船橋に憩う ~食の歳時記~

船橋、中山、市川、千葉県をほっつき歩きB級グルメと酒の日々

NEW !
テーマ:

船橋日記の最後は家庭料理こころ。

 

 

 

 

キープの黒霧島は3分の1くらい残っていた。
最近は炭酸割りにしているので女将がなにも言わずとも
炭酸と氷を持ってきてくれた。

 

 

 

 

 

 


白チョーク黒板メニューからホンマグロ中トロ刺550円
と金目鯛刺650円。

 

 

 


「中トロ、脂がのっててにんまりしちゃいますネ。
はやいもの勝ちですよ」

 

 

 


と言うとみな笑った。

 

 

 

 


最近はまだいただいていないものを一品いただくことに
しているので、冷奴(250円)。

夏は絹ごしがひんやりつるっとしていて
喉を通っていきますネ。

 

 

 

 

 


最後は枝豆。
注文が入ってからゆでるから豆の風味よくうまい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家庭料理こころ 食べログ↓
https://tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12023285/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんだか怖いよな。
昨日は都内で熱中症にかかった人が53人もいたんだって。
焼き付けるような日差し。
今日もひどかった。

 

 

 


船橋日記❹は7月19日(水)に法典の湯に行った日記なのだ
けれども、この日もスーパー猛暑って感じだったネ。

 

 


法典に湯にて13時から17時すぎまで湯治し、やや暑さも
やわらいだので船橋駅へと向かった。

缶ビールをレジ袋で隠し・・・またいつもの缶ビール片手
オヤヂ。

2本も飲んじゃってほろ酔い。

どこでひっかけるかなあとあちこち歩いて・・・・

なかなか決まらず・・・・

仲通り商店街のかわり果てた様相に嫌気を感じ、
湊町のほうへ。

 

 

 

 

宗庵の前を通りがかるとたちどまり、缶ビールを飲みつつ
表の写真メニューをながめていた。

厨房の調理師さんがそんな僕を見ていた。

そんなことは気にせずに写真メニューをながめビールを飲みほした。

宗庵って昔から船橋にあるのにあまり話題とならないというか・・・

店を改装しパスタ屋、居酒屋、二郎インスパイア系??、家系を意識
した店などを展開したけれど、また改装工事をしてもとにもどった
のだよネ。

で、離れの店で出していたメニューが集大成されるかのように
宗庵のメニューに刻まれている。

おいおい、歴史を感じてしまうネ(笑)

10年ほど前は船橋にだけあるラーメン専門店と思っていたけれど
水道橋、北千住、・・・・今は忘れてしまったけれど他にもお店が
ある<ミニチェーン>なのだと気が付いた。

あらためて宗庵を見据えるのなら、
船橋にしてみれば九州ラーメンを出す貴重な店と
言えるのではないかしら。

 

 

 

 


神保町や水道橋にはよく行く僕だったから、
いつぞや水道橋店に行こうと出向いたのだけれども
ちょうど閉店した頃で店はなくなっていたっけ。

でも、その当時からあった北千住の店は営業しているのだから
行ってみたいと思う。

そんなことを考えていると宗庵の今が知りたくなって
衝動的で入っていったナルナルだ。

6年ぶりの訪問であった。

 

 

 


あいかわらずBGMはジャズだった。

麵屋武蔵がBGMにジャズを流すようになって増えていったのだよネ。

あの頃はパシオ系なんていうラーメン屋もずいぶんと雑誌などで
ひっぱりだこだったネ。

だから10年前は宗庵って・・・おしゃれなイメージのラーメン屋
さんだったのではないかしら。

 

 

 

 


この写真は12年前・・・2005年4月15日撮影。
初めて行ったときの写真だネ。
何枚も撮っているけれど当時使っていたツーカーの携帯が
写っているので載せちゃいます(笑)

 

 

 

 


さて、2017年に戻します。

 

 

 


メニューは簡素化され少なくなっていましたネ。

それと新しく加わったものもあるみたい。

「おつまみ&デザート」というこのメニュー・・
なかなかそそられるものがある。

まずは三点盛り(380円)でビールを飲もう!

