2013年01月31日(木) 23時19分32秒

Yahoo!プロモーション広告がスタートしました。

テーマ:SEO講座

メモメモ。


Yahoo!プロモーション広告がスタートしました。

といっても、内容はあまり変わっていないらしいが、、、


詳しく知りたい方は

公式サイトでお勉強しましょう!

http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/index.html



これだけSEOが飽和状態になってくると

SEMをどれだけ効果的に行うかが、売り上げアップのカギになってきそうですね。

ほんとめまぐるしく変わっていくなー、この業界。


ついていくのが大変だーわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年01月30日(水) 00時02分55秒

Google、2013年初のパンダアップデート更新を実施 (2013/1/22)

テーマ:SEO講座

Google、2013年初のパンダアップデート更新を実施 (2013/1/22)


2013年、初のパンダアップデートが行われたようです。

けっこう無理やりSEOしていたサイトが

消えていっている印象を感じますね。


ペンギンとパンダで、ブラックなサイトは

どんどん排除されてほしいです。


でも、ちゃんとしているところは排除しないでほしい。

これってどうやって判断しているんだろう。。。



http://www.suzukikenichi.com/blog/first-refresh-of-panda-update-in-2013/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=FeedBurner

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年06月02日(木) 09時11分07秒

Googleの『+1 ボタン』設置方法

テーマ:SEO講座

Googleの『+1 ボタン』設置方法


Googleの『+1 ボタン』設置は超簡単です。

以下のURLからソースをコピーして貼り付けるだけです!


http://www.google.com/webmasters/+1/button/index.html


JAVAスクリプトでの設置になりますね。

ヘッダーにも追記しないといけないのか、めんどうな。


はたして、このボタン、SEOに効果的なのでしょうか??


Googleの『+1 ボタン』関連記事

http://japan.cnet.com/news/service/35003472/


http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110331_436259.html


----------------------------------------------

参考


★Facebookの「いいね!」ボタンの設置方法

http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like/


いいねボタンは、iframeタグでの実装になります。


----------------------------------------------

★twitterの「ツイートする」ボタンの設置方法

http://twitter.com/goodies/tweetbutton


ツイートするボタンは、ジャバスクリプトでの実装です。

公式のソースをそのまま使用すると

日本語環境だと文字コード指定しないと

おかしくなる場合があるので、注意!

(charset="utf-8"を追加しましょう)


→参考http://kidokorock.com/2010/12/webtips/twbt.html



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年08月03日(火) 13時12分24秒

ヤフーは「検索サイトをやめればいいのに」と思う。

テーマ:SEO講座


★ラーメン占い blog★-やふー



『検索の9割がGoogleに』は誤解

とヤフーの井上社長が語っている記事を見つけました。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1008/02/news086.html


>提携後もヤフーの検索サービスや広告は「ほとんど変わらない」と強調。Yahoo!JAPANの検索結果のうち、検索エンジンが吐き出すコンテンツは年々減ってきており、検索サービスでの独自性や競争は保てると説明した。


とのことですが、んじゃ、なんで提携やねん。って感じ。


検索エンジンが吐き出すコンテンツが年々減っているということは

ヤフーのサービスを反映してきているということで

これってやっぱり公平な競争ではなく、ヤフーびいきなわけで

それが今後も進むってことは、ヤフーは検索サイトじゃないじゃんよ。

検索サイトだと名乗るのをやめてほしい。


ヤフーは、

ヤフーの選んだベストサイトを見つけられますよってサイトだ。


>Googleのエンジン導入後も、Yahoo!JAPANの検索結果画面は、Googleとはかなり違うものになるという。「検索エンジンの外」から拾っている情報が、検索結果画面に増えているためだ。


かなり違うもの・・・。にする必要があるのだろうか。

検索エンジンの外から拾っている情報というのが、やはり胡散臭い。


でも、よく読んでみると、知恵袋とか地図のデータを掲載するってことみたいで

それって全然違うとか言うレベルなのだろうか。

ざっと考えてみて、ほぼ一緒。。。ではないだろうか。

ヤフーの社長も独自性を出そうと必死みたいですが

グーグルと提携をした時点で、独自性は無理でしょう。


検索サイト、やめます。のほうが独自性があっていいのではないだろうか。

無理して続けなくて良いのに。


特定のWebサイトがGoogleの検索結果にヒットしなくなる“Google八分”がYahoo!JAPAN上にも反映されることになるが、「Google八分の理由が、ヤフーから見ても仕方ないと思えるならノータッチだが、理由がおかしいと思い、検索結果に反映させた方がユーザーにとってありがたい場合は、検索結果に付け加える形で補てんできると思う」


これ、可能なのか?グーグルのデータベースの

どの部分で提携をしていくんだろう^^;

このサイトがグーグルでは、スパム扱いされているという情報が

ヤフー側でわかるというのだろうか?


それとも単なるデータベースを一緒に使うだけで

出力に関しては、2社独自のアルゴリズムを使うのだろうか?


ヤフーのトップページダウンペナルティ(TDP)はどうなるんでしょう?


それにしても、まったく違うってのは、ないよなー。

やはりどう見ても、ほぼ一緒。。。



なかなか謎が多いですが、

正直なところ、グーグルとヤフーの違いなんて

理解しているユーザも少ないし、

とりあえずヤフーって人も多いはず。


ヤフーはこれを機会に、独自性をアピールして

日本のシェアをキープしたいんだろうな・・・。


だってこのニュースで、グーグル側は、とくに動きないですよね。

王者の風格とでも言いますか、ヤフーすらも子ども扱いか。。。


グーグルってとんでもない会社ですね^^;



ペタしてね





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年07月27日(火) 14時12分54秒

日本のヤフーと米グーグルが提携【関連記事】今後のSEOに注目!!

テーマ:SEO講座

ヤフーとグーグルの提携、ほぼ決まり??

これで国内シェアをグーグルにほぼ独占されますね・・・。


ヤフーのSEOも必要なくなるのでしょうか・・・


日本のヤフーにグーグルが検索エンジン提供へ

http://www.asahi.com/business/update/0727/TKY201007270232.html


 日本のヤフーは今年3月末時点でソフトバンクが38.6%、米ヤフーが34.8%の株式を保有し、米ヤフーの開発した検索エンジンを採用している。しかし米ヤフーは昨年、米マイクロソフト(MS)と検索事業での提携を発表し、MSの検索エンジン「ビング」への切り替え作業を進めている。日本のヤフーはビングへの切り替えよりも、世界シェア首位のグーグルの検索エンジンを使った方が、サービス向上に有利と判断している模様だ。




日本のヤフーと米グーグルが提携 国内市場独占も

http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072701000355.html


 日本のヤフーは国内の検索サービスでシェア5割以上を握る最大手。同3割程度のグーグルとの提携が実現すれば、日本の検索市場を両社でほぼ独占することになる。

 日本のヤフーは現在、大株主の米ヤフーが開発した検索エンジンを採用している。しかし、米ヤフーは昨年7月、世界シェア首位のグーグルに対抗するため、米マイクロソフト(MS)と検索事業で提携し、自社の検索エンジンからMSのエンジンに切り替える作業を進めている。このため、日本のヤフーは対応を迫られていた。




日本のヤフー、グーグルの検索エンジン採用へ

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E0E5E2E2988DE0E5E2E5E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2


日本のポータル(玄関)サイト最大手のヤフーは、インターネット検索最大手の米グーグルと提携交渉に入ったことが27日、明らかになった。



ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年07月27日(火) 12時12分10秒

ヤフーSEOがなくなる?Yahoo!JapanがGoogleの検索エンジン採用?

テーマ:SEO講座

おはようございます。今日も暑すぎる!

風があるのが救いだけど、熱風って感じです。

倒れないように気をつけましょうね!お互い!


さて、今日は気になるニュースを発見。


Yahoo!JapanがGoogleの検索エンジン採用を本日発表?

というものです。


てっきり、米ヤフーがマイクロソフトに買収されてBingに移行していたので

日本もそうなるかと思っていたんですが、まさかのグーグル!


これでヤフーへのSEO対策は必要なくなる?

グーグルの独占市場になる??


これはこれで制作者側としては楽なんですけど

ユーザは満足できるのかな・・・。


そろそろ

ヤフーとグーグルをうまく使い分けていた人も多いはず。。。


グーグルだけになってしまうと、、、

これは、、、すごい影響がいろんなところに出ますよ。


まだ、「?」が付く情報ではありますが

はてさて、真相はいかに・・・。


【参考記事】

Yahoo!JapanがGoogleの検索エンジン採用を本日発表?

http://techwave.jp/archives/51483227.html



ペタしてね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年04月20日(火) 16時59分54秒

Yahooの公式認定サイトとは?

テーマ:SEO講座

今日、知り合いの人に

「Yahooの公式認定サイトに登録しませんか?」という

営業電話がかかってきたんだけど。。。という話を聞きました。


Yahooの公式認定サイト??

そんなのありましたっけ?


うん、ないです(笑)


内容を聞くと、Jワードの広告の営業です。

Yahooの公式認定サイトってのは勝手に名付けたんだと思いますが

なんだか様になっていて、うまいネーミングですよね。


ただ、説明不足すぎると

ちょっとまずいような気がするけどなー。


Yahooの公式認定サイトだと思ったら

単なるJワードの広告への出稿って^^;


ただし、この広告自体は、キーワードによっては

費用対効果もかなり高いはず!

