[内容証明郵便] ブログ村キーワード

う~ん。また内容証明なんて送るから、
ボクのお買い物に出かける時間がなくなってしまいました・・・。

郵便って2時間単位でしか再配達時間を指定できないから不便です。
2時間待ってろってこと?

さて、社長から通知書が内容証明で送られてきました。
面白いので載せちゃいます。
名前は伏せますが。

通知書

弊社は、貴殿への1月25日支給給与の未払分金16,012円を
平成22年2月25日付で貴殿の口座へ振込致しましたが、
別途、遅延利息として金84円を平成22年3月1日付で
貴殿の口座へ振込とさせて頂きました
金84円の計算方法として、平成22年2月25日支払の金16,012円について、
1月25日から2月25日までの31日間を遅延期間、年利6%で計算し、
82円を算出しております。
前述の82円について、2月26日から2月28日の3日間を年利6%とし1円、
退職後の3月1日分については年利14.6%とし1円を算出、
あわせて84円としております。

以上

ちなみに句点が途中ないのはボクの打ち間違いではありません。

前回に引き続き、何がしたい内容証明なのか、意味がわかりません。
法的に争いたいなら争いますよっていう宣戦布告ですかね。
今度はしっかり押印してあるようです。

内容証明は、内容と受け取ったこと、場合によっては受け取らなかったこととその理由を
郵便事業株式会社が証明してくれる郵便です。
それだけ。正直、あんまし意味はないです。
言ったからねってことが証拠として残るだけです。
聞いてないっていう言い訳ができないだけですね。

言い切りの内容証明は、相手を不快にするだけです。
違った、相手の時間を無駄にとって、自分は無駄なお金を払います。
儲かるのは郵便事業株式会社ですね。

通常は、異議があれば、内容証明郵便にていついつまでにご返信ください。
と書くことで、異議はないんですよね?と言うことができます。
あと、相手の言い分を証拠として残すことができます。

今回のケースはボクの主張は書面にして押印までしているので、
何ももめるところはありません。
メールで十分。

こんなことに時間とお金をかけるくらいなら、
みんなのお給料増やしてあげたらいいのになって思います。

何が目的で、誰に何をどうやって伝えるか。
ここが分かってないと、形だけ何をやっても全部中途半端です。
そういうところが問題だと散々言ってきたのですが、なかなか分かってもらえません。
難しいですね。

ボクが会社に貢献できる最後のお仕事は、
内在化しているリスクを表に出すこと。
これによって、少しは変わってくれればよいのですが・・・。
どうなることやら楽しみです。

普通に未払賃金もらって終わりそうな気もします。
応募に関しては、今のところ回答なし。
仕事はいっぱいありますが、とりあえず食い扶持を稼ぐ仕事がほしいです。
こういう時に限って、面白そうなお話がたくさんくるから不思議です。

とりあえず、ちょいちょいってできそうなお仕事を1つつば付けてきました。
決まるとよいのですが、話を聞いてきてかなり不安になりました。

大事なことは言われたことをやるんじゃなくって、
言われたことをやることによって、どうなってほしいのか考えて、
お客様の望む最適な状況を作ってあげることなんですけどね。

そこはボクの仕事じゃない!と割り切れればサラリーマンでもよいのでしょうが、
割り切れないボクはやっぱりサラリーマンに向いてないのだなと実感しました。
お客様に無価値なことをやって、お金だけとるのはどうも好きになれません。
そんな性格をしているようです。
AD