本格育毛クリニックからの実践報告

~薄毛・細毛など髪に関する悩みをもつ方のために~

育毛カウンセリングと高度な専門施術を追求して36年の実績を持つ所長が

その実践に基づいた育毛に関する情報をお届けします。


テーマ:
最近、イヤなニュースを聞いた。
そこでネットで検索してみたら、あるわあるわ。
医師のAGAの宣伝が氾濫している。
それ自体、なにも悪いことではないのだが、その裏側のヤミ情報がイヤなのだ。
不自然にあるAGAの医薬品の体験宣伝が目立つので、調べたところ「全くのシロウト」が「アフィリエイトで金儲け」するために特定のAGA治療薬を宣伝しているのだ。
つまりサクラを使って、「この薬が効いた」という宣伝が氾濫しているのだ。
アフィリエイトの人たちは、医薬品を売ればバックリベートが還ってくるので、さかんに大げさな宣伝をしているのだろう。
もちろん、それを見破っている人もいるが、AGAで深く悩み、ネットで検索したらたくさんの人が「この薬はよく効く」と体験談を語っているのを見て、医者の元に行く人も多いと思われる。

この医師の賢いところは「大手の販売ネット」を使わず、こまかくいろいろな方面から宣伝をしている点だ。
大手の販売ネットはこのようなことに厳しいからだ。

これだけではない。
今度は理容室や美容室、エステサロンなどのオーナーを集めて「一緒にコラボしよう」と持ちかけ、AGAの顧客を紹介したらバックリベートを渡すという相談をしているという。

架空の「効いた」という話しを信じさせる宣伝方法。
AGAの医薬品が売れればバックを払うシステム。

ジェネリック医薬品で副作用が取りざたされているAGAの医薬品を、そのようなシステムで販売してもいいのだろうか。

ネットでは「ひとり」がいくつもの人格、人になりすまし、事業を広げているケースはよく知られているが、医薬品(しかも副作用が問題になっている成分)をこのような宣伝で販売したり集客していいのだろうか。

昔、ドイツでは「医薬品は宣伝しなかった」と聞く。
また日本でも病院の宣伝には厳しかった時期がある。

なにか「商売のうまい医師」「かくれてサプリメントの社長をしている医師」「医薬品が売れればリベートを支払っている医師」など、悲しくなってしまうのはわたしだけだろうか。

そのくせ「他人のしていること」をこまかくあげつらい、医師法違反などと騒ぎ立て、他を排除するようにしている。

ある医師にそのことを聞いたら「わたしは医師としての品位、倫理観を汚したくない。医師も多くなりあぶれた医師がそのようなことをしている」と苦々しくいわれたことが、唯一の救いになった。

病気や健康に不安を持ち、医師を頼りにしている人たちは、みな「聖職」である医師であってほしいと願っていると思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いま新しい育毛剤が話題になっており、効果面についても進歩しているが、男性型脱毛症のように男性ホルモンの影響が強い薄毛に関してはいいが、女性の薄毛、気の滞りによる薄毛に対しては効果に疑問があるようだ。
「気」に関しては「見えない、計測できない」ため、東洋の古い考えと信用しない人もいるが、やる気とか本気、気落ち、など「気」の状態を表す言葉は多い。
40年も育毛の研究とカウンセリングをしていると、この「気」の持ち方で薄毛にもなるし、手当てをしても治りにくいことが多いことがわかってくる。
つまり、ある人の薄毛は「生き方」そのものに関係していることが多く、「気」というものの概念を理解しなければ、薄毛や慢性疾患なども治りにくいことがわかってくる。
薬剤などを使って手当てをしてもらいながら「心の問題、心の持ち方」もやんわり説明しているが、やはり難しいようだ。
逆に「当方を信じて、すなおに心の持ち方について話していることを受け入れる人」は、治りも早くなる。
たとえば「気」によって「血」の流れにも影響が出ているとき、サプリメントなどをすすめるときがあるが、「費用」の負担を考えると、話しだけに終わってしまうことが多く、後から「改善を早めるためにはサプリメントが必要なのに」と消極的なじぶんを反省することが多い。
なぜなら、相談者は「薄毛を回復したい」のであって、「気」とか「血」などという東洋医学を信じない人も多いから。
その人達に「健康」定期診断で数値に異常が無いということと、「元気」ということは違うこと。
元気、すなわち「元の気」「精気」について説明し、「生きる」ということも「積極的に生きる」ということもすべて「元の気、精気」の問題なのだということを説明している。
元気が不足すると「考え方も消極的」だし、「集中力、持続力」も弱いし、「やる気、本気」もひくいため、人生の競争に負けてしまうことが多く、ますます暗く悲観的な考え方になってしまう。
そのような状態では「気」が体の隅々まで行き渡らないため、血液も末端まで流れる力が低下して、いろいろな症状が出てくる。
その1つが「気の滞りによる薄毛」なのだ。
気の滞りとはどのような状態か。
気虚=気落ちして消極的で悲観的になりやる気をなくしていく。
気逆=イライラ、不安が高まり怒りっぽくなる。

