日本列島が強風に見舞われた21日、中国大陸から飛んでくる黄砂が、九州から北海道にかけて広範囲で観測された。

 気象庁によると、この影響で、同日午前9時現在、鹿児島市、奈良市、津市、静岡県御前崎市では、視界が2キロ未満まで低下している。視界が2キロに満たないと、小型航空機の運航に影響が出る可能性もある。

 このほか、大阪市や福岡市、高松市など、西日本を中心に視界が5キロ未満まで低下しており、洗濯物や車に砂の付着が目立つこともあるという。

 黄砂は同日午後にかけて更に広がる見込み。

長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員を支持-高松高裁(時事通信)
<子供性描写規制>都議会総務委、継続審議決める(毎日新聞)
干潟でタコ掘り漁=熊本県荒尾市〔地域〕(時事通信)
<名誉棄損訴訟>大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁(毎日新聞)
「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き-厚労省(時事通信)
AD