523-00000069-mailo-l12

最近、レッサーパンダの風太君が人気らしい。
なぜ人気なのか?
立つらしい。。。そうですか、立てば、人気ですか。
普段立たないものが立てば、人気になるのならば、EDのおじちゃんを捕まえて、バイアグラでものませましょうかねぇ。
それに、去年の夏はアザラシのタマちゃんが多摩川に現れて、大人気となったのは記憶に新しい。


それにしても、日本人は”この手”のニュースが大好きである。
1、レッサーパンダ
2、タマちゃん
ちょっと昔にさかのぼるが・・・・
3、人面魚
4、ウーパールーパー
5、エリマキトカゲ
枚挙にいとまがない。


ここで注目なのは、この手の話題はテレビ主導であるという点が挙げられる。
既得権事業であるテレビ業界がこの手のニュースをなぜ垂れ流すのか?
視聴者(受け手)にとってどれ程有益なのか?

まぁ、テレビ業界にとって、動物、食べ物系(ラーメンとか)は安く視聴率が取れるジャンルであるし、
コストを抑えて、視聴率が取れ、広告収入も増加する。
さらに、動物などはお笑い系バラエティー番組に比べて、広告主からもクレームが入りにくいし、扱いやすいのだろう。
(昔のムツゴロウと愉快な仲間たちはすごかったけど。これについては最後にふれます)


テレビ会社も一企業であるので、別にこれらの商業主義に基づいて、商売をするのは当然のことなのだが。
規制事業である以上、ある程度の扱う内容の線引きは必要かと思う。(この線引きが難しいと思うが)

まあ、この流行にまったくもって、のれないぼやきなんだけどね。
俺もペットを調教することにしよー♪


で、最後にムツゴロウなんだが、昔のムツゴロウと愉快な仲間たちで、
性教育と題して、小学生くらいの孫の胸をもんでました。その映像をテレビで流していた時代を懐かしく思います。(最近発売されたDVDには収録されていません。みたかったのに。。。)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-22 23:45:41

今週の株式市場展望

テーマ:1_株式投資
http://www.nikkei.co.jp/news/market/20050522m1e3m2101921.html 今週の株式相場は戻りを試す展開になりそうだ。外国人投資家の日本株への投資意欲に回復の兆しが見え始めたことから、相場のけん引役として期待する向きが増えている。米国株式相場の大幅下落や原油価格の高騰といった外部要因の悪化がなければ、株価は底堅さを取り戻すとみられる。 とのことだが、去年の今ごろ(2004/5/17)にも去年の最安値をつけ、その後、上昇基調となったことであるし、米株式相場に関しても、金利引上げ懸念が後退したことからも、相場が順調であろう。その結果、日本市場も引きづられ、10800円-11200円の間で推移するだろう。 今週の方針としては、10800円-11000円の間であれば、このタイミングで買いに入りたいと考える。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-21 23:48:24

つかれたー

テーマ:4_日々雑感

今日は休みだというのに、疲れた。仕事の日より疲れる俺って・・・・
日々の運動不足が原因でしょうけどね。


そんなことって、皆さんもありませんか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-20 01:29:42

前園引退

テーマ:4_日々雑感

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050519&a=20050519-00020361-jij-spo
の記事によると前サッカー日本代表の前園が引退らしい。


アトランタ五輪、その後のベルディ移籍を境にめっきり活躍を目にしなくなったが。


まあ、だからどうという話でもないんだけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-19 01:44:51

日経10800円台

テーマ:1_株式投資

日経がいい感じで、下げてきている。外国人投資家の売り気配による警戒感がそうさせているらしいが、今が買い時かと考える。

今日はそんなとこで~す。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-18 03:56:08

IE7の発表で考えたこと

テーマ:2_仕事

MSBlogでIE7の機能概要が発表された。


機能としての強化点は以下の通り。
・タブブラウザの実装
・IDN(Internationalized Domain Names)のサポート
・CSS 2(Cascading Style Sheets)のサポート改善
・PNG(Portable Network Graphics)のサポート改善
・RSSベースのニュースアグリケータの実装


目新しい機能は一つもない。機能面ではタブブラウザを実装したことが唯一話題を呼んでいる。
なぜかというと、今までタブブラウザを採用しないと言っていたMSがいきなり使うと方針転換したからである。MS担当者は、「この点に関して当初われわれは判断を誤ったが、今回は正しい決断を下す」と言明しているらしい。オペラでも既に実装されている訳だし、すでにあっても良い機能であり、特段ニュースになる品物ではない。


ネットユーザからの視点でみれば、今までピョコピョコブラウザが立ち上がってたのが、変わったねぇーくらいの代物である。どーでもいい。


翻って、ITコンサルタントの立場から考えると、今後もビジネスアプリケーションにおいて、ブラウザを介したアプリケーション処理を行うのか?という疑問はあるものの新しいWebブラウザの登場はかなり悩ましい。
(シンクライアント、リッチクライアントのどちらの方向に傾斜してゆくのか、新たにそのほかの代替手段、ツールが登場するのか?)


ビジネス上で、決まったユーザが決まったパソコンを使用する場合であれば、使用するIEのバージョンを限定すれば、テスト、バグ対応にかかるコストは限定的だろう。


但し、一般Webユーザを相手に商売をしている場合、ユーザがどのブラウザを使用しているかが分からない以上、考えうるWebブラウザ及びバージョンでテストする必要があり、テストコストが増加する。
まあ、単純に考えれば、ネットユーザの使用するウェブブラウザの9割を網羅する形でテストしましょうよ、その他でバグが出た場合には個別対応、とかなるんでしょうけど。

このような形で、プロジェクトコスト(テストコスト)が増加するIT業界(SI業界)ってまだまだ成熟してないなと感じる今日この頃でした。


IT業界にお勤めの皆さんはどうお感じになったでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-17 06:01:57

部カツ?

テーマ:4_日々雑感

NIKE

今度のナイキの広告 を見る。


今回のナイキのマスコットキャラクタは、「部カツ」(俺の想定)。なんじゃそりゃ。


①企業が利益の数パーセント広告費に使うのは、わかる。
②企画モノ広告によって、一時的であっても集客を行うのも、わかる。
③4月5月の学生が部活・サークル入部に時期を合わせて、部活をテーマにして、ターゲットを絞るのも、わかる。
④携帯と連携させ、NIKEファンを増加させる(囲い込む)もしくはNIKEファン→コアNIKEファンを増加させる広告戦略も、わかる。
⑤NIKE部活員として、ユーザ登録させ、登録ユーザがその後どのようにNIKE製品に対して購買活動をしたかを追跡(広告効果の検証)を追跡できるようにしたのも、わかる。


だが、「部カツ」って。。。。
それはないだろ。激しく悶える。つーか、俺でも考えられそう。広告代理店はどのように、ナイキの広報部にプレゼンしたのか。


多分、

マーケティング部長「部活だけに、カツかぁー」
社長           「考えたなー、今回は」
マーケティング部長「なかなかですよね・・・(と社長の意見を伺う)」
社長           「今時の若いもんはこういうのがはやってるらしいな。キャバクラのアユちゃんももこういうギャグすきだぞ。」
マーケティング部長 「ありですよね」
社長          「今回はこれでいくかぁー。じゃあ、今からカツでも食いにいくか。マーケティング部長」
マーケティング部長「社長うまいですね。たしかに、カツだけに、旨い(うまい)!」
社長           「ワーハハハハハァ」

こんなところだろと妄想してみる。


自分の経験を通しても思うのだが、大企業であればあるほど、「何でこんな決定をしたのだろう。」と思う事が多々ある。
例えば、商品Aを購買する場合、
1、同じカテゴリの商品を探す。(商品選定)
2、商品を比べる。(商品選択)
3、商品を決定する。(商品決定)
4、(場合によっては)購買部(金を拠出先)からの承認(商品購買)
といったプロセスを大抵踏む。確かにマットウなステップではあるが、商品の金額によっては数ヶ月~一年かかる。


担当者の言い訳はこうだ。
「やはり正当な評価をしてからでないと購買できない。」と。しかし、内心は「もしこの商品Aを購買して、失敗した時に、ちゃんと上司に説明できるように保険かけとかないと。」である。
確かに、担当者にも家庭があり、リスクは終えないのは分かる。だが、株主(出資者)から見たら、そんなの担当者がどうなろうとどうでもいいんだよね。そういう視点ってかなり欠けてると思ったりもする。まあ、担当者レベルでは仕方ないのかもしれない。でも、役員でも同じこと言うんだよね。
「ちゃんとしたステップを踏んで、買わないと失敗した時に株主に説明できん。俺には説明責任がある。」と。
でもさ、ちょっと立ち止まって考えてくださいよ。
確かに、正当なステップを踏んでビジネスをするのは、もちろん正しい。但し、それにスピードが伴っていなければ、他のコンペティターに出し抜かれる訳だし、時間の損出、ひいては利益の損出になるとは考えないのかね。。。
別に、日本企業を悪く言いたいとは思わないが、概ね日本企業はそういうとこが遅い。日本の大企業はビジネススピードが遅いというのを実感する。では、どのようなシステムがよいのか、それは次回に解説したいと思う。



話は戻るが、NIKEの今回の広告の意図は分からんが、2004年の企業ブランドイメージ で31位らしい。さすがNIKE。グアテマラで「あゝ野麦峠」ばりに少年、少女を酷使しても、イメージはいいんですね。。
この「部カツ」君の衣一枚はグアテマラの少年汗からできているんだよなー、と考えてみるとまた違った視点でこの広告を見れるのではないでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。