新館・今日も美味しいね

料理・スイーツ

旧館はこちら。

http://ameblo.jp/atchamn/

旧館は現在、アメーバなう記録となってます。
以前のブログは旧館右側のサイドバーにあるTheme List、
もしくはArchivesから2011年7月以前の記事をご覧下さい。

旧館はもともとお料理ブログだったので

(ワンコ用の手作りご飯やおやつのレシピもあります)

レシピ検索は こちらサイトマップ からどうぞ。
全てのレシピは載せてませんが・・・

りんご関係のレシピは 旧館トップページ のメッセージボードにまとめてあります。

リンゴのシチュー 等、自慢のオリジナルレシピです。

宜しければご活用ください。

ペコリも思い出したら投稿してますw

http://pecolly.jp/user/profile/567024


合格合格在の主なレシピ投稿先はこちら~合格合格

http://cookpad.com/kitchen/10948691


クックパッド転載のレシピ記事の中にある画像はクリックで大きくなります。

アメブロ用に少し大きめで投稿してあるので、参考にされる際はクリックしてみて下さい。


宝石赤宝石赤宝石赤ブログもこちらで始めました宝石赤宝石赤宝石赤

https://atchamn.cookpad-blog.jp/


ここはほぼクックパッドからのレシピ転載場所になってます。

アメブロにスマホ対応の新ブログも出来たようですが、

ここからの引越し機能もないため今後もクックパッドを主体にしていく予定です。

(2015.11.)


ここ新館はIE、キツネ、クローム、サファリ、オペラで確認していますが

IEのみ一部崩れます・・・。

IEのバグらしいけど修正入んないままIE開発終了とか・・・。ぐすん。



$新館・今日も美味しいね



ひっそりと別館もオープン!

http://ameblo.jp/shampootorinse/



テーマ:
取説そのままの基本レシピで完全HBお任せ焼きです。
 

一度だけ初回の捏ねの後(イースト投入前)ゴムべらでケースのふちについたのを
落としただけであとは何も触ってません。
今まではHBで焼成してた時も生地の状態を確認しつつ、
一度捏ねたら電源を切って、それからバター投入して再度電源オン。
捏ね終わってからも生地の確認してまだならまた捏ねて、
良ければ取出し、ちょっと生地を叩いてから丸め直してケースに戻し発酵。
羽根はもちろん焼成前に取りだして焼いてたのですが、
今回はお試しなのでそれら全て無し。楽でいいわw

表面の気泡はHBだし、許容範囲かな。
画像右側の膨らみが少し小さいのは最終発酵前の生地の偏りが原因です。
HBには普通に良くあることなのでスルー。
改善させるには自分で綺麗に丸め直すだけです。
手捏ねしたことなくて丸めたい方はググったりして丸め方を調べてみて下さいね。
捏ねまわしてると生地が傷んじゃいますので。

捏ね上がりの生地はやっぱり少し手を加えた方が良いかな。
それでも前の機種よりは良く捏ねられてる気がしました。
ただちょっと生地がべたつき過ぎるほど柔らかかったんですよね。
暖房入れてるから室温高くて水分多めになったのかもしれません。
普段ならレーズンでも加えて水分吸わせてたでしょうけど今回は敢えてそれもせず。
HBならそれでも捏ねあげて焼けちゃうのが強みですね。
この時、他のことしてたのもあってチラ見した程度だったから
捏ねあがった画像を撮ってないので画像はありません~。

焼成直前くらいの最終発酵終りかけ画像は撮れました。



イースト投入後の捏ねでケースについた生地を落としてないのでケースのふちが
ちょっと汚れてます。
生地自体は綺麗に膨らみました。
室温は恐らく25度前後あるので(風邪キャリア持ちの猫たち仕様w)
HBにとっても発酵に寒さでの妨げがないんじゃないかと思います。
寒さで上手く膨らまない場合はHBに段ボール被せちゃうと良いそうですよ~。

粉もレシピ通りに250g使ってることもあるのか、今のHBはこういうものなのか、
てっぺんに大きなボコボコした感じの形は見られません。
粉量を変えて試してみないとわかんないですが、良い感じです。
うちはさすがにこれ以上は粉量を少なくして焼く必要なさそうですけどね。

