豊田礼人の正しく愛される経営術

レイマック代表で愛される会社経営コンサルタント(中小企業診断士)の豊田礼人(とよたあやと)のブログ。


テーマ:
先日、高齢の経営者が相談にきました。50年以上会社経営をしてきて、儲かった時期もあったそうです。しかし人生も終盤に差し掛かった今、経営が上手くいかなくなって困っている、という相談です。

従業員はいない。自分一人だけ。大きな商売をしているわけではない。

毎月赤字体質になり、老後に向けて貯めていた貯金を切り崩し、底をついた。
いよいよ来月の家賃が払えなくなるところまで追い込まれ、やむなく相談にみえたのです。

話を聞いて、現在のビジネスを立て直すことも難しそうでした。ネットを使ったり、人を雇ったり、新しいアイデアをカタチにしたり、そういうことも年齢的にちょっとムリな感じです。

しかも困ったことに、相手(僕)の話を聞こうとしない。だから質問できないから核心に辿り着けない。コンサルの場面ではこれが結構ネックになってしまいます。

1時間の予定のミーティングなのに、自分のやってきたことを一方的に話されて、時間がどんどん無くなっていく。相談の場が、単なる演説の場になってしまう。こちらも焦る。

で、今日の相談はどんなことか、と割り込み気味に改めて聴くと、

「何か、手っ取り早く、簡単に、儲かるビジネスを教えて欲しい」と言います。
 
「そんなもの、ないですよ」と即答したくなったが、ぐっと飲み込む。

50年以上ビジネスをしてきた人であれば、この世にそんなうまい話はないことぐらいわかるはず。僕に言われなくとも。

本人も、そんなことわかっているはずだ。でも、追い込まれてそういう発想になってしまったのか。

あるいは、そういう発想で今まで仕事をしてきたから、最後の最後で追い込まれてしまったのか。

どっちだろうか。

身なりもきちんとしていて、話し方も丁寧で、礼儀正しい紳士。でも言葉の端々に少しずつ違和感が漂う。例えば、「商売というのは多少のハッタリは必要だ」と繰り返し言う。商売にハッタリは本当に必要なのか?

「ご子息に面倒をみてもらうことはできないのですか?」

このまま赤字事業を続けるよりも、損失が膨らまないうちに撤退したほうが良い。しかしその後の生活はどうなる?心配して聞いてみました。

「息子たちは助けてくれない。若い頃、厳しく接し過ぎたから、俺のことを嫌っているんだ」と力なく笑う。

悲しすぎる言葉。でも、それも自分が引き起こした現実。

「日々、誠実な仕事の積み重ね」
「大切な人を、大切にする」

とにかくこれだ。これしかないです。

これ無くして、事業の成功もないし、人生の成功もない。

年輪を刻んだその顔を見ながら思いました。

僕ができることは、流血(赤字)をすぐに止めるように促すことと、
ひたすら話を聴き、受け止めることだけ。

最後は笑顔で帰って行ったけれど、
どんな気持ちだったのか。

多少は踏ん切りがついたのか。

それとも時間の無駄だったと思われたのか。

何とか乗り切って、ハッピーエンドを迎えて欲しいと願います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
優秀な社員は優秀な知人を連れてくる。

婚礼施設運営のノバレーゼは、社員が人脈を活かして知人に中途入社を勧める「うちこいよ制度」を3月に始めたそうです。(日経MJ2016/6/17号より)

企業の力の差は人材の差。

いかに優秀な人材を採用するかが企業成長の重要課題(もちろんそれだけではないが)。しかし従来の採用方法では期待したとおりの人材が採用できない。良いと思った人材がそれほどでもなく、逆にお荷物になってしまうことも良くある話。

そこで、「知っている人で、かつ優秀な人」をリクルーティングするという方法が見なおされているそうです。

ファミレスのすかいらーくは、学生アルバイトの中から「これぞ」と思う学生に声をかけ、優先的に採用する制度を導入しています。結果は上々で、今春の新入社員の6割強がアルバイト出身が占め、今後は8割まで引き上げる予定なのだとか。

「適切な人がバスに乗り、適切な人がそれぞれふさわしい席につき、不適切な人がバスから降りれば、素晴らしい場所に行く方法を決められるはずだ」(byビジョナリーカンパニー②)





その前に、優秀な人に興味を持ってもらえる会社でないと。

そんな会社づくりのお手伝い。

今日も頑張ります。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週の水曜日(5/25)にレイマック主催のセミナーを開催しました。
今回で通算40回目の開催となりました。

テーマは「売上が変わる!コミュニーションで変わる!」ということで、
顧客、社員とのコミュニケーションの方法や意識を変えることで売上に好影響があることを実例を交えながらお話させて頂きました。

毎回来てくれる人、初参加の人、お久しぶりの人、遠方から深夜バスに乗って来てくれた人など、職業も年齢も様々な人が参加してくれました。ありがとうございます。

セミナー終了後のアンケート結果は、

とても面白かった(5段階評価の最高位) 93.8%
まあ面白かった(5段階評価の2番目)   6.2%
それ以下                 0%

でした。

ありがとうございます!!!!

