• 19 Dec
    • 個展の作品紹介③《雨宿り》

          ≪雨宿り≫2016/41×41×2cm、9枚組インクジェットプリント、木製パネル 個展と同名タイトルの本作品は、9枚に分割した絵を格子状に配置することで日本家屋や神社の建具としてよく見られる狐格子(木連格子)を表現した。 ただし、そこには物質的な格子は存在せず、外界と屋内とをつなぐ「間」を切り取ることで作品を成立させる。この空間の反転という概念は、≪狐≫の鏡写し、≪曼珠沙華≫の左右対称といった要素と連動する。 また、ギャラリーに窓の要素を加えることで、雨宿りする人が窓から外を眺める状況を創り出す一方、雨そのものが絵に宿るという言葉遊びも含まれている。   

      1
      テーマ:
  • 14 Nov
    • 曼珠沙華のこと

          《曼珠沙華》という作品の制作にあたり、作品タイトルを正式名称の「彼岸花」にしなかった理由は、個展会場が架空の稲荷神社であり「ハレの場」でもあったから。 元々が不吉そうなイメージのある花なので、仏教由来の別名になるが「天上の花」という意味を持ち、白く柔らかい花とされる《曼珠沙華》と名付けることにした。 この花、調べれば調べるほど本当に面白い特徴や歴史を持っていて、ソメイヨシノと同じクローン植物だと分かった時、この作品と他作品とが根源の深い部分で繋がっていたことを強く実感することとなった。この意味については別作品で改めて触れたい。 

      テーマ:
  • 12 Nov
    • 個展の作品紹介②《曼珠沙華》

          《曼珠沙華》83.4×66.5×9.8cm/鉄製の額縁、アクリルドーム、絵日本各地の方言も含めると1000以上の異名を持つ彼岸花は「天上の花」という意味の「曼珠沙華」のほか、「狐の松明」「狐の剃刀」など狐にまつわる名も多くありその赤い花の色は狐火にも喩えられてきた。本作品は6個の花から成る一輪の彼岸花を模した額縁である。 展示では「狐火」と共に「狐の双眸」をイメージし、瞳を模した絵と眼球を模したアクリルドームを入れ、狐の左右に配置した。 鉄製の額のパーツは4層に分かれており、組立て・分解が容易な構造となっている。切り絵の様に繊細な加工はレーザーカットの技術により実現した。 

      テーマ:
  • 09 Nov
    • コンセプトの紹介

       【序章】千早振る神無月の良く晴れた昼下がり。銀座の街の賑わいも、大通りから一本中へ入れば静かな路地裏が碁盤の目のように広がっている。   不意に、石畳からの照り返しが目に飛び込んで、眩しさで思わず目を閉じた。再び目を開けた刹那、雨が降り始めた。   急いで近くのビルの軒下へと駆け込むと、滾々と降る雨の音が、まるで鎮守の森の様に外界からこの場所を遮断しているようだ。   ふと、ビルの地下へ続く階段の方へ目をやると、雲の切れ間の様な光が漏れているのが見えた。しばらく此処で雨宿りでもしよう。   【概要】ある秋晴れの日の昼下がりに銀座で天気雨に遭い、一時の雨宿りをしたビルの地下に不思議な空間を見つけ―― という架空ストーリーを背景に、雨により引き寄せられた人が、それぞれの印象で作品の意味を補い、その後の物語を想起させることを試みる。 コンセプトの根底には日本古来より続く「アニミズム」を強く反映し、「雨と狐と点描」を同一視した世界観の中で、作家を含め、見る者が自身のルーツを辿るような感覚を引き出したい。  【制作意図】全体として抽象的な作品が多い中、展示会場で一番最初に目に飛び込んでくるよう配置したのが、前回の記事で紹介した《狐》である。 来場者は初めに《雨宿り》という個展のタイトルと、《狐》という単語を与えられることになる。 多くの人はまず、このフォルムから稲荷神社の狛狐だと気付き、民話に造詣のある方なら「狐の嫁入り=天気雨」を連想するだろう。 ただし、稲荷神社は全国に3万社以上あると言われ、皆それぞれに今まで訪れたことのある稲荷は違うはずである。《狐》を見た時に思い起こす感情や記憶、思い出も異なるだろう。 序章以降のストーリーは、一人一人に紡いでもらいたい。     