さて、焼成後のカット面はこんな具合。
カット前の画像は見事に撮り忘れw



カット時の段差は無視してくださいあせる
食パンの生地は縦に伸びてるのが良い状態です。
斜め上に伸びてるように見えるのは最終発酵前の生地のまとまり具合か?
まぁ許容範囲でしょうか。
底の方はやはり羽根が影響して潰れてますが、
前機種のように羽根を付けたままだと団子状になったりなんてことはありません。
ケースからつるんと出せるのでクラムが押し潰されなくなったんですね~。
全体に気泡は水分多めの生地だったのも多少影響してるだろうと思うし、
HBお任せでここまで焼けたら十分!

前の機種と比べてクラストは若干薄めで食べやすくなった気がします。
どちらかというと以前の機種は皮がやや厚めだったからこれでちょうど良いかな。
クラストに関しては好みが大きいでしょうけど、カリッと焼けてるし問題ないです。

ちなみに・・・
クラストは皮(食パンなら耳の部分)のことでクラムは内側の生地のこと。
パンの専門用語ですね。

この記事を書いてる今、2回目のお試し焼きが焼き上がりました。
「ふんわりパン・ド・ミ」と書かれた、粉のうち薄力粉が20%使われるものです。
これは以前の機種にはなくて、インバーター機能が搭載されてのお目見えかな?
これ、クラストまでふわっふわ!
まだ完全に冷めきらぬうちにカットしたら柔らかすぎて一苦労。
通常ならほんのり温かい程度でここまでは苦労しないんだけど。
クラストが余り好きでない人にはかなり良いかもしれません。
(冷めたらそこまでふわふわじゃなくなりました~。)

初回お試しで焼いた食パンに話は戻します。

一番気がかりだった底の穴!
何か大きさが比較できるものと撮るべきでしたね。
これじゃよくわかんないか・・・汗



中に見えるクラムは団子のような食感の潰れた状態でないのは見てとれます。
ケース底を回転させてないので羽根を回してないために押し潰されてないんですね。
折角おいしく焼けても最後に潰しちゃったら意味ないですもんねぇ。
改善されて何よりです。



カットしたら穴はこんな感じ。
どこかにお持たせするには無理があるけど、家庭内で消費なら問題ない範囲かな。

するんと抜けるようになったケースですが、ただ一つ気がかりなことが。
ケースのフッ素加工がいつまで持つかですね。
このケースのフッ素が本体と同じ寿命まで永らえてくれるのか・・・。
以前の機種は10年持ってます。
今回も本体がそこまで頑張ってくれたとしてもケースはどうなんでしょうねぇ。
予備を今のうちに買っておくべきか? ちょっと思案中。

そして、この機種の液晶表示画面はこんな感じ。



焼成に入る直前に撮ったものですが、さすがに画像じゃわからないけど
発酵の文字部分が点滅状態になってます。
蓋を開けなくても何の工程をしてるところかわかって、
焼き上がり時間も一目でわかるのがパナの便利なとこですね。

ただ、以前の機種BT153はメニュー表示が番号なんかじゃなくて
ちゃんと「食パン」とか「パン生地」という感じで文字で出たんですよね。
だから作る時にいちいち取説で番号確認なんていらなかったんですが、
この機種はメニューが多くなったせいなのか全部番号表示。
36もの番号を覚えられるわけない汗
番号表作ってどこかに貼り付けるなりしないとこのままじゃ使いにくいです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新調しました。
前のが2006年製のだからおよそ10年ぶり。
ちょっと比較しつつの覚書兼ねて~。
 

購入したのはパナのSD-BMT1001。
この色と1.5斤焼けないことでなかなか決められなかったけど
これと候補に挙がったタイガーのHBが2013年以来ずっと新製品が出てなくて、
このまま撤退されても困るので見送り、パナとなりました。
タイガーは土鍋のケースが魅力的で、毎日パナのHPと見比べっこしてましたDASH!
タイガーの方が美味しいお餅搗けそうだったんですけどね。
時期的にも捨てがたい機能ではありましたが・・・w
 

