名古屋市千種区の市立振甫(しんぽ)中学校(青山金一校長)が1年生の学級編成を誤り、市教育委員会からクラス替えを指導されていたことが22日分かった。春休み中に転入生が増えたため1学級増やす必要が生まれ、市教委は教員を1人増員したが、学校側は学級を増やしていなかった。学校は同日保護者説明会を開き、30日にクラス替えすることを説明する。

 愛知県は09年度の新入生から35人学級を導入した。市教委教職員課によると、同校の入学予定者は当初175人で、35人のクラスがちょうど5クラスできる計画だった。ところが転入生が2人あり、学校は4月1日付で市教委に「6学級になる」と報告。市教委は教員1人を増員したが学校側は5学級のままで学級編成していた。同校の小坂基之教頭は「大変迷惑をかけた」と話している。【丸山進】

【関連ニュース】
新教育の森:小学1年生に「スタートカリキュラム」・仙台市
教員人事権移譲:副文科相容認 大阪府11年度から実施へ
<全国学力テスト>小6の算数の問題と解答
<毎日かあさんち・投稿募集>新生活に慣れるには

歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初-神戸(時事通信)
「愚かな総理かもしれません」と首相 米紙の報道に(産経新聞)
首相動静(4月17日)(時事通信)
女性の人生の幸福度「結婚7割、仕事2割?」(産経新聞)
バウンドの衝撃で左翼折れ横転 フェデックス貨物機着陸失敗で経過報告(産経新聞)
AD