iPod Shuffle

テーマ:

────────────────────────────────

さあ、究極のミックスを楽しみましょう。
新登場のiPod shuffleは予想外の楽しさを提供する新しいiPodです。
次に再生される曲は? 今の気分にはぴったり? 今の雰囲気には最高?
とにかく音楽を詰め込んだらヘッドフォンを付けて、
iPod shuffleが誘う音楽に身を任せてみましょう。
────────────────────────────────


iPod Shuffle  買いました。

買ってみて、何日か使ってみて
やっぱり思いました。

これってShuffle機能あんまり関係ないじゃん。

apple社はマーケティングがやはりうまいですね。

(マーケティングのプロではないので
間違っていたらすいません)

iPodブランドを横展開するにあたって、
iPod→iPod mini → iPod Photo
ときて次に何がくるのか?

もっと小さいから、iPod Super Mini?
手軽にiPod easy ?
曲をどんどん変えていこう!iPod Change?

要はタバコの「マイルドセブン」と一緒です。


でも、アップル社は機能としてのShuffleを前面に押した

ネーミングを商品名に押し出しました。まるで、新たに
Shuffleという機能を新たに開発したかのように。

iPod shuffleを利用するシチュエーションや

利用するターゲット、利用方法はiPodやiPod miniと

ほぼ同等だからこそ、Shuffleという機能がもつ「わくわく感」を

前面に押したマーケティング戦略なのでしょう。


でも、自分で使ってみてShuffleという機能は全然
といっていいほど利用していません。
(むしろ好きなアーティストを連続して聞いたほうが
いいような気が?)


iPod shuffleがもつ「小さい」「安い」という商品の魅力を
直接的にユーザーに伝えるのではなく、あくまでこれは
「Shuffleです!」と言い切ることで商品の特性が

浮き出されているような気がします。

安いから買うというユーザーの免罪符?になっていることも
あるでしょう。
iPodを持っているユーザーへも、商品を訴求することができます。
Shuffleという言葉がもっている「わくわく感」は、記憶媒体として
たくさんの曲を保存できる(HD機能)とは違い、「純粋に音楽を聴く」
という機能に特化した商品をイメージさせるからです。

う~ん、なんかうまくいえないけど、
さすがアップル社という気がします。

AD

JR福知山線脱線事故

テーマ:

まずはお亡くなりになられた方のご冥福を

心からお祈り申し上げます。

また、亡くなられた方や怪我をされたかたの
ご家族のやるせない気持ち、お察しいたします。


事故から何日か経過しているので、事故原因や

列車に乗車されたかたのインタビューなどの
情報が日々伝わってきます。


100名以上の方の命が一瞬にして奪ってしまった

JR西日本の責任は当然謝罪、損害賠償で済まされる

ものではありません。


このような事故が自分自身にも降りかかってくる

可能性がないのかというと、ゼロとはいいきれない。

一瞬で自分の人生にピリオドを打たれてしまわれる

ような事態が起こらないとは限らない。

今日を大切に生きる、毎日を充実した1日として

日々成長し続けるということをしなければいけない、

と強く感じます。

AD

楽天11連敗!三木谷さんちょっと違いません?

テーマ:

楽天・田尾監督が困惑 三木谷オーナー発言に

 11連敗中の楽天・田尾監督は28日、三木谷オーナーが27日に

コーチ陣などの配置転換を示唆した発言に対して「もしそう言われ

るのであれば残念。何でこんな(早い)時期に、という気持ちはある」と、

困惑した表情を浮かべて話した。(共同通信)

ってありましたが、これっておかしくないですか?


まずは、マーティ・キーナートGMのチーム編成が

どうだったかを判断しなくちゃいけないのでは???

これじゃあ、部下に責任をなすりつけてるのと

一緒じゃありません???

すごく疑問というか、おかしいって感じるのはぼくだけ?


AD

「ルノアール」のマーケティング戦略

テーマ:

東京以外の人はすいません。
(最初に謝っておきます)

都内で働いているサラリーマン(営業マン)の
オアシス「ルノアール 」について、マーケティングの
視点に立って少し書きたいと思います。

ご存知、平日昼間は営業マンのお昼寝スポットとして
有名なご存知「ルノアール」。(ぼくもたまに行きますが)

実は、あのルノアールは「喫茶店」ではないって知ってました?
「ルノアール」は「喫茶室 ルノアール」なんです。

すなわち、英語にすると
「店」=SHOP
「室」=SPACE

ということで、ルノアールが提供しているのは
コーヒーでも紅茶でもなくて、あくまでスペースです。

すなわち、寝るためのスペースだったり、打ち合わせする
スペースだったり、話をするスペースなのです。

よって、「ルノアール」のコーヒーにおいしさを求めては
いけないのです。あくまで「スペース」を提供している
だけなのですから。

だから平日昼間の営業マンは、お茶を飲みに「ルノアール」に
行くのではなく、寝るために「ルノアール」に行きます。

「喫茶室 ルノアール」は、きちんと提供するサービスと
名前を一致させるという、マーケティングの基本を押さえて
いるんです。


就職活動中の方へ

テーマ:

最近良く就職活動中の学生をみかけます。

 

そういえば自分自身はもう10年も前の話

になってしまっている。

 

その頃自分はどうなりたかったのか?

はっきり言って、何も考えていなかった。

何をしたいのかもはっきりと見定まって

いなかったことだけは覚えている。

 

就職活動をしているかたがいたら、

先輩の一人として、また採用を行っている

会社側の人間としてひとこと。

 

良い意味で就職活動中の学生のみなさまは

何をやりたいのかというのははっきりしていない

はずです。なぜなら本当の意味で社会に出て

いないからです(決して否定しているわけでもなく

やりたいことがはっきりしている人もいると思いますが)

何をやりたいのかではなく、その会社で自分は

何ができるのか?まずは社会人として一歩を

踏み出し、その会社で精一杯やることが一番

重要なことです。

 

自分がやりたいこと=就職

 

と考えている学生の方がいたら、考え直した

ほうが良いと思う。

 

なぜなら、やりたいこととやっている仕事が

違うと考えてしまうから。やりたいと思っていたことも

現実は全て思っていた通りのはずはないから。

 

そうなると必ず転職しよう、と無意識に

逃げにはいってしまいます。

 

就職=自分探しの旅

では決してないので、その会社で何をやりたいのではなく

入った後に何をするかが一番重要です。その経験が

自分のやりたいこと、もしくは他業界でもやっていける

本当のビジネスの力になるものです。
 

 

読書

テーマ:

土日はできる限り本を読むようにしている。

 

ビジネス書から一般の文庫本まで。

 

とりあえず本はネットで買って、

本屋に行ってよさそうな本を大量に購入。

 

家に10冊以上読んでない本がたまってしまった。

 

昔はあまり読書は好きなほうではなかったが

今は非常に本を読むのが面白い。

 

ゴールデンウィークは読書週間にします。

 

おすすめの本って何かありますか?

ミステリー系が今のはまりデス。

待ち合わせ

テーマ:

週末に人と待ち合わせをした。

昼下がりの新宿、昔良く学生のころに

こんな感じだったな~、とふと懐かしくなった。

 

そういえば、3時に新宿でとしか

電話で話をせずに待ち合わせ。

 

3時になったらお互い電話で

どこどこで待ち合わせと。

 

そういえば学生時代は携帯電話が

まだ普及してなかったから、

きちんと時間と場所を決めていないと

待ち合わせとして成立しない。

 

楽になったのか、待ち合わせの楽しみが

なくなったのか?

 

どっちなのでしょうか?

 

帰り道、大学生が新歓コンパの待ち合わせで

ダンボールに学校名とサークル名を書いて

おそろいのジャンバー着ていたのを見て

友人ともう10年前だねと、流れた時間の

長さをしみじみと感じた1日でした。

 

 

ACミランの黄金期(フリット・ライカールト・ファンバステン)の

ファンだった僕は先日ネットで「エモーションズ ACミラン」という

DVDを買って、本日届くのを楽しみにしていました。

 

午前中に宅急便で届いて楽しみにしていたので

今から見ようと思っていたところ

 

なんと

 

VHSテープ。。。

ビデオデッキもう処分してしまった。。

完全にDVDだと勘違い。見れない。。

 

思わず笑ってしまった。。

 

どうしても見たいので、改めてDVDを注文。

 

ヤフオクに出そうかとも思ったけど

面倒くさいので、どなたか欲しい方は

直接このブログにコメントください。

 

ACミランファン(オランダトリオファン)の方が

いたら場合によってはお譲りします。

 

 

 

 

 

採用面接って難しい。。。

テーマ:

今週は営業募集で5名の面接官を行いました。

23歳~30歳まで。

 

職歴もバラバラ。

 

そして、同業種の営業経験者はゼロ。

 

さて、誰を次のステップに進めるか。。。

 

やる気は全員アル。さしてこいつは駄目だという人も

みあたらず。

 

営業経験で採用するか、ポテンシャルで採用するか。

 

ただ、ひとつだけ「営業に自信はありますか?」との

質問に、明確に「あります」と答えた今の社員の

がんばりをみると、この質問がひとつの目安に

なるのかな?という気がします。

 

即答できないということは、自分に自信がない。

もしくは(加えて)、やっていこうという気概、

モチベーションがない、のどちらかだと思います。

 
当然この質問を5人にもしました。

即答した(間をあけずに)のは3人。

 

そのうち、こいつと一緒に仕事をしたいと

思えたのは1人。

 

とりあえず3人を役員面接に進めようと思う。

 

逃げるわけじゃないけど、後は自分ひとりだけではなく

会社として判断しよう。

 

採用面接をしている皆さん、面接の合否の

ポイントはどこですか?教えてもらいたいです。

 

いよいよ公開「交渉人 真下正義」

テーマ:

いよいよというか、踊る大捜査線から

スピンアウトして映画化される「交渉人 真下正義」
5月7日に公開されます。

 

「踊る」はテレビも映画も基本的にほぼ全て見てますが
キャストを見たら、深津絵里もいないし、当然お亡くなりに

なった長さん(和久さん)もいない。。。

 

織田裕二の脇で演技の幅をもたせていた2人が

いなくても、ユースケサンタマリアは大丈夫なのでしょうか?

 

その他のキャストとストーリーでカバーしているのか??

 

一切情報をいれずに、映画館に見に行く予定です。