以前のHBもパナのSD-BT153。
経年劣化のせいか、この1年ほど生焼けするようになってきて。
10年以上経つんだし、修理に出すより買った方が早いですからね~。

私は生地作りだけも多々なので手持ちのパン型に合わせたものが欲しくて
1.5~2斤サイズのSD-BMT2000と最終的には迷ったのですが、
メーカーさんへ直接電話してあれこれと相談したところ、
機能的にはBMT1001の方が上だとわかりました。
何だったかがBMT2000には搭載されてないとか。
↑肝心な何だったかを忘れたwww
それで出来ない何かがあったんだけど・・・w すみませんあせる

10年も経てばやはりいろいろ進化はしてるものです。
いまやご飯が材料として入れられるのは当たり前。
それまでの機種だと炊いたお粥をいれないとダメでしたからね。

ちなみに・・・
元SANYOで開発されたGOPANはお米から作れるというもので、
自宅で米を粉にして焼きたい方向け。
お米を粉に磨り潰す機能がついてるんだそうです。
BMT1001でもパン用米粉を使えば米粉パンは作れますから、
この米を磨り潰すという機能がどうしても欲しいという方向けですね。

他にもいろいろ進化していて、あれこれしばらく遊べそうな勢いです。
インバーターモーター搭載で手捏ねじゃ作れないようなマーブルが出来る機能や
生チョコ、ジャム、コンポートまで作れるボタンがあったり。
煮た小豆があれば餡子も作れるボタンが。
そういえばリーガルのHBはアイスクリームが作れたんですよね。
アメリカのメーカーですが、MKがOEMとか一時言われてましたけど
今はどうなんでしょ。
アイスクリームも作れるってのがいかにもアメリカらしいですよね。

また、BMT1001の取説には10年前とは比べ物にならないほどのレシピが
記載されていました。辻調のレシピもあって、これはちょっと試したいかもビックリマーク
以前の機種についてた取説のレシピはほぼ基本レシピのみだけ。
私は全くと言うほど使いませんでした。最初の試し焼きだけだったかも?
今回のこれはちょっとテンション上がってしまいました音譜

その付属レシピ。
10年前のものと比較してみました。
同じパナの基本食パンでも微妙に配合が変わっています。
機械が進歩して変わったからなのか、辻調が関係したからなのかは謎ですけど。
ここにレシピを転載して良いのかわからないので直接は載せませんが、
極々基本の食パンレシピをベーカーズパーセントで比較してみたところ、
全体にリッチな配合になっていました。

砂糖、スキムミルク、バター、塩。
砂糖以外は小数点以下の量で増えています。
砂糖は4.3%から6.8%にまで増えていました。
イーストはおよそ0.1%の増加です。
厳密には0.1も四捨五入して繰上げてますが。
これは・・・機械云々の前に美味しくなったに決まってますねw
水分に関しては3%減っていましたが、他の材料が増えた分
減らしてもふんわり感は損なわれないでしょうしね。
前の機種がまともに生きてるならこのレシピで焼き比べてみたいところですが
残念ながらそうもいかず~ダウン

この新機種でもうひとつ嬉しかったっこと。
この長いミトン!
キッチン家電でミトンがついてくるのはよくあるけど、長いのは初めてでした。
(少なくとも私は!)
数年前に購入した同じパナのオーブン ビストロ付属ミトンも普通のだったし。
パンケースを取り出す位置がちょっと高いところにある場合なんかだと 手首下あたりが火傷しそうになったりしません? これならそれも防げそうですよね。 うちは買換えて大きさが小さくなったことで置く場所を変えたので もうその心配はないんですが、これ、オーブンで使いたいラブラブ
そんなに喜ぶなら自分で買えば良かったんじゃないかと言われそうですが
買うほどでもないんですよねぇ。あんまりミトン使わないからww
あったら嬉しいモノってとこでしょうか