その後でラーメンを注文しようと思った。

 

 

 

 

 

 

ところがだね、運ばれてきた3点盛りがあまりにも
豪華でネ。
ラーメンはやめちゃったよ。

 

 

 


たべごたえある分量でチャーシューの下に盛られたネギもどっさりこん。

こりゃええわい(笑)

チャーシューも厚みがあってボリュームもあるし380円はお値打ちだ。

居酒屋ならテーブル料とかお通し料がかかるわけだから激安とも言えるネ。

 

 

 

 

チャーシューは味がしみていて外側は炙られたような感じだネ。

メンマも味たまも塩加減よくビール(490円)のつまみに最高だネ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宗庵 船橋店

本町3-33-11

電話 047-425-6536

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大昔は夏と言っても涼しくて風鈴だけでよかったんだよなあ(笑)
この暑さは異常だな。
暑さに弱い人は体調を崩してしまうネ。
肉の山崎で買ったカツサンドを食べながら国府台駅へと向かった
のだけれどもハンカチで額の汗を拭きながらようやくたどり着いた
って感じ。
国府台まで来たのだからいろいろ見るものもあろうが、
この暑さじゃダメだなあ。
そのまま京成線で西船駅に向かおうと思ったけれどカツサンドだけでは
なんだか物足りない。
かといってきちんと定食などを食べてしまってはカロリーオーバーである。

 

 


駅近くの
ラーメン屋さんの餃子ライス400円っていう写真入りのメニューを
見つけたのでいただいてみることにした。
なんだか古めかしい趣だ。
最近のラーメン屋というよりも20年くらい前の印象を受ける。
大将はいかにもラーメン職人といった風情でなれた手さばきで
仕事に徹している。
奥さんがご主人と呼吸をあわせちょうどよいタイミングで
餃子がやきあがるように調理している。
寸胴から豚の背脂の塊をとりだし背脂を散らし丼にわけ、別の寸胴から
スープを注いでいく。チャーシューもその都度切りわけていた。
お隣さんにラーメンがカウンター越しに渡された。
おいおい、なんだかうまそうなラーメンじゃないか。
餃子ライスのライスをやめてラーメンにしてもらおうと思ったけれど
もう遅いよなあ。

 

 

 

 


餃子ライスができあがった。
ライスの盛りがよいのでちと困った。
なので、ライスにドウバンジャン、ラー油、醤油を
かけて食べた(笑)
餃子は手作りのよさが出ていて美味しかったネ。
冷凍しているのだと思うけれど野菜の新鮮さを保っているって
感じネ。
さあ、このあとは京成線で西船駅へ。
そして西船橋駅へ。
武蔵野線で船橋法典駅。
法典の湯へ向かうことにした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
麵屋てつ 食べログ↓
https://tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12019673/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新橋で納品を終え、総武線快速。市川駅で下車。
肉の辰野が閉店してしまい残念。少し歩くけれど
肉の山崎を開拓したくなった。
大門通りをすすむ国府台駅ちかくになったあたりにあるお肉屋さんだ。

 

 

 

 

ともかくマスコミで頻繁に紹介されているので名前だけは知っていた。

女性スタッフ数名。お惣菜を揚げているのも
女性でした。そのせいか、なんだか優しい感じの味でした。

 

 

 


<一番人気山崎コロッケ110円>
挽肉がたっぷり入っていてじゃがいもは甘い。もしかすると
お砂糖を少し使っているのかも。

 

 


<昔なつかしのハムカツ110円>
ハムと衣としっかりなじんでいる。ソースをたっぷりかけて
食べたくなった。

 

 


<じゃがべー100円>
昔から雑誌で紹介されていたネ。じゅん散歩でも
紹介された。北海道産じゃがいもを国産ベーコンで包んで揚げたもの。
ベーコンもたっぷり。

 

 


<山崎カツサンド280円>
雑誌などで紹介されるのはこちらではなくメンチカツサンドだけれども
昨日はカツサンドが食べたかったからこちらにしてみた。
揚げたてだったからかしら、衣がカリカリとしていて
ふんわりやわらかくしっとりとしたサンドイッチパンと
食感の違いをたのしめました。

 

 

 

(サンドイッチは夏なのでお店の中にある場合もあるとのこと。

コロッケサンド、メンチカツサンド、カツサンド)

 

 

 

 

*カテゴリーを「船橋のお肉屋さん」にしましたが、

国府台近くに位置していますので船橋ではありません。

 

 

 

 

 

