1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-26 14:23:27

ヤマザキ・グルメボックス・軟骨入り鶏つくね

テーマ:雑記

今日はお休みで、今のところのんびりしております。

ちょいと小腹も空いてきたし、前日買ってあったものがあるし、お昼に食べるかと。

食べることにしたのが、ヤマザキグルメボックス・軟骨入り鶏つくねでした。




6/26-1

グルメボックス・軟骨入り鶏つくね(値段失念)




これはいつだったか、会社のお昼休みにも見つけてて、食べねばと思ってはいたのです。

が、食べようと買いに行った日が雨だったりで、食べる場所ないしやめとくかと。

まぁ持って帰るという選択肢もあったんだけどね。

昨日はドン・キホーテでちょこっと買い物してて、ついでにと買っていたのです。




6/26-2

売りの一文




こりこりとした軟骨が入った国産鶏肉の鶏つくね、焼き鳥のたれ

こんな単語をみただけでも焼き鳥系だなとね。




6/26-3

栄養成分表示




写真少ないので、こんなところも撮ってましたな。

211kcalってことで、おにぎり1個分とほぼ変わらない感じです。




6/26-4

ついでに原材料表示




しっかり焼き鳥のたれとありますなぁ。

とりつくねそのものの材料については書いてないのですなぁ。




では、開封してみましょう。




6/26-5

開封した図




見た感じ、四角い中華まんのようです。

フワッと香った匂いも、やっぱり中華まんに近い気がしました。

もちろんフワフワな触り心地もね。




では、さっそく。パクリ。




温めたほうが美味しいようですが、まぁそのまま齧ることにしました。

一口齧ると、パン?の部分はやはり見た目どおり中華まんと同じ味・食感でした。

特別味がするわけでもないので、俺はこのパンの部分が中華まんも含めてイマイチ好きでないです。

食べ進めているうちに・・・




6/26-6

鶏つくね登場の図




パッケージの写真を見て、勝手にそぼろなんじゃないかと思ってましたが、しっかり固形でした。

そんなつくねを齧ってみると、チキンハンバーグだな~とね。

卵黄ソースのコクと味はよくわかりましたが、焼き鳥のたれの味はやや弱いかな。

甘辛い醤油ベースのたれと卵黄で、なんというか照焼きっぽいかな~。

軟骨入りという部分、何も考えずに食べてましたが、コリコリっとした軟骨らしさはわかりませんでした。

フワフワのパンの部分が、やや感覚を鈍らせてたかもですが。

思った以上にあっさりと軽くいけましたなぁ。

ウマーだったしよかったですが、焼き鳥感はやや弱いかなと思いました。






と、こんな感じでランチを楽しんだのでした。
軽めのランチとしては、ちょうどいいぐらいの一品でした。

もうちょいタレの味がガツンとくるとよかったかな~。

温めたらまた印象変わるかもだし、今度見つけたら温めてみますかな。

また買ってしまうかもです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-26 11:26:08

テング酒場

テーマ:埼玉県(大宮)

6月22日の事です。




この日は通し勤務で19時過ぎに仕事が終わりました。

そんな仕事が終わる直前ぐらいだったか、遅番同僚さんが飲みに行きたいとね。

どこにしようか考えていたら、最近テング酒場行ってなかったなと。

大宮に着いて19時40分過ぎぐらいに入ってみると、店内混み混みでした。

カウンター席でいいですか?とのことで、大丈夫ですと座りました。




外観・店内写真は過去記事を参照ください。   ⇒こちら




テング酒場1

旬とおすすめメニューだけ撮りました。




テング酒場2

阿波のしずくハイボール(280円)




まずは毎度の阿波のしずくハイボールでお疲れさま~と乾杯しました。

麦の香りがフワッと心地よいですなぁ。

ここでは4杯いただきました。




同僚さんがトイレに行ってる間に、さっそく注文しました。

店内すごい賑やかで、真裏には声の高い女性グループもいて、わが声が通りにくくて仕方なかったです。

なんとか頼んでみたものの、店員さんにうまく伝わっておらず、確認のときに違うものをいってましたな。

それでも確認してくれたので、訂正できたのはよかったでございます。




テング酒場3

ポテトサラダ(280円)




頼んだ中ではまずポテトサラダが供されました。

酸味は少なく、玉子の効いたまろやかな味で、個人的に好みです。

量もそこそこあるのがうれしいですなぁ。




テング酒場4

チーズピザ(290円)




続いてチーズピザが焼き上がって参りました。

お店で生地を伸ばして焼き上げていて、生地はもっちりしてチーズもしっかり効いてます。

お手軽値段でつまめるのがありがたい一枚です。




ピザは焼くのに時間がかかるのですが、そういえばセロリ漬け(290円)が来ないね?とね。

確認してみたら、どうやらオーダーもれだったようです。

確認してくれたときに俺も気づかなかったのがいけないですな。




そんなセロリ漬けもサッと出てきて、つまんでいるうちに・・・




テング酒場5

鶏レバー(各80円)




テング酒場6

鶏つくね玉落ち(200円)、鶏つくね(150円)




頼んでいた串焼き2種も焼き上がって、焼き場の方が直接供してくれました。

最初、玉落ちだけで1本、鶏つくねとレバー2本が同じ皿に乗ってましたなぁ。

黄身は一つあれば十分という判断で、玉落ちとつくねのみを頼みましたが、意図は伝わらなかったかも。

どう食べたいかは人それぞれなので、間違いでもないけどね~。




では、さっそく。パクリ。




まずは鶏レバーを齧りました。

口に含むと炭火とタレの香ばしい香りがフワッと広がりました。

レバーは表面ほんのりカリッとした部分もあり、中までしっかり火が入ってました。

個人的にはもう少し若焼きでもよかった気もしますが、パサつくこともなくしっとりした質感でした。

甘辛いタレもしっかり効いていて、噛むたびにレバーの旨味によく混ざり合ってました。

食べ進めた最後、一番串の根元には、ハツが一切れ刺さってるのもいいですなぁ。

プリッとした違う食感で終われてよかったです。

続いて鶏つくねを、まずは黄身を絡めずそのまま齧りました。

繋ぎはしっかりしたつくねで、串代わりの割りばしにしっかりお肉がついてました。

あっさりと脂も乗っていて、タレもしっかり効いていて、黄身がなくとも十分な味わいです。

プチッと黄身を割って絡めると、黄身のまろやかで滋養ある旨味が加わって、倍の旨さになりました。

ただ、毎度思うのですが、このお皿がちょこっとだけ深みのあるお皿でね。

串に着いたままのつくねは、そのままではどうにも黄身を絡めにくいのです。

黄身を絡めたいものの、串が邪魔になって黄身に到達しないのです。

先端の部分ならまだしも、根元の部分はどうにもそのままではつかないのです。

なんかそれが惜しいなと同僚さんと話していると、同僚さんがなんだか童話を思い出したとね。

内容の話を聞いて、なんだかそんな話あったね~と。

その話は、イソップ童話の「つるときつねのごちそう」でしたなぁ。

うまく食べられないって部分だけですが、確かにね~と思ったり。。。

味はすごい良いだけに、そこがちょっと残念かな~と思いつつ、サッと完食したのでした。




テング酒場7

手作りシューマイ(1個130円)




続いてシューマイも蒸し上がって参りました。

1個が大きく、肉肉しくジューシーですごいウマーと思います。

グランドメニューは3個390円と載ってますが、おすすめには1個130円と書かれていました。

オーダー時に店員さんが何個にします?と聞いてくれてたのですが、3個なんだろうと思いきってました。

ということで3個頼みましたが、俺が3個食べたいぐらいにウマーので問題なしでした。

しっかり2個いただきました。

つくねで使い切らなかった黄身を絡めてもまたウマーでした。




ここまでが第一陣オーダーで、もう少し食べて〆ましょうとね・・・




テング酒場8

お新香盛合せ(390円)




同僚さんオーダーのお新香盛合せが先に供されました。

セロリ漬けを食べ終えたところでしたが、また盛合せに入ってきちゃいました。

さっぱりとしてよかったですが、今後はセロリ漬けやめてこちらを最初でもいいかなと思ったのでした。




テング酒場9

ソース焼きそば(360円)




