ЯαYの日記

信なくば立たず


テーマ:
性格分類については古典的にはクレッチマーという学者が有名です。
他に有名どころではユングがやってますね。

古典といっても未だに心療内科や精神科でクレッチマーの学説を使う場合もあるようなので、これだけ長く使用されているという事はかなり正確なのだろうと思います。
実際とある精神科医が「クレッチマーはかなり当たるよ」と言ってました。

そんな訳で実際にカウンセリングのプロが使用する心理検査用の診断テストが以下です。
多分ネットに多数ころがってるお遊びの性格診断テストより遥かに信憑性が高いと思われます。


■以下の質問にお答え下さい。各カテゴリーの点数を合計します。

    当てはまる・・・・・2点
    やや当てはまる・・・1点
    当てはまらない、どちらともいえない・・・0点


カテゴリーA  1  控えめで用心深い
          2  他人は他人、自分は自分と割り切ることができる
          3  冷たい印象を人に与えがち
          4  多くの人とつきあうより、少数の人と深くつきあいたい
          5  何かを始める時、なかなか決心がつかない
          6  物事に関して感じやすい反面、鈍感な部分もある
          7  大勢でいるより、一人でいるほうが気が楽
          8  世の中を客観視しがち
          9  自分のことをあまり人に話さない
          10 人の好き嫌いが激しい
        
カテゴリーB  1  親切でおせっかい
          2  会合には進んで出席する   
          3  素直で気軽に人とつきあう
          4  いろいろなことをやってみたい
          5  人と関わることが好き
          6  気分が軽快だったり沈んだり、変わりやすい
          7  物事の決断は早いほう
          8  現実的で実際的
          9  感情を表に出しやすい
          10  温かい人だと言われる

カテゴリーC  1  ものごとは最後までやり通す
          2  熱中しやすく凝り性         
          3  約束の時間は必ず守る
          4  普段はおとなしいが、たまにカッとなる
          5  几帳面
          6  堅苦しく考えたり、融通性に欠けることがある
          7  誠実だがおもしろみがないといわれる  
          8  まじめで堅い
          9  派手にやるよりも着実にやりたい 
          10  礼儀正しく丁寧


因みにクレッチマーは性格と体型との連関性を重視した体型性格理論です。
実際に自分の体型と上記の設問の結果は一致しますかね(。・ω・。)
以下の分析結果を鑑みて、自分の修正点等を客観的に把握すると良いと思います。
中々自分の感性や知性だけで自分自身を客観的に把握するのは難しいので、澪はこういうのも参考にしてます。
因みに私は体型はAですが、Bが一番点数が高かったです。
一見アテにならなそうですが、どの気質についても殆ど点差が無かったですから、どの体型とも言えるのかもしれません。

あと注意なのですが、このテストの結果よりも体型からの性格診断の方が多分信憑性があると思います。


Aが高得点な方  分裂気質(体型:細長型)
このタイプは感受性が鋭く、自分の外側、内側の変化を敏感に感じとることができます。
一般的に知性の高い人が多く、内省過剰な面があります。
良い意味では常に自分の内面を見つめることができますが、その反面
必要以上に感じとったことを気にしすぎ不安定な状態になりやすい部分もあります。
普段とは異なる場面で消極的で弱気な面が出てしまい、
自分の力を発揮出来ないことも多々見受けられます。

対人関係においては、攻撃的になることがなく信頼のおけるタイプです。
物静かで非社交的、真面目でユーモアがないと見られがちです。
芸術面に関することがらにおいて才能を発揮することが多く、
貴族的で洗練された上品なセンスを持ち合わせています。
さらにこのタイプの人は観察力と分析力にすぐれ、
理路整然とした物事の考え方をすることが多いです。

Bが高得点な方  躁鬱気質(体型:肥満型)
このタイプの人は一般的に社交的で善良、親切で暖かみのある性格の人です。
気分が高揚しているときはユーモアがあり活発に行動しますが
その反動からか周期的に沈み込む時期があります。
状況に左右される思考はあまり一貫性が見られず軽率+思慮が浅いとみられることも。
その反面、理解は敏速で自己の過大評価におちいらない限り、
社会で最も成功をおさめやすいタイプです。
対人関係においてこのタイプの人は、ユーモアに富んだ性格で人に好かれやすく
人の間に入って潤滑油的な役割を果たすことも多いはずです。

華やかで賑やかな雰囲気を持ち、話題も豊富で広い知識を持っています。
流行に敏感で全体的に知的で利口そうな雰囲気です。
他人に好かれ、尊敬されることに価値を持っていることから、
自分が無視されることを嫌います。
良く言えば、子供らしい純粋な性格。悪く言えば大人になりきれない未成熟なタイプともいえます。

Cが高得点な方  粘着気質(体型:闘士型(筋肉質))
このタイプは几帳面で礼儀正しく義理がたいです。
着実で手堅く非常識な面があまりありません。
忍耐強い性格ですがストレスを内側に溜め込み、
我慢が一定のレベルを超してしまった時の怒り方は凄いものがあるはず。
また、非常に頑固な面を持ち、自分の意志を曲げようとしない面もあります。
一歩間違えば独裁者になりうる素質の持ち主。
地道な努力で、一度手がけた仕事は最後まで粘り強くやり通しますが、
その反面手際が悪く感じられることもあります。
信頼はおけるが面白みに欠けるタイプです。

