http://www.sanspo.com/soccer/top/st200606/st2006061001.html

ドイツ 4 ─ 2 コスタリカ

開幕しましたね~、W杯。

とりあえず気になる開幕戦は
自宅で見ました。

ドイツが圧勝のように見えるスコアですが、

ドイツのディフェンダー最終ラインは

まったくと言っていいほど

統制が取れてない。

これだと、裏を取られたら一発で終わり。


2002日韓W杯で爆発したクローゼは
さすがに、ブンデスリーガ得点王という
貫禄を見せた2点でしたが、



ドイツは得点力はあるけど、守備が
はっきりいうとかなり弱い。


ポーランド ─ エクアドル 

のダイジェストを見る限りだと

予選は通過すると思うけど、

決勝トーナメントは微妙ですね。



AD

オーストラリア戦希望スタメン

テーマ:


日本代表チーム 最終登録メンバー
http://www.sanspo.com/soccer/06worldcup/japan/member.html


いろいろジーコジャパンに意見が
あるかと思いますが、

個人的には

久保の落選
よりも

中田浩二と稲本のメンバー入りが
あまり納得できない。

ワールドカップは勝たなければ
いけないけど、次を見据えて
若い戦力に世界の舞台を経験させて
あげないと、ワールドカップ後の
日本代表を考えると、今回の戦力は
今は旬だけど4年後には年齢的に
選ばれない選手が多すぎるような
気がする。

ジーコはドイツワールドカップで
日本代表の監督を辞任するので
関係ないかもしれないけど、

中田浩二と稲本を入れるんだったら

それこそ、ポジションは別として

松井や平山、大久保、闘莉王などの
アテネ組を入れることが、


次の日本サッカーの発展を考えると
必要であるような気がします。

そこで、絶対に負けられない


オーストラリア戦の希望日本代表スタメン

────────────────

   玉田  高原
  (大黒)
   中村  遠藤
      (小笠原)
三都主          加地
    小野  中田

 中澤  宮本  田中

      川口

────────────────

3-5-2のダブルボランチは

中田と小野で組織に安定性を。

中村と中田は、横の関係よりも
縦の関係のほうがよいのは
テストマッチやW杯予選で実証済。

中村とのコンビは小笠原ではなく遠藤。
小笠原の試合を決めるパスよりも、
遠藤のパス成功率の高さを選択。

2トップは玉田と高原。
玉田の調子が悪いようであれば
早めに大黒に交代。

オーストラリア戦は
負けられない一戦なので、

サイドから中央に絞込んで守備が
できるようになってきた加地が
三都主と連携をとって4バックの
ような形になるのが理想。

試合に勝てるかどうか、また
負けない試合ができるかどうかは

小野と三都主と中澤がうまく
相手の攻撃を防げるかどうかがポイント。

何か考えるだけでも
楽しみになってきた!!


AD

勝手にドイツW杯の日本代表スタメン

テーマ:

いよいよ6月から始まるW杯。

日本代表の最終選考まで、

残された時間も少ないけど、

現時点で、勝手に考える

初戦オーストラリア戦のスタメン(希望)


─────────────────

      久保    玉田

             (巻)
         中村


     長谷部     中田

   (稲本・福西)

三都主              加地


   中澤   宮本   坪井


         川口

─────────────────

4-4-2ではなく、3-5-2で。

4バックに三都主は入れられない。

確実にヒディングが狙い打ちしてくる。

ちょっと守備的にはなるが、
ダブルボランチで、ヒデと長谷部。
相性でいうと、福西のほうが経験上

いいかもしれないが、縦への攻撃力を期待。

2トップは、ちょっと考えてしまう。


久保と高原のツートップはありえない。

なぜなら、FWにボールをいれても

ボールが落ち着かない。


サイドからの得点を期待すると、

玉田よりも巻かも。


結構これをかんがえるだけでも、

15分くらいかかってしまった。


本番で、ジーコはどうするんだろう?


AD