1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-27 08:22:05

串焼亭ねぎ

テーマ:埼玉県(北与野)

7月25日の事です。




この日は通し勤務で19時上がりでした。

お昼ぐらいに、同僚さんから串焼亭ねぎに行こうと誘われましたなぁ。

そんな同僚さんが数名に声かけつつ、予約をしておくねと。

ただ、ネットで調べても電話番号がわからないと言われました。

ということで、わがブログを見てみたら、前回行ったときにレシートもらってお店情報書いていたのです。

自分のブログが役立つとは思わなかったけど、ちょっとうれしかったです。

ということで、19時半頃4名で向かうと、1階のテーブル席を案内されました。

が、思ったより狭いねと。

話していたら、店員さんがよかったら小上がりどうぞと、1階に1卓だけある6人掛け小上がり卓をね。

そちらは広くて個室的で快適なのでした。




外観は過去記事を参照ください。   ⇒こちら




ねぎ1

酎ハイ(290円)




まずは各自好きな飲み物頼んで、お疲れさま~と乾杯しました。

わが体調がこのところよくありませんが、酎ハイはスイスイ入っていきます。

ここでは5杯飲みましたなぁ。




そんなお酒到着とともに、おつまみもオーダーしました。

串焼きは2種、食べたい人は挙手で乗っかる感じで、あとは各自食べたいものをテキトーにね。




ねぎ2

ホタルイカ沖漬け(450円)




頼んだ中ではまずこちらが、それほど待つこともなく供されました。

口に含むと生生しいイカの食感がよく、沖漬けの濃厚な味わいがフワッと広がりました。

ツルンとして、なんだか口の中でイカが泳いでるようでもありましたなぁ。




ねぎ3

厚焼き玉子(300円)




続いて厚焼き玉子が供されました。俺が食べたくて頼んだのでした。

なんというかお寿司屋さんの玉子焼きといった感じで、ふんわりして甘めの玉子焼きでした。

甘めなので、お醤油垂らした大根おろしがよくあってましたなぁ。




ねぎ4

豪族焼(2本300円)



ねぎ5

ねぎ玉(2本280円)




頼んでいた串焼きも焼き上がって参りました。

あわせて、同僚さんオーダーのうずら卵揚げ(2本250円)、ねぎサラダ(400円)も来てました。

一気にテーブルの上がにぎやかになりました。

豪族焼きは串焼亭ねぎに行ったことのある同僚さんが「確かお餅の串が・・・」と言うのでね。

ねぎ玉は俺が食べたかったので、こんな2串となりました。




では、さっそく。パクリ。




まずは豪族焼を齧りました。

周りカリッと中はもっちりとした、まさしく焼いたお餅の食感そのものでしたなぁ。

甘辛いタレが濃厚に絡んでいて、そんなお餅がしっとりしてました。

タレが濃厚すぎるぐらい絡んでいて、味濃いね~!と同僚さんと話してました。

合間に豚肉も挟んであるはずで、そんなお肉の脂の旨味のようなものは感じました。

が、お餅の食感が強烈なので、全部お餅?お肉はどこ?って思ったのでした。

味が濃すぎたせいか、減塩生活な同僚さんは無理ということで、一口食べてわがお皿にきました。

続いてねぎ玉を齧りました。

こちらはねぎを練り込んだ鶏肉のつくねで、齧るとホロホロと崩れていきました。

ねぎの香味もほんのりあって、細かくコリッとした軟骨の食感がよいアクセントになってました。

味は素焼きに近い感じですが、そのままでも素材の優しい旨味で十分でしたなぁ。

味噌が用意されてるので、ちょこっとだけつけてもまたよかったです。

熱々のうちに食べたのは俺だけで、早く食べたほうが旨いと思うよと、同僚さんに促しました。

こちらは食べた同僚さんみんな気に入ったのでした。

ねぎ玉はおそらく次回もマストだと思います~。




ねぎ6

馬刺し(500円)




続いておすすめから選んだ馬刺しが供されました。

きれいな赤身のお肉で、生姜醤油でいただきました。

臭みもくせもまったくなくあっさりといけましたが、個人的には九州の甘い醤油で食べたかったなぁ。

添えられたオニオンスライスは俺がすべていただきました。




ねぎ7

おくら天(300円)




