日本初の金星探査機「あかつき」と、小型ソーラー電力セイル実証機「イカロス」が12日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の相模原キャンパス(神奈川県)で報道陣に公開された。両機は5月18日、鹿児島県の種子島宇宙センターから、主力ロケット「H2A」で打ち上げられる。

 あかつきは金星の大気観測が目的で、さまざまな波長の光を5機のカメラでとらえる。今年末に金星から300~8万キロの軌道に入り、2年以上撮影する予定だ。

 イカロスは、太陽光圧を14メートル四方の極薄の膜「ソーラーセイル」で受けて進む宇宙版ヨットで、成功すれば世界初の航行になる。木星など遠い惑星の探査に応用できるのかも探る。

 セイルは現在、円筒形の機体に折り畳まれているが、打ち上げ後に遠心力を利用しながら広がる。【奥野敦史】

【関連ニュース】
五輪リュージュ:JAXA開発の新型ソリ、効果実証されず
守ろう JAXAとユネスコ協力
金星探査機:「あかつき」5月18日打ち上げ
講演:JAXA教授、あす豊田・足助高で 生徒の写真、金星探査機に /愛知
的川博士の銀河教室:073 宇宙メッセージ・キャンペーン

喜多方ラーメン 商標登録ダメ 店主らが知財高裁に提訴(毎日新聞)
菅野美穂、「坂の上の雲」への思い語る 松山でトークショー (産経新聞)
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識(医療介護CBニュース)
仏像展示中止、新潟市長が文化庁に再考求める(読売新聞)
札幌の老人介護施設で火災、9人死傷(産経新聞)
AD