チャクラの窓から

テーマ:

思考は魂が受け持ちますが、感覚は体の


専属です。


それでも、魂と体は、互いに密接に関連し


あって、一個の人格を形成しています。



ただ時の流れや状況の(次元)違いで、


時々流れが、行方不明になる事があります。



特に子供の頃に、ついた心の傷は、感覚


では、本に隠した千円札のように忘れてし


まうことで解決していても、思考は本棚さえ


心の奥深くしまっておいた、恐怖というファ


イルを開ける引き金になってしまうのです。



この行方不明になった”心の傷”は、怒りや


欲、存在否定になって、自分に返ってきます。



チャクラの窓から、そんな映像を見るたびに


いいます、「ご自分を苦しめているのは、あな


たで、貴方を救うのもあなたです」 と。









AD

時を超えて

テーマ:

何回目かの、曼荼羅整体波動調整を受けて


頂いていたOさんは、絵本作家を目指してお


られます。



エネルギー補てんの施術中、次々と映像が


入ってきて、Oさんのお部屋と、そこで語られ


ている目に見えないモノたちの思いを知らせ


ます。



Oさんの制作中の絵本について、「絵だけで


いいよね」 「そうだよね}と。


施術後にそのことをお話すると、



Oさんは「それ私、少し前からやってます!


ここで、波動調整を受けてから、なんだか、感じ


る力が強くなったらしく、いろいろな事が入って


来るようになったみたいです」 「その言葉も


心に入ってきて、”あっ”と思い、はじめてみました」



と、チャクラの本来の動きを実感されている と


嬉しい報告をいただきました。



私とOさんは、時と場所を超え、同じ場面と同じ


時間を共有したのです。



「ただ、その状態を維持するのが、難しいので、


また時々来ますね」 とOさんはにこやかに帰え


られたのでした。 感謝








AD

執着のわけ

テーマ:

視えてきたものは、ロミオとジュリェットが


歩いてきそうな街並み、ひとりの婦人が、


乾いた風のなかで、必死に働き、子供達


を育て、家事と畑仕事まで。


そんな婦人の元を去って行った人たちは


もう帰らない。


確かにいたであろう夫も、子供も帰らない。


一人ぼっち。 今も同じ一人ぼっち。



なぜでしょう?



それは、与え続けたものが違ったから、良


かれと思うことが、どんなに相手を思って


の愛でも、それは我欲にすぎないからです。


我欲は、自分の欲です。相手の希望では


、ありません。



今も同じように、待っているだけでは、誰れ


も帰ってこないでしょう、いいえ、お金が無く


なれば帰ってくるでしょう、お金の為に。




いつまでも変わらないのは、貴方の方です。


帰ってほしいとお思いなら、まず、自分を変え


てみましょう。



状況は、心が作りだすのです。




AD

子供達は今

テーマ:

今、昏迷の時を迎え、世界は大きく


変わろうとしています。



産業革命以来続いてきた、大規模な


地下資源の採掘や教育の画一化は、


資源の枯渇と教育の多様化で、姿を


変えざるを経なければならなくなりま


した。




これまでの在り方が、変わっていく事は、


諸行無常の常ですが、そんな当たり前


の事実を受け入れられない大人たちは、


戦いを止めません。




そんな中宇宙は、地球の変革を促すため、


新しい価値観や個性を持った人類を、送り


込んでくれました。




しかし旧態依然とした、大人たちは、彼らを


異端者或いは病人と、切り捨てました。



理由は簡単です。これまでの子供達と違い、


自分達の常識を、押し付けようにも、受け入


れる要素が全くないからです。



画一的な教育目標を、多角的な可能性とい


う教育に変更すべきなのでしょう。




良い人に

テーマ:

Tさんへ


貴方の質問への神からの答えは


”生きよ” です。



生きるとはなんでしょう?


生活する事?息をしている事?正解


ですが、本当の答えは


自らの才能を生かして、世界に貢献


すること です。」



才能ってなんでしょう?


才能とは、その人の全てです。出来る


こと、出来ない事、好きなこと、嫌いなこ


と全部です。 そのままです。


そのままの自分こそが、才能です。



ならば、T さん、貴方の困難の理由の


ひとつは、貴方を生きていないからです。


良い人だからです。良い人になりたい、



ていることです。



誰かになる必要はないのです。貴女で良い


のです、貴方がいいのです。


神は、貴方が、貴方を生きる事を、お望みです。

良い人でいたいと思うのは、貴方を否定し

人体の窓

テーマ:

浮いているように、飛んでるように歩く人


K さんの話2


チャクラの保全と体の癒しのため、波動調整


を受けて頂いておりますKさん。



エネルギーが通り抜けた、チャクラは穴という


より、人体の窓のよう。



穴の中に、事情という原因が顔をだします。


もちろん、原因は色々な所で、視られたりもし


ますが、チャクラの中に視えるのは、また興味


深いものです・



しかも、視えてるものは、Kさんの過去では無く


Kさんのおばあさまの体験から、始まりました。ど


美しくうまれたお婆さまは、世の男たちだだけ


ではなく、夫や舅にさえも、恐怖を感じる毎日。



いつしか、興味を娘にかえる事に、なっていった。



そうして、次はKさんのお母様が、標的に、そんな


おかあ様のおもいを受けたKさんは、ご自分の生


まれる前の事が、トラウマとなってKさんの深層心


理に埋め込めれ、大人になって苦しみ、チャクラを


閉ざしていたのでした。


Kさんもその事はご存知でした。しょぼん



あの、変わった歩き方も、地上に対する、嫌悪とき


恐怖の現れなのでした。





チャクラという窓はなかなかに、興味深いのでした。





人は何処へ行くのか

テーマ:

世界中に、色々な考え方がありますね。


地獄、極楽、煉獄、西方浄土、鬼畜、天国


色々ありますね。


ある所では、人間は、永遠に輪廻転生を


繰り返すと言われていますし、あるところ


では、輪廻転生を外れて解脱、悟りの世界


に入るための修行をし、ある所では、神の


裁きの時まで待つ、など色々ですね。



私は、全てを見た訳ではありませんが、全て


の所が存在する、或いは存在する可能性が


あるのではないかと思っています。



もちろん、神の次元は個を持った状態では、


は不可能ですが。



それ以外にも、次元は無数に存在し、その全


ては波動なので、意識という波動で、どうにで


も視る事は可能なのではないかと、考えています。



宇宙は広いです。


そして神は言います、「(それぞれ)行く所に行く」 こ


れは自由なのか? 決定権は我に有りなので、我を


持っていると、次元を超えても選択が必要らしい。



五月の開放日まで、あと四日!


5月10日 お気軽にいらしてください。









選択

テーマ:

人の一生は、選択の連続です。


一瞬一瞬の選択が、明日の人生になります。


今日の選択が、明日の未来の貴方を作るの


です。




夢や希望を、選択する事は素晴らしい選択です。


でも、その夢や希望は、貴方が本当に向かいた


い世界ですか?



大宇宙には、色々な世界(次元)が存在します。


それらは全て波動、と呼ばれる意思の世界です。



夢や希望が、どのような意思の選択から作られて


いるのかで、その夢や希望がどの世界で完成され


るのかが決まります。



つまりその選択が、宇宙の真理や自らのするべき


事であれば、使命の世界に向かっていきます。



選択が、欲やウソなら、欲や嘘という次元に向かい


その次元で 完成 されます。




そう、完成されるのです。


全てが波動の意思の世界ですから。


欲は欲の世界に向かい,欲の世界で完成され、それを


見、感じる事ができるのです。



自分の使命や、宇宙の真理を選択すれば、真実に、


そうでなければ、・・・・・



素敵な生き方を選択してくださいね。



欲や悪意、無知はその次元を選択すれば、どのような


完成が見られるかは、

愛ですね!

テーマ:

先日、お試しで曼荼羅波動調整を受けられた


お客様から、面白いお話を伺えました。



波動調整は、とても気持ち良かったし、すっきり


軽くなったけれど、特に何も視えたり、聞こえたり


しなかったので、私は視えたりしない人だと思わ


れたそうです。



その晩、ご主人が帰られて 「疲れたから、足を


揉んでくれ」 といつものように、リクエストがあり


「え~また!」と思ったけれど、「あっそうだ、今日は


曼荼羅エネルギー 入れてもらったから、ちょっと


ぐらい良いか」と、マッサージを始めたとたんに、


「えっなに?何してるの?」「 いつもと同じだけど、


へん?」 「なんだか、強烈なエネルギーが入っ


きて、体中が何かに包まれた」と言われたと、うれし


そうに、お話下さいました。 夫婦愛ですね。感謝





ただ今、miaki式曼荼羅波動調整をお試し価格、


5000円にて承り中です。(期間限定)










家庭の悲の遺産

テーマ:

胎蔵界に流れる強大なエネルギー


チャクラに通すすと、エネルギーは


体中を駆け巡る。



エネルギーは時空を超え、物理的な


事情も超越して、多くの現象を見せる。



先日、ある女性にチャクラ開けの波動


調整をさせて頂いた。


施術の途中で、視えてきた映像は、彼


女のおばあさま。幼い頃から飛び抜け


て美しい彼女に、周りの人々だけでなく、


父親からも、男性の視線を感じとってし


しまう。


やがて成長し、結婚する。女の子をもうけ


ると、突然、忘れていた男性にたいする、


嫌悪感にさいなまれ、娘にその感情を


押し付け、それが先祖からの問題として


彼女を苦しめていたのでした。



不思議ですね、こうして、人間の持つ価値


感が伝染していくのですね。



まあ、波動調整は、不思議な体験が多いです。