志村双葉の簡単・おいしい・キレイ ローフードのブログ

ローフードマイスター志村双葉です。人材教育 PR会社社長 働くママ暦25年。健康と美を楽しく生活に取り入れたくて、出会ったローフード。ダイエットには勿論、体の中から本当に綺麗になれるローフードの楽しさと、ちょっと便利な暮らしの工夫を紹介していきます〜!


Futaba's kitchen Raw food & Lifestyle salon 主催

ローフードマイスター 志村双葉のブログです!

百貨店や広告代理店でマーケティングや販促・広告などの仕事をしてきました。子供が10歳の時に独立し自分の会社プラズ・マを持ってからは
ビューティーブランドの開発や人材教育・PR・イベントなどに携わりました。

中でも様々な一流の化粧品ブランド様とのお仕事を通し
『綺麗になりたい!』という人々の気持ちに応えるために
何よりまず大切なのは「体の中からの本物の健康」だと思い至りました。

その本物の健康を作るものは、食べ物です。
もともとお料理や手作りが大好きだったので
ローフードと酵素栄養学に出会い
ローフードマイスター1級を取り、四ッ谷認定校校長へ。

時間がなくて忙しいワーキングママ時代の経験から
いつでも誰でも簡単に実践でき、簡単で楽しくて美味しいものを作る
ことをどうしたら合理的にできるか?を常に考えています。

ローフードをきっかけに生食・発酵・乾燥の3つの食を組み合わせた
『簡単・おいしい・キレイ』 ふたばずスタイルを発信していきます!


・・・私のメッセージは

Half Raw @ Day!
まずは「1日に食べる物の半分を生へ」

手軽なハーフローから始めるふたばずスタイルで
気軽にローベジ生活を始めてみませんか?
病気と縁のない、元気な体になって内側からの健康美を発揮しましょう。


 *講習などの予定は本ブログ、また、Facebook/HPでご案内しております。
  *レシピ開発・講演・取材等のご相談お申し込みもHPから承っております。

  *ふたばずキッチン のHP はこちらです。
    http://www.futabas-kitchen-rawfood.com/

 *ふたばずロー チョコレートのwebショップはこちらです。
    http://futabasraw.base.ec/

 *志村双葉のFacebook はこちらです。
    https://www.facebook.com/futaba39
 




テーマ:
{9250B848-EE9B-4B54-9D77-C6BCB24343E4}

昨日は表参道アンスリールさんで開催した
ロースイーツワンデイカフェでした。

第2回の今回は私のレシピ本から

ローミルクブリュレ
ローフルーツタルト
ローレモンバー

の3品をお作りしました。

{F6C08A34-6D2D-45B9-8B08-CC832DE182CF}

来てくださった皆さんに
ロースイーツってなに?
に始まり、なんで加熱しないのか。
健康な身体でいるために
毎日食べるものについての
ちょっとした気づきから始まる
きっと良いことをお伝えしました。

私が伝えたいなあ
と思っていることは、普段毎日作るごはんに
知っていたらすぐにできること
負担が少なくて
続けられること。ばかりです。

何より自分が面倒なことや
複雑なことじゃ続けられない、と思う。

さらに、1番大切な美味しくなければ始まらない。(笑)

だからねえ、ちょっとこれ食べてみて!
わぁ美味しいね!
から始まる、体に良いことをお伝えします。

来てくださった皆さん、ペロリと完食
美味しかった!
とお話くださり、私はめちゃ嬉しかった😋

壱岐から帰ってから作った甲斐がありました!

自分の体のメンテナンスは自分でやる。
自分の体の舵は自分が握る。
ピンピンコロリができる日まで
元気に楽しく暮らせるように!

お越しくださいました皆さま
ありがとうございました。
今回も素敵な場所とサポートをアキエさんくに子さん、ありがとうございました!

ローフードもやりたいなあ!

