中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、これまで袋に農薬混入の際の穴がないとされていた千葉市と千葉県市川市での2事件の袋に、実際はそれぞれ微小な穴が開いていたとする鑑定結果を14日、千葉県警が発表した。中国の警察当局は3月末、注射針を使って農薬を注入したとして、「天洋食品」(中国河北省)の元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)を拘束しているが、鑑定結果は呂容疑者の供述を裏付ける形となった。

 袋の鑑定は、事件発生直後の平成20年1月下旬、千葉県警の科学捜査研究所(科捜研)が実施。ルーペを使った目視での鑑定や、水漏れ検査などを行ったが、穴の存在は確認されていなかった。

 今回の鑑定は、先月21、22の両日に日中の警察当局による情報交換会議が開催された後、千葉県警が警察庁の科学警察研究所(科警研)に、要請して実現した。

 科警研が顕微鏡などを使って鑑定した結果、千葉市のギョーザの袋には表の部分の上から約2センチ、左端から約6センチの部分に長さ約1ミリほどの筋状の穴が開いていたことを確認。市川市のギョーザの袋にも、裏面の上から約2センチ、右から約2センチの部分に長さ約2ミリの筋状の穴が開いていた。いずれも鋭利なもので、できた穴だという。

 ギョーザの製造年月日は千葉市、市川市とも平成19年の10月20日。中国側は日本の警察当局に、呂容疑者が「(有機リン系殺虫剤のメタミドホスは)10月20日に注射針で混入した」と供述していると説明しており、今回、袋から穴が見つかった鑑定結果は、中国側の説明とも矛盾しない。

 天洋食品製の冷凍ギョーザによる中毒事件は、平成19年12月~20年1月にかけ発生。千葉、兵庫両県で3家族計10人が同社のギョーザを食べた後に中毒症状になった。

【関連記事】
ギョーザ中毒事件は「司法手続き中」 中国当局
毒ギョーザは「梱包の外から注射」 日本側証拠と合致
毒ギョーザ事件、中国側が容疑者特定の経緯など説明
中国毒ギョーザ 容疑者は待遇不満で工場と係争中
中国の刑事捜査局長が異動 ギョーザ事件の責任者
少子化を止めろ!

ギャルみこしオーディション、竹の棒担ぎアピール(読売新聞)
H2Aロケット 新たな打ち上げ予定は21日早朝(毎日新聞)
<鳥取県>「アイリス」バトル参戦 平井知事、ロケ誘致に自身(毎日新聞)
JR西、新型車両を公開=安全性重視の構造―福知山線事故の教訓生かす(時事通信)
放鳥トキ ひな誕生した可能性 餌を与える仕草(毎日新聞)
AD