低学年で上手い選手とは?

テーマ:
低学年の指導にかかわるようになり、低学年の試合を見ることも増えました。
その中で上手い選手、将来性がある選手とはどのような選手について、よく聞くのは、身体能力が高い選手、ドリブルが上手い選手です。
1人で何人もかわしてシュートを決める選手は、目立ちますし、誰にでもわかりやすい上手い選手です。
ただ自分の上手い選手の基準は少し違います。

低学年のうちはお団子サッカーがほとんどです。そのお団子の中を1人でドリブルでかわしてシュートを決めるにはどうしたらいいか…答えは簡単ですよね。
目の前の相手を順番に抜いて行ければいいということです。要は目の前の選手が抜ける選手であればいいわけです。
簡単に言えば、僕が低学年の試合に出たら全員抜いてシュートを決めることができます。あたりまえですが。ただそこから何かを得られるのかどうかは別の話しです。

そんな中でもどうやってドリブルを効果的に使うのか、パスを使うのか、いつ、どこで、どのようなプレーを選択するのかを考えながらプレーしている選手、そのような選手は石川ではあまり見ることはできません。低学年に求めているチーム、指導者も少ないのかもしれません。
でも、そこを低学年のうちから求めていくことがこの先ののびしろになるのではないかと僕は考えます。

このジュニア期になにをするかは非常に大きいと思います。いい選手と言われてた選手も頭打ちになることもよくある話しです。それは実際に見ていて実感してます。符津スポーツ少年団では、この部分にこだわっていきたいと思います。
AD

共感

テーマ:
久しぶりに読書でもしようと本を購入しました。
{E0D221F7-E13A-4D3B-9AFB-E5666194B8CC}

1/3くらい読みましたが、共感できるところが多いです。
てか指導者になってからバルセロナのメソッドに興味を持って勉強してきたのである意味あたりまえですが…

この考え方についてもっともっと石川でも広げて行きたいという思いはあります。なかなか見当たらないので。
まずは符津スポーツ少年団の子供達に落とし込みをしていきたいと思います。


AD
『フィジカルとかスピードとかを重視するなら符津にいる意味がないですね』

昔、保護者の方から言われた言葉です。

ジュニアの年代ではフィジカル、スピードに頼るサッカー、早熟の子が活躍するサッカー。それを否定する訳ではありませんが、僕はそこに頼らないサッカーを目指してきましたし、今もその考えは変わりません。
フィジカル、スピードはそのうち追いつかれる可能性が高いし、もしそこに頼らなくても勝てるとしたら…

そこの質の追求をぶれずにしていきたいです。

ちなみに、トレセンは少し考えが違う気はします。
AD

若葉旗見てきました

テーマ:
昨日は若葉旗のU11決勝戦とU12の準決勝の2試合を見てきました。
やはり公式戦で多くの観客、勝ちたいというプレッシャー、強い相手、テレビ放送、など普段のサッカーができなくなる要因がたくさんあり、難しい環境だったのかと思います。普段のサッカーを見たことないのでわかりませんが話を聞く限りはそんな感じでしょうか。
難しい状況であるあのような場面でこそ普段のサッカーができる、内容にこだわることが石川のサッカーには大事なことではないかと思います。
具体的なプレーで言えば、例えばキーパーを含めたビルドアップ、キーパーからのボール、ゴールキック、ゴール前の判断、など。
まだまだあるとは思いますが、誰もがわかりやすいところで言えばそういうとこでしょうか。
そういう内容にもこだわってうちも取り組んでいきたいと思います。
{E1C8A3FF-9F08-403D-9F69-83C7013682BC}


中日新聞に掲載されました

テーマ:
符津スポーツ少年団サッカー部OBの西出琥珀選手のエリートプログラム選出について、今日の中日新聞に掲載していただきました!
{FB63AAF6-CC66-40BF-96F2-6EF51D25371D}

符津スポーツ少年団OBからは2期連続になります。
去年も中日新聞さんに掲載していただきました。

{B8F89FFB-958C-4B65-82BE-9D6B10A2DB09}

二人とも定着するように頑張ってほしいです!

また、日曜日には加賀地区中学校大会で南部中学校が優勝しました。符津スポーツ少年団OBが6人スタメンで出場しました!おめでとうございます!県大会でも頑張ってほしいです。