結論として
薄毛の改善には「薄毛に効く薬剤」だけでなく、本人の職業から生活環境までを考慮して「手当を組み立てる」ひつようがある。
とくに薬効成分に頼る育毛は効果が低いようだ。
わたしの40年の経験からいえば、「手当を続けていても治らない」薄毛や「心に悩みを持つ薄毛」は、カウンセリングを受けることをおすすめする。
性格は変わらないが「気の持ち方」は変えることが出来る。
これからの長い人生で、この「気の持ち方」について知っておくことはたいせつなことだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう20年以上も前になるが、不思議な体験をした。
会社を辞め、北海道の友達のところへ行き、新しい仕事を始めることになり、その準備で忙しくしていた時のことだ。

ある晩こんな夢を見た。
どこかの境内にキツネがびっしり座っており、「新天地に行ったらお寺にある稲荷神社にお参りするように」という声が聞こえてきた。(正直、声か心の中に語りかけてきたのか不明だが)
目が覚めてから「変な夢を見たな」と思い、なんでそのような夢を見たのかわからずとまどっていた。
というのは、わたしは無神論者で聖書や仏教などの本をいろいろ読みあさった時期があったが、常に疑問を持っていたし、稲荷信仰を現世利益に通じるものとして考えていた。
なんの信仰心も持たないわたしが、なぜそんな夢を見たのだろう。
不思議に思いながらも心のどこかにそれが残り、北海道で仕事をしながら、ときどき思い出し神社やお寺を訪ねていたが、稲荷神社には出会わなかったので、忙しさに紛れてしだいにそのことを忘れてしまった。

1年ほど過ぎ、体の異変に気がつき、自宅に帰ってから病院に行くと「即入院」を言い渡され、検査が始まり、それから毎日注射と投薬が続き、50人ほどいる入院患者の多数が薬の副作用で寝たきりとなり、1ヶ月に1~2人は死亡するという肉体的にも精神的にも追い詰められた毎日が4ヶ月ほど続いた。

そんな中でも不思議な体験をした。
1人目は90才以上のおばあちゃんで、その人は「誰々はもう長くない」とか「明日なくなる」という話しをする人で、それがぴたりと当たるのだ。
「なぜそんなことがわかるのか」と質問したら「ベッドの横に白い着物を着た人が立っていたから」という。

もう1人は50代の老ヤクザで、勝手な振る舞いをしては看護師を困らせていた。
平気で禁止されているタバコを吸うし就寝時間は無視するし、じぶんがいかに無道な人生を送ってきたかを自慢げに話す人だったが、看護士のいうことを聞かないため、無茶がたたって危篤状態に陥った。
そんな人が
元気になってから「危篤状態の時、神様を見た」と神妙な顔をして話し出した。

じぶんが、なんの脈絡もなく「稲荷のお使いの声を聞いた」こと。
木訥なおばあちゃんが「白い着物の人が見える」こと。
さんざん悪いことを来たヤクザが「神様を見た」ということ。
入院中はこんな話しは頻繁に聞かれた。

すこし元気になり、外の散歩を許され、弱った足腰をならすために、散歩に出かけたが、驚くほど足が弱り、道のでこぼこや傾斜がしんどく、すぐ息切れしてしまう。
そのとき、道の辺にちいさな稲荷をお祭りする祠を見つけた。
すぐあのときのことが蘇り、夢中で駆け寄り、手を合わせた。
お参りの作法も知らないわたしが手を合わせたのだ。

そのことに関して深く考えないことにしている。
われわれの周りには不思議はたくさんあり、目に見えない存在、超越した意志を持つ物が居てもおかしくない。
八百万の神とか、神祇という言葉通り、たくさんの神が居るのかも知れない。
もしかしたら、そうした大きな意識の元で、われわれは生かされているのかも知れない。

ときどき、そんなことを考えてしまう。

みなさんはそんな不思議体験はしないですか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。