バーのマスターと2時間

テーマ:
昨日は夜の11時過ぎから
行きつけのバーのマスターと
2時間ほど話をしてきました。

とはいっても、僕の相談が大半
だったのですが、

やはりそこはバーのマスターを
10年以上やってるだけあって
(ちょっと上から目線ですが・・・)

よく人を見ているな~、
と感心してしまうとともに、

仕事のこと、プライベートのこと

友人や職場の上司・仲間に相談しづらいことを
親身になって聞いてくれるとともに、

一人の年上の先輩として

いろいろとアドバイスしてもらいました。







強くなければ生きていけない
やさしくなければ生きていく資格が無い


誰の言葉か忘れましたが、

強く生きていかなければいけない状況の中で

どのように人に対して優しくなければいけないのか、




たぶん、

自分で解決しなければならいことも
わかっていたつもりだし、


誰かに相談することは、
決して結論を求めるのではなく、


自分の決断を後押ししてくれる
存在だとわかっていたつもりだったけど


やはりそれでも、


相談できる相手がいたことが
非常にうれしい。



僕も

誰にも言い出せないことを

口に出してもいいという存在になっているのだろうか?



自分自身がちっぽけな存在なんだなと


痛感しました。




ともに、

相談できる人がいる。


相談に対して親身に聞いてくれる人がいる。





ということに、


ちょっとうれしかったのも事実です。




マスター

昨日はどうもありがとう。
AD

禁酒

テーマ:
年末で仕事が立て込み、
風邪をこじらせたことも有り

するつもりは無いのに、
10日間お酒を飲んでない生活を
過ごしてます。。。

忘年会も2件キャンセルしてしまいました。。。


さすがにそろそろお酒が飲みたい
気分です。


これから池袋に出没してみます。
AD

BOOWYとジャックダニエル

テーマ:
最近のマイブームです。


友達がオーナーのカフェバーに
勝手にBOOWYのDVDを3枚置いて

BOOWYのライブを観ながら
ジャックダニエルを飲んでます。


ジャックダニエル



特に、BOOWYの解散
(実際に、氷室は解散という言葉を口に出していませんが)
を発表した「1224」は必ずといっていいほど観てます。

1224


30代半ばの男子は知っていると思いますが、
この「1224」(12/24:渋谷公会堂)の翌日に
新聞の一面で「BOOWY解散」が発表され


翌年の4月、伝説の「LAST GIGS」で
BOOWYはその活動にピリオドを打ちました。



「BOOWY」と「ジャックダニエル」は
僕の中では、今のマイブームです。


音楽とお酒


この2つを楽しみながら
有意義な時間を過ごすことが


なんてすばらしいことなんだろう

と、


実感しながら。

一人飲みに行く理由

テーマ:
最近週1,2で一人飲みに行っている訳ですが、
一人カウンターで寡黙に飲んでいるというよりも
そのお店の常連の人と話をしていることが
多い。

常連といっても別に待ち合わせをしている
訳じゃないし、常に同じ人ということもないし、

とはいっても、一人で飲むこともある。

なぜ一人飲みに行くのか。

行きつけの店がなぜ心地よいのか。

その理由がなんとなくわかりました。



ひとつは、そのお店の常連さんが
30代後半から40代前半くらいの
人が多いので、僕よりも少し年齢が
高い人が多いし、そういう人と
飲むことが多い。

たぶん今の会社がインターネットの
会社で年上の社員というのが
ほとんどいない。

取引先もどちらかというと
同年齢か年下が多い。


年上の人と話をするという機会自体が
少なくなっているという状況を
一人飲みに行くことで
バランスをとっているというのがひとつ。



もうひとつは、常連さんが企業経営者(社長)や
個人事業主の人の比率が高いということ。


大企業の社長ということではないけど、
一人会社を経営している、自営業で
働いているということで、仕事の話はあまり
しないけど、どこか話をしていて楽しいというか
刺激を受けることが多い。