<追記>・・・山崎支店となっているので本店を検索してみると

平井にある店でした。で、待てよ??・・・実はそのお店でいろいろ

揚げ物を買ったことがあったのを思いだしました。

ブログにはアップしていなかったようですが、以下アドレスの

日記に平井のやまざきで買ったコロッケでコロッケサンドと

いう記述がありました(笑)

http://ameblo.jp/ratabi/entry-12248138314.html

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肉の山崎支店

http://ichikawa-mama.sakura.ne.jp/yamazaki/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログにお立ち寄りいただいている皆さま。
2週間前に突然めまいがし右目が数秒間完全に見えなくなりました。
しかし数秒間だけで両目はしっかり見える状態にもどりました。
これまで大きな病気もしたこともなく入院も一度もなかったので
かなりショックを受けてしまいました。
翌日、心臓のエコーと脳のCTをとりました。
今朝、結果をききにいきつけの医師まで行きました。
女医さんなのですが明るい笑顔でなにも問題がないという結果内容でした。
皆さまにはほんとご心配をおかけし、またメールやコメントで弱い僕を
はげましていただき力づけられました。
ほんとうにありがとうございました。
この後、8月に脳のMRIをとることになりましたが、まあこれで
安心といったところであります。
医師からは法典の湯でサウナに入り水風呂に飛び込むということは
絶対によくないと言われました。
僕がやっていることは民間療法でありサウナは脳の血管もせばめて
しまうのでダメだということでした。
「船橋にいかなくともいくらでもできます」
と言われてしまいました(笑)
適度な運動、水分補給、食事もくみあわせ1年間に3キロは
痩せるように言われました。
11年間、よもぎスチ―ムサウナで健康をたもってきたことは
しかし事実であります。
この健康法を変えることは考えておらず、かならず水分を補給
しながら10分以内にとどめ水風呂にいきなり飛びこむという
ことはやめることにしました。
ヨモギスチームサウナに入る回数と入っているときの時間を
短くし、その分、炭酸泉や源泉に多く入るように変えます。
この2週間、精神的にまいってしまい、今朝も結果をききに
いく前にややパニックに陥っていました。
ほんと神経が弱いです。これは成毛家の遺伝。
祖母からの遺伝で、亡き父と自分にそのまま受け継がれている
のです。もっと男としてたくましくならないとと思います。
そしてこんな知識もなく馬鹿な僕から失礼となることを承知で
弊ブログのいくばくかの方方にお願いします。
僕の発作がおこったのは、睡眠時間を削り毎日4時間程度でした。
また疲れとストレスをためこんだまま、休みがとれないときに
起きています。睡眠不足、過労、これが原因と医師からは言われました。
FBにもブログにもそういった忙しくされている方をみかけるので
ほんと自分だけはと思わずに即座に身をまもってください。
僕も頑張ります。
ほんとありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます
梅雨明け宣言でましたネ。
これから暑い日が続きますが体調管理、気を抜かないように
していきましょう。
僕は舞台芸術の世界で写真や動画を撮ったりという仕事を
していますが、先月はメッチャ忙しくて精神的にもまいって
しまった。
そして今月は暇なのだけれども先月撮影したものを編集したりと
それはそれで忙しい。
やっぱり神経が弱いのでやられぎみです。
労働と余暇のバランスがとれているということは大切ですネ。
でも、なかなか休みがとれずにいたのです。
この11年間、僕は船橋法典駅から徒歩7~8分のところにある
源泉かけ流したちより温泉「法典の湯」に週に一回行くことで
健康を保ってきました。
11年前を思い起こすとやはり若かったと思います。
仕事が忙しく法典の湯に行っていたけれど、行けばかなりしゃっきりと
してまた頑張っていたから。
最近の僕は週に2回法典の湯に行けば元気になれるというくらいに
体力も気持ちも衰えていると感じるのです。
そのように気が付いたのだからもっと元気になれるように
生活もあらため11年前に戻れるようにしたいと思います。
40代と50代ってたしかに違うわけで、自分がその年齢に
なってみないとわからないものなのですネ。
つたないブログだけれども立ち寄っていただいている方方の
中にも僕と同じくらいの年齢の方方がいらっしゃる。
みなさん、健康でいられるよう祈ります。
そしてよい健康法があれば教えてください。
また病気の方もいらっしゃる。
病気に負けないようマイペース、あせらずに頑張っていきましょう。
そしてよくなることを祈ります。
さて、法典の湯で健康維持という話しから健康の話しになりました
ので話しをもどします。
ということでやっと昨日は法典の湯に行くことができ
危険な状態から脱しました。
温泉はあう、あわないということがあると思います。
自分は秩父に住んでいたこともあり、秩父のいろいろな温泉を
めぐりました。
鉱泉もふくめて。
草津よりも成分がよいという温泉もあったり、
そこは毎年秩父の仲間と2回食事会をしているのだけれども、
法典の湯のほうが僕には効能があると確信しているのです。
その人にとってきく温泉というのがあるのだと思います。
東京湾近くの温泉は黒湯で船橋でなくとも大井町、蒲田、
あちこち同じような温泉があるのですが、同じ黒湯温泉でも
土地土地で違うのです。
法典の湯の源泉は泉質分析表を見ても金属イオンが豊富で
他の黒湯よりもいろいろな成分が含まれているのではと
思います。
源泉かけ流しでの湯治は翌日かわじわじわときいて
くるのです。
またよもぎスチームサウナも僕にはあうようで
汗をしぼり毒素も身体から出してしまうということに
プラスしてよもぎの効能もあるのではと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「昨日の法典の湯」
とくに変わったことはなかったけれど、
嬉しい知らせ!!


