成蹊大学(東京都武蔵野市、栗田恵輔学長)は24日、指導する女子学生らにセクシュアル・ハラスメント(性的嫌がらせ)やアカデミック・ハラスメント(教員の地位を利用した嫌がらせ)を約3年間にわたって繰り返したとして、同大理工学部の50代男性教授を、23日付けで懲戒免職処分にしたと発表した。

 同大を運営する学校法人「成蹊学園」広報課によると男性教授は平成19年1月から21年12月までの間、密室で女子学生の胸や尻を触るなどのセクハラ行為や、生徒を執拗(しつよう)にしかるなどのアカハラ行為を繰り返した。男性教授は大筋で事実関係を認めているという。

【関連記事】
勤務先で多発、子供が大半…浮かび上がる教員のわいせつ行為
小学校教諭のわいせつ行為で女性がPTSDに 東京・中野区教委調査
「胸触っていいか」県警委託の委員、女性警察官にセクハラ
北海道警署長がセクハラ 減給処分も発表せず
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ

雑記帳 江戸時代のオランダ料理再現 岩手・一関(毎日新聞)
防衛相「普天間、3月から対米交渉開始を」(読売新聞)
自動ドア開かず客が衝突死…愛知県七宝町のラーメン店(スポーツ報知)
ゲーセンで500万円強奪 東京・練馬(産経新聞)
5月決着先送りも検討を=普天間移設「時間は二次的」-社民党首(時事通信)
AD