シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?

~マインドフルネスNLP:深層心理を解きほぐす自由への心理学~

宝石紫ホリスティック心理セラピーとは

=ヨガや呼吸法や瞑想や心理療法とヒーリング
を融合したマインドフルネスNLP

ヒーリングでもあり、心理セラピーでもあり、
心理カウンセリングでもあり、コーチングでもある。

難しい技法など使わずにすべてが
ホリスティックに融合した新しい感覚のセラピーです。

脳や神経系統への直接的な働きかけにより、
さまざまな強制的な‶枠組み”から
解放され自由な人生を歩めます。

東京・仙台・福岡・大分を中心に個人セッションやホリスティック
心理セラピーの講座やマインドフルネスNLP講座や瞑想会など
全国で活動しております。


グーグル、Facebook、インテルなど多くの先進企業が心のトレーニングを取り入れるようになってきています。

近年、生活環境において私たちはパソコンなど多くの電子機器を多用し、プライベートでも携帯やスマートホンやテレビなどから目を離せない環境下にいます。

これは、いままで人類史上に観られない状況にあり、私たちの脳の中心部にある視床下部や下垂体や脳幹などへの刺激過多になっているといっていいでしょう。

そのため、外からの刺激に過敏に反応してしまったり頭に血が昇ったり、胸がムカムカしたりさまざまな感情に振り回され何らか強い情動が湧き上がりやすくなっています。

そうなっていれば失言してしまったり視野が狭くなって冷静な判断ができなくなってしまうことも少なくありません。


このような生理反応は、私たちが原始時代から身に着けていた自分の生存本能に基づく闘争逃走反応というもので、生命を脅かす出来事に反射的に行動するために必要不可欠なものでした。

ただ、現代社会では生きていくためには、それはそぐわない。

そのため脳もパソコンと同じようにデフラグして最適化し、過剰に負荷がかかっている脳や内臓や脊椎などを調整しリフレッシュさせる必要があるのです。


そしてマインドフルネス(今この瞬間に意識を向ける)ための身体のリバランスすることで、本来の自分らしさを取り戻し、さまざまな問題から解放されていきます。

プロカウンセラー・セラピスト・気功師・整体師など多くの癒しのプロがセラピーの質の向上を目的にハカラウやホリスティックセラピーを体験しています。

癒しのプロでなくても
宝石赤健康面で悩みを抱えている
宝石赤仕事や家族や恋人との関係がうまく行ってない
宝石赤人前であがってしまう・自信がない
宝石赤頑張っているのにうまくいかない
宝石赤頼まれると断れず何でも抱え込みすぎてしまう
宝石赤うれしいとか悲しいとかの感情が希薄だ
宝石赤ちょっとしたことで動揺してしまう
宝石赤いつもイライラしていて怒りやすい
宝石赤心を開いて人と付き合えない
宝石赤人生がむなしい
宝石赤何のために生きているのか?その使命を知りたい
宝石赤プロヒーラー・プロセラピストになりたい

そういった方もさまざまな事を手放し本来の自分を取り戻し、望ましい人生を創造するようになります。

ホリスティック心理セラピー 心理療法家 竜二

ホリスティック心理セラピーに脳のクレンジング「アクセスバーズ®」を取り入れました。
1日講座の案内など脳のクレンジング専用のブログを立ち上げました。

バーズ

$シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-kuroneko おすすめ記事!$シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-kuroneko

●見つめるだけで寝かせてしまう?
●男らしさと女らしさの見破り方!('-^*)/
●なぜダメな男を好きになるのか?   ●怒りって無責任?
●なぜ自分のまわりには聞く耳をもたないひとが多いのか?


 読者になる


テーマ:

週半ばからタイに行き
月末にはインドに行く。

 

住んでいる三浦くんだりから
成田までスーツケースを引きずっていくのも
大変だから、あらかじめ成田空港近くにホテルに
宅配を使って送ろうということで
今日中に荷物をパッケージしようと
夫婦して準備にいそしんでいる

自称「破戒僧」の竜二 です。

 

 

 

私達は、真実とか叡智という観点からすると誰もがそれらの浅瀬で生きている。

例えば、学術的な研究や高額のセミナーや講演などで、物凄く深い内容の情報や知識を得たとする。

 

 

例えば、心理学的な、またはスピリチュアルな、潜在意識の深い領域の話や体験をしたとする。

 

 

こういったことは、一般的には、あまり知られていない真実であってそれを知ることができた自分はとても貴重な体験をした!なんて思ったりするかもしれない。

それを知ることができた自分はなんかあたかも特別な人間になったかのような感覚もどこかにあるし、
気持ち的には腑に落ちて安心してグラウンディングするかもしれない。

 