毎年恒例の「生ビールフェア」
自分は法典の湯では食堂を利用しないのだけれども
2年前だったか、生ビールフェアだけは食堂を利用しました。
実にうまいビール。温度管理もよくて。
なので今年は3杯は飲もうと楽しみにしています。
ただ7月31日から8月8日まで文化庁の仕事で
毎日夕刻まで撮影があるためこの期間は船橋には
行けないのです。
8月9日にはすっとんで行こうと思います!!
昨日の法典の湯はまずこの看板を写真にメモし、
入館したらまずは下総中山駅へのバスの時刻表を
やはり写真にメモ。
本数が少ないので下総中山駅に行く場合、困るのです。
浴場に行くといつもの風呂仲間はいないかなあと
見まわした。しかしこの日はめずらしく誰とも
会わなかった。昔から勤めているパートさんが
いつも僕を見ると笑顔で挨拶してくれる。
そんなパートさんの笑顔が嬉しかった。
11年通っているとほんと昔からいるスタッフさんや
風呂仲間に癒されるんだよなあ。
しかし、法典の湯は11年前から通っている人は
いるにはいるけれどあまり目立たない。
しばらく来ていたなあと思うとぱったり来なくなって
しまうケースが多い。
ご高齢の方はそれでわかるけれど僕と同世代、ないし、
若い方も毎日来ているのにぱたっと姿が見えなくなる。
疲れもあっていつものように椅子に座って眠った。
法典の湯ではぐっすり眠ってしまうのだ。
サウナのマット交換で台車を出すときにスタッフさんが
大きな声で通りますと言う。
いつもその声で突然目が覚める。
そして・・・変な話しだけれども・・・・
死ぬということはこういったことなのだろうなあと思うのである。
法典の湯で眠っているときに夢を見ていることもあるし、
夢を見ずにただ眠っていることがある。
そんなときパッと目が覚めると眠っていた時間、まったく
なにもないというその状態が死んでいると状態なのだなあと
思うのだ。
まあよほど疲れているからそんな眠り方をするのかもしれない
けれど、法典の湯は再生工場だと思う。
自分がふたたび生きて元気になっていくという意味で。
午後1時に入館し5時過ぎに出ることにした。
一階の散髪屋さんの前をとおると11年前から勤めている
感じのよい美容師さんが僕を見て挨拶してくれた。
僕が11年前から来ていることをご存じで、埼玉の
遠いところから来ていることもご存じ。

「このあいだ雑誌にこーやってのってたね」

と僕が雑誌に載っていたポーズをとると隣にいた
お客さんと一緒に笑った。

隣のお客さんから有名人になったのかなどと
ひやかされていた。

身体も軽くなりとりあえずバッテリー充電。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「梅もと 小田急エース内」
明治9年創業。
スタンドそば第一号店は新宿西口小田急エース内
と公式サイトに記されているので、
小田急エース店が本店みたいなものだネ。

http://www.umemoto21.co.jp/shop/shinjuku.html


梅もとはたちぐいそば本でもとくにピックアップされる
こともないのだけれども、草分けというか、すごい
店なんだよなあ。

スタンドそばとしては梅もとの本店と考えてよいのでは
ないだろうか。
だから本店ということでここでは進めていきますが、
今回、初めての訪問でした。

ちょっとわくわくしたネ。

 

 

 

(510円のそばとうどんのセット)

 

 

 

 

 

 

この日のサービスは牛丼セットだったので迷わずそちらを。

店内は広く、明るく、清潔。
スタッフさんも好印象。
厨房の様子はなんとなくだけれども昭和っぽく感じられた。

梅もとは、神田神保町(閉店)、船橋、船橋イトーヨーカド(閉店)
と3店の味を思いだしつつ比較してみた。

比較すると言ってももう味の記憶も薄れてしまっているので
印象となってしまうけれど、やっぱり本店が一番美味しいと感じた。

 


本店のそばは昭和の時代によくあった駅のホームのぶんにゃりと
したそばだかうどんだかわからないあれではなく、やや細めで
さっくりと切れるはざわりがいい。


つゆはほんと慣れ親しんだ普通の味なのだけれども、塩加減が
いいと感じる。しょっぱくて出汁の味が隠れてしまっていたり
とそういったことがない。かえしもやったら甘いということも
なくすっきりと喉をとおっていくネ。


つゆもそばも美味しいのだけれども、たちぐいそば本を
賑わす名店の味には届かずっていう感じかしら。
揚げ玉はお店で揚げたのかしら。
できあいのもののような感じもしないではない。
でもつゆを含むとお店で揚げた天かすのような風味となるのだネ。
わかめがけっこう入っていて別にいらないんじゃない?って
思ったのだけれども、このわかめもものすごくよいわかめでは
ないと感じるもののなかなかうまくて、はいっていてくれて
よかったと感じた。

 

 

 

 


牛丼は盛り付けがしょぼい感じ・・・ごめんなさいね、単刀直入
で。
でも肉が柔らかくてよい味でなかなかグットでした。
割り下というか、つゆがちょっと創意がないというか・・・
辛口コメントでゴメンなさい。
で、これで510円っていうのはかなり頑張ってるなあと。
名前はださないけれどたいした味でもないのにたぬきが
500円するようなチェーン店もあるわけで。
やっぱり本店っていうのはのれんを売っているというか、
勝負してるって感じだネ。

 

 

 


実は梅もと本店をめざしたわけではなかった。
昨日はカメラを曙橋に返却しそのあと新橋に向かうので
都営バスで新宿に向かったのである。
いつもは歌舞伎町停留所で降りるのだけれども
終点の新宿西口で降りてみた。
理由はなかった。
ただなんとなく。


そしてJRへと向かおうとしたら小田急エースの看板!!
で、思い出して・・・ここにあったのかと!!
それで初訪問となったのだネ。
たちぐいそばチェーンは多々ある新宿だけれども、
チェーン店で一押しは梅もと。
他はバカ高かったりサービスが悪かったり
店が混雑しすぎていたりあまりよい印象はないからネ。
これからは新宿でたちぐいそばという場合は梅もと
にしよう。
さあ、朝ご飯はがっつりと牛丼セット!
新橋へ納品に向かおう!!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんですかねえ~~
いろいろ語りたいことがあるのだけれども、
またも酔っぱらっているし、やめときますわ。
俳句のように短くまとめて言うならば、
疲れてしまって嫌になっちゃったってこと。
疲れてもういやってことを長々と綴っても
面白くもなんともないからネ。

 

 

 

 

 


行きも帰りも大渋滞・・・
渋滞で疲れてしまったナルナルだけれども、
今日は八王子で仕事。
ラーメン大好きオジサンなのでぜひとも八王子ラーメンをと
思っていたのだけれども時間がない。
許された時間は40分だった。
炎天下の中、現場から10数分歩きTシャツを汗でぬらして
竹の家へ。

 

 

 


もちろんラーメン食べ歩きを始めた30代の頃から存じていた
店だけれども、今回、はじめてでした。

 

 

 

 


八王子ラーメンと思いこんでいたけれど違いました。
八王子ラーメンじゃないですネ(笑)
店構えといい、雰囲気といい、ご主人とスタッフといい・・・
味といい・・これって書きはじめたらとまらなくなるって
感じネ。
だから短くまとめて・・・死ぬまでに一回は食べてちょって
ことネ(笑)
20年前に買ったラーメン本が・・今、手元にあるのだけれども
竹の家のラーメンはまったく同じ。
そして若いご主人の写真。
厨房で元気よく仕事をされていたご主人!!!
おお、20年後の実物のご主人を拝見というすばらしいラーメン
体験だったネ。

 

 

 

 

 


仕事が終わって、星の家をめざした。
3年前に母と弟と3人で行った。
3年前の記憶がよみがえってきた。
しかし臨時休業のようであった。
で、・・・・で(笑)・・・帰宅してまた発泡酒だの酎ハイだの
飲んでのアップ。
すんまへん・・・・

 

 

 

 


昨日のワイズマーマン氏の竹の家コメントがなければ
僕はみんみんか星の家(臨時休業だったから任意の店に行った
ことだろう)で終わったと思う。
はじめての訪問だったけれど竹の家体験ができたこと・・・
ワイズ氏には感謝であります。

 

 

明日は曙橋⇒新橋という予定。

 

 

編集がたまっているけれど明日は新橋からそのまま総武線快速に

乗って船橋方面でランチの予定。

 

法典の湯で疲れをとろうと思う・・・

体力も精神力ももう続きそうもない・・・

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


なんですかねえ~~
法典の湯に行きリセットできたものの、また1週間が過ぎバッテリー切れ。
ところが仕事があって法典の湯に行けず、結果、仕事ははかどらず
頭もぼーっとしていて全身に疲れを感じている・・・・
労働と余暇のバランスがとれているということは大切だネ。
6日働いたら1日は休みがほしいものだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先週、船橋市場に久しぶりに行き甚安さんで青森県産スルメイカ10杯
550円を買った。刺身で食べらえるものだったけれど前日の残りと
いうことでこんなに安くしてくれているときいた。
さらにおまけしてもらって500円だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


帰宅し翌日掃除して半分は干して半分は冷凍した。
朝に干したのだけれどもお客さんが来られ編集をしたので干していることを
忘れてしまった。
夜に行ってみるとするめになっていた。
軽く干そうと思っていたのだが(笑)
ところがこのするめがけっこう美味で。
軽くトースターで焼いてたっぷりのマヨネーズで。

 

 

 

 


こりゃええわい(笑) 酒のあてになる。
するめにするって便利でいいや。

 

 


残りはゲソ天そば、焼きイカ、イカ天丼にして食べた。
どれも美味しかったけれどイカ天丼はヒットだったネ。

 

 

 


甘~~い天タレを仕立てて食べた。夏には甘い天ダレたっぷりで
食べるのがいいネ。
せっかく市場に行ったのなら多少高くても鮮度バッチシで刺身に
して食べたらいいのにとも思ったのだけれども、500円で10杯
食べるっていうお得感も捨てがたいネ。
甚安さんはほんと久しぶりだったけれど、青果売り場から入っていって
すぐにある仲卸しさんだ。
僕のような一般個人客に親切で、とても買いやすいお店だネ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
甚安
http://funabashi-ichiba.jp/marine/5071/


・・・・・・・・・・・・・・
<近況>・・・今日中に完成させなければならない編集をやっていて
まあ夜にはできあがりそうだ。はやめに終わるのなら<いるまの湯>
にでかけよう。50代後半ともなると40代のようにガンガン働く
って難しくなる。疲れ安くなるし・・・温泉や銭湯がなによりだ。
いるまの湯は430円と激安スーパー銭湯。スチ―ムサウナが気に
いっているのさ。いるまの湯に向かう途中に<アカテング>という
ラーメン屋があって前々から気になっている。
今日・・・行けたらいいなあ。
そして明日はかなりしんどいスケジュールだ。
曙橋から八王子に移動し芝居の撮影をする。終わって八王子から
曙橋へともどる。一部、機材をレンタルするから機材の返却を
するために曙橋に行くのである。みんみん以外でおすすめの

メッチャおいしい八王子らーめんってあるかしら。

八王子駅に近いあたりで。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月10日(月)、法典の湯を出て船橋でいろいろ買い物を
済まし京成線で大久保へ。中国東北家庭料理「桂香」に向かう。
ゆうろーど商店街を歩きあともう少しというところで
こちらに向かって歩いてくる桂香の常連Kさん。

 

 

 

 

「桂香に来たの? 今日は臨時休業だよ。
昨日、オーストラリアから帰ってきたから。
昨日、臨時休業だったからもしかしてもう少ししたら
来るかもしれない」(*註)

 

 

 