{5774FCC8-BD76-4BEF-86C4-7FBBFBEFCBBE}

{567934A0-D9E8-4AE7-9718-4BFB72E7E50D}



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
2日目の期待のプログラムは先輩移住者のお宅拝見。

壱岐に移住する際に、島の援助プログラムを活用すると市が提供してくれる家に無償で3年間住むことができるのだそう。

とはいえ実際に住む、となるとどんな家にどんな風に暮らせるのか?は、知りたいところ。
今回の移住促進プログラム担当者であり、ご自分も移住してきた、という徳永さんがお宅を解放して見学させて下さいました。

お宅拝見、っていうのは簡単だけど、いざ自分の家のなにもかもを見知らぬ方々にお見せする、って大変なことだと思います。

お母様と二人暮らしの徳永さんの御宅は、とーっても素敵でした。
なのに、、私が写真を撮ったのはこれ

{3CD3B452-F528-4B8C-9699-585CDDBD6F42}

お庭の家庭菜園のみ(笑)

あんまり素敵にお暮らしで、あちこち、わあー素敵ー!と見ている間に写真を撮ることを忘れてしまったの。

明るい3DKの平屋一軒家で、作業場の納屋が別棟にあり、家庭菜園もあるその家は以前は10年以上誰も住んでいなかったのだそうで、住み始めた最初の頃は苦労の連続だったそうです。畳の裏には虫の卵のミイラがいっぱい。シャワー口はぽろっととれる。トイレも年代もの。。

無償で提供していただけるからと言って、課題がないわけじゃあない。最初のうちはお母様と2人で耐えながら暮らしたけれど、センスのいい母娘さんの工夫と改善の積み重ねで今があるのだということをつぶさに見せてくれました。

結局虫の卵がいた畳は撤廃してフローリングに、壁には漆喰を塗り白壁に。助成が終わり、賃貸になる(だがとても安いです!)何年目かに改修をしたそうですが、なんとそのリフォームにも助成金があるそうです。本当に手厚い!

移住して来た当初の様子の写真もアルバムにしてあって、以前はこうだったのよ、と分かりやすく見せていただけました。そういう気遣いができるところが、素晴らしい。

移住経験が壱岐が初めてじゃない徳永さん母娘だからできたこと、かもしれないけれど、具体的にリアルな移住者の実生活をいいことばかりじゃないことも含めて見せてくれる、ということはものすごく参考になりました。

それから場を移してお昼をいただき、2回目の先輩移住者の方達との懇親会でじっくり色々お話できました。
噂のS嬢も可愛いお嬢さんと来てくれて、本当に頼もしい限りです。

私はこんなにも豊かな島、壱岐の食材を生かしたローフードやベジフードを提供しつつ、海水を使う海洋セラピーやヨガなんかを組み合わせたリトリートをやりたいと思いましたし、そんな取り組みができたらいいな、という夢を語り合いました。
実現するかどうかは全く分からないけれど、夢を抱くことが、全ての始まりだから、今回の体験から明確なイメージができたことはとても良かったです。


{325BFA9E-DCEC-4B99-9F11-39724E963A06}

この後はまたお土産やさんに寄り、ついに港に向かう帰路につきます。

あちこちに見えるビニールを敷いた畑は、たばこの植え付けなんですって。

壱岐の田んぼが広がる田原(たばる、と読む)面積は長崎県で第2位の広さがあり、前述の美味しいお米や小麦、タバコなどの生産をしているのです。

地図の印象で小さな島のイメージで来たけれど、もっと大きくて広い。
島で1番高い山でも200メートルと少しでスカイツリーより低いから、いわば島全体の敷地が広々使える、、イメージなのかな。
そうはいっても端から端まで車で20~30分で着いてしまうから一息で回れる効率の良さ。そして道のアスファルトは完備。

なんなんだろう、この島は。
特別区みたいだわ、、と思ったらやはり。
国境のある島という本当に特別な意味がある島でもあるのでした。対馬と壱岐は、確かに日本海を挟み観光の花火が見えるくらいに近いそうです。

日本を東京からの無意識の上から目線だけで見ていたらとんでもない。

小さな島(だけどそこに立っていたら小さいとは感じない)でも、明確な存在意義があり独立国みたいにインフラから食料から揃っている場所だった壱岐は、ある意味とても豊か、豊かすぎて焦る必要は全くないのでは?とすら思えました。

だけど、改革しようと頑張っていること、こんな充実のプログラムを作ってくださったこと、頭が下がるしポテンシャルの塊みたいな壱岐だから、もっと知りたいし、今度はゆっくり古墳や神社にもレンタカーして回りたいと思いました。