おすすめにあったおくら天が、同時に頼んでいたねぎ天とともに揚がって参りました。
おくら天とねぎ天と、別々につけ汁を用意してくれました。

サクッと揚がったおくら天は、噛むたびにおくら特有の粘りが出てきました。

つけ汁は麺つゆだと思いますが、ねぎ天はあっさり目、おくら天はだいぶ濃いめで味が違いましたなぁ。




ねぎ8

ねぎぬた(250円)




スピードメニューのねぎぬたは、追加で頼むと待つことなくすぐ供されました。

サッと茹でたねぎに甘酸っぱい酢味噌がかかっていて、ねぎはひんやり冷えてました。

シャキッとした食感も残っていて、甘酸っぱい酢味噌がよくあって、フルーティーだなぁとね。

箸休め的ないいアテになったのでした。




ねぎ9

焼きビーフン(400円)




〆の一品に頼んだこちらも供されました。

あっさり目な塩味で、しっかりしたコシあるビーフンの食感がよかったです。

同僚さんにも好評でしたなぁ。






と、〆の一品つまんでからも、閉店時間近くまで呑んでしゃべってお会計しました。

22時半だかラストオーダーできましたが、その頃にもお店に入ってくる方もいました。

ちょうど入り口が見える位置にいましたが、終始お客さんが出入りしてました。

店内は昭和歌謡がBGMで流れていて、同僚さん数人にはドストライクでね。

カラオケ行こうだのという話になったのでしたなぁ。

ねぎ料理充実してて、串焼き・串揚げもウマーし、リーズナブルなのがまた酔いですなぁ。

同僚さんは電話帳に登録したし、今後行く機会も増えそうです。

また行きます~。






【お店情報】


過去記事を参照ください。     ⇒こちら






14000本まで・・・

729本

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-07-21 17:38:21

筑前屋

テーマ:埼玉県(大宮)

7月19日の事です。




この日は通し勤務で、激しく忙しかったのですが、そんなお仕事終わる頃、同僚さんが飲もうとね。

何人か誘ったようですが、結局2人となって、どこにするかとね。

そういえば出来てから行ってなくて、気になるお店があったなと、大宮にまっすぐ降り立ちました。

東口、かしら屋の先、柳華の手前あたりにできた筑前屋に入ってみることにしました。

入り口から店内の空き具合も見えたので、迷わず入ることにしました。




筑前屋1

本物のやきとん、ということでやきとんが売りなんですなぁ。




店内写真撮ってませんが、入って奥の厨房に沿って横一線のカウンター席が6席。

あとは2~4人がけのテーブル卓が並んでました。

店内にはメニューの短冊も多数貼られていて、有線からはやや懐かしいJ-POPが流れてました。

もっとも元気で威勢のいい店員さんの声で、そんな有線はよく聴こえなかったですが。

2階もあり、終盤は2階に案内されるお客さんも居ました。




筑前屋2


筑前屋3


筑前屋4


筑前屋5

メニューです。

店内見渡す限り、おすすめボードは見当たらなかったです。




筑前屋6

ホッピー(430円)




まずは毎度の白ホッピーでお疲れさま~と乾杯しました。

疲れた体にアルコールが浸みわたりましたなぁ。

このあとナカ(180円)3回お代わりして呑みきりました。

ちなみにお通しはなかったです。




さっそく注文です。

串焼きは1本単位でいけましたが、3種を2本ずつ頼んでみました。

やきとんはタレ・塩で選んで食べる部位、みそだれで食べる部位とありました。

あとはおすすめやサラダを頼んでみました。




筑前屋7

自家製燻製盛り合わせ(380円)




頼んだ中ではまずこちらがサッと供されました。

ささみ、うずら、チーズ、ウインナーですとしっかり説明もして供してくれました。

この中ではささみが一番燻した香りを感じましたが、齧ると水分奪われる感じでしたなぁ。

うずらはイマイチ味がせず、チーズとウインナーは素材そのものの塩気があり、ちょうどよい味でした。




筑前屋8

炙りとろしめ鯖(480円)




続いて同僚さんが頼んだ炙りとろしめ鯖が出て参りました。

写真撮るのに角度変えようと、お皿を持ったら熱くてびっくりしましたなぁ。炙ってるもんねぇ。。。

身が厚く柔らかで、炙った香りもよく脂ノリノリ。

ボリュームもあったので、最後までもったアテになりましたなぁ。




筑前屋9

博多豆腐シーザーサラダ(480円)




続いて同僚さんオーダーのサラダが、とんでもない大皿でドカッとやってきました。

「多い!」と、同僚さんが驚いていうと「うちは量が多いんですよ~」と店員さんが笑ってました。

宴会料理が出てきたかと思うサイズで、4人ぐらいでちょうどよいような?