      テーマ:
  • 07 Nov
    • 個展の作品紹介①《狐》

          《狐》本体:45×80×100cm/FRP製、アクリル絵具水たまり:ステンレス製稲荷の狛狐は本来左右一対であるが、作品は一体であり、水たまりを模した鏡により上下一対を成す。 天気雨が「狐の嫁入り」と呼ばれることや稲荷信仰において、古来より狐は人を化かす妖力を持つとされる一方で、農業神として神聖視されてきた。 抽象表現の多い作品群の中に一匹だけ狐を置くことで個展のストーリー展開を引き出す役目を持つ。 入口方向を向いているのは、来場者を迎えるためだけでなく、実は作家の故郷のある西の方角を見ている。  ↑点描を打つ前の白い狐も、とってもキレイでした。 ↑途中経過↑最初の図案。 

      テーマ:
  • 06 Nov
    • 初個展が無事に終わりました!

      10月31日(月)~11月5日(土)の期間、GALLERY ART POINT@銀座で開催していた展示を無事終了することが出来ました! ギャラリー関係者様を初め、搬入搬出を手伝ってくれた方々、オープングパーティーの準備をしてくれた方々、狐のメイクを引き受けてくださいました企業様、共同制作者様、そして、ご来場頂きました皆様全てに心より感謝御礼申し上げます。  ↓展示会場の様子           一つ一つの作品紹介やオープニングパーティーの様子は今後のブログで紹介させて頂きます!     

      1
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 告知ムービー

        なんとなく個展のイメージ動画を作ってみました。 画質粗いけど・・・ ⇒ 個展の詳細情報はこちらをご覧ください。   

      1
      テーマ:
  • 21 Sep
    • 個展開催のお知らせ

       【展示タイトル】三宅律子 個展 「雨宿り」【会期】・2016年0月31(月)~11月5日(土)(※日曜休廊)【時間】・平日 12:30~19:30・11/3(木・祝) ~18:00迄・最終日 ~17:00迄【パーティー】・オープニング:10月31日(月) 19時頃~・感謝会:11月3日(木・祝)17時頃~【場所】〒104-0061東京都中央区銀座8-11-13 エリザベスビルB1GALLERY ART POINT - ギャラリー・アート・ポイントhttp://www.art-point.jp/   何卒宜しくお願い申し上げます。三宅 律子

      テーマ:
  • 18 Sep
    • カウパレードを見にニセコへ!

      ニセコは空気と水と飯がうまい! はい、ここテストに出るよ~! というわけで、東京から飛行機とバスを乗り継いで、北海道ニセコ町に行ってきました! ニセコは世界でも有数のパウダースノーとして知れられるスキーリゾートなのだそうです。 そんなスキーの聖地に一体何をしに来たのか? オケシン・・・ いいえ、ニセコです。 旗が裏返っててスミマセン・・・ 前置きが長くなりましたが、7月1日~10月1日まで開催中のパブリックアート・イベント、カウパレード( >> 知らない方は公式サイトを見てください )の見物がこの旅の目的です。 5月下旬から6月にかけて制作した私のカウ(=カウパレードの牛の模型のこと) はもちろん、他のアーティストが制作したカウを見るために遠路遥々やってきました! そして、3ヶ月ぶりに再会したカウがこちら。 黄色っっっ!!! どうやら、コーティングに使った油性ウレタンニスが紫外線で変色したようです。 制作直後はこのように白かったんですが、 ちょっぴり泥を被ったような感じに仕上がってました! うん・・・ 元気があって宜しいんじゃないでしょうか! ポジティブ過ぎますかね? しかし、見た目はどうあれ3ヶ月間、雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ頑張ってくれました。 お日様には負ケタケド!!! 紫外線この野郎っ! ――と、その時!!! 作品から10mも離れていない場所に野生のキツネ発見!!! やばい!野生のキツネ初めて見た!!! 牛撮ってる場合じゃねぇっ!!! もしかして、観光客を喜ばせるためのニセコの演出だったのでしょうか? この後30分くらいキツネを追って茂みをウロついておりました。 翌日はゴンドラに乗ってニセコ・アンヌプリの中腹へ。 晴天にも恵まれて、羊蹄山とニセコの町が一望できました! お日様ありがとう!!! この後、今回のアートイベントにおいて最初から最後までお世話になったカウパレード・ニセコ事務局のH氏や事務局長のO氏にもお会いすることができ、今回カウパレードを開催した経緯や町おこしへの思いなどを聞かせて頂くことができました。 しかも、前日徒歩では回れなかった場所にある他のカウ達も車で案内してくださいました! 本当に助かりました! 2日間で見つけることができた他のカウ達については、次回のブログでまとめて紹介させて頂こうと思います! 最後に作品の話に戻りますが、今回の私のカウの名前は≪好奇心(Curiosity)≫です。 この名前を付けた理由は、私が愛用しているモレスキンというスケッチブックを初めて買った時に最初のページに描いた絵のタイトルが≪好奇心(Curiosity)≫であり、カウの模様はこの絵がモチーフになっているからです。 平面に描いた自分のアイデアが、スケッチブックという扉を超えて立体の作品となり、遠い北海道で展示されたことで、アートというものが本当に素晴らしいものだと感じました! この経験はモレスキンにまつわるストーリーとして、モレスキンのファンサイトの記事に掲載されていますので、良かったら読んでみてください。 >> 記事はこちら(英文です) 一泊二日の短い旅でしたが、とても楽しかったです! ありがとうカウパレード! ありがとうニセコ!