 

 

でも実際に何が起こっているかというと、
知ることによって何かの深い領域に達することなどは一切ない。

 

 

実際のところは
いままで知ることのできなかった新たな浅瀬を知っただけなのだ。

 

その証拠にその浅瀬にいる自分の周りは波打っている(価値観のぶつかり合いがある)し、時々、大きな波にさらされていたりもする。

 

 

 

おそらく本当に深い領域は、頭で理解できるものじゃない。

 

言葉でうまく表現できるものでもない。

 


なぜかというとそれは浅瀬にいる自分の目には映らないからだ。

 

とはいうものの足元を見れば、足は海水に浸かっている。

 

場合によっては腰あたりまで海面があるかもしれない。

 

そして浸かっている部分と触れている海水は、深いところとつながっている。

 


その深い領域は、ほとんど流れに動じることもなく静寂だ。

そして明かりで照らさない限り真っ暗で目で見て認識することはできない。

 


だから自ら発光体を持たない私達は、その領域では目を使って「あれは◯◯だ!」「これは××だ!」と評価したり比較したり認識することはできない。

 

いわゆる「識別」はできないのだ。

 


それでもそれ以外の感覚を研ぎ澄まし「感じる」ことができる。

 

もしそれほどの感覚の鋭敏さが持てたなら、とても優しく穏やかな側面がいつの間にか自分のハートに湧いてきて、日々の生活がとても新鮮でワクワクするようなものになるかもしれない。

 

全ての価値観や偏見ともつながって、それも自分の側面の一つのだという感覚がどこかで感じられるようになれば、注ぐ愛情には「条件」というのがなくなっていることに気づけるかもしれない。

 

そう思います。

 

今日もまたさらに新しい可能性と関係性が広がる1日を創造しましょう(^^)

 

 

 

 

●開催予定の瞑想会・講座など

 

■ハカラウ瞑想会in三浦海岸 5月

2017年5月27日(土)13:30~ マホロバマインズ三浦

 

ヴィシュヌサイキックプロテクションスプレー
Vishnu
否定的な感情や外部からの攻撃、害のある環境から保護するだけでなく。
空間に結界を張ることが可能な「結界スプレー」です。



テクノストレスなどで疲れた内臓や脳幹を癒し、脳をデフラグすることで活力が湧きあがる今話題の脳エステ。
ホリスティック心理セラピー講座を卒業された全国のセラピストが施術し始めています。(^-^)


全国のホリスティック心理セラピー・脳エステ美脳エステ サロン等

仙台
心理セラピールーム Berry's collor 庄司真弓 さん
心理カラーセラピールーム さくら香~sakurako~ 岡野さおり さん
エサレン®ボディーワーク プライベートサロン スフィアタッチ 佐藤千恵 さん
Crital Maria 心理ヒーリングセラピスト MARIA さん

宮城・多賀城・塩竈
心理学教室 いさな悦子 さん

東京
自由が丘スピリチュアルカウンセリングサロン
 アイスブルーキッス 美脳エステ なみか さん
サウンド・ボイス・セラピー 美脳エステ 村山友美 さん
ホリスティックセラピーサロン シャイン・ア・ライト 田代睦子 さん

神奈川 
スピリチュアルWebマガジン Freeep代表  ヒーラー カワセタロウ さん

大分
セラピスト 大城ゆうき さん

 

 

 

シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-ダンス
うぉおぉぉ!いぇえぇえ!(^^)



誰でも参加できる瞑想会を開催しています。
シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-バナー
ここでは歩行瞑想のやり方もご要望に応じてお伝えします。

 

■ハカラウ瞑想会in三浦海岸 5月

2017年5月27日(土)13:30~ マホロバマインズ三浦

 

解放

瞑想会お客様の声


■こんなセミナーを開催してます!

■ホリスティック心理セラピスト養成講座(レゾナンスヒーリング)
いわゆる「ヒーリング」とは異なります。
セラピー・カウンセリング・コーチングを包括したホリスティックなセッションが可能になります。


セミナーにご参加のみなさまからは、こういった感想をいただいております。
(以下ご本人のブログにて)
お客様の声  
 
シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-募集中講座バナー
各種情報
シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-公式HPバナー
シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-お問い合わせバナー
シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-個人セッションバナー

ペタしてね
読者登録してね


Copyright 2017  Ryuji .ehara All rights reserved. 無断転用禁止

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)