明太マヨとチーズの味わいで、さっぱりといけましたが、これも最後の方までありましたなぁ。




筑前屋10

シロコロホルモン(各180円)



筑前屋11

トロタン(各180円)



筑前屋12

ハラミ(各150円)




サラダとほぼ同タイミングで、串焼き3種も焼き上がって参りました。

備長炭焼と書かれてますなぁ。

シロコロホルモンは山椒タレ、トロタンは店員さんのお任せで塩、ハラミはみそだれで頼みました。

サイズはドカッと大串サイズといえるかな~。




では、さっそく。パクリ。




まずは味噌だれのハラミを齧りました。

お肉はしっかりとした焼き加減で、弾力ある肉肉しい噛み応えがありました。

噛むとジワジワと肉汁がにじみ出てきましたなぁ。

もう少し若焼きだとお肉もしっとりとして、個人的にはそっちの方が好みかな。

味噌だれは胡麻も入って甘辛く、ハラミともよくあってました。

続いてトロタンを齧りました。

こちらもしっかり火は入っていて、タンらしい弾力も感じるのですが、すごく柔らかくも感じました。

スッと噛みきれて、肉汁もジワ~っとにじみ出てきました。

塩加減もちょうどよく、粗挽き黒コショウのスパイス感も気持ちよかったです。

最後はシロコロホルモンを齧りました。

表面ほんのりカリッとした焼き上がりで、全体はクニュクニュとして柔らかな噛み応えでした。

噛むたびに脂の旨味もジワジワ広がって、甘辛いタレの味と混ざり合っていきました。

臭みも感じず、山椒のさわやかな香りがフワッと心地よい一串でした。

3本食べたら、わがお腹はあっという間に埋まってしまったのでした。




で、もう一品となって、サラダのボリュームの多さに俺はやや引いてました。

他のテーブルの方が頼んだポテトサラダ(380円)も山になって大皿。。。

炒飯も美味しそうでしたが、同僚さんもこれは食えないとね。。。

それでも俺は絶対食べないよ、手伝わないよといったものも、同僚さんは頼んでしまいましたなぁ。。。




で・・・




筑前屋13

ポテトフライ(280円)




俺は食べないといったポテトフライがドカッとやってきました。

ノーマルサイズでもすごいボリュームで、100円高いバカ盛りはどんな量なんだろう。。。

同僚さんも頑張って食べてましたが、半分も食えなかったですなぁ。

俺は体調的に揚げ物がどうにも受け付けず、1本も食べませんでした。。。




そんなポテトフライを同僚さんが食べてる間、俺は厨房の様子を眺めてました。

たぶん同僚さんが頼んだであろうものが、何やら危険なサイズで出来上がっていくのが見えてました。




そして・・・




筑前屋14

とろ玉納豆焼(380円)




思った通りの、30㎝以上あるであろう大皿にドカッと、こちらの玉子納豆焼きが出来上がってきました。

玉子何個分なんだろう・・・?

店員さんが「くるっと巻いて食べてください」というので・・・




筑前屋15

巻いた図




とりあえず「こんな感じ?」と、同僚さんが巻いてましたなぁ。

ふわとろな玉子はダシも効いてよい味で、やっぱりデカいなぁとね。

納豆好きな同僚さんが納豆多めにつまんでましたな。

俺も玉子も納豆も大好きなので、こちらはしっかり完食しました。




最後の〆の1杯に・・・




筑前屋16

ガリガリラムネ(480円)