      1
      テーマ:
  • 18 Jun
    • カウパレード・ニセコ

      久々の更新です! ここんとこ、3週間ほど現場に籠って、7月から開催されるパブリック・アートイベントの作品を制作してました! イベントの名前は【カウパレード】といいます! で、何をするのかというと、ペイントした牛の模型を展示します。 カウパレードは、アーティストの手によってペイントされた等身大の牛のオブジェを街頭に飾り、地域への集客を図るパブリック・アートイベントです。 1998年にスイスで始まり、今までに80ヶ所を超える世界の主要都市や観光地で開催されました。 そして今年は7月~10月の期間、北海道のリゾート地“ニセコエリア”で開催されます。 私もこれに参加します! ■カウパレード・ニセコ公式サイト http://cowparadeniseko.com/ 以下、制作の様子と完成写真です。 届いたばかりの真っ白な牛の模型。 全長2m以上あります。 とりあえず、描き始めたものの・・・ 大して面積が埋まらない・・・(泣) 気を静めるため、ランチ用に持ってきたベーグルを乳首に入れてみる・・・ ・・・と。 まぁ、なんということでしょう!? 匠の技により、真っ白なおっぱいが見事にペイントされました! 絵を描いているというより、もはや牛の世話にしか見えませんが。 お尻に異常な執着があるのか、描き込みまくりました。 そして、完成! 反対側も! 顔のアップ! ちゃんと点描も入れてます。(全部は無理だけど) いやはや、描き終わって良かった・・・ そして、無事ニセコへ向けてドナドナして行きましたよ! 北海道で頑張って来るんだぞ!

      1
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 星モチーフ

      部屋の掃除をしてたら昔のアルバムや思い出の品が色々出てきて、何度も作業が中断してしまう・・・ というような「お掃除あるある」に、今日も私はハマってしまいました(笑) 見つけたのは、11年前の年賀状の原画で、2004年卯年の時のもの。 昔から星をモチーフにするのは変わってないみたいです。 ちなみに羽根と蝶が描かれている理由は、兎が「一羽二羽」と数えること、「跳ね=羽根」に掛けてたような気がします。

      3
      テーマ:
  • 06 Jan
    • Happy New Year 2015!

      約2年ぶりにブログを更新しました~! ホームページにリンクが貼ってあるにも関わらずブログが全然更新されていないという声が増えてきたので、また少しずつ続けて参ります(汗) アート活動の方は地道に励んでおりますので、今年も宜しくお願いしま~す!