最後にもうひとつ。
今回一番進歩したなぁと嬉しく思えたのはパンケースからスポンと
パンを取出せたこと。
古いパナのHBを使用してたらわかると思うのですが、
これがなかなか取出せなかったのですよ。
ケースの底の羽根を回転させる軸のようなところを捻って取出してたので
羽根がついたままだとパンの底に巨大な空洞が開いたりなんてことも。
この機種でも多少は穴開きますけどね。
(次の記事でその空洞画像載せます。)
それでも底だけ生地がほとんどないようなパンにはなりませんでした。
焼成後に底を潰して穴開けちゃうと、その上のクラムにも影響しちゃいますからね。

実際に焼いてみた画像は次の記事で~。

あ、肝心な味はさすがにリッチな配合だけあって普通にいけます!
これを毎日の味にしちゃう人もきっといるはずの美味しさです。
もちろん、小麦やイーストの種類で変わるでしょうけどね。
最初の試し焼きで私が使用したのは赤サフと日清のパン専用小麦粉。
普段こういう時はイーグルを使うのだけど諸事情あって何年かぶりで
この粉を使用しました。
一応、私の定番はハルユタカなどの国産小麦とイーグルの1:1のブレンド。
最近はその定番の配合すら忘れそうなほど焼いてませんでしたけどね~べーっだ!
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
旧ブログからの転載。
アップしたのは既に6年も前。
ヤマモモなんてそうそう手に入るものじゃないので(少なくとも都会では)
実はこの時以来、作っておりませぬあせる

だってスーパーで売ってないし~
6年前に購入した野菜売りのおっちゃんのところには今はもう行くことないし~
(父が畑を始めちゃったんでね)
ヤマモモが手に入らないんだもんダウン

なので、世間的にも需要なんてないだろうと思ってすっかり放置してたのです。


ここ最近、ロードス島戦記のオンラインゲームにすっかり嵌っててクックパッドも放置気味。
これではいかんなぁと過去レシピから漁って半ば無理矢理にアップしてみたら
なんと「フルーツソース」の人気検索レシピトップ10入りえっ
本日25日付で6位でした。
どうもありがとうございます!!


いやはや、全く何が人気レシピになるかわかんないものですねぇ。

ちなみに元レシピはこちら



◆素朴な感じが好きなのでレシピでは濾していませんが、
気になる方は手順2で取出した後に濾してから使用して下さい。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2つの具材にドレッシングの少な目材料をどんどん放り込むだけ!
よーく冷やして食べて下さいね。
ちょっと目を引く夏のサラダです。


氷水等で冷やしたスープジャーに入れてお弁当にも!
食べる頃にはしっかり味が馴染んでます。

◆使用するEXVオリーブ油はフルーティーで油臭くないものを使うのがコツ。
 このオイルで味は大きく変わります。
◆蜂蜜は癖のないアカシアやクローバーをうちでは使ってますが、
 お好みのもので♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明治のさいておいしいモッツァレラのモニターレシピです。
テーマはキャラクターもの。
atchamnのHNの由来はうちの猫、アッサムから取ったものなので作るならやっぱり猫でしょ音譜
出来上がったら、ネズミだとか言う声もありましたが・・・あせる



さいたチーズを貼り付けた中身はマッシュポテトです。
玉ねぎをアクセントに入れ、塩・胡椒しただけのシンプルなもの。
チーズの塩気があるのでマヨを加えてません。

顔の模様は海苔を利用してもう少しなんとかしたかったんですけどね。
うちの猫、特にアッサムの方が大好物なんです。鰹節より好きかもしれない。
海苔の缶の蓋を開けるだけでどこにいても聞き耳立てて走ってやって来るほどで、熟睡しててもめちゃくちゃ眠そうな顔しながら起きてきて、気づいたら横にいますw
だから海苔なんて使おうものなら撮影はもちろん、デコだって出来やしないので諦めました。

背中の模様とお皿にちょこんと描いた肉球跡は苺ドレッシングです。
これも私のオリジナルなので、もし作られるようでしたらケチャップなどで代用して下さいませ。
苺ドレッシングはレシピを上げようにも、秤も使わずに適当にフープロでガーッと混ぜちゃったんで自分でも詳細な分量わかりません汗
憶えてたら来年の苺の季節にちゃんと計量してアップします~あせる



◆下に敷くサラダはポテサラ感覚でお好みの具材をどうぞ。
◆11の段階で冷蔵庫で冷やしてもいいかもしれません。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。