M-1グランプリ:サンドウィッチマン優勝!

テーマ:
<M-1グランプリ>キレる伊達、茶化す富澤 
“想定外”サンドウィッチマン優勝の軌跡

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071224-00000001-maiall-ent



若手漫才No.1を決める「M-1グランプリ2007」の決勝戦が23日、
東京・六本木のテレビ朝日で行われ、サンドウィッチマンが
史上初の敗者復活からの優勝を成し遂げた。

予選を勝ち抜いた8組に敗者復活組を加えた計9組で争われ、

最終ラウンドでは
サンドウィッチマン、キングコング、トータルテンボスが進出。

島田紳助審査委員長や松本人志ら審査員7人のうち4人が
支持する“圧勝劇”で無名コンビが史上最多となる
4239組の頂点に輝いた。

──────


皆さん、昨日のM-1グランプリ見ましたか?

僕もサンドウィッチマンは知らなかったので
サンドウィッチマンの優勝には驚きましたが
審査はかなり妥当だったのではないかと思います。


でも、優勝したサンドウィッチマンといい、
トータルテンボスといい、決勝に残った
3組のうち、2組が関東(関西ではないという意味で)の
コンビが残ったということは、ちょっとうれしいです。


ネタの構成と、ボケとツッコミのバランスは、
僕の好きな「東京ダイナマイト」に似ているかな?

という感じを受けつつも、

なんといってもM-1の優勝者ですので

これから期待です。



個人的には、決勝でもう一度ダイアンの
漫才が見たかった、というのが感想です。

でもなんで、
POISON GIRL BANDが
決勝に残るんでしょうか?

ちょっと疑問。
AD

小島よしおは芸人として成立しているのか?

テーマ:
小島よしお


はい、そうです。
流行語大賞を取った

「小島よしお」です。


はっきり言って、
僕には面白さが全く分かりません。

なぜこんなにブームなのかも
理解ができません。

子供が喜んでまねをするのは
一向に構いませんが、

大の大人が
これを芸だと思っているのであれば

ちょっと悲しいです。





wikipediaでは

芸人(げいにん)とは、

なんらかの技芸や芸能の道に通じている人、
または身に備わった技芸や芸能をもって
職業とする人のことを指す。

また、分野に関わらず、
特に優れた技術を持っている場合に、
その技術を褒め称える意味において
芸人と呼ぶことがある。

と書いてあります。



小島よしおは芸人なのか?

僕はNoだと思います。



別に、小島よしお個人を否定するつもりは
ありません。


なぜならテレビという使い捨ての番組の中で
生まれ、消費財としての位置づけを
彼も受け入れているはずですので、

その点で言うと、小島よしおはプロだと思います。


本当の芸をする芸人を取り上げないテレビがいけないのか、
売れたいという一心で、芸ではない芸をする芸人がいけないのか、

どちらが悪いという問題ではないですが、


テレビがマスメディアではなくなり、
個のメディアとなってしまっている以上は
しょうがないことだと思います。




僕の世代だと

「昨日、ひょうきん族見た?」
「昨日、とんねるずのみなさんのおかげです見た?」

という言葉で一日の会話が始まっていた頃とは違います。


そこには番組を継続してみるということが無い以上

また

リアルタイムにテレビを見る必要がなくなった以上


それだけインパクト勝負で行かないと、

翌日の話題にもならないんでしょうね。




インターネットやハードディスクレコーダーの
影響が、お笑い芸人の方向性にも少なからず
影響を与えているような気がなんとなくします。

AD

使い捨て

テーマ:

小島よしお

すぐに飽きられそうですね。
100%使い捨てされてしまいそうですね。


それにしても
あるあるネタで勝負する芸人が悪いのか、

インパクトだけを求める
業界関係者が悪いのか、


あまりにも笑いが安易過ぎて
テレビに出てくると
100%他のチャンネルに切り替えます。

まるで成人式の日に目立ちたいから

舞台の上に上がって掛け軸を破ったり

市長に向かって
「ハゲ!ハゲ!」

といっている新成人と
なんら変わらないような気がします。


何か笑いを履き違えているような気がするのと、
全然プロじゃないような気がします。



テツとも

なんでだろう。

hata

残念。





















痛々しいですよね。


AD

東京ダイナマイト

テーマ:

tokyo

http://blog.livedoor.jp/tokyodynamite/

ご存知の方も覆いと思いますが、

去年のM-1ファイナリスト

(これってプロフィールとして通用するんですね)

「東京ダイナマイト」

オフィス北野の漫才コンビ


ビートたけしいわく

「ようやくお金の取れる芸人が出てきた」と。


確かに、何度か見ましたが、面白い。


関西の笑いに押されっぱなしの中で、


ツービートの笑いを継承しているというか

ボケとつっこみのバランスがいい。


特に、つっこみの「ハチミツ二郎」は

これからブレークするんじゃないでしょうか?


とりあえず今週の衝動買いということで

DVDをamazonで買っておきました。


楽しみです。

松本レンジャイ

テーマ:

ma


ダウンタウンのガキの使いのバツゲームで

松本一家が早朝行った松本レンジャイ


松ちゃんのお兄さんのブログを

見つけました。


取締役 松本隆博

http://blog.livedoor.jp/udongadaisuki/


ヒューマックス株式会社という会社の

取締役をやってるそうです。


ダウンタウンの松ちゃんの話はそんなに

出てきているわけではありませんが、

松本信者としては、かなり気になるブログです。


これから要チェックということで。




お笑いブームを別の角度から

テーマ:

空前のお笑いブームになってますが、

やはりブームを引っ張っているのは

関西の横綱「吉本興業」

M-1グランプリをみてても(まああれは仕方ないですが)

吉本興業の漫才師ばかりが最終まで残ってます。


ちなみに、「吉本興業」って実は東証一部上場企業って

皆さん知ってました。


レイザーラモンのがんばり?により株価も急上昇中。


ys



ルミネTHE吉本でも大成功してますし、

インターネットやCS放送でも、吉本の漫才や

コントなどのネタを見ることができます。


ちなみに、そのネットやCSを運営している

「株式会社ファンダンゴ」も来月新興市場ヘラクレスに

上場予定です。


http://profile.yahoo.co.jp/biz/fundamental/3797.html


どこまでお笑いブームが続く分かりませんが、

ルミネの成功は、なんばグランド花月のように

東京でも浸透すれば、日本のお笑いを完全に

牛耳ることになりそうですね。


吉本もお笑い以外のコンテンツや事業にも手を出して

ますし、ダウンタウンのガキの使いをDVDで出せば

100万本突破。


しばらくは、勢いがとまらないような気がします。


個人的には、15年前くらいの小劇場ブームが

到来しないかな~、と思いますが

吉本のNSCに500人以上毎年入学することを

考えると、まあ無理でしょうね~。

bm

http://www.excite.co.jp/News/entertainment/
20051226170505/Fuji_EN_320051226011.html


なんか最近お笑いネタばかり書いてますが、

昨日は「M-1」を生で見れなかったので、

PSXに録画してかいつまんで見てみました。


他の人も言ってるかもしれませんが、

ちょっとレベルが落ちたというか、もっと面白い

芸人いるだろう、っていうのが率直な感想です。


まあ「M-1」は既にお笑い界No1のグランプリ

なので、芸人が会場とか雰囲気、審査員に

飲み込まれてしまっているかも知れませんが

もっと笑わせて欲しかった。。。


その中でも優勝した「ブラックマヨネーズ」は

いい味出してましたね。ネタを完璧に作りこんで

いたし、今までの優勝メンバーと並んでも

ひけをとらないレベルにいると思います。


是非これから「ブラックマヨネーズ」には頑張って

欲しい。個人的には「南海キャンディーズ」に

かなりがっかり。。。まあ、仕方ないか。


それにしても「麒麟」と「笑い飯」はもうM-1を

卒業してもいいんじゃないかな。