      1
      テーマ:
  • 06 Mar
    • グループ展示を終えて

      展示について: 2013年1月29日~2月2日の期間、日本橋茅場町にあるレクト・ヴァーソ・ギャラリーで行われたグループ展、「Square Graphic art exhibition vol.11~正方形グラフィックスの表現~」に参加しました。 この展示は、ギャラリー側が招集した4人の作家によるお互いを知らない者同士の展示で、全員が30×30cmの正方形という同じサイズの作品を1人3~5枚制作して掲示したものです。 絵のタイトルは左から上記の通りとなっています。 画法と画材: 墨汁と黒ペンによる点描画。 用紙には木製パネルにモレスキンのノートを水張りしたものを使用。 コンセプト: 5連作からなる作品のテーマは、墨の黒です。 墨は、植物を燃やした煤に動物の骨や皮、腱などから抽出した膠(にかわ)を混ぜたもので出来ています。 つまり、動植物の「死」を経て作られた素材です。 その死は芸術作品の一部になることで、悼みや悲しみから美に生まれ変わるのではないでしょうか。 モレスキンのノートを使用した理由: モレスキンのもつ描き味のよい質感がとても好きで、最近は画材としてよく使用しています。 アンティークで高級感のある色味が、墨汁やペンの黒とも合わせやすく、絵の魅力を引き立ててくれます。 展示作品に使用したのは今回が初めてです。 ホームページでもこの作品を紹介しています。 下記のギャラリーページより、「Exhibition」をクリックしてください。 http://ritsukomiyake.web.fc2.com/gallery.html 会場は、ホワイトキューブという建築理念に基づいた空間になっていて、正方形の作品が並ぶと不思議な雰囲気を醸し出していました。

      テーマ:
  • 28 Jun
    • 切り絵の作家さんの紹介

      ご無沙汰! 半年振りにブログ更新します! 今日は、ぜひ紹介したい方がいるので書くことにしました その方は、切り絵を制作している紗妃さんです。 お知り合いではなかったのですが、本日ブログを通じてメッセージを頂きました。 なんでも、たまたま私の絵をネットで見つけて頂いたらしく、それを切り絵にしたそうです! ちなみに、この絵です この絵は、私の名前のイニシャルの「R」で、自分のロゴとして使ってます。 まさか、これを切り絵にする方がいるとは思わなかったのですが、作品の完成度に驚きました! こちらが、その作品 すごい ( ̄□ ̄;) Rが逆向きになっとる! クオリティーが高すぎて、びっくりです むしろ、私の絵なんか使って頂いてありがた過ぎます(TωT) しかも、紗妃さんのブログには制作模様が動画で掲載されてるんです! 映像かっこよすぎて、さらに驚きました! ぜひ、紗妃さんのブログを見てみてください! ほんとにスゴイです! → 掲載記事(動画あり) http://ameblo.jp/sakipome/entry-11280336700.html → 紗妃さんのブログ http://ameblo.jp/sakipome/

      テーマ:
  • 24 Jun
    • Monochroma展2011

      今月6日~11日の期間で行われたグループ展の様子です。中々ブログで紹介しなくてすみません展示に来てくれた友人の工房員さんがブログに書いてくれたので、私もちゃんと紹介させて頂きます!一応、展示に来たことのない方のためにコンセプトを説明すると先日、銀座8丁目にあるギャラリー・アートポイントで開催された「Monochroma展」は、今年で3年目となる企画グループ展です。モノクローム(黒1色)で制作する作家を4人集めて展示してます。白黒であればOKなので、毎回ペン画やインク画以外にも、油絵やアクリル、写真、版画など様々な画法の人がいて、私もとても勉強になります!今回は、3枚ほど絵を飾らせてもらったのですが、去年描いた絵もあるので新作は以下2枚です。↑この絵のタイトルは『薫風』です。サイズはB2版で、私が今まで描いた中では一番大きな絵です。毎年絵を少しずつ大きくしていくという目標があるので、来年はA1かB1サイズを目指します!「薫風って何て読むの?」という質問を何度も受けましたが「くんぷう」です!字のとおり「薫る風」です。5月の初夏の爽やかな風を描きました。また、この作品は今までのペン画と違い、墨汁をペン先につけて描いてて、個人的には新しい試みとなりました。ペンと違って墨汁はポタポタと垂れてくるし乾きも遅いので苦戦しました。もう1枚はA3サイズですが、タイトルは『驟雨』です。こちらも薫風以上に読み方を問われたのですが、「しゅうう」と読みます。にわか雨、馬が集団で走ってくるような(?)、「ドドドドド!」って感じの雨(なのかな?)。「ドドドドド!」といえば、「ゴゴゴゴゴ!」でもお馴染みの『ジョジョの奇妙な冒険』です(笑)私の人生のバイブルでもあるジョジョですが、なんと先月から第8部がスタートしました!私はコミック派なのでまだ読んでないのですが、噂によると舞台は仙台、しかも今年の3月11日以降、すなわち震災後の物語らしいです!正直、自分の展示の話題が反れるほどの衝撃です!で、また展示に話を戻すわけですが。今回、展示を終えてみて思うことは今までとちょっと違うかもしれません。他の作家さんの作品に感動し触発され、自分ももっと頑張らないとと毎回感じているのですが、今回強く思ったことは、絵のサイズとか枚数も大事だけど、それだけじゃなくて、もっと奥へ入りたいというか、深みを増したいというか…上手く言えないのですが、とにかく「もっとアートを愛したい」ということです。もっと自分にフィットする方法で、納得のいくような作品が作れればなぁと思いますので、次回の展示もご都合よろしい方は是非らいしてくださいね!ではでは!