続いて俺オーダーの焼きそばが出来上がって参りました。

俺はたいして何も食べたい気がしなかったのですが、なんとなく誘導されて焼きそば頼んじゃったかな。

ソースはほんのりスパイシーでしたが、オーソドックスなソース焼きそばかなとね。

焼きそば自体はつまみとしてもよいと思うし大好きです。

上の方にデフォルトでマヨネーズ添えてありましたが、個人的には不要でございます。






と、焼きそばも食べ終えて、阿波のしずくハイボールで流したところでお会計しました。

お店は20時半すぎぐらいまでは賑やかでしたが、徐々に落ち着いてきてました。

21時半過ぎにお会計しましたが、その頃にはテーブル席もカウンターもだいぶ空きましたなぁ。

そんな間をみて焼き場の方が串の仕込みをしてる姿も、ぼ~っと見てたのでした。

久しぶりな気もしたテング酒場、どれもウマーしリーズナブルで好きでございます。

串焼きはやっぱり鶏つくね玉落ちは外せないかな~。

今後もちょこちょこ寄ろうと思います。






【お店情報】


過去記事を参照ください。    ⇒こちら






14000本まで・・・

758本

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-22 08:08:41

ささみ炙り串

テーマ:自作して食べる

昨日はお休みで、のんびりブログ書いたりしてました。

前日からのんびりしたいと思っていたし、前日の夜のうちにささみを購入していたのです。

そんなささみを使って、晩はささみ串を食べようかなとね。




夕方になって、晩酌の準備開始。

他のつまみづくりと並行しつつ、3本入っていたささみを切り分けて、3串に刺しました。

お皿に並べて、準備完了でございます。




で、晩酌も開始して、程よく呑み食いして落ち着いたところで・・・




6/21-9

ささみ串




そろそろ焼いていこうかなとね。

今回は・・・




6/21-8

トーチバーナー




こちらのバーナーを使って炙り焼きにしていくことにしました。

焼き台用意してもよかったし、最近入れ替わった家のグリルで焼くのもよいとは思いました。

が、こんなバーナー勢いで買っていたし、これで炙るのもちょっと楽しいのでね。




お盆の中、写真のお皿に乗ったまんま、まずはバーナーでボ~ッと炙っていきました。

すぐに表面は焼けて白く色が変わっていきました。

火力が強いせいか、油断すると表面だけ焦げてしまいます。

火力を調整しつつ、角度を変えて全体に焼き色つくよう炙っていきました。

時には串を持って、根元の部分あたりにも火を加えたりもしました。

串が焼け落ちないよう、気を付けて炙っていきました。




全体に焼き色ついたところで、1本ずつ違う味付けを施して・・・




6/21-10

はい、完成~音譜




左から、ハーブ岩塩、ねり梅、わさび海苔の3串に仕上げました。

ハーブ岩塩は、つい最近会社でもらったので、初めて使ってみましたがハーブの緑がよくわかりますな。

ねり梅は残り少なかったので、ギュッと容器を絞ったら、ちょいと多めにかかってしまいました。

わさびはちょこちょこと適量塗って、刻み海苔を散らしてみました。

程よい焦げ色も確認できますなぁ。




では、さっそく。パクリ。




まずはハーブ岩塩のささみを齧りました。

お肉そのものはほんのりと焦げのよい香りもしつつ、全体はしっとりと柔らかな焼き上がりでした。

中は期待通りレアな感じで、臭みもなくあっさりとした味わいでよかったです。

各種配合されたハーブの香りも複雑にガツンときて、カレーに使うカスリメティが近いように思えました。

塩加減もちょうどよく、これは成功だなと思ったのでした。

続いてねり梅のささみを齧りました。

お肉の焼き加減などは同様ですが、ねり梅の強烈な酸味がガツンと来ました。

人によっては味が濃いと感じるかもですが、個人的には梅大好きなので問題なかったです。

まぁわが唇がやや荒れているので、少し浸みましたな。。。

紫蘇があったら刻んでかけたかったし、お店で供されるときは紫蘇も一緒なのが多いかもですな。

最後はわさび海苔のささみを齧りました。

ツンとしたわさびの刺激、そこに海苔の豊かな香りがフワッとね。

塩をかけたわけでもなく、海苔も単なる焼きのりですが、香りと刺激で十分ウマーでした。

わさびの量も個人的にはちょうどよかったかな。

3本ペロッと、あっという間に食べきったのでした。






