日本シーレーン問題研究会

近い将来「日本の生命線(含むシーレーン)」となる南太平洋、特にパプアニューギニア(PNG:Papua New Guinea)周辺の情報を先取りして分析し公開しています。


テーマ:
少し遅くなってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。本年も、よろしくお願い申し上げます。読者の皆さんにとって、今年が幸多き一年となりますように心から願っております。

さて、1月9日(土)に放送されましたチャンネル桜の人気番組「闘論!倒論!討論!」に出演いたしました。昨年末の「ヨーロッパの崩壊と野蛮の台頭」に引き続き、二度目の出演となります。

チャンネル桜「闘論!倒論!討論!」 1月9日(土)放送
YouTube:
討論!「平成28年 日本大予測」1/3
討論!「平成28年 日本大予測」2/3
討論!「平成28年 日本大予測」3/3



今回のテーマは「平成28年 日本大予測」というものであり、前回に引き続き、各界で高い業績をあげておられる諸先輩の末席に座らせていただくことが出来ました。出演したパネリストは以下の通りです。

パネリスト:
 潮匡人 先生(評論家)
 加瀬英明 先生(外交評論家)
 加藤清隆 先生(政治評論家・拓殖大学客員教授)
 久保田るり子 様(産経新聞編集委員)
 高山正之 先生(ジャーナリスト)
 筆坂秀世 先生(政治評論家・元参議院議員)
 丸谷元人(ジャーナリスト・危機管理コンサルタント)


今回も何度か発言をさせていただきましたが、それについて、YouTubeやニコニコ動画等で小生の名前を挙げて応援をして下さった皆様に対し、この場を借りて心から御礼申し上げたく存じます。

また現在、オーストラリアの北部準州ダーウィンで、日本とオーストラリアの友好促進のため、そしてシドニー近郊における慰安婦像設置に対して戦い続けた平山幸子さんからも多くの情報をいただき、わずかに一部ではありましたが、発言をさせていただきました。

平山さんをはじめ、世界各国に住んでおられる多くの日本人の皆さんもまた、日本のために物事を真剣に考え、また日々戦っておられますが、そういった皆さんと一緒に手を携えて、日本という国をどこまでも守っていきたいと願っております。

それでは、今年一年も何卒よろしくお願い申し上げます!

AD
いいね!(23)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、月刊誌『Voice』2016年1月号に掲載した記事『パリ同時テロで始まる「新・冷戦」』(Voice S。
PHP研究所)が、Kindle版で発売になりました。


Voice』2016年1月号
『パリ同時テロで始まる「新・冷戦」』(Voice S)


ファイルサイズは「509 KB」、紙の本の長さは18 ページとなっております。もし月刊誌『Voice』をまだお買い求めになっておらず、Kindleをお持ちの皆様には、この機会に是非、拙稿をお読みいただけましたら嬉しく存じます。そしてその上で、Amazonにコメントなどをいただけましたら幸甚です。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます!
AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日出演いたしましたチャンネル桜の3時間討論番組『ヨーロッパ解体と野蛮の台頭』は、YouTubeやニコニコ動画での公開からすでに1週間が経過しましたが、その間に第1部だけでも7万回以上のアクセスがありました。また、特に第2部では、YouTubeとニコニコ動画のいずれにおいても、私の名前を書いて温かい応援をして下さった方も多く、そんな皆様に対し、この場を借りて心より深く御礼申し上げます。数少ないファンの皆様があのように書いて下さるおかげで、私自身はとても勇気づけられております。

今回の番組で初めて私の名前を知って下さった方も多いと思いますし、「なんだ、過激なことをいう奴だな」と思われた方も多いかと思います。また中には、「そこまで言って大丈夫か?」とご心配をして下さる方々もいて、とても嬉しく思っておりますが、私が発言している内容は、私自身の体験談や分析を除き、すべて
海外の新聞や雑誌、政府機関の機関誌などの「公開情報」によって得られているものであり、もちろん秘密情報などは一切ありませんので、どうかご安心ください。そもそも、そんな「どこかの国の秘密の諜報ネットワーク」にアクセス出来る立場には一切ありませんし、そんなものがあれば、もっとそれらしく文章を書き、本もはるかに多く売れているはずです。

また、私の言動はたまに「反米的、あるいは反欧米的ではないか?」などと捉えられてしまうことが多いのですが、私は「親米」でも「反米」でもありませんし、「欧米嫌い」でもなければ「外国人嫌い」でもありません。
オーストラリア人とは「大東亜戦争(捕虜虐待等)」や「捕鯨」の問題を巡って随分ケンカや議論もしましたが、今でも非常に仲の良い人が多いですし、一緒に仕事をしたアメリカ人やイギリス人、フランス人などの友人らとの関係も強く、また、私のかつての大親友は中国人(漢民族)でした。韓国の友人らの中には、竹島や慰安婦問題で大喧嘩をしたものの、今ではとても仲が良くなった人もおり、学生時代には「チェチェンに核爆