      テーマ:
  • 12 Jun
    • 展示終了しました!

      銀座8丁目のギャラリー・アートポイントにて、6月6日から6日間行われた「モノクローマ展2011」が、無事終了しました。まずは、来場してくださった方々に感謝いたします!6日間という短い期間でしたが、友人、知人などが毎日足を運んでくれたので、私も毎日ギャラリーに通う日々でした!展示について色々書きたいのですが、今日はまだ疲労しているため次回以降に紹介したいと思います。とにかく、終わってホッとした感じです。1週間、外食(ほとんど洋食)ばっかりだったので、日本に居るのに日本食が恋しくなり、なんとなくチクワを買ってきました。やはり、日本人はチクワですね。チクワを笛にする名人をTVで観たことあるのですが、今日は割愛します。

      テーマ:
  • 07 Nov
    • 展示が終わりました!

      久々のblog更新。6日間ほど参加していたアートイベント、「東京デザイナーズウィーク2010」が無事終了いたしました!同イベントは10月29日~11月3日の6日間、明治神宮外苑で開催されました。開催2日目の土曜日は台風の接近のため残念ながらイベント中止となりましたが、沢山の人に作品を観てもらうことができて満足しています。ブースを観に来てくださった方、ありがとうございました!また、制作や展示に協力して頂いた方々にも大変感謝いたします!イベントや作品の詳細については、また後日落ち着いてからblogで紹介させて頂きますので!取り急ぎ報告まで。

      テーマ:
  • 26 Jun
    • 佐藤 忠展(再掲載!)

      忠先生、すみません以前せっかく書いたブログが消えて(誤って消去して)しまいました!なので、内容ちょっと変わりますが、もう一度書きます!今月19日(土)に、女子美時代の恩師で金工作家の佐藤忠先生の個展に行って参りました。場所は、銀座通りにあるギャラリー「なつか」さんです!そのフォルムに精度の高いこだわりと技術を感じる作品からは普段のやんちゃな先生が想像つきません。先生、「やんちゃ」って古いですか?約10年経っても見た目が全く変わらない先生の作品を一部掲載致しますのでとくとご覧ください。

      テーマ:
  • 07 Jun
    • ステンレスあれこれ(その2)

      5月の展示で、ステンレス製の額縁を造って頂いた板金加工の大田産業さんが、神戸新聞に載りました。ステンレス製の箱を造っていることが評判を呼んでいるそうです!この記事に、ちょこっと…本当にちょこ~っとだけ、私のこと載せてくれました。名前は載ってないけど、点描画家とだけ。社長さん、どうもありがとうございました。また新たなコラボレーションが実現出来るよう、頑張りますね!

      テーマ:
    • ステンレスあれこれ(その1)

      象印さん主催デザインコンペで賞をいただきました→ 第4回象印ステンレスボトルデザインコンテスト結果発表賞品に象印製マホービンと商品券戴きました応募時に書いたコンセプトは掲載されなかったようなので、ここで載せておきますね。コンペのテーマは「エコ」。「地球中につながる愛」この地球の中で、互いを愛し、他の動物を愛し、緑を愛し、海を愛そう。そんな言葉を、運命の赤い糸に込めて縫ったイラストです。最近、友人に可愛い赤ちゃんが誕生したのでベビー系のデザインにしてみました。地球を愛するということは、これから生まれてくる子ども達を愛することにもつながるのではないでしょうか。エコ活動によって愛が未来に繋がると良いと思います。

      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。