ギタリストの機材レビュー

ギター機材のレビュー等やってくよ!


テーマ:
エフェクタースタンド バージョン2作りました!(2015.12.19)


みなさんエフェクターの底上げツール使ってますか?

底上げとはエフェクターのスタンドなんですがスタンドにエフェクターを載せるとスタンドの下に空間ができ、配線などとても取り回しが効くようになります。

市場でも売っていますね。

ちょっと紹介します。

STEADY ( ステディ ) / Effector Stand
これはコンパクトエフェクターサイズの底上げをするスタンドです。
真ん中の切り目の空間と下の空間を利用してパッチケーブル等の取り回しが良くなります。

価格は700円~1000円程度ですね。

ではお次。



CUSTOM AUDIO JAPAN ( カスタムオーディオジャパン ) / Stomp Stage
カスタムオーディオジャパンが販売しているエフェクタースタンドですがこのスタンドはエフェクターの大きさが限定されていますね。

価格はなんと4000円~5000円もする高い商品です!


で、どうして今回こんな話をするかと言うと、僕のエフェクターボードを見てください。



このボード、一見ボード一杯にエフェクターが置いているように見えますが



実はデッドスペースがあります。




どこかわかります?



ここです。(赤い枠内)



スイッチャーから出ているパッチケーブル。

このパッチケーブルのところ、そのままでも良いのですがこの部分コンパクトエフェクターなら2つくらいは置けるであろうスペースがあるじゃないですか。

で、上で紹介したスタンドですがどちらもサイズやスタンドの足部分などの関係でこのボードには置けないのです。

しかし上で紹介したカスタムオーディオジャパンのスタンドを見た瞬間に


「値段高っ!こんなん簡単に作れるやん」


と思ったんですね。

でその足でホームセンターまで走りました。

カスタムオーディオジャパンのスタンドを参考に材料を調達!

まずはエフェクターを置いたら踏み込む訳ですからそれなりの耐久性がないとすぐに壊れてしまいます。

でホームセンターの中にこんな売り場があるのですよ。


金具コーナー





見て分かるとおりニッケルメッキやステンレス・アルミといった素材でできている金具がたくさん売られています。

値段は安いもので100円~、大きなものになると数千円しますがエフェクターの底上げで使う分では小さいもので十分。

そこで足部分の金具を2つと、エフェクターを置く土台の金具2つ、そしてボルトを購入しました。

足部分の金具が2つで400円くらい、土台の金具2つで600円くらい、そしてボルトが200円くらい。

もっと安いのもあるけど色の統一や耐久性を考えて良い物を買った。

だけど全部で1200円くらい。



で、家に帰って製作!


土台と足をボルトで繋げてすぐ完成。



そうして組み上げたオリジナルのエフェクタースタンドがこちら。






エフェクターを固定するために土台にマジックテープを着けました。




そして足部分にもエフェクターボード本体に固定できるようにマジックテープを着けています。

エフェクターを置く土台部分の金具は2本ですが3本にするとさらに強度は良くなると思います!
僕の場合はシールドやDCケーブルをそのまま下に回すので2本で作ってます。


また足部分にもボルトを通せる穴があるのでボードにネジで完全固定する事も可能!万能ですね~!




さて、このスタンドをエフェクターボードのデッドスペースに置く訳ですが、実は金具を買いに行く時に気づいたのですが
デッドスペースのサイズを計っていませんでした(笑)

なので購入する時の金具のサイズ選びは目測でやってみたのですよ。

で、エフェクターボードのデッドスペースに置けるかハラハラドキドキしながら置いてみました。



驚きのピッタリ!!(笑)


どうですか?
売っているものだとサイズが合わないし足場の関係で購入できなかったけど自分でサイズを決められて安くで作れるこのオリジナルのスタンド!!

誰でもできます!

女の子だってできます!



ではいろいろ載せてみましょう!



※搭載例(ミニタイプのコンパクトエフェクター1台)



このミニタイプのコンパクトエフェクターなら3台は置けるスペースができます!
しかも底上げをしているのでパッチケーブルやDCケーブルといったケーブル類は下のスペースに回せますのでキレイに収まります。

※搭載例(ギターアンプのチャンネル切り替え用のフットスイッチ)



こんなに大きなものも載せられます。
ギターアンプのフットスイッチを使ってる人には良いかもしれませんね!
踏み込んでもスタンドは曲がったりしません。
かなり強度が高いスタンドに仕上がってます。

現在僕が置いているのはこちら



歪みペダル前に置くクリーンブースターとディレイの後に置いている先日紹介したMOOERのリパーブです。

このスタンドが無ければ絶対にボードには置けないエフェクター達です。




これでデッドスペースがあったエフェクターボードのスペースにもエフェクターが置けるようになりました。

たった1200円くらいの出費だけ。もっと費用を抑える事だって可能。

もっと小さいスタンドだって作れるしもの凄い大きなスタンドだって作れちゃいます!


僕にとっては売っているエフェクタースタンドなんて馬鹿げた値段設定ですよ。

こんな感じでちょっとしたアイデアがあればこんな事もできるんですよ。

みなさんやってみてくださいね!





※これで俺もカリスマ的存在になれるかな(笑)

エフェクタースタンド バージョン2作りました!(2015.12.19)

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

れいじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。