ローフードも壱岐の食材で作って見たいなあ。。

お見送りにはフェリーの別れにつきものの紙テープでお見送り、、を。

蛍の光が流れるなか、壱岐の皆さんと繋がる紙テープがだんだん離れていくのは、嫌が応にも別れの演出でツーンとなってしまいます。

本当に素敵な機会をありがとうございました!
壱岐のおかげでまた沢山の人とのご縁がいただけて本当に感謝です。










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{FC20C04B-3CE6-45E6-91E1-A03B20556510}

壱岐2日目の朝。
部屋の真ん前に朝日が昇りました。

{E85A0A65-F205-438F-B061-ADD8F9D903B2}

朝定食

壱岐の納豆
壱岐の干物
壱岐の卵
壱岐の豆腐
壱岐の米

全て壱岐でまかなえるんですね。

自給自足の島

市役所での説明を伺った時に、心に止まった言葉です。凄い。

今日は午前中に海に釣りに行きます。獲った魚でお昼にするから頑張れ、と言われて皆内心やる気満々。漁場は誰でも入場料310円支払えば魚釣りができる壱岐であいの村。

{F190DBC5-399F-4D52-BDEA-C2888543FD4B}


海の透明度は素晴らしい。
すでにクラゲが沢山います。

{EB04D9E8-A621-4672-873E-371D605E2A48}

みんなで頑張る。昼飯のため(笑)

{D875E2E3-BA38-4C51-A2DE-8379DA3A071C}

私もやってみた。生まれて初めて。
釣りって、難しい。じっと我慢だゆらゆらゆら。

結果は見事に誰1人釣れず、お昼のおかずはありません。。。(笑)うそ。

こうしていつでも海に行けば、おいしい魚も釣れる(ことが多いそうだ。)壱岐。
買わないでもいい。いや、むしろ釣れても捌かないとならないから釣らないで、と言われちゃう壱岐。なんて豊かなんだろう。

ちなみに壱岐に来て、就農や就漁業する際のサポートは万全だそうです。また、新たに起業して就労者を増やせるビジネスを作る場合には助成があるとのこと。
ただ壱岐に移住しても、仕事がなければ生活ができません。その部分へのサポートが充実していることも心強いです。

{58C0B715-2961-44FC-8DDD-2A07AD4C5D8E}

魚釣りの後は、壱岐最大の観光スポット猿岩。
かつては鬱蒼とした森の中に隠れていた為に誰も知らなかった場所だったそう。
横から見たら猿だけど、見る位置を変えたら全く違うのも、面白い。


まだまだつづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{4AAECEDF-EABF-48D6-9C11-7B85F646F67C}

今回の旅は移住を検討する、がテーマだからいわゆる名所観光地にはほとんど行かず、生活を取り巻く環境を見て回る。

スーパーマーケットはどの国に行っても必ず覗くので連れて行ってもらって嬉しい。

冒頭のお菓子は壱岐独自のお彼岸用菓子かな。
ユニークなネーミングに釘付け。

{485CEE14-6D12-46F2-8007-3D58759F3341}

島の豆腐は立方体。固めで味がしっかりしていて美味しい。壱岐の塩は海水を煮詰めただけのもの。あごだしも九州ならでわ。楽しくてついつい長居してしまう。


{9B910846-4700-4089-A0F7-ED57EE0CB9C5}

宿に着いたらすぐに夕飯のバーベキュー会場へ。
真っ白い砂浜を歩いて移動します。
夜空の星が、キラッキラ。久しぶりにこんなに沢山の星を見た。

市の観光担当の方からのご挨拶を聞き、皆さんからの心づくしのバーベキューをいただく。
壱岐牛を皆さんは堪能。魚の美味しさはいうまでもなく。
今回のたくさんあった発見の一つは、壱岐のお米が美味しいこと。
新潟のコシヒカリの味とは違うのだけど、粘度と甘みがありすごく美味しい。知らなかったなあ。
果物も野菜も豊富に採れる。
水も自島からとれる。
壱岐は本当に豊かな島だということがよくわかります。

{CFEF346F-A72B-44EB-9633-D30797FFFDFE}

部屋に戻り、噂のS嬢の平山旅館様へ。

全てはS嬢から始まったことなんだなあ、、、
行きし月日のことを俯瞰して隔世の感があり。

ここ、平山旅館の湯は壱岐の源泉で海水と同じ塩分がある赤いお湯

{4E4A53FD-10FB-493C-B783-A1BB2FD41D7D}

あったまる〜。体の芯から温まり一日の疲れが本当に吹き飛び、出てからしばらく汗が吹き出る(笑)

S嬢が、壱岐に嫁いでお子さんが生まれて。
S嬢の変化度が著しいので随分時間が経過したみたいだけど実際はまだたった2年半。。

壱岐に行く?それどこ?