固い信念と強い自信によって支えられている自己中心的な性格もあります。
高度な知性と広い識見を持ち合わせ、非常に有能で、決断力があり、
逆境をものともしないリーダーシップを発揮します。
積極的な行動力が持ち味ではありますが、自分に都合の良い方向に突っ走ってしまいがちです。
時に、攻撃的で他人の気持ちを汲み取ることが下手な一面も。


★以下更に細かい分類です(wikiからのコピペ)。

神経質タイプ(N型)
このタイプは感受性が鋭く、自分の外側、内側の変化を敏感に感じとる。一般的に知性の高い人が多い。また内省過剰な面もあり、良い意味では常に自分の内面を見つめることができるが、その反面、 必要以上に感じとったことを気にしすぎ不安定な状態になりやすい。(傷つきやすい) 普段とは異なる場面で消極的で弱気な面が出てしまい、自分の力を発揮出来ないことが多々見受けられる。 対人関係においては、攻撃的になることがなく信頼のおけるタイプ。(*参考に-線の細い、やせた体格)

粘着質タイプ(E型)
このタイプは几帳面で礼儀正しく義理がたい。着実で手堅く非常識な面が無い。 忍耐強い性格であるがストレスを内側に溜め込み、我慢が一定のレベルを超してしまった時の怒り方は凄いものがある。 また、非常に頑固な面を持ち、自分の意志を曲げようとしないことも多々ある。まかり間違えば独裁者になりうる素質の持ち主。 地道な努力で、一度手がけた仕事は最後まで粘り強くやり通すが、その反面手際が悪く感じられることもある。 対人関係では、信頼はおけるが面白みに欠けるタイプである。(*参考に-筋肉質で、がっちりした体格)

顕示質タイプ(H型)
このタイプはわがままで勝気。嫉妬深く、見栄っぱりで我慢するより外側に発散することを好む。華やかで賑やかな雰囲気を持ち、常に人々の中心にあり続ける。(社交的)話題も豊富で広い知識を持っている。 流行に敏感で全体的に知的で利口そうな雰囲気である。常に自分が話題の中心にあることを好み、自慢話が多い。 他人に好かれ、尊敬されることに価値を持っていることから、自分が無視されることを嫌い、 常に自分の方に話を持っていこうとする。(会話の主語に”私”を多用する) 対人関係では人の好き嫌いが激しい。社交的で一見、 他人に親切であるようにみえるが打算的であることが多く日が経つにつれ他人が離れて行くことが多い。 良く言えば、子供っぽい性格。悪く言えば大人になりきれない未成熟なタイプ。(*参考-小太りで赤ら顔が多い)

偏執質タイプ(p型)
このタイプは固い信念と強い自信によって支えられている自己中心的な性格である。高度な知性と広い識見を持ち合わせていれば非常に有能で、決断力があり、逆境をものともしないリーダーシップを発揮する。一方、それを持ち合わせていなければ、傲慢で専制的、横柄で向こう見ず、といったマイナス面ばかりが目立ってしまい他人から敬遠されがちである。積極的な行動力が持ち味ではあるが、自分に都合の良い方向に突っ走ってしまいがちである。 対人関係では、攻撃的で他人の気持ちを汲み取ることが下手。デリケートな感覚からは程遠いタイプである。(おのずから他人から愛されにくい性格である。)

分裂質タイプ(S型)
このタイプは第三者からは簡単に理解しがたい性格である。一般的に、物静かで非社交的、真面目でユーモアがない。デリケートな性格で通俗的な物事を軽蔑し、自分だけの世界を作り上げ、それに熱中するタイプ。 文学、美術等の芸術面に関することがらにおいて才能を発揮することが多く、貴族的なほど洗練された上品なセンスと冷酷さを持ち合わせている。 粗野で下品なことに対して極端に嫌悪感を示すのもその一端のあらわれである。 さらにこのタイプの人は観察力と分析力にすぐれ、理路整然とした物事の考え方をすることが多い。 有能な才能を持ち合わせていれば、ナンバー2、ブレーンとして力を発揮する。対人関係においては、好き嫌いがはげしく自分の世界観がわかりそうな人には興味を示すが、 第一印象で嫌なイメージを持った相手には全く興味を示すことがない。(*参考に-やせ形の体格)

循環質タイプ(Z型)
このタイプの人は一般的に社交的で善良、親切で暖かみのある性格の人である。 気分が高揚しているときはユーモアがあり活発に行動する。 その反動からか周期的に沈み込む時期がある。その状況に左右される思考は一貫性が見られず軽率+思慮が浅いといった面を持つ。その反面、理解は敏速で自己の過大評価におちいらない限り、社会で最も成功をおさめやすいタイプである。 対人関係においてこのタイプの人は、ユーモアに富んだ性格で人に好かれやすい。 人の間に入って潤滑油的な役割をはたす。(*参考に-太った体格)


※この性格診断というか心理学的内容の話は次回の日記に続きます
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード