大阪、兵庫両府県で事務所荒らしなどを繰り返したとして、大阪府警捜査3課は15日、窃盗などの疑いで、いずれもシャッター修理業、藤巻昇(40)=窃盗罪などで公判中、大阪府茨木市=と、弟の橋本太(36)=同、神戸市中央区=の両被告を逮捕、最終送検したと発表した。43件の犯行を裏付け、被害総額は約1400万円にのぼるという。

 逮捕・送検容疑は、平成21年7月31日未明、兵庫県尼崎市の会社事務所に侵入し、現金約4万円を盗むなど、18年5月~21年8月、建設会社や酒屋などの事務所荒らしや金庫破りを繰り返したなどとしている。

 府警によると、2人はシャッターの修理技術を悪用し、会社事務所のシャッターをバールで巧みにこじ開け侵入したケースもあり、「実際にシャッターを修理した事務所に窃盗に入ったこともある」と供述。怪しまれないように現場には作業服で行き、家族にも「仕事に行ってくる」と説明していたという。

【関連記事】
逃走中3人ひき逃げ死、同乗ブラジル人初公判 車窃盗未遂認める
職場金庫から200万円盗む JA職員逮捕、群馬県警
窃盗容疑で20歳の陸士逮捕 ネットカフェで財布
大阪でまた「カラカラ盗」 下車確認中にベンツ被害
沖縄で外国人が釣り銭盗む 基地内へ逃走、軍関係者か

<トキ襲撃>犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡(毎日新聞)
65歳以上、過去最高の22.7%(医療介護CBニュース)
寛仁親王殿下が5月にトルコへ(産経新聞)
虚偽の人事情報で百万円受領、厚労省室長を懲戒処分に(医療介護CBニュース)
築地市場の現在地再整備を検討、都が新組織(読売新聞)
AD