ガリガリ君のソーダ味が1本ドカッと刺さったラムネサワーをいただきましたなぁ。

当たればもちろんもう1杯でございます。

ガリガリ君のキンキン具合に、頭もキーンと痛みましたが、目が覚めましたな。

今度は最初からガリガリラムネオンリーで飲んで、当ててみたいと思います♪






気づくと22時半も過ぎていて、お腹もいっぱいお会計となったのでした。

お店は店員さんの威勢がよくて、おしぼりも何度となく新しいものを持ってきてくれました。

本物のやきとんも食べ応えあって満足できました。

料理のボリュームが総じて多いので、今度は人数揃えていこうと同僚さんと話しましたなぁ。

お店は関東近郊に多数あって、先日我孫子に行ったときにもあるなと思ってたのでした。

手掛けてる会社は、沖縄料理・肉料理・鮪料理・ラーメン屋などもやられてるようです。

大宮店に関しては、入り口に「大宮ナポリタン加盟店」のポップも貼られてました。

ナポリタンで〆たかったのですが、こちらも次回の課題です。

次はいつ行こうかな~。






【お店情報】


住所:さいたま市大宮区宮町1-95   TEL:048-778-7896


⇒地図はこちら



営業時間:17:00~24:00   無休



⇒手掛ける会社のHPはこちら






14000本まで・・・

731本

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-18 16:46:04

鍛冶屋文蔵

テーマ:埼玉県(与野)

7月16日の事です。




この日は与野駅西口で夏祭りがありました。そんな時期ですなぁ。

ぷらっと眺めて帰ろうかなと思っていたら、ちょうど毎度の同僚さんもそんな気分だったようでね。

計3人で帰りつつ、そんなお祭りの様子を眺めたのでした。まぁ10分足らずでしたが。

その後は当たり前のように、飲んで帰りましょうとね。

久しぶりってこともあって、鍛冶屋文蔵に入ってみることにしました。

もういつからだったかわからないけど、入り口近辺は相変わらずの水浸し。

店内にもその影響がでてましたなぁ。

お祭りだし混んでるかと思いきや、わりと空いてました。




外観・店内写真はチェーン店なので割愛です。




鍛冶屋文蔵1

グランドメニューです。

基本変わらずですが、行かないうちにちょこちょこと変化も。




鍛冶屋文蔵2

季節のおすすめメニューはピンボケ。。。




鍛冶屋文蔵3

ホッピー(399円)




毎度のホッピーセットを頼んで、お疲れさま~と乾杯しました。

クイクイ呑めてしまいますなぁ。

このあと、安定のナカ(194円)3回お代わりしたあとチューハイに移行。

そして・・・




お通し(270円)の写真も忘れましたが、ピリ辛な味付けの柔らか鶏団子の煮物でした。

鶏団子4個ほど入ってたし、味もよくて気に入りました。

そんなお通しつまみつつも、じゃあ注文しましょうとね。

串焼きは毎度のように、誰か食べたいものを言って挙手で乗っかる感じでね。

あとは気になるつまみを頼んでいきました。




鍛冶屋文蔵4

うずら卵のたまり醤油漬け(330円)




頼んだ中ではまずこちらがサッと供されました。

しっかりと醤油色に染まっていて、味も濃い目な醤油味でした。

甘みのある醤油味・・・と思ってたべたら、意外とストレートに塩辛い醤油味でしたなぁ。

お酒は進むものの、ちょっと濃すぎてみんな遠慮がちになりましたなぁ。。。




鍛冶屋文蔵5

豚トロと夏野菜のカレー炒め(580円)




続いて、季節のおすすめにあって、俺が気になって頼んだこちらが供されました。

豚肉と夏野菜が炒めてあって、脂の乗ったお肉もよければ、野菜のシャキシャキ感と甘味もよし。

しっかりカレーの香りもして、みんな気に入ったのでした。

なんだかニンニクの香りもする気がして、よく見たらニンニクの芽でしたなぁ。




鍛冶屋文蔵6

蒸し鶏と春雨の中華和え(330円)




毎度の生キャベツ味噌(380円)も来て、パリパリつまんでいるうちに到着しました。

春雨が太く存在感あって、中華ドレッシング的な酸味ある味が春雨にも蒸し鶏にもあってました。

個人的にはちょうどよい味の濃さでしたが、同僚さんは塩辛いと言ってましたなぁ。




鍛冶屋文蔵7

豚カシラねぎ間串(各130円)



鍛冶屋文蔵8

ささみ柚子胡椒串(190円)




