迷惑メール送信で男逮捕

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080215-00000057-jij-soci



迷惑メール送信で男逮捕=22億件、2000万利益か-

不特定多数の人に異性紹介サイトなどを宣伝する
迷惑メール(スパムメール)を大量送信したとして、
警視庁ハイテク犯罪対策総合センターなどは15日までに、
特定電子メール適正化法違反の疑いで、
東京都江東区大島、居酒屋従業員椎名勇気容疑者(25)を逮捕した。


同容疑者は2006年5月から昨年12月の間、
1日約400万件、計約22億件の迷惑メールを送信。

受信者が利用登録をすると、サイトを運営する広告主から
手数料約2000円が入る仕組みで、計約2000万円の利益を得た。

送信先は、アドレス情報の販売サイトから約80万件を買ったという。




この記事をインターネット広告の視点から見ると


22億件のメールを送って2000万円の利益ということは、

メール1配信での利益は、2千万円÷22億件=0.01円

つまりメールを1通送ると0.01円儲かる。


1件の手数料が2,000円なので、

22億件のメールを送って10,000件の手数料が発生したので

メールを受け取ったユーザーがアクションを起こす割合は、

1万件÷22億件=0.00045%


80万件のアドレスを購入と書いてあるので

1件のメールアドレスで上げられた利益は、

2,000万円÷80万件=25円




まとめると、

80万件のアドレスを購入してメールを送った場合
出会い系サイトなどに登録する人は、0.00045%と
非常に低い割合で、1回メールを送っても
0.01円しか儲からないけど、メールを何回送っても
コストがかかるということは無いので、
とりあえずガンガンメールを送りまくれば
利益は出るということ。

1メールアドレスの購入金額を10円と仮定すると、
80万件×10円=800万円のコストがかかるけど
2,000万円儲かれば、1,200万円の利益也。


つまり


どこの誰かわからないメールアドレスを

どこの誰かわからない人から

インターネットで購入し、


大量にメールを送信すれば


出会い系サイトに登録する人は必ずいるので


確実に儲かる!


ということです。




※もちろんこれは特定電子メール適正化法という法律違反で捕まります。
AD

携帯電話のフィルタリングについて

インターネット上の安全・安心に関する緊急フォーラム
「あまりに急」「検閲では」――

各キャリアがフィルタリングサービスを導入し、
出会い系サイトが届出制を導入し、

今までほぼ野放しになっていた
携帯コミュニティが法律によって
本格的に規制される動きが活発化してきました。


モバイル広告市場は、
特に勝手サイトと呼ばれるキャリア非公式メニューが
3年前くらいにピークを迎えていて、

何の知識も経験も無くても
非常に参入障壁が低い業界で

懸賞サイトを立ち上げる > 出会い系サイトを広告掲載する

ということだけで、
開発コスト・プロモーションコストをかけても

だいたい投資に対して1.5倍~2.0倍の利益を出すことが
ざらでした。

つまり、200万円のコストを毎月かけて
300~400万円の売上を上げることは

誰がやってもできてしまう。

なぜなら、出会い系サイトのユーザーは

一度有料サービスを利用すれば、

毎月2~3万円は使ってしまうから。



そんなことでモバイル広告市場が伸びましたが
今は壊滅状態です。

なぜならお金を払わなくても、

モバゲーに行けば「出会う」ことが可能になるから
わざわざ出会い系サイトでお金を払ってられません。


モバゲーはそこをうまく付いたサービスなので、
当然、出会っている人は多いでしょう。

だからお金を払ってモバゴールドを購入し、
アバタを買うか、広告を閲覧・アクションするという
流れが成立しているということです。


まあ、コミュニティ=出会いなので、
またアングラ系の出会いサイトが出てくると同時に、

モバゲーも形態を変化させていかなければ
残れない気もしますけどね。


それにしても、DeNA南場社長のコメントいいですね(笑)

「企業としては、1500億円の株主価値が1週間で失われた。
当社の株主は3割が外国人。日本株が売り越されるという環境の中で、
世界に先駆けて日本で発展している携帯コンテンツ事業に
期待して投資してもらっていたのに」


少なくてもモバゲーという1,000万人を目指すサイトの
社長は、株主よりもユーザーを大切にしたほうが
良いかと思いますが。。。

その考えが、株主にも還元されますしね。
AD
http://www.guardian.co.uk/media/2008/jan/03/advertising.digitalmedia

