ギタリストの機材レビュー

ギター機材のレビュー等やってくよ!


テーマ:
どうも。前回のエフェクタースタンドの記事は見てくれましたか?

なかなか使えるので是非参考に作ってみてくださいね!




今回はスラントスタンドを自作してみようと思います。

スラントスタンドって言うのはエフェクターを斜めに傾けるスタンドです。

エフェクターってボードに貼付けると真上を見てしまいますよね?

奏者はだいたいマイク等の関係でエフェクターボードを真上から見るのではなく、少し後ろに下がった場所から見る事が多いです。




そういう時にエフェクターを自分の見る角度に向けさせようと言うのがスラントスタンドです。

まぁー正直、僕はスラントしてるペダルトレインを使っているのでスラントさせても仕方ないんですけどね(笑)

一応作りましたので載せておきます!



今回は金具を使ったスタンドではなくてアクリルを使った工作になります。




金具を使っても作れると思いますがアクリルを使用した方が美しく作れるだろうと思って今回はアクリルで作ります!


ちなみにスラントさせるエフェクターはチューナーです。

まず下の画像を見てください。




poly tuneのチューナーは小さいスペースにも収まるけどこうなると見にくいのです。
これをスラントスタンドを上手く使って見やすくさらに操作もしやすくしようと思います!


まずアクリル板を用意します。
踏む物なのでアクリルの厚さは結構厚い物にしました。





新品のアクリル版は両面に紙が張り付いているのでそこに作る予定のサイズを鉛筆で書きます。




そしてアクリル専用のアクリルカッターで外側の紙を切った後、アクリル板を切って行きます。





半分くらいまで切った跡はパキッ!って折れば切れます。
切れたら断面がガタガタになっているのでその断面をヤスリで均等に削ります。





はい!削り終えました!




切れたのは切れましたがアクリル板の角は90度で鋭くなっていて怪我をしやすいのです。
なので角の部分を専用のスクレーパーで面取りしてやります。
こうする事で鋭さは無くなり手触りがよくなります。




写真じゃちょっと分かりにくいかもしれませんが角を面取りしました。
iPhone5の枠部分の処理みたいなもんです。
持ってる人は枠を見てみてください。
iPhone5も面取りされてます。



こうして出来上がったアクリルを次は曲げて行きます。




アクリルを曲げる機械はこちら!

アクリサンデーヒーターキット!
これはアクリルの直線曲げ専用のキットで温度は170度~180度になります。

アクリルは熱を加えると柔らかくなり、簡単に曲がります。

Amazonでも売っていますよ!
アクリル曲げヒーターキット


これは手で触ると危険です!
部屋には猫もいるので目が離せません!!
こんな厚い棒に鼻ツンツンなんてされたら責任とれないよ僕!(笑)


このキットの作りはとても簡単で100Vの電気を直接鉄の棒に流し込んでいるのです。
そりゃ高温になるわな。





このキットをコンセントに繋いでしばらく経つと温度が上がってくるのでアクリルを棒に当てます。




アクリルの厚さが厚い物は少し時間がかかりますが、しばらくすると熱を加えたアクリルはこんな風に簡単に曲がります。



指で動かせるくらい柔らかくなったら棒から離して一気に曲げてしまいます。

90度に曲げる時は机等の角を使って曲げるとキレイに90度に曲げられます。




後から気づいたんだけどヒーターに当てて曲げる方向が逆になってました(笑)
キレイに曲がらなかったけど、どうせ見えないからいいやと作業続行!w

んで、こんな感じに曲がりました。




次はエフェクターの土台になる反対側を曲げて行きます。





今度は90度に曲げるのではないので机を使わず手で角度を確認しながら曲げます。

自分の思う角度になったらそのままキープして止めておきます。

すると熱された部分は徐々に冷えて硬くなるので形をキープできます。




そうしてできたのがこちら!








だいたい形になってきました!


この土台にエフェクターを固定するためのマジックテープを貼ります。




裏側もボードと固定するためマジックテープを貼ります。





確認の為、エフェクターを取り付けてみます。



うんピッタリ♪
ちょっと角度がキツいかなーって思ってヒーターで曲げ直そうと思ったけど電源落としててまた時間かかるからいいや!って(笑)



まぁーとりあえずこれで完成(笑)


エフェクトボードに載せてみます。


こんな感じになりました。




元の画像と比例してみましょう!

上の写真がベタ付けで下の写真がスラントスタンドに載せた状態です。


※ボードにベタ付け状態のチューナー


※スラントスタンドを使用した状態のチューナー


どうです?チューナー君の自己主張が強くなってません?(笑)


後ろからみたらこんな感じです。




なかなか良くないですか?


これに限らずアクリルは厚さがある物は強度もあるし形を好きに曲げたりできるのでちょっとしたオプション品程度の物なら簡単に作れます。

アクリル工作は工具などを揃える初期費用がかなりかかるので大変ですがやってみると面白いですよ。

僕もアクリルでケース・写真立て・スピーカースタンド・バングル等を作ったりと結構遊んでます(笑)


今回の自作は少し難しいと思いますがアクリル工作の作業内容的には初心者レベルですのでもし興味があったらやってみてください!

アクリル工作についてはここのページを読むといろいろ知れますよ~!

アクリル材料加工とアクリル製品の“アクリ屋ドットコム”

※僕もここでアクリル工作の工具やアクリルの端材等を買いました!

上でも書きましたけどAmazonでもアクリルを曲げるヒーターキットが売っているので紹介しておきますね。

アクリル曲げヒーターキット





以上!アクリルでのスラントスタンドの自作でした!!!!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

れいじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。