ここ1年くらいには独立をしていきたいと
思っていることもあり、今後いろいろと
教えてもらいたいということもある。


どんなお店で飲むかというよりも

お店の常連さんとその常連さんが作り出す
お店の雰囲気がたぶん非常に自分に
合っているんだと思う。


ということで
できる限り時間があるときには
一人飲みに行こうと。


OL女性の一人飲み

テーマ:
女性、OLの皆さんでも一人飲みをしたいと
思っている方も多いと思います。

僕は男ですが、通っているバーには
女性の常連さんも結構います。

そんな方を見て、これから一人飲みデビューをしたい人に
恐縮ながら、アドバイスを。



1)時間帯・曜日を決めましょう。

お店にもよりますが、6時くらいから空いているお店であれば

だいたい
開店時~10時くらいまで
11時過ぎ~深夜1時・2時まで


といわゆる「早番」「遅番」でお店の常連さんは
異なります。


「早番」でしか来ない常連さん
「遅番」でしか来ない常連さん


時間帯で雰囲気も違いますし、
やはり金曜日はお店は込みます。


一人飲みデビューしたい女性・OLの方には、

平日の6時~10時くらい


をおすすめします。

何度か通う場合は、
同じ時間に行くと、常連仲間が出来やすいですし、

早い時間はマスターも余裕がある場合が多いので

「早番」で何度か通ってみましょう。


2)「あれは何ですか?これは何ですか?」

困ったときにマスターに声をかけるには

お店にある珍しいボトル
カウンターにおいてある小物
壁に掛かっている珍しい時計

など、
お店にあるものが何であるのかを
聞いてみると、会話に困りません。

いきなり常連さんなどに声はかけられませんので、

マスターに声をきっかけに困ったら

「あれは何ですか?」
「これは何ですか?」

と声をかけてみましょう。

そうすると、常連さんとの橋渡しや
マスターから声をかけてもらえますよ(たぶん)


3)長いしたくないと思ったら、早めに退散。

やはりお店の雰囲気が自分にあっていない
客層がちょっと違う

と思ったら、早めに切り上げましょう。




ぐるなびなどでお店を調べて
最初は勇気を持って、飛び込んでみるということで
あなたの一人飲みライフが始まります。

がんばってみてください。



ちなみに、僕は池袋・恵比寿で一人飲みしてます。
興味のある女性の方は是非お声がけを(笑)


一人飲み関連のエントリーも是非よんでください。

    →こちらから

恵比寿で一人飲み

テーマ:
友達のカフェ&バーが恵比寿に
オープンしたので、いって来ました。

ちょっと詳しい場所は
書きませんが、

恵比寿ZESTの近くのお店です。

バーとはいいながらも
ちょっとダイニングバーに近いイメージと

店員さん(アルバイト)がみんな20代前半くらいの
若い人が多くて、初々しい感じもありましたが

なかなか居心地が良いお店です。

会社から家への帰り道に
ちょっと遠回りするだけなので、

これからちょこちょこ寄ろうと
思います。

Oさん、
この次はジャックダニエルの
ボトル入れますね。

池袋で一人飲み

テーマ:

ここ2ヶ月くらい、週1もしくは週2で

池袋のとあるバーで一人飲みしてます。


たぶん最初にお店にいってから早10年程度。



ここ2、3年はご無沙汰してしまっていたので


かなり頻繁に通ってます。



といっても、8時くらいの早い時間に行って

いるので、いるのはカウンターに数名。


その中の1人として、カウンターで

常連さんやマスターと話をしながら

1~2時間、お酒を楽しんでます。



一人飲みといっても、なんかメンバーが

かなり固定してきつつ、今まで知らなかった常連さんとも


いろんな話をしながら


かなり楽しい時間を過ごしてます。



たぶんマスターの人柄なんでしょうけど


気取らず、しつこくなく、それでいて

楽しい会話を楽しめる雰囲気に


ふと帰り道とは逆の電車に乗ってまで

通ってしまっている今日この頃です。



基本的には、


キリンのブラウマイスター

http://www.kirin.co.jp/brands/braumeister/index.html

を1杯飲んでから


アーリーターイムズ
http://www.earlytimes-jp.com/


をロックかソーダ割で2,3杯。



たぶん今日も行ってしまいそう。。。