2008年1月…TVをみていて

偶然アラブの都ドバイで建設中の

BurjDubaiブルジュ・ドバイ(1※参)を目にした目

「不思議なデザインのビルだなぁ…」と

ぼ~っと番組を見ていると

ドバイの不動産に投資する各国の資産家が映し出されお金

建設段階の高額不動産なのにィビックリマーク

全てのフロアーが完売ビックリマーク

首領の国営力の素晴らしさがうかがえた星


この頃ドバイの株価は上昇気流にのっていたょ恋の矢

ドバイの首領も上昇気流にのっている感じで*^^*

建設中のブルジュドバイの前で

誇らしげに笑みをうかべながらニコニコ

『もともと我々アラブ人は最も都市建設に優れた民族です!

このドバイ・タワー建設で我々が世界一だという事を

全世界にしらしめたい!!!!』というコトを語った目


その時…なぜか…

雷バベルの塔…」ってつぶやいてた…

タロットカードの「Tower(塔)」を連想したみたぃ…

授業の時「Tower(塔)」の解説で

「バベルの塔(※参)」の話をするせいカモあせる

つぶやいてから「ハッ」とした!!!


首領が言った「世界一王冠1」という言葉に

ドバイの顕示欲と傲慢さを感じてしまったのかなぁ!?

かつて貧困にあえいでいたドバイを

ここまで星豊かな国に導いたのだから

その自信は当然!!なんだけど…漠然と不安だった…流れ星


それから半年後…リーマンショックが起こりぃ雷

現在の世界恐慌へと突入してゆく…ダウン

ドバイはどうなったんだろ…


アラブのオイル輸出国をターゲットとしてきたドバイに

海外の資本家が参入してきたコトは落とし穴だった

資本家が住むためではなく投機目的だから…

ヤバくなるとスグ売りに出すょ~えっ

ドバイの首領も頭を打ったカモ…苦笑


2008年秋…偶然TVでドバイの首領が…

「海外投資家だけに頼らず身近な所にも目を向けている

もともとアラブの富豪を相手に商売して来たのだから

原点に戻ればいいだけだ!!!」とコメントしていたょクローバー

そうなんだ…と…ホッとしたのも束の間…

2009年…もっと超高層ビルの予定があるらしぃ流れ星


個人的には高層ビルやマンションはあまり好きじゃなぃ

人は土地に近いところで暮す方が自然だから…クローバー

そんな一番を目指した先には何があるのかなぁ???

まだラブラブドキドキは止みそうにもないネ目


*蝶々*RaysRayGinga*蝶々*http://www.rayginga.com/ *蝶々*


ブルジュ・ドバイについて↓バベルの塔の物語について↓知りたい人どうぞ*

===================================================

1※ブルジュ・ドバイ(BurjDubai)


アラブ首長国連邦中で最大級の都市ドバイで建設されています。

世界一の超高層ビルで「ブルジュ」はアラビア語で「タワー」を意味します。

ドバイタワー特有のデザインはイスラームの建築において具象化されたという

砂漠の花「ヒメノカリス」をイメージしされているそうです。

ホテル・高級マンション・娯楽施設・オフィスなど総計画80億ドルです。

経済効果は200億ドルを超えると見込まれています。

最長部834.5m162階建で、

2009年12月現在歴史上最も高い建造物となっています。


湾岸地域は高層ビル建築ラッシュのようで

サウジアラビアはジェッダに1600mのマイル・ハイ・タワー(Mile High Tower)

クエートは1,001メートルのブルジュ・ムバラク・アルカビル(Burj Mubarak Al-Kabir)

ドバイは1200mアル・ブルジュ(Al Burj)

が建設予定のようです。(Wikipediaブルジュドバイ参考)


===================================================

2※『バベルの塔』旧約聖書*創世記*第11章


聖書に記されている物語りの1つで
古代バビロニア帝国に

ノアの子孫のニムロデが建てようとしていた塔です。


全人類が同じ言葉を使い…同じように話していた頃…
南メソポタミア地方に住み着いた人々が
「さぁ、我々のために天まで届く塔のある町を建設して、

その塔の頂きを天に届かせよう。

そして、大いに我々の名を揚げて、
各地に散らされることのないようにしよう。」と…


神への崇拝や敬意からではなく
建築者たちの傲慢な顕示欲のために…

神の領域を侵しかねない塔を建設したのです。


それを見ていた神はお怒りになり

「人々が同じ言葉で話すから、このような事をはじめたのだ

直ちに言語を混乱(バラル)させ

互いの言葉を聞き分けられないようにしてしまおう。」

塔を建設する人々の驕りに対して神の裁きが下されました。


人々は互いの言葉を理解できなくなってしまいました。
こうして塔の建設は途中でやめることになりました。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


古代バビロニアには実際に90m~185m以上と言われる

巨大な塔がそびえ立っていたのだそうです。

この塔はジックラトと呼ばれる階段状の建物でした。

バビロニアは当時まさに神々の世界と地上とをつなぐ

世界の中心と理解されていました。

古代イスラエルの人々は、バビロニアのジックラットを知って

この物語にバビロニアに対する強烈な批判を込めたようです。

絶大な権力と文明を誇ったバビロニアは

世界の中心として人々を統治するように見えて

その実「混乱」の源になりかねないという教訓に他ならないのです

人類はいつの時代にも巨大な建物を建てようとします。

巨大な建物自体が権力や成功の象徴と結びつくからでしょう。

(Wikipedia参考『図説 聖書の世界』P36~38

          月本昭男・山野貴彦・山吉智久著 学研) 


*蝶々*RaysRayGinga*蝶々*http://www.rayginga.com/ *蝶々*




AD