串焼きも続々と焼き上がって参りました。

俺はカシラに乗っかって、ささみ柚子胡椒串を一人頼んでみました。

同僚さんたちは鶏ハツ串(160円)と、おすすめにあった牛カルビねぎ間串(2本390円)も頼んでました。

サイズはしっかりしてます。




では、さっそく。パクリ。




まずは一人で頼んだささみ柚子胡椒串を齧りました。

お肉は中までしっかり火が入っていて、噛むと繊維状に裂けていきました。

お肉そのものは脂もなく、すごいさっぱりとした味わいですなぁ。

柚子胡椒がしっかり効いていて、柚子の香りフワッと、胡椒の辛味と柚子の酸味はわりとガツンとね。

個人的には半生の若焼きぐらいが好みですが、チェーンでは供するのが難しい気もしますなぁ。

続いて豚カシラねぎ間串を齧りました。

こちらは齧ろうと鼻先に持ってきたときに、豚らしい獣臭がフワッとね。

同僚さんたちにそのことを告げましたが、嗅いでみた同僚さんはそうでもないと感じたようです。

俺は獣臭嫌いじゃないです。豚らしいな~と逆にテンションあがりましたなぁ。

お肉はしっとりと焼き上がっていて、肉肉しい噛み応えともっちりしたコラーゲン的な質感がありました。

塩加減はちょうどよく、お肉の旨味を引き立ててました。

合間のネギはシャキッとした食感も残りつつ、焼けてしっかり甘味も出ていました。

俺は2本サッと完食しました。

同僚さんが齧っていた鶏ハツも一切れいただきましたが、ちょうどいい焼き加減で脂もしっかりね。

何度かここで焼きすぎ感ある鶏ハツ串を齧りましたが、この日は問題なくウマーでしたなぁ。




で、この他ぶっかきマグロの中落ち(580円)・ポテトフライ(380円)・長芋のたたき(330円)をつまんで・・・




鍛冶屋文蔵9

ちゃんぽん麺のナポリタン(480円)




