RCR・HANGOUT

日々の整備記録(やった内容をメモ感覚)で残しています。


テーマ:
あれから1年!






1週間後に北海道に行くと言うことで、初ユーザー車両に119ボアアップキットを組みこんで




たったの1年で…35000Km 叫び少しおかしい気も あせるしますが…




と言うことは、25000Kmでエンジンを開けております。





その時のヘッドがこれです




そのあと35000Km走行したヘッドが…







参考までにノーマルのエンジンで38000Km走行したヘッドは…








カーボンの蓄積が…




そしてピストンヘッド…






25000Km






ボアアップ後35000Km







ノーマルエンジンで38000Km




これが事実です。




ボアアップしたエンジンを開けて、ヘッドを見た時最初に思ったのは…




エイプで使っているOPEN100のヘッドの焼け加減と一緒だな~得意げ




正直、開ける前にも試乗をしているのですが、やらなくてもいいんじゃないと思えるくらい




普通にパワフルに走行できていましたね



しいていえば、スタート時のもたつき、変速ショックなどなど駆動系のやれ感が…




当然カムチェーン廻りも全て減っているのでエンジン音的にも大きかったのは事実です



が…



1カ月ほど前に…60000Km走行のエンジンを開けたことがありましたけど…




さすがにスーパーカブも50000km越えるとボアアップしていてもノーマルで乗っていても



駄目になる部分は一緒だと



そしてよ~く判った事



ノーマルエンジンで同じ距離を乗った方が他に与えるダメージは多かった 得意げ




ボアアップするとエンジンの消耗が激しいとか…


圧縮を上げるとセルが壊れるとか…


メンテナンスにお金がかかるとか…



事実ではなかったと ニコニコ



まあ、全ての人に当てはまることではないのですが、だからと言って過剰に丁寧に乗っていたとは到底思えないので、あながち普通に使えてしまうのかなと正直思いました。




結論は、

ボアアップした方がエンジンへの負担が少ない

走行ストレスが少ない

ノーマルエンジンの方が、fullにパワーを使うためエンジンへのストレス、劣化が多い

消耗品の限界は50000km位にあるのかな

そして一番大事、

スーパーカブはやれてきても走ることができる!!


走ることができるは…音がでても、ぎこちなくでも普通に走れる


これってすごいことです


そして、いろいろ時期を見てメンテナンスすることで生き返るんだと




そしてそして…これは私にとっては失敗 はてなマーク


レース用の53φピストンもそうですが…






これが一晩、漬け置きして掃除が終わった35000km走ったピストン 爆弾



あまりにもピストンが頑丈すぎるあせる






ピストンリングを交換するだけでピストンはそのまま再使用します。



あと50000Km走ってもらいそれでもピストンがやられてなければ…



…ピストンのリピート販売につながらないので廃業 にひひ



バイク ブログランキングへ人気ブログランキングへ ←クリックお願いしますm(__)m





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

監督さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。