WPPグループMによる予測です。



2008年にはスウェーデン、2009年にはイギリスで

インターネット広告費がテレビ広告費を上回るという

予測が出ております。


ちなみに、日本は


全広告費:約6兆円
テレビ広告費:約2兆円
インターネット広告費:約3,600億円

(2006年度:電通調べ)



テレビの広告費は、インターネットの約5.5倍。



まだまだ追いつくとは思いませんが、

今年くらいに、インターネットは雑誌の広告費は追い抜きます。




松下(パナソニック)とgoogleの提携
NTTDocomoとgoogleとの提携


など、今年もgoogleを中心にパソコン以外の
デバイスでかなり動きが活発になってきており
ますので、もう企業のプロモーションの中心に

インターネット広告


を考えないと、いけないかも知れませんね。


そして、

インターネット広告 = パソコン

という考え方も


ここ2、3年で変わってくるような

気がします。


AD

検索連動型広告とブランディング

http://www.mediologic.com/weblog/archives/001482.html
http://www.marketingcharts.com/

検索連動型広告(リスティング広告)の特徴は?

の問いに一言で答えると

「その場で成果=購入,資料請求に結びつく」

というのが回答だと思う。

だけど、問いに対する答えとしては100%ではない。


この1点だけにフォーカスしたプロモーションの
効果を最大限に引き出そうとすると、

検索する人が増加する=検索キーワードの数を増やす
検索して訪問した人の購入率を増加する=ランディングページを見直す

の2つしか回答は無い。


当然、その2つは単純なことではないし、
うまくやれば効果は倍増する。


ネット専業の代理店が得意としているところであるし、
当然僕自身もこのやり方を行うことで
クライアントのコンバージョン数の増加のために
あらゆる手段を行っている。


ただ、どんなに手段を講じても
コンバージョン率は100%にはならないし、
コンバージョン率の向上には限界がある。


僕も広告主には、この「検索連動型広告の出稿によるブランディング」を
説明し続けていたけど、これが数値として実証されたことが
自分の行ってきたことが間違っていなかったという証明にもなって
非常に喜ばしい。


企業のマーケティングは、売上を上げるために行わなければ
いけないけれど、「購入する」という行為をサポートする作業ではない。

あくまで「購入する」という行為につなげるための活動で
なければいけないわけで、

そのためには、1回だけの広告接触でカバーできる範囲は
限られてしまう。であれば、どのようにユーザーにリーチをし

商品・サービスのブランディングや
競合他社との差別化

を行わなければいけないかを
きちんと議題に上げなければいけない。



5年後、10年後の顧客を開拓するという視点がなければ、
いつまでたってもインターネット広告は、コンバージョンを
刈り取るための商品を開拓しなければいけなくなってしまう。

媒体が刈り取り場となり、荒れてしまうと
もはやそこにモラルやルールはなくなってしまう。


そんなことに検索連動型広告がならないように
広告代理店から広告主に対して、きちんと理解を
促進しないと。

成功報酬型SEOサービスってどうよ

ビジネスカテゴリのブログなのに、
最近プライベートや仕事以外の
エントリーばかりだったので(笑)
たまには仕事のエントリーを。


成功報酬型SEOサービスって知ってますか?



インターネットの仕事をしていなくても
SEOという言葉はある程度認知されていると
思いますが、

成功報酬型SEOサービスとは

あるキーワードがyahooやgoogleで
1位~10位(場合によっては20位)に
入ったときだけに費用が発生するSEOサービスのことをいいます。

大手だとつい最近IPOした「フルスピード(2159)が
最大手です。

つまり、

「化粧品」というキーワードを上位に表示させたいサイトオーナーは
「化粧品」というキーワードを指定し、契約します。

化粧品というキーワードが
10位以内に入らなければ費用は発生せず、
10位以内に入った場合に、1日5,000円とかの費用が発生します。

当然、キーワードによって1日あたりの費用には
ランクがつけられています。

つまり、サービスを受けたい企業は、
検索結果に上位に表示したいキーワードが
上位に表示された時だけ費用が発生するので

「成功報酬型SEO」

とよばれているわけです。




この
「成功報酬型SEO」

今、インターネット業界で大流行してます。


提供するサービス企業も増加して、
あらゆるインターネット広告代理店が
販売してます。



クライアントのところに訪問するたびに、

「○○という会社が成功報酬型SEOの売り込みに来たよ」

と聞きます。



この「成功報酬型SEO」のサービスは何を提供しているのか?

簡単です。


リンクを張るだけです。




セールスポイントは、

「弊社の外部リンクは、かなり強力です。
必ず上位に上がります」



だけです。



そして次に必ず起きるのは、

「サービス低下」

「料金のダンピング」






はっきりいいます。

確実にこのサービスは陳腐化します。


検索エンジンのアルゴリズムは
確実に進化します。


ユーザーにとって良いサイト
=検索エンジンにとって良いサイト
→検索上位表示されるサイト


に必ずなります。



外部リンクを張るだけで、
上位に表示される検索エンジンは、
ユーザーにとって検索エンジンを使うメリットが享受できません。

「昔は、外部リンクで上位に表示できたよね」」
という時代に近い将来必ずなります。



インターネット業界のベンチャー企業は、
焼畑営業が大好きです。

クライアントのことを考えてませんし、
インターネットユーザーのことを考えてません。

あくまで利益追求が目的なので、
こんなサービスが業界で大流行しているのです。

知識が無くても売れる商品、
気合で売れる商品、

それが彼らの販売する商品なのです。


検索エンジンのアルゴリズムが進化する
  ↓
上位に表示されなくなる
  ↓
料金を安くても数をこなさなければならない
  ↓
売れなくなる
  ↓
販売終了




まあ、インターネット広告が売れないから
成功報酬での商品であれば
売れるだろうという、結構安易な考えです。

クライアントが求めているのは、
インターネットサービスにおける収益化です。


インターネット広告代理店に
売り上げをつけさせてあげよう
という、奇特なクライアントはいません。



現に、成功報酬型SEOは、
クライアント離れが起こっているような気がします。



もし
「成功報酬型SEOを導入しようかな~」
というお考えになられている方は、
本当にそれが目的を達成できる手段かどうか
再考してみてください。

たぶん違うと思いますので。


じゃあ、SEO対策をどうすればよいのか。


また次の機会に書きたいと思います。
(ご要望があればですが。。。)
「ケータイ」×「トイレ」という仕掛け--NIKKOと松竹に学ぶ口コミの起こし方

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20355165,00.htm


映画のターゲットは女子高生。
彼女たちにどうやってこの映画の存在を伝えようかと考えたときに
思いついたのが「ケータイ」と「トイレ」だった。


松竹 映画部映画宣伝室の清宮礼子氏は
「いくつかの企業に声をかけたんですが、
『メールで●人にこの内容を送るとのろいが解ける』といったような、
同じような企画しか出てこなかったんです。NIKKOさんと話をしている中で
トイレジャックを考えているという話を聞いて、直感的に面白いと思いました」
と話す。

(CNET Japan より引用)

詳しくは、CNET Japanの記事を読んでみてください。



インターネット(PC)では若年層、特に女子高生にはリーチしない、
携帯電話なら女子高生にリーチ出来る。
だったら、女子高生に携帯電話を使って
口コミ(バイラル)で話題性を作り出そう。


ということであれば、
誰でも考え付くことを

NIKKOはあえてシステムや技術ではなく
アナログに落とし込み、プロモーションを成功させてます。
(Fさん、すばらしい)


プロモーションの手法は、結構ゲリラ的ではあるけれど
アテンションを喚起するにはかなり
有効な手法を取ってます。



この記事を見ると
お金を払ってユーザーのブログに
記事を書いてもらうというプロモーションって
どうなんだろう?

と疑問を持ってしまいます。
(SEO施策としては別ですが)




ユーザーが求めていることは
コミュニティーではなく、

コミュニティというスペースを欲しているのではなく

コミュニティにおける共有

つまり
情報の共有、感動の共有、驚きの共有

を欲している。





僕らの高校生の頃の

「昨日、○○のテレビ見た?」

という話題がたぶん減っていて


それに替わる共有を如何に作り出すのか?


その答えが「トイレ」ということだった訳です。


女子高生がひとつの情報を共有したいと
思わせることに注力し、そのツールや
手段は、できるかできないか、それしかない。

この記事を読むと、
他の会社は、モバイルの知識が目的を
邪魔してしまったんですかね。。。


NIKKOは広告会社として
これからも注目です。

電通がSecond Life開拓を進めている。複数の島(SIM)を確保し、
企業や大学を誘致する「バーチャル東京」を8月23日にオープン。
すでに東京放送(TBS)とみずほ銀行がバーチャル東京で活動を始めたほか、
慶応義塾大学の参入も決まっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000030-zdn_n-sci

日本の広告は、どんなに技術がすばらしくても
どんなに革新的なサービスでも、電通が動かないと
マーケットは成立しない。

ベンチャー企業が新しい媒体を立ちあげたら
電通がその媒体を売ってもらえるかどうかが
生命線。

mixiも今は電通が積極的に売っているから
売上が拡大しているけど、電通にそっぽを
向かれたら、それでたぶん終了。

という電通がセカンドライフに可能性を
かけているという記事を読んで、

セカンドライフという空間を
地上デジタルのタイミングを図りながら
新たなマーケットとしてみているのかな?

と思ったり、

地上波TVの広告予算を
費用対効果という広告ではなく、
まだ認知という広告予算として
確保するために動いているのか

と思ったり。


どちらにしても、人が集まらないマーケットに
ナショナルクライアントが広告予算を投下するとは
あまり思えない。

けど、電通の営業力なら
セカンドライフのマーケットは
拡大するのでしょうか?


モバイル広告の黎明期のように
セカンドライフの広告をセットにして


コンテンツに力を入れた
サービスを充実させれば
ある程度マーケットは拡大するんですかね。


実は、このセカンドライフは
ほとんど興味が無いので

どうでも良いのですが。

広告代理店と広告会社

広告代理店と広告会社


つまり、どっちの立場に着くかということ。


クライアントレップの立場

メディアレップの立場。


仕入れの代理業務

販売の代理業務。


それらは似て非なるもの。




インターネットでいうと

圧倒的に「代理店」と謳った会社が多い。

つまり、メディアレップであり販売代理業ということ。





インターネット広告会社
インターネットマーケティングエージェンシー

などは

あまり耳にしない。




インターネット広告業界も
一昔前は

媒体の仕入れ力
媒体情報の速さ



売上に直結していたとことがあったけど


もはや、それらの優位性が

戦略として効かなくなってきた。


つまり、

勢いだけでは

広告主は予算を出さないということ。


広告主も
「何か面白い企画があったら予算は出す」


というあいまいな依頼を広告代理店に言っても

何も出てきやしないし、
出てくるはずがない。



マーケティングの知識と経験を網羅している人材が
圧倒的に不足しているけど、あと5年もあれば
状況は変化するような気がする。



その頃には、
インターネット専業代理店

の大多数は、無くなってしまっているか

東京にも星の数ほどある
雑誌や折込チラシの広告代理店
求人広告をメインとしている代理店。


と同じように、ベンチャーとはいえない企業群の一社でしか
なくなってしまうと思います。

※例外は当然あります。




特に気をつけなければいけないのは、

これから就職活動をする学生の皆さん。


インターネット専業代理店

特に、社員が若い会社や社員数が少ない会社は


老婆心ながら忠告すると

辞めておいたほうが良いですよ。


自分と会社が成長できるフィールドを
求めている方は特に。

SNS最大手のミクシィ、マザーズ上場へ

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060814AT2E1401E14082006.html


上場時の想定公募価格を基にした株式時価総額は約1090億円。

06年3月期の単独売上高は18億円、経常利益は9億円。



マザーズが結構無理やり押し込んだ感が
ありますよね。

もう少し上場までは、
時間が必要だったような気がしますが。


しかし、時価総額がすごいですね。
ネット系企業で時価総額1,000億円です。


はい、これで勢いがとまらなくなるとは
思いますが、


逆に、事業戦略が一歩間違えると
とんでもないことになりそうですね。


インターネットユーザーは移り気が早いので

mixiつまらない

mixi飽きた


という声をいかに押さえられるくらい


サービスを充実させていくのかが


重要でしょうね。



あとは、googleと提携してますが、
打倒Yahoo!、excite、infoseekの戦略を

打ち出すかどうか、非常に気になります。


そういう策士家って

この会社いるんですかね~。

よく分かりませんが。

情報の発信と受信

いわゆるweb2.0という言葉が出てきて

約半年。

ブログやSNSで


インターネットを利用するユーザーの


情報発信の量が確実に増えてきており、

それにともなって、リスティング広告や

SEOなどの広告が、広告主にとって

非常に有効なプロモーション手段となっている。


ユーザーも、まずは

「検索する」

というアクションが、インターネットの基本と


なっている。



ただ、インターネットで得ることができる情報は


それこそ無限大∞に近いので、


必ずこれからは、


ユーザーの「情報受信」の方法も代わってくるはず。



核になるのは、「RSS」


すでにMyYahooも正式版をリリースし、


IE7.0で標準搭載されると、



メーラーやブラウザのブックマークにかわり


RSSが今年の年末には、必ずブレークするはず。




でも、インターネット業界、web広告業界では、


まだまだ注目されていない。



なぜだろう?


と、思うと同時に


これはチャンスかも?


と思っている今日この頃です。