以下、セミナー参加者様から頂いた声です。

・お客様は誰か?・・・は今までも考えてきたことですが、今回「自分は誰か?」ということを考えることが重要だと勉強になりました。そして「迷うことで新しい自分を発見していく」、迷うことがあるとストレスに感じてしまいがちですが、大切な道のりのひとつだということ、人生の中の大きな発見となりました。(40代女性 会社役員)

・とても自然の(セミナーを)聞けました。継続して求める大切さを学びました。動画をHPにもっと取り入れたいと思いました。商品はもとより事務所の打合せ場所などです。(60代経営者)

・真剣な参加者の皆様に刺激を受けました。ありがとうございました。(40代女性)

・物事の根本的なとらえ方を再認識させて頂きました。やるべきこと、やることが本当にたくさんあると実感しましたが、まず第一段階として自分自身と会社の人すべてと考え方を共有できるようにしたいと思います。(40代男性)

・参加してみたいと思いながら、参加できる状態でもないし・・・といった状況から少し踏み込めた思いです。(中略)もう少し早く参加できれば良かったと痛感しました。時間をなんとかするのは自分次第なので、次回もなんとか参加したく思います。(40代男性 会社役員)

・疑問文形式のセールストークは明日から即実践しようと思いました。毎回分かりやすく、豊田さんの飾らない言葉でお話をされるので時間がとても早く感じられ心地よいです。(40代男性)

・いつもとても勉強になります。PREPは明日のミーティングで早速使ってみます。(40代男性)

・「問題解決の前に問題発見」つい悪いことが起こった場合に解決しなければいけないことばかりに意識が向いてしまいますが、問題を明確にすることが先にすることで結果、早期解決につながるということを学びました。(30代男性)

・コンテンツマーケティングのポイント、浮揚力のセールストーク、問題発見について、振り返りができました。頭の中を整理・整頓できた良い時間でした。ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。楽しみにしています。(50代 男性 経営者)

・今日も具体的な事例を交えて(動画を含む)お話をして頂き、分かりやすさ面白さともにあっという間でした。本日もためになるセミナーをありがとうございました。(30代 男性)

・お客様と対面する時はどうしても少し(自分を)作ってしまって、力が入り過ぎて話し過ぎたり、逆に聴きすぎてしまったり苦労しています。今回のセミナーを参考にしてもう少しバランスがとれればと思います。(40代 男性)

・コミュニケーションとは永遠のテーマですね。今後にとても役立つ内容でした。(40代男性)

・品質を預かる部署にいますがその品質を世の中にアピールするということが出来ていなかったと思いました。WEB動画を利用して仕事のことを具体的に紹介していきたいと考えました。基本がとても大事だということをあらためて感じました。一つ変えることから始めていきます。(40代男性)

・事例が多くてとても分かりやすくお聞きすることができました。ほとんどセミナーに出ることが無いので、とても良い時間でした。ネクタイも鮮やかで素敵ですね!(50代男性 経営者)

・久々のセミナー参加でしたが、参加人数も多くてビックリしました!なかなか参加できず申し訳ございません。(40代男性経営者)

・対面セールスがほとんどですので、同調・浮揚力・明確性の話が参考になりました。ネガティビティも必要なんですね。(40代男性)

・「商品の使い方」は即実践しようと思いました。形の無い商品ならなおさらですね。冒頭の「ゴール」が今回のセミナーに限らず日々意識したいことでした。自問自答を繰り返しながら参加できました。意識できてなかったことがあり、良い気付きをありがとうございます。具体的事例が多く、あらためてネットで調べてみたい事例ばかりでした。(30代男性)

・マスタービジネス、サンタクロース、「私にできるだろうか?」といった内容が特に参考になりました。ところどころ出てきた経営者インタビューのお話も良かったです。(40代男性)

・ありがとうございました。セルフイメージや自社商品のコンテンツはハっとするお話で、とても参考になりました。またご指導ください。(50代男性 経営者)

・「素振りをする」「何が良かったのか、悪かったのかを考えて、再度挑戦することの大切さを学びました。(30代女性)

・すごく分かりやすかったです。自分のビジネスと重ねながら話を聞いてアイデアを練っていました。たとえ話が分かりやすく、想像・理解しやすかったです。(30代女性)

・自分は何者なのかを考える。自分は専門家、顧客は弟子という関係性をつくる。(40代男性)

・目標を定めて、その後は愚直な実践が大事と再認識しました。コミュニケーションで重要なことは相手にいかに興味を持てるかどうかと思いました。(30代男性)


皆様、ありがとうございました。

次回は8月23日です。ぜひ予定しておいてくださいませ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)