「そうッスかあ、じゃあ、鳥吉でちょっと時間つぶして
みますよ」

 

 

 

 


桂香を通り越し立ち飲み屋の「鳥吉」へ。
エイコク堂さんのブログhttp://www.bgg-eikokudo.net/entry/2017/06/16/053000
で、鳥吉が移転したことを知ったので様子を見てみたかった。

たしかに移転しており、その先にかつての店がそのままあるのを

確認。


・・・ところがどうも満員御礼ということで再び桂香へともどることに。

 

 

 

 


で、予想したように桂香の向かいにあるネパール・インド料理の「ポカラ」の女将に見つかってしまった。

 

 


大久保 ポカラ
http://ameblo.jp/pocara/

 

 

 


ポカラの女将は船橋の老舗大衆割烹「あまから屋」で働いていて、
かつてから大久保に店があるので来てくれと言われていた。
女将は桂香に行くたびに僕をみつけて、時には桂香まで追いかけて
きて誘うのだった。

 

 

 


今回は桂香は臨時休業ということだから女将に誘われるまま
お初に伺うことにした。

 

 

 


ネパールのビール(800円)、チキンカレー(750円)、
チーズナン(500円)=2050円

 

 

 

 

 


・・・コリアンダーや
クミンでベースになっているというよりいろいろなスパイスの中に
感じられるといった配合?全体にあっさりとしており
ややしょっぱめ。さらっとしている。チキンが丁寧に骨を
はずしているので日本人にはうれしい。
チーズナンはタンドールではなくオーブンなりトースターで
焼いたような感じであった。
甘味が強く面白い味わいだ。
これまでに巡ったインドカレーの店では一番メニューが揃って
おり僕にはまったくわからないものも多々あった。
学生の町だから学生だけのサービスメニューがあり、そちらは
価格もおさえている。

 

 

 

 


店内はこんな感じ。
ちょうど籠池さん・・・・テレビに映っていましたネ(笑)

 

 

 

 

「あまから屋 夜の調理長林さんの話し」


で、僕はあまから屋の話しがききたかったのでポカラママにきいて
みることにした。
ポカラママ・・・ネットで検索すればお名前もわかるし
どこかで紹介されていたけれど、ここではポカラママと
呼ばせてもらおう・・・・は日本に来て言葉もわからない
時にあまから屋で働いていたのだそうだ。
はじめて働いた店があまから屋であったという。
16年間あまから屋で働き、出産と子育てでしばらく
休み、閉店する2年前から復帰し計18年間働いたという。

 


なるほど僕があまから屋に通いはじめた頃にはポカラママは
おらず、閉店の2年前にお店でみかけることとなった
ので、外国人の新人さんと思っていたのである。


ポカラママははっと思いだしたように言った。

 

 


「林さん、林さんきてくれるよ」

 

 

 

 

あまから屋の夜の部の料理はすべて林さんが作っていたし、
僕にとってあまから屋の料理というのは林さんの料理なのであった。
もちろん昼に仕込んでおいて昼にも出していたものもあった
けれど、オーダーしてから調理するものは当然ながら林さんが
作っていたというわけだ。

割烹着が似合うとても感じのよい方だった。

林さんにとってはポカラママは御弟子さんのようなもので、
なつかしさもあって大久保まで足を運んでいるのかもしれない。

僕が桂香に来ていることも林さんにポカラママは話したそうである。
毎回誘うけれども一度も来てくれないと林さんに話したそうだ。

また社長さんのことも気になっていたのできいてみると
船橋の自宅で暮らしているとのことだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<近況>・・・またも仕事がたまってしまい船橋に行けない日々である。
明後日18日は朝から深夜まで過密スケジュール。
八王子駅にあるホールで芝居の収録だ。
八王子と言えば八王子ラーメン。
ラーメン食べ歩きをはじめた頃は八王子までただラーメンを食べるために練馬から出かけていったものだ。
当然ながら明後日はなつかしの八王子ラーメンだネ。
19日からやっと休みがとれそうだ・・・
だから次回の船橋は19日か20日となろうか。
月末から10日間、西荻窪にて毎日文化庁の仕事が入っているので
10日間休みなしとなる(笑)
ほんと休みがなかなかとれず・・・困ったものだね。

 

 

 

 

 

 

*註・・・・オーストラリヤで暮らしている娘さんがお孫さんを

連れて一時帰国。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。