リアル美容師のホンネ。

三重・松阪 の美容室 美容院 クリープパーマ 縮毛矯正 ダメージ毛 トリートメント デジタルパーマ ヘナ 香草カラー ブリーチ ダメージレス ドライカット オーガニック 無添加
rea-list の日記。


テーマ:
美容院って 髪の病院って 言ってたりするけど


自分的には ちょっと違う。



病院って ひとくくりにするのは どうかなって。




病院って 内科、外科、耳鼻科、咽頭科、泌尿器科、精神科 等々



色んな科 があるやんね。


美容院にも そんな感じであるような




カット科、パーマ科、カラー科、縮毛矯正科、ダメージ専用科、サービス科、おしゃべり科、等々。




でも 美容院で難しいのがこれが 美容院ごとでなく、美容師ごとであるってこと。



全部得意分野とする美容師さんは 総合病院 やね。




だから、お客様は自分の
症状にあわせて 美容師さんを選らばなければいけないね。




おしゃべり科の美容師さんに、縮毛矯正をお願いしたり、



ダメージ専用科の美容師さんに、サービスを求めたりしても




骨折したのに、精神科に 行っているようなもので



直せませんよ。




まぁ、そこまでは大げさな話やけど




だいたいは ある程度 技術はできるからね。



でも 症状の重い方、特にダメージ、クセ毛の方は

選ぶ場所を間違えると
美容師さん、本当に直せません。




美容師なんだから
できるでしょ。


って 思ってるお客様 多いと思うけど



できませんよ。




ベテランだからできる

若手だからできない


ってわけでもなく



知識、技術、経験って ピンきりです。



いかに

考えた上での 技術の経験があるかないか。



でも、お客様からしたら そんなことわかりませんよね。



そうなんです。わからないと思います。



美容師さん
できるフリをしますからね。


話上手ですからね。



お客様をまるめこんじゃいます。




できないなら、できない

自信ないです…。



って 言ったらいいのに。
言うわけないか。



病院だったら言いますよね。



あなたの症状は 科 が違いますよ。って。



美容院は

なんちゃって総合病院。



そう考えて 美容院、美容師さんを 選ぶ必要が
あるような、ないような( ̄ー ̄)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
後輩から 美容業界の理不尽さや、 納得のいかない事が 有りすぎて 我慢ができない。


美容業界から 身を引こうと 考えています。



って いう話を 聞かされた。



まぁ、言ってることは、理解できるし 考えていることは よくわかります。



色んな事を 知るたびに、 追求するたびに



理不尽さは、つきもので


美容業界に限ったことではなく、様々な業界でも 当たり前にあるわけで



日本という国 そのものが 理不尽ですし、
世の中っていうのは
理不尽で成り立っていると思ってる。


ただ、様々な事を知らなければ 理不尽かどうかもわからないわけで


色んな事を知っても 何も感じない人もいるわけで




でも、色んな情報や 知識を持つということは、

そういう デメリットとして現れる部分もあると思う。



知らぬが仏 じゃないけど



自分に都合のいい 知識や情報を、詰め込む方が
生きて行きやすいと思う。


自分自身の洗脳、

すがる場所を見つけるってこと。



すがる場所が
はっきりしている人間は強いと思う。良い悪いは
別として。



宗教ちっくに。



美容院って それぞれが一つ一つの宗教的な感じがする。

言い方は悪いけど
いかに 上手く洗脳させるかによって スタッフは扱い易くなるような。



洗脳できずに トップの思想に 合わないスタッフは 辞めてしまう。



もしくは、途中で 洗脳から解かれる。



今は、情報の入手が ネットの普及によって 簡単になったから。


調べようと思えば 様々な情報がてにはいる。



そこで、色んな矛盾に気づく方も 多いんじゃないかな。



ひと昔前なら、先輩の言ってることは、それが絶対でそれが答えで


今は、そうはいかない。



いい加減な知識や 言動では、 後輩はついてこない。そういう意味では とても 扱いにくく、シビアな世代。



その後輩も
色んな情報を
もって 悩んだのだろう。


でも、個人的な意見としては、理不尽さを 知ったのなら、それを利用できるのも 強みの一つなわけで。


そして、
自分達の世代が その理不尽を 上手く使える ような業界にしていかないといけない。



反発しているだけでもだめで。



上手く付き合う方法を知るってこと。




それだけ、理不尽さに不満があるのなら それを 何とかしよう、しなきゃ、っていう思考に なってもらえると 力強い。



何も考えずに、言われたことをして、言われたように仕事して、習ったように技術をして、そこそこできる美容師より、




色んなことに疑問をもち、自分で考えて、自分で行動のできる 美容師が これからの業界にはもっと必要で。



だから、その後輩には
業界に残ってほしいと伝えた。



辞めたいっていう 相談を受けて 説得することは、自分は ないですが



今回に限っては、理由が理由なだけに、 そういう思想のある美容師が 自分の考えではこれからの業界に必要なわけで。


今現在の

美容師っていう 社会的地位を 底上げするためにも
理不尽さを 知っているってことは メリットになると思う。

美容師って
仕事としては素晴らしいと思うけど


残念ながら、職業としては素晴らしいとは言えない。


これって
なるべくしてなった結果だと思う。



美容業界の教育の結果。



言われたように、言われたまま 仕事をして、
中途半端な 知識と技術で 数字を 残すことだけを求め、
付加価値、サービスで競いあう。



おかしい 流れを
上の世代の美容師に おしつけられた結果。



もちろん素晴らしい技術や、仕事を 伝えてくれた 先輩方も沢山いらっしゃいますが



この今の 美容業界の 負の流れを作ったのは、多くの、利益だけを追求した 先輩美容師だと思ってる。




結果、ディーラー、メーカーのカモにされる 美容師、美容院が増え

間違った知識や技術を
後輩世代に伝え

デフレのスパイラルを 完成させた。




だから、自分達世代は この今の負の流れを 15年後に 変わったって 感じるようにしなければいけない。


そんなこと できるわけない、とか 意味ない、 とか

そう思った時点で その人は終了。


やれるか より やるか。



別に
何の利益を考えてのことじゃないけど、 何だか このままだと腹立たしいし、悔しいから


この人生のロールプレイングゲームは そういう旅にします。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
先日、ディーラーさんと一緒に パイモアさんの営業の方が いらっしゃいまして


どうしても このシャンプーを売り込みたい ってことで 話を聞いて欲しいって。



いろーんな話 してくれまして、


で、どうですか?って。



いやいや、話聞いて
成分みて 香ってみて それだけで 判断はできないですよ。



とりあえず、何が一番の ウリ なんですか?ってきいたら、



カラーの退色が しにくいです!って 言うもんだから



じゃあ、検証してみます。ってことで



見てみました。



白毛束に 8トーンのRED系を塗布しまして。
リアル美容師のホンネ。-2010090908580000.jpg


シャンプー剤を水で10倍希釈したものに、毛束を4時間漬けおき。



で、退色をみてみました。
リアル美容師のホンネ。-2010090909070000.jpg


比較するために、

ブライ・エクラーレ
ナプラ・ケアテクト
サンコール・R-21
オレンジコスメ・CENO

も 同じように検証。


て、結果。


左から、

退色少ない順に

ナプラ・ケアテクト
ブライ・エクラーレ
サンコール・R-21
パイモア
オレンジコスメ・CENO

リアル美容師のホンネ。-2010090920540001.jpg

パイモアさん、残念。

退色結構しちゃいました。

かなり、赤味は薄いです。
ケアテクトとエクラーレは かなり赤味あります。


ってわけで

採用は なりませんね。



もう一度
青系の染料でも
検証してみて



今度 ディーラーと一緒にきたら、
見せてあげよう。



パーマ液も なんだか
沢山くれるみたいで


サンプル生活ができるかな。



薬剤のスペックだけ 調べてみて
材料費 削減に 貢献しよかな。



もらえるものは
遠慮なく もらえるだけ
もらいます( ̄ー ̄)


AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード