鳩山由紀夫首相は29日午前の閣議後の閣僚懇談会で、省庁幹部人事の一元管理を目的とした内閣人事局を設置する国家公務員法改正案について、「適材適所の人事を柔軟に行うため、事務次官級から局長級への異動を可能とする」と述べ、省庁幹部の事実上の「降格」人事を可能とする同法改正案を今国会に提出する考えを示した。

【関連記事】
公務員のリコールなど、資格制限を明確化 総務省
自衛隊派遣に備え、政府調査チームがハイチ到着
亀井節炸裂「うるさいから言った」 予算委紛糾について
「ブログ市長を監視」団体、初会合に市議15人参加
2次補正予算成立も 専門家「景気浮揚効果薄い」

「背中を刺された。苦しい」事件直後に電話するも…続く惨劇の説明(産経新聞)
鳥もブルッ、う~寒い 断崖でウミウが越冬(産経新聞)
居酒屋に車突っ込み4人けが、1人心肺停止(産経新聞)
上田容疑者、交際相手10人から借金重ね1000万円(スポーツ報知)
【いま、語る関西人国記】梅南鋼材社長 堂上勝己さん(57)(2)(産経新聞)
AD