思いっきりライバルのいるキーワードで勝負しているサイトさんは

一度検討してみるのもいいと思いますb


Jワード

http://www.jword.jp/


ちなみにこのJワードのプラグインですがインストールすると

パソコンが重くなったりおかしくなったりする可能性もあるので

新たにインストールをする際は、お気を付けくださいね。


ペタしてね





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年11月15日(土) 16時21分06秒

サブドメインでのSEOについて[SEO検証レポ2]

テーマ:SEO講座

前回の記事

http://ameblo.jp/raumen/entry-10153111540.html


さて、サブドメインのSEOについて検証をしていますが

サイトを公開して1カ月くらい経ちました。


相変わらず、Yahoo!には嫌われていますが

Googleは順調です。

msnでも引っ掛かるようになってきました。


【1】http://www.○○○.com/

【2】http://▲▲▲.○○○.com/

【3】http://■■■.○○○.com/

・・・


のサイトですが、それぞれテーマに合った相互リンクを

集める作業をしておりましたが、Yahoo!だと、あんまり効果がない。


やはりサブドメインはだめなのか?


でも、作りの違う1サイトは、ほかのサイトと比べると

ちょっとマイナーなキーワードですが、がんばっています。


ということは、作りが似ているサイトだからだめなのだろうか。。。


ここで新たな、問題を発見。

■作りの似ているサイトは、全部のページにGoogleのアドセンスを貼っている

ということ。


Yahoo!は広告を貼っているサイトを嫌うとか。

とくに、楽天やGoogleのアドセンスを嫌うとか。

アドセンスばかりで、意味のないサイトが多いからだろうか。

それと一緒の扱いなのか。


これを外したら、どうなるのだろう。


楽観的に考えると、Yahoo!でも効果が出てくる!と言うことになる。

そうすると、似ていようが、サブドメインだろうが、関係ない。


ただ、アドセンスを外すことでGoogleの順位が下がったら…

これは面白い。


広告収入を増やすために、アドセンスを貼っているサイトを

上位にしていたら…、まぁあり得るな。。。


他社がもうからないようにYahoo!がしているくらいだもんな。。。


まったく、検索エンジン会社も、儲け主義に走られると

ユーザーは振り回されるなー。


とりあえず、一番相互リンクを集めたサイトの

アドセンスを外してみよう。どうせたいした収入じゃないし^^;


さてさて、どうなるか…


最後にクリックをお願いします⇒人気blogランキング



にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

↑こちらもクリックをお願いいたしますm(_ _)m






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年10月18日(土) 17時29分03秒

サブドメインでのSEOについて[SEO検証レポ1]

テーマ:SEO講座

サブドメインでのSEOにはデメリットが多いとか、多くないとか

もっぱらいろいろな説が出ております。


ネットで探しても、どの記事も古く

よくわからないので、検証してみました。


■制作サイト

【1】http://www.○○○.com/

【2】http://▲▲▲.○○○.com/

【3】http://■■■.○○○.com/

・・・


■検証の前提

・全部で10サイトを作成。

・全サイトの内容は違う(どれも別のトップキーワードを狙う)。

・7つのサイトのHTMLソースは、ほぼ同じ(キーワードだけ違う)。

・3つのサイトは、まったく別の作り方をしている。

・すべてのサイトからすべてのサイトにリンクをしている。

・マルチドメインで、同サーバ、同IPでの運営


■検証したいこと

・スパムになるのか?

・検索エンジンに嫌われるのか?

・メリットがあるのか?


■公開して10日目での検証

◎Yahoo!にて

・完全に嫌われている⇒Googleと比較をして順位が低い

・インデックスはされている⇒重いスパムとは取られていない?

・別の作り方をしているサイトは、そこまで影響がない。


◎Googleにて

・ほとんど影響がない

・トップキーワードでも1ページ以内に入ることもある


■10日目の考察

サブドメイン同IPでサイトを量産すると

いかにもスパム判定で、インデックスされないのかと思ったら

今のところそうでもないらしい。


しかしYahoo!には徹底的に嫌われているが

これは、サブドメイン同IPだからとは今のところ言えない。

なぜなら、別の作り方をしている3サイトに影響がそこまでないから。


つまり、同HTMLでの量産が嫌われる原因にあるのではないかと推測できる。

この現象はとりあえず今のところ、Yahoo!だけのようだ。

Googleでは、別のサイトとして、認識されているのだろう。


この同HTMLを、徐々に変更していくと、どうなるのかを今後検証していきたい。


■疑問

・これって、別ドメイン、別サーバ(別IP)で行えば起こらないのだろうか…。

・マルチドメイン機能の便利さが、まったく意味ないじゃんってことにならないか。

・Yahoo!とGoogle、どっちがスタンダードになるのかぁ。。。


最後にクリックをお願いします⇒人気blogランキング



にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年08月25日(土) 13時47分26秒

SEO対策便利ツール Pythagoras(ピタゴラス)

テーマ:SEO講座
ひさびさのSEO対策ツールのご紹介です。

その名も
Pythagoras(ピタゴラス)です。

このサイトは、サイトのありとあらゆる情報がわかるように
なっています。試してみれば一目瞭然ですよ!

たまに重かったりしますけど、他サイト分析、自サイト分析にお使いください。

本当に役立つツールですよん!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD


ラーメン占い.com

ラーメン占い.com

一平ソバ・油そばの通信販売

生命保険見直しナビ

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。