ギタリストの機材レビュー

ギター機材のレビュー等やってくよ!


テーマ:
さーさー!久しぶりのブログ更新です!(笑)

結構このブログ見てくれてる人が多いみたいでとても嬉しい!!

前に書いたエフェクタースタンドの作り方とか参考にしてくれてる方も多いみたいですね!

さてさてこうしてはいられません!

レビューする商品がたくさんたまってきてます!

今回もエフェクターのレビューをしますよ~!!


僕はエフェクターは好きですが劇的に音を変えるようなエフェクターはそんなに好きじゃないんです。

まぁ~あれですよ、モジュレーション系と言うやつです。

これは全く使わないんですよ。

空間系はコーラス・ディレイなど、歪み系はオーバードライブ・ディストーションなどを指しますが僕がもっとも好きな「系」は




「地味系」




いや、これ完全に自分で付けた名称(笑)

あれです。

コンプレッサーやブースター等、音色があまり変わらない地味なエフェクターの事です。

これ系が大好物なんですよ僕は。



で、今回のレビューは「バッファー」



バッファーって何?って方多いと思います。

たくさんエフェクターを接続すると原音って少しずつ音量が下がったり劣化していくのはご存知のとおり。

その音が好きって方もいますがやはりアン直の音と比べるとまず芯が違います。

アン直はドッシリしてますがエフェクターをたくさん接続するとカラッカラになります。

これだとギター本来の音色がでない訳ですよ。

やっぱりはエフェクターをたくさん使ってもアン直と同じ位の芯のある音にしたい。

そういう時に使うのがバッファー。

バッファーは語ると大変文字数の多いブログになるのでここまでにしておきます(笑)

詳しくはWEBで検索してね!



んで、今回購入したバッファーですが、定評のあるCUSTOM AUDIO JAPANのバッファーを買ってみました。





CUSTOM AUDIO JAPAN ( カスタムオーディオジャパン ) / IN AND OUT



IN AND OUTと言うバッファーですがこれは名前の通りJCB(ジャンクションボックス)の機能もあります。

ジャンクションボックスってのはインプットとアウトプットをまとめられる物でエフェクトボードをスッキリさせる事ができます。


注文して届きました!
かっこいい箱ですね!




開けると説明書と本体が!
ドキドキ!!!




中身は本体と説明書、電源アダプターと本体に取付可能なスタンドが付いています。






うーん!見た目も強烈な赤色でかっこいい!CAJらしくない色ですね!





じゃあ機能のレビューしますね!



まず片側の左側2つはDC関連でIN OUTが付いてます。
付属の電源アダプターを片側に差し込んで、もう片方は他のエフェクターに電源を供給する事ができます。

EFFECT RETURNはたくさん繋げているエフェクターの最後の部分のケーブルを差し込みます。

THRUは独立している物でシールドでアンプのチャンネル切換え等に利用できます。

そしてEFFECT SENDはインプットからの最初のエフェクターに繋げるアウトプットですが、これ2つありますよね?

1つは通常のエフェクターを繋げてEFFECT RETURNまで持って行くのですが、もう一つは、ギターからのインプットは受け付けますがアウトは受付ないのです。なのでチューナーを接続するような使い方が良いと思われます。たぶんチューナー用だと思うけど(笑)


では裏側を見て行きましょう。


左がギターからのINPUTですね。
その右に付いている白いボタンがバッファーのON OFFスイッチになります。
INPUT からのバッファーとOUTPUTからのバッファーの2つがあります。
押し込むとバッファーがオフになります。
そしてTHRUは裏側にもあるTHRUに繋がっており、ここからアンプのチャンネル切り替え用の端子に接続します。
そしてOUTPUTはギターアンプへの接続に使います。

その横にある黒いツマミみたいなのはレベル調整ですが、これはOUTPUTバッファーがONの場合のみ有効でアウトの音量を調節できます。ブースターみたいなもんです。最小でも音は出ますがCAJによると、少し上げるくらいがアン直と同じくらいの音量になるらしいです。

そして一番右に見える白いスイッチですがこれはグランドリフトと言うんですがアースへの経路が2つ以上となる事をグラウンド・ループと呼び、それがノイズや発振などの不具合の原因になるのです。そのノイズ対策としてEFFECT RETURN端子のグラウンドを回路から切り離す事でグラウンド・ループによるノイズを解消できるようになります。

けどこれはよくわからん(笑)

一応僕はLIFTに設定し、グラウンドと切り離された状態にしています。



大きさは手のひらに載るくらい。



スタンドを着けるとこんな感じになります。

スタンドはよくあるエフェクターケースに対応するためにあります。
そのままフェクターケースに着けるとエフェクターケースのふちの部分が邪魔でシールドが差し込めないのですよね。
ですがこのスタンドを着けるとケースのふちより上にIN OUTの差し込み口が出るので使えるようになる訳です。




これは付属のアダプター。
DC9Vが1.3Aまで使用できます。結構大容量ですな。しかもアダプターが小さくて軽い!

僕は2Aまで使用できるサプライを使ってるのでIN AND OUTはそこから電源をとってます。
なのでこのアダプターは使っていません。





エフェクトボードの右上に配置してみました。
一応スタンドを着けました。
スタンドを着けた方がペダルトレインの下から回してきたパッチケーブルを接続しやすかったからです。
って言うのは跡づけで別になくても大丈夫ですがせっかく付いている物だから使おうと思っただけです(笑)




うん、なかなかいいんじゃないでしょうか!
赤くてかっこいい!





赤いのがやたらと目立ちます(笑)
しかしこれは黒っぽいエフェクターがたくさん並ぶ中、彩りも鮮やかになる効果があって良いですね!


さーて、このバッファーですがスタジオ・ライブで約2ヶ月間使用してみました。

感想ですが、これは使えます。

PROVIDENCE PEC-04にもインプットバッファーは搭載されていますが、どうしても気に入らなかった。

結局、僕のシステムではアウトプットのバッファーが効果的に感じました。

バッファーの音色は好き嫌いがありますが、CAJのこのバッファーは僕は好きですね。

カラッカラの音色がバッファーを入れる事によってアン直に近いサウンドに蘇ります。

かなり近いです!

劣化した低音もドッシリ戻るし、たくさんエフェクターを接続した結果、高音がシャリシャリになりますがその音もマイルドに抑えられてとてもまとまったサウンドになります。

これはLOOPシステムを使っていない人にとっては凄い交換があると思います。

LOOPシステムを使っていても断然音が良くなるので直列でエフェクターを使ってる人は格段に音が良くなりますよ!


これはもう手放せない位のエフェクターになりそうです!


そんなに高価なものでもないので是非エフェクトボードに追加してみてくださいね!



下のリンクから各通販サイトの商品ページを見れます!是非見てみてくださいね!




★サウンドハウス・Amazonでの商品ページを紹介しています!


■サウンドハウスの商品ページはこちら!
CUSTOM AUDIO JAPAN ( カスタムオーディオジャパン ) / IN AND OUT

■Amazon
CAJ エフェクトペダル専用バッファー IN and OUT (バッファー搭載ジャンクションボックス)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

れいじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。