と、こんな感じでささみ炙り串を楽しんだ夜でした。

ホントはわがタレも使っていろいろ焼きたい気持ちもありました。

が、いろいろ食べたいものや食べねばなものもあったのでね。

あっさりとしたささみ炙り串ぐらいがボリューム的にちょうどよかったです。

今度はわがタレ使って焼き鳥焼きたいと思います~。







ちなみに、この日もう一つバーナー使ってたのです。







6/21-11

チーズハンバーグ




レトルトのハンバーグを買っていて、ボイルしてお皿に置いた後、チェダーチーズを乗せて炙りました。

こちらも火力調整ミスってやや焦げた部分もできちゃいましたが、お肉にしっかりチーズがつきました。

ものすごいよくあってたし、マーガリン・塩胡椒で炒めたもやしとあわせて、どこかファミレスな味でしたな。







わがタレ味でつくね焼いて、そこにチーズ乗せて炙り・・・それもやってみたいなぁ♪






14000本まで・・・

760本

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-21 16:18:10

いなば・プリッキー とりたれ味

テーマ:缶詰・レトルトパックの焼き鳥

本日お休みで、ちょうど小腹空いてきたかな~とね。

わが部屋にいろいろ食べ物ストックある中から、やきとり系食べますか~と。

食べることにしたのが、いなばプリッキー とりたれ味でございました。




6/21-1

プリッキー(198円)




これは今年1月、会社近くのマミーマートで見つけましたなぁ。

とり塩味 を食べて気に入って、すぐにまた買っていたのです。

そのときに、とりたれ味もあるんだと気づいたのです。

やきとり系になるかな?と思いましたが・・・




6/21-2

品名・鶏つくね(たれ味)だし、




6/21-3

香ばしく焼き上げました。だからやきとり系かな~とね。




6/21-4

あらびき新食感が売りなのですなぁ。




6/21-5

ぷりっと柔らかプリッキー。

声に出して読むと、なんかいいリズムですなぁ。




と、ここまで文章もほぼ変えず、前回の記事とほぼ同じ構図で写真もあえて撮ってみたのでした。

パッケージ的には全体赤っぽいのが塩味、黄色が入るのがたれ味といった違いぐらいかな。




では、開封してみましょう。




上部サイドにある切り口から開けて、ニュッと押し出しました。

手を汚さずに食べられるのも売りですなぁ。




6/21-6

ニュッと出した図




そろそろ同じ文章もやめときますかな。。。

過去記事を見て、実物と見比べてみたのですが、塩味もたれ味も、見た目というか色具合一緒かな。

表面が脂でつやつやしてますなぁ。




では、さっそく。パクリ。




6/21-7

齧った図




塩味を齧った時に思ったことと同様、繋ぎのしっかりしたつくねで、プリッと程よい弾力がありました。

齧るたびにホロホロと粗目に崩れていきました。

塩味と比べて、たれ味のほうが断面はやや茶色がかって見える気もしますが、日当たり具合かな?

前回食べた時に、表面にすごい脂のコクを感じた気がするのですが、今回はそこまで思わずでした。

暑い時期になったので、脂が液体となって袋の下部に落ちたかな~と思ったりね。

そしてチーズのコクと塩気はしっかり感じたのですが、たれの味が今一つわからなかったです。

ほんのりと塩味よりも甘いのかな?といった気もしないでもなかったですが、微妙な感じでね。

ただ、つくねそのものとチーズの味わいがしっかりしてるので、ウマーことは間違いなかったです。

袋の中断にも切り口がありますが、押し出せばいいだけなので、あんまり意味はないかな。

切り分けるとごみも増えちゃうしね~。

そんなことも思いつつ、きっとこれにも意味があるというか、食べやすさに考慮されてるんだろうと、

悶々と考えつつ食べきったのでした。






と、こんな感じでやきとりランチを楽しんだのでした。

なんだか前回食べて、温めてみたいと書いてましたが、もう1本塩味があるので今度こそかな。

場合によっては、チーズをのせて焼くとか、さらに加工してみるのもいいかも。

とりあえず楽しく食べたいねぇ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-21 12:50:50

テイクアウトして食べてみよう(酒蔵・力)

テーマ:埼玉県(大宮)

昨日は遅番で、終わって大宮に着いたのは19時40分過ぎでした。

家に食べねばなものもあり、軽く呑み食いだけして帰るかなと、毎度のなごみで20時過ぎまで。

ちょうどいい時間かもと、店を出てすずらん通りの酒蔵・力へ。

お楽しみに出会えるかな・・・と、店の前に着くと、しっかりパックが並んでました。

ただ、ガラスケースの中で並べてあったので、選ぶに選べず。

とはいえ、一番手前のパックに骨ボールもみえたので、これでいいやと購入しました。

昨日の店員さんは、一度ビニール袋に入れて口をしばって、再度上からビニールをかぶせてくれました。

これで電車内での匂い対策もできました。ナイスジョブでございます♪




あとは電車に忘れていかないよう、しっかり持って帰りましたなぁ。

まぁ昨日は酔うほど飲んでないので大丈夫でしたが。




帰宅して、お皿に並べてレンジアップチン




riki

7本盛合せ(500円)




左から、バラ・とり・つくね・骨ボール・シロ・タン・皮の7本でした。

大好きなバラも入ってたし、つくねと骨ボールの食べ比べもできるし、満足な7本ですなぁ。

それよりも、毎度使ってたお皿が見当たらなかったです。

やきとり7本しっかりのるお皿、ちょいと買ってきます。。。




では、さっそく。パクリ。




右から順に齧っていきました。

皮は表面ほんのりカリッとした焼き上がりで、鶏皮には程よい張りを感じました。

噛むたび脂の旨味がジワジワ広がって、甘辛いタレの味と混ざり合いました。

鶏皮らしいプツプツとした舌触りも楽しんだのでした。

続いてタンを齧りました。

しっかりした厚みがあって、焼けてキュッと締まっていたので串を両手でしっかり押さえました。

強い弾力ある噛み応えで、噛むたび鶏とは違う豚の香りも広がっていきました。

あっさりとした味わいですが、よく噛むので満足感は高い一串だなと思いました。

煮るとものすごく柔らかくもなりますが、串焼きでも柔らかいのは食べたことあったかなぁ・・・?

続いてシロを齧りました。

しっとりとして、クニュクニュですが歯が沈んでいく低反発枕のような噛み応えです。

この食感のシロは、力のテイクアウトならではの噛み応えかもですなぁ。

臭みもまったくなく、噛むたびに表面がボロボロと崩れていくのでした。

続いて毎度のお目当て、骨ボールを齧りました。

しっとり柔らかく、繋ぎは粗目で噛むたびに大きめにホロホロと崩れていきました。

軟骨のコリコリした食感もいいアクセントで、野菜の香味ある香りもフワッと広がりました。

一玉も大きく食べ応えがあって、やはりこれがあるとないとでは、お得感にだいぶ差がある気もします。

続いてつくねを齧りました。

こちらはもっちりとして、繋ぎもしっかりしています。

噛むたび細かめに崩れていって、鶏のあっさりした香りがフワッと広がりました。

骨ボールのあとだと、だいぶあっさり感が際立って感じられますなぁ。

続いてとりを齧りました。

もも肉でしっとりと焼き上がっていて、脂も程よく乗ってますなぁ。

焼きたてより硬いのは否めないものの、焼き鳥食べてる感は一番感じる一串でした。

最後はバラを齧りました。

サクッとした噛み応えで、噛むたびコクある豚の脂の旨味が広がりました。

脂好きにはたまらん一串だし、昨日は体もしっかり脂を受け止めてくれました。

そんな脂の旨味の余韻を残しつつ、7本しっかり完食いたしました。






と、遅番上がりのお楽しみを楽しんだ夜でした。

このあともちろんお皿を洗ったのですが、タレはわりと脂っこいんだなぁとね。

お肉の脂の旨味もしっかり含まれてるんだろうなぁ。

わがタレもまた使わねば・・・。

次こそトロかしらネギ間、入ってるといいなぁ。

今度買うのは、来月かなぁ・・・?






14000本まで・・・

763本

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。