〆の一品?として、こちらのナポリタンは外せないねと頼んだのでした。

もっちりしたちゃんぽん麺が、しっかりナポリタンな味で仕上がっていて、期待通りの味でした。

これは次回も頼んでしまうかもです。




と、俺はここで〆ぐらいの勢いでしたが、まだ呑んで食べるようでしたな。

このあともチューハイを飲んだり、冷やしトマトをつまんだりしていたようですが・・・




鍛冶屋文蔵10

記憶なし。。。






気づいた時にはこんな記念撮影モードに入っていたようです。

なんの記憶もないのですが、こんな写真が5~6枚ほど。。。

気づいた時には、森の駅七光台で終電を迎え、おかんタクシーで帰宅していたのでした。。。

久しぶりの鍛冶屋文蔵は、ナポリタンもメニューに加わってウマーだったのがよかったです。

ピザを食べたいとも思ってたのですが、ナポリタンでしっかりお腹が埋まっちゃいました。

店内の貼り紙を見たら、8/1からの1ヵ月間で、排水工事をするためお休みに入るようです。

ようやく?といった感もありますが、与野において重宝するお店なので、完璧になって復活願いたいな。

復活したらまた寄ります~。






【お店情報】


過去記事を参照ください。    ⇒こちら







14000本まで・・・

734本

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-18 14:09:23

鶏ももチーズ焼き、つくね

テーマ:自作して食べる

7月14日の事です。




この日はお休みで、最近夏バテで体力もなければ食欲もないし、元気になるぞと。

肉を喰らってやることにしました。

そんな覚悟を決めて、14時過ぎにはお買い物に行ってお肉をガツンと買ってきました。

帰宅して、さっそくそんなお肉で仕込みましたなぁ。

仕込んだだけで、なんだか満足してお腹一杯になりかけましたが。。。




で、19時近くになってからだったか、晩酌を開始しました。




まずは・・・




7/14-1

豚ひき肉のオムレツ チェダーチーズ乗せ




豚ひき肉100gちょいだったか、一番少ないものを買って、刻んだ玉ねぎとともに甘辛く炒めました。

玉子2個でとじるというか混ぜ合わせて焼いて、最後にチーズのせてバーナーで炙りました。

冷蔵庫で冷しておいたので冷たいオムレツですが、下味しっかりついててウマーこと出来ました。




これ食べたらお腹一杯になりました・・・が・・・




7/14-2

豚しゃぶ




豚こま肉をさっとゆでて、白髪ねぎとともに胡麻ドレッシングで和えました。

これも冷蔵庫で十分に冷やしておきました。

ゴマドレが少し味気ない感じでしたが、肉肉しいなぁと思いつつ、意地で食べきりました。




さらに・・・




7/14-3

ささみ 梅かつお和え




ささみ3本をサッとゆでて、白だし・練り梅・鰹節で和えましたなぁ。

半生仕上げでさっぱりと、お酒のいいつまみにもなりました・・・が、お腹いっぱい。。。

それでも意地で食べていきましたな。




で、肝心の・・・




7/14-4

もも、つくね




焼き鳥も仕込んでいたのです。

さらには、そんな焼き鳥を置くのにちょうどよいであろう長皿も、見つけて買っておいたのです。

これを焼くべきか、今日はやめておいて明日に持ち越しか、しばし悩みました。

お腹一杯だったのでね。。。




しばし悩んで、悩み抜いた末・・・




7/14-5

焼き焼きはじめましたの図




焼いちゃうことにしましたなぁ。

迷った末に、21時過ぎあたりから焼き出しましたなぁ。

まだ、ささみも豚しゃぶも残ってもいたんだけどね。。。




7/14-6

焼けてきた図




しかし暑いなぁとね。

この日は外は局地的豪雨だったりで、窓は閉めきっておりました。

電気代考えたらな~と、エアコンは切っていたし、早く焼けてほしいなと。

とはいえ焦らず、じっくり焼きたいなぁとね。




全体に火が入ったところで、つくねはわがタレに絡めて二度焼き。

さらには再度絡めて三度焼き。

最後にタレにくぐらせて完成~。

もも串にはさらに細工です。

刻んだ玉ねぎ・バジルをケチャップで和えたものを乗せて、さらにはチーズをのせてバーナーで炙って・・・




7/14-7

鶏ももチーズ焼き、つくね




はい、完成~音譜

鶏ももチーズ焼きは、もちろん串焼としの真似っこでございます。

バーナー買ってから、いつか作ってみたいと思っていたのです。

サイズはどれもドカッと大きく仕上がりましたな。




では、さっそく。パクリ。




まずは鶏ももチーズ焼きを齧りました。

お肉はしっとりと柔らかく焼き上がってました。

バジルの香りがフワッと香って、チーズのコクある旨味もお肉にしっかり加わってました。

玉ねぎのシャキッとした食感もいいアクセントで、串焼としの鶏ももチーズ焼きにも近いかなとね。

ただ、ほんの少し塩気が足りないかなというか、下味に塩を振っておいてもよかったかなと。

今度は作るときは下味つけてみようと思ったのでした。

続いてつくねを齧りました。

レンジで解凍したチキンボールを刺して焼いたのですが、すごい柔らかな仕上がりでした。

タレがしっかり浸透したのか、なんだか焼いたというより煮て膨張したときの食感に近いかなとね。

タレの味もしっかり浸みていたし、ひとまず食べてホッとしたのでした。

とりあえず1本ずつ食べて、串を持つ手が止まりました。。。満腹すぎる。。。

少し休憩しつつ、2本目にとりかかったときには冷めてましたなぁ。

なんとか23時ごろ完食いたしました。。。冷めてもウマーだったけどね~。






と、こんな感じで肉を喰らった夜でした。

焼き焼きも久しぶりだったし、わがタレ使ったのも久しぶりになっちゃいました。

後片付けした後の部屋の匂いが、お肉焼いた独特のにおいに変わってましたな。

次の日の夜には消えてましたが。

鶏ももチーズ焼き、いい感じに仕上がったし、バーナー使うのも楽しかったです。

また作ってみたいと思います~。

わがタレもどんどん使わねばだし、また焼かないとですなぁ。

ちなみに、お肉ガツンと喰らったせいか、次の日はだいぶ元気になりました♪






14000本まで・・・

736本


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-18 13:29:08

焼き鳥を食べたお店の一覧(大宮・その2)

テーマ:訪問店一覧

ちょいと多すぎて、文字数制限に引っかかってしまいました。

ということで、ちょっとずつこちらにも移動させていきますかな。




・立ち飲み日高(大宮)1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。