から、今こうして壱岐の温泉に浸かっているなんてねー。
全ては人でつながっていくんだなー。。

宿に戻ってすぐ温泉効果バッチリ+早朝からの疲れで、まさにバタンキュー。ぐっすり眠り朝まで泥のように寝ましたよ。

2日目に続く


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
90分遅れで飛行機は博多に着いた。
90分早く着くから何しよう??
なんてルンルン気分は微塵もない。

着いたはいいが、高速フェリーの出発場まで、時間がない。壱岐在住の友達からのピンポイントアドバイスに従い、即行タクシーに乗り高速使ってと指示。
ゆっくり博多の街を眺めたかったがよく分からないうちにあっという間に博多港に到着!

セーフ。間に合いましたー、、、はあ。

{0F9C46AA-5D62-46CF-8663-5EA93911D318}

わらわら乗り込む

{3B4CD147-C252-4E66-A472-0B441083C60A}

高速フェリー。
いやあ良かったー、としか思えない私。

{C6CD89B3-F05E-43A7-9668-9A85BB8A1CF9}

なんだか立派な豪華客船もいるよ。

{C6041948-7121-426A-BF38-2A6BB1C9C067}

さすがにほとんど寝ていないからあっという間に壱岐に着いてます。
本当に近い!
博多からすぐ。まるで横浜まで来た位の感覚!

朝から6時間後には壱岐に立つ。
なんだか近いのか遠いのか、不思議な感覚だわ。

改めて今回の移住モニターツアーに集まった方々との顔合わせをしたら、同じS嬢のお友達で東京から来たI本さん。男性で単身の方が2人。
あとはご家族連れで、長崎から、大阪から、などなど広範囲からの老若男女で、計20名程のバラエティ豊かな人がいました。
小さなお子さん連れの方が多いのは、子育てには素晴らしい環境があるからだわね。
私は娘が小さい時にそんなことを考えもしなかったわ。。

初回を終えたらお弁当のランチ

{5D968F00-AAA6-401B-9A87-33B987A79806}

右下に注目!
サザエのつぼ焼きが普通に入っているお弁当。
斬新!!


さて、ランチの後にはスケジュールに従いあちこちに行きます。
{3F9A961F-31F2-4356-995E-5FA2D52AB47A}

最初に伺ったのは、

移住された方が、海女さんとして就職し、島の方と結婚して2人で始めたゲストハウスみなとや。
かつて遊郭だったという古い建物をリノベーション。
{F20884B6-FD69-47C5-B615-77C3BE0D9FFB}

{B1CBE58A-E286-4498-8EAF-104151D64F17}

{07630F19-04B4-4262-9617-DFB65040E925}

{CC156CF5-678A-4630-8BE1-6DE926EE86BE}

かわいい。
相部屋なら一泊3000円ですって!
これは安い。移住を検討する方には泊まりながら色々教えてもらえるし、かなりおすすめ。
奥様は海女さんになるための3年間は島からのサポートをもらいながら独立に備え、その間にご結婚もして、漁をしている旦那様と、ゲストハウスもやりながら間も無く生まれる赤ちゃんとの壱岐生活を実現している。と。
野菜や果物やお米も美味しく、魚介類は言うに及ばず。物々交換でかなりなりたつ、という壱岐ライフ、かなり羨ましい。

{08AB8B9A-1308-44BD-8BA7-62DCCB752D25}

その後伺った幼稚園の園庭のなんという広さよ。。

小さなお子さんがいる方の真剣さ。
壱岐にはたくさんの幼稚園も保育園もある様子だし、施設も綺麗。働くママにも優しいのね?

まだまだ続く。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)