ドイツで13日開幕したアマチュア自動車レースの最高峰「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に、昨年ドライバーとして参加したトヨタ自動車の豊田章男社長(54)は、周囲の反対などに考慮し、出場しなかった。現地でチームを応援し、レースの様子や思いをブログで発信する。

 ◇「万が一のことあったら……」

 豊田社長は「自分も車を評価できるようになりたい」と、副社長時代に国際C級ライセンスを取得。07年にはトヨタチームとともに同耐久レースに初出場し、「ワクワクする車を作っていこう」という持論をレースで社員に伝えてきた。社長に内定していた昨年は、開発中のスポーツカー「レクサスLFA」のハンドルを握り、チームの完走に貢献した。

 しかし今年は、LFAの開発がほぼ終わったうえ、「社長に万が一のことがあると社業に支障を来す」(役員)と周囲が出場に猛反対。豊田社長は、新型車開発の社内の意識改革も進んだとみて、出場のチャンスを若手に譲ることにしたという。【宮島寛、鈴木泰広】

【関連ニュース】
<トヨタとレース>トヨタ、F1完全撤退 豊田社長の会見詳報
<トヨタとレース>スーパーGT:石浦組が完勝、トヨタ勢で表彰台独占 第3戦
<トヨタとレース>写真特集!トヨタF1カーの歴史
トヨタ:ジーズ第1弾、6月30日発売 豊田社長が発案
トヨタ:2期ぶり営業黒字1475億円 3月期

祖父の墓に塗料、首相「批判は私自身が受ける」(読売新聞)
<遺体発見>身元不明の女性、袋に入れられ 横浜の鶴見川に(毎日新聞)
<掘り出しニュース>美濃の焼き物知って--“トチゲー”人気あやかり、ネット無料ゲーム作製(毎日新聞)
「番組介入しない」原口総務相、電監審強化で(読売新聞)
「普天間」政府案難点だらけ「沖縄の負担変わらず」(読売新聞)
AD