AQUOS設置完了

テーマ:

32

今日、AQUOS(32型)が届きました!

前にブログに書いたとおり、デジタル放送ではなく
現状アナログ放送での受信なので、

まあテレビが大きくなったかな~

程度で、これからデジタル放送受信できるように

設定します。


でも、やっぱり液晶テレビは大きさの割りに

テレビの奥行きがないから、

部屋がすっきり。


今まで使っていた21インチのテレビは
リサイクル屋に来てもらって

買い取ってもらいました。


ちなみに、2003年製のビクターで
4,000円でした。
(箱・保証書・純正リモコン無し)

これからDVD見ます。

AD

ゴールデンウィークの予定

テーマ:

ゴールデンウィークは

旅行に行かれる方や

遊びに行かれる方など多いかと

思いますが、


僕のGWの予定は、


28日(土) 液晶テレビが届く!!!


とりあえずセットアップして、
DVDを見まくります。


1日(月) 知り合いバーで飲み会


4日(木)友達の家で、子供のお守

     (サッカーの相手)


くらいです。。。。。

本当は、フットサルチームにも

参加したいけど、中途半端にやるのも
どうかなと思い、怪我しそうなことも

あるので、とりあえずGW中は断念。。。


あとは通常通りに、全て仕事の時間にしてます。


日本全体が休んでいるときこそ

競合よりも、半歩先にいけるように。

自分を含め、会社のメンバーがゴールデンウィーク後に

スタートダッシュが切れるように。



日々精進するだけです。



あとは、昨日Amazonで本を5冊買ったので


読みきります。

AD

若い営業マンはまず量を意識した営業を

テーマ:

自分の営業チームの若い営業マンが

実際に営業業務を行っている

時間がちょっと減ってきている。


ヒアリングしてみると

理由はいろいろとあがってくる。

うまくいかないから
悩んでいるみたいだけど、
経験や実績がまだまだ

足りていない営業マンには、

まず、量をこなす(経験を積む)
重要性を説明するようにしている。

(※がむしゃらに営業しろということはないけど)


営業の実績、売上を上げるには

お客さんとコンタクトを取り
営業として提案を行い
それを受注する。


経験がないと、

お客さんとコンタクトを取ることも、
提案を行いことも、
それを受注まで持っていくことも


経験のある営業マンと比べると
効率は当然落ちる。


効率を上げるためには、
営業マンとして経験を積んで、
自分自身のスキルをアップしなければ

営業効率は上がらない。


だから


量をこなさなければいけない。


そうすれば


自分自身の体にしみこんだ経験が

営業のクオリティを必ず上げてくれる。



当たり前だけど、


クオリティの高い(スキルの高い)営業マンが量をこなすと、

量×質で、上げられる実績は2倍にも、4倍にもなる。


どちらが先かということではなく、

若い営業マンは、まずは量をこなさないと
質も上がらないし、量をこなすということもできない。




営業のマネジメントの仕事は、


少しでも
お客さんとコンタクトを取りやすい商材
営業として提案を行うための営業提案資料
それを受注するための営業手法


を提供することで、

営業マンが効率的な営業を行うために

何をすればよいかを考えて実行すること。

がむしゃらに営業を行わないと、

質が上がる(スキルが上がる)スピードも

鈍化してしまい、


何をやってもうまくいかない、

受注できない

つまり

営業実績が上げられない理由を


「商品が悪いから」

「担当している会社・地域が悪いから」

「会社が悪い・上司が悪い」


と責任転嫁をしてしまう。


だって、そのほうが自分自身を傷つけないし

自分を正当化できる。



新入社員のかたも、


今うまくいかないのは、自分のスキルがないからではなく、

ただ、経験していないからだけだし、

経験をつめば、必ず先輩社員のような営業マンに

なれると信じて、がむしゃらに営業していきましょう!

AD

ブログって面白い

テーマ:
最近、直近の記事ではなくて

かなり遡って昔の記事にコメントを

書いてくれる方が増えてきております。


これって、やはり記事に対して

ダイレクトに訪問しているはずなので、

amebaブログの検索

とか

googleやYahoo!の検索



引っかかっているということでしょうね。




このブログのアーカイブって

インターネットを確実に変えていきますよね。



だって、記事を1つ書くだけで

HTMLファイルが1つ出来上がるっていうことは

ブログが出来上がる前に比べたら


インターネット上にUPされるHTMLの数が

半端なく増えるっていうこと。




これははっきりいってすごい!



このアーカイブだけで、

何か視点を変えれば、ビジネスを生み出せそう。。。


とりあえず、ゴールデンウィークの宿題に

しておきます。

人材採用について

テーマ:

業界の知人、友人に聞いても、

IT関連企業、特に未公開の会社規模の小さい企業

は、人材採用に苦労しているむっ

僕の会社も同様。


まずは、求人サイト(エ○ジャパン)などで
募集記事を載せると、

結構応募はあるけど

ドタキャンが多い!プンプン

基本的には、自分の部署の採用には

人員計画から面接まで

ある程度裁量をもって行っているので

できる限りレジュメや履歴書でフィルターを


かけずに多くの募集してきた人には

あってみようというスタンスで

面接の時間を押さえていても


当日ドタキャンで、その後連絡も取れない!


結構このパターンが、感覚的に5人に1人くらいの割合。
(確実に10%以上は、どの会社でもいると思う)

まわりの知人に聞いても、だいたい同じような状況。



これって、ありえないと思いませんか?



断る理由は、「面接に行くのが面倒」でも、「やっぱり気が向かなくなった」


であったとしても、「他社に決まった」といい意味でうそでもいいから

一本連絡を入れるのが、社会人としての常識化と。

これができない転職希望者があまりにも多すぎる。プンプン








ということで、人材紹介会社を利用することが

多くなってくると、

「ITベンチャー」「インターネット広告」「株式公開予定」

というキーワードで

「勘違いしている若者」がとたんに多くなる。



面接をしていると

「一攫千金を狙っている」

「若い会社で何でも自分の好きな仕事ができる」

「若くても責任のある仕事ができる」

というイメージで希望してくる若者が多い。


はっきりいうと、

「そんなに会社は甘くない!」プンプン


実績も経験もなく、

仕事の進め方も分からないような社員に、

責任のある仕事を任せることもないし、


一般企業と同じように、

好きな仕事をやらせるなんてないし、

まずはやるべきことを明確にして

その業務範囲の中で、雑務もある。



給料だって一般企業と同じ程度か、

もしくはスタートは低く設定しており、

給料を上げるのも実績をあげることで、

責任感を自分でつかまないと

決して給料も高くない。



ましてや、株式公開しても、

何千万円分にもなるストックオプションなんて

付与しない。。。


仕事に対する真摯な態度や、

自分自身を成長させようという気概を


もった応募者が、あまりにも少なすぎるし



自分自身ではなく、

「誰かが会社を大きくしてくれて、

その分給料や、ストックオプション、役職などが手に入る」

ということで、

当事者意識が欠如している応募者が多い。



はっきりいって、悩ましい状況が


ここ数ヶ月続いてます。。。。


なんとかこの状況を打破するために、


今は

ビジネスを通じて「こいつだ」という
人材を引き抜けるように動いてます



なかなか時間がかかるけど、

これが一番早いかも知れない。



情熱と誠意を持って、

GW期間は、「採用活動」に力を入れる予定です。

円楽&こん平 笑点勇退

テーマ:

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/rakugo.html?d=photo02mainichiF20060422k0000e040030000c&cat=2&typ=t

笑点が大きく変わるみたいです。

大喜利の進行

進行役 三遊亭円楽 → 桂歌丸




林家こん平 → 林家たい平


春風亭昇太が加入。



落語って、非常に高度なお笑いで

言葉と小道具(扇子や手ぬぐいなど)だけで

30分くらいのストーリーを作り上げる。


当然、一本道で話を進めても

30分という時間は非常に長い。

漫才やコントのように、

掛け合いもできないし、

お客さんをいじったりもしない。


だから、途中で話がそれたりするし、

いろんなところに話をもっていきながらも

最後は、きちんと一本筋の通ったストーリーで

「落ち」まで持って行き

お客さんを笑わせる。



多分、勢いとブームだけで売れている

芸人なんかよりも、よっぽどお笑いに対しての


能力は高い。



ちなみに、歌手の「槇原敬行」は、元落研。

彼独特の詩の世界観は、


落語の流れと非常に似ている(と、ダウンタウンの松本さんもいってました)



話を戻すと、若手と言われてきた「春風亭昇太」さんが

もう46歳というのも驚いたけど、彼が笑点メンバーに


入ったことが非常に楽しみです。


カリスマはいらない

テーマ:

和田 勉
USEN宇野康秀の挑戦!カリスマはいらない。


∞最前線通信
http://ameblo.jp/pilot/

龍司さんのBlogで紹介されていて
非常に興味を持ち、今日一気に読みました。


USENという会社、宇野さんという社長に
ついて今まで正直あまり知らなかったことが
多かったのですが、

経営者として、非常に 「強い」 というのが

本を読んだ実感です。

タイトルに「カリスマはいらない」

と入っていますが、
 
経営のスタンスとして、

いわゆる「ワンマン社長」とならずに、

優秀な経営陣を集めて、方向性とビジョンを

掲げ、実際の現場も自分で動く。



僕は経営者ではありませんが、

リーダーとして、自分に足りないところや

やらなければいけないことを


何か、明確に教えてくれた感じがしました。


「決断」することは、「勘」であるかも知れないけど

その「勘」は、経験してきたことが前提とした「勘」
 
であり、何も全くあてずっぽうでの「決断」というのは

ありえない。


そのために、日ごろからどれだけ情報をインプット

していくかで、「決断」というアウトプットができる
んだな~、と身にしみて感じました。




でも、これを読めば読むほど

「Gyao」というサービスの成長に伴い

「テレビ」って、10年後には、
 
必ず替わりますね。



ということで、今日液晶テレビを買っちゃいました(笑)

来週土曜日にセットアップします。


これです。


LC-32BD2 [32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ] AQUOS(アクオス)

http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_1045_115_22747268/49956736.html



32
ヨドバシカメラ西新宿店で、4/22(土)15時くらいに買いましたが、

198,000円(税込み)

※ポイント13%還元(25,740円)

ということで、198,000円 から 25,740円 を引くと

実質172,260円でした。




でも買うときに、初めて知ったこと。

お店で放送しているテレビって、

「デジタル放送」

なので、

ただテレビを変えるだけだと、

「アナログ放送」を見ることになるので、

「ほとんど映像の綺麗さは変わらない。。。」



ちなみに、僕の場合は、

UHFのアンテナを立てて、


そこからデジタル放送を受信しないといけない。。。


アンテナは、1万円弱だけど、

結構めんどくさい。


知らなかった。。。。



とりあえず、テレビをセットアップするだけして

GW期間中にアンテナ立てます。



液晶テレビを買うときには、


みなさん「デジタル放送」を見れる環境にあるかどうか

確認してくださいね。

ちなみに、BSアンテナでUHFが受信できるものもあるので

何もしなくてもデジタル放送を見れる人もいるみたいなんですが。


通信簿をもらいました。

テーマ:

いきなりですが
昨日、会社から通信簿をもらいました。



とはいっても、学生の時のような

通信簿ではなく、前期(昨年4月~今年3月まで)の

会社全体と、各事業部の実績値の

通信簿です。



今の会社は、売上を上げる事業部が3事業部。

僕は、そのうちの1つを統括しているので


自分の事業部だけではなく、他2事業部の

数字もこの機会にじっくりと確認しました。





今の会社は完全なる事業部採算性ではないので、

「売上」 - 「コスト(支払が発生するもの)」 = 粗利

とだけでしか正確に数字を把握してきておらず、




今回出てきた数字は、各スタッフの給料や

バックエンドスタッフのコストなどの

販管費なども、事業部コストとして振り分けて


計上されており結構生々しい。




でも、ここまでの数字を見て気づいたことは、


まだまだ事業部が、非効率に運営されている。

ということと

利益を出している商材と、利益を生み出していない商材

が、非常に鮮明に見えてきた。



人員とコストを何に投下すれば、

収益が今以上に上がるのか?


という観点で、物事を判断する基準を確立することができる。



もう一つ

他の事業部には、負けたくないという

競争心がより一層強くなったこと。


それは、

事業部としての売上・利益の実績を上げること。


そのために、

自分の事業部のメンバーが、他の事業部のメンバー

よりも実績を上げて、成長させることで
より高いステージでのビジネスをできる環境を用意すること


実に、いい通信簿を会社からもらいました。

これをきっかけに、

また今年1年がんばります。

isoyama

磯山さやかの東京ヤクルトスワローズ女子マネ日記


http://isoyama-sayaka.cocolog-nifty.com/


ヤクルトファンは必見ですね。

本当のマネージャーのように
毎日のように記事が更新されてます。

────────────────────
高校では野球部の女子マネージャーとして
スコアブック付け、

好きなプレーは「6‐4‐3のゲッツー」
という大の野球好き!
────────────────────

単なる野球好きじゃなくて、
ちゃんと野球を知っているアイドルが
ブログを書いているというところが
非常に共感がもてて、

磯山さやかのファンになりそうです(笑)



ビジネスブログを立ち上げている企業が
非常に多くなってきておりますが、

「ヤクルト」という球団の「ファン」を
育てていくという意味でも、


ただブログを立ち上げました。
ブログをどのように運営していけばいいか分からない。

という企業は、

ブログというツール

を使っての
情報提供手段の参考事例にしては
いかがでしょうか?


時間のスキップ

テーマ:

hdd


1年前くらいに、HDDレコーダー(PSX)を買って
結構回りの友人とかには、HDDレコーダーを

推奨してます。

ビデオと同じじゃん、という人がいるけど
使用してみて、何がすごいのかというと

「時間をスキップできる」

ということが、とにかくすごい。


「CMをスキップ」

・・・簡単にボタン一つでCMを見なくて済む

  →1時間番組も、40分くらいで見終わってしまう。



「録画予約をする時間をスキップ」

・・・電子番組表を利用すると、TV番組表を選択するだけで予約完了



「予約する番組を選ぶ時間をスキップ」

・・・「すご録」のように、キーワードをピックアップすると

   対象となる番組が一覧で表示→ボタンひとつで予約完了



「ビデオテープを入れ替える時間をスキップ」

・・・いちいちビデオテープを入れ替えなくてもいい


「テープの巻き戻し時間をスキップ」

・・・見終わったテープを巻き戻すということが必要なし



「ビデオに録画した番組を書く時間をスキップ」

・・・録画した番組がサムネイルと、番組情報が一覧で

   表示されるので、何を録画してあるか一目瞭然



ざっとあげただけでも、ビデオテープとの違いが

これだけあります。


インターネットやモバイルなどから得る情報などを

含めると、消費者が入手する情報量が数倍に

なっている以上、

情報を整理する時間や情報を選択する時間をとられると、

情報を入手する本来の時間が奪われてしまう。

本末転倒にならないように、

忙しい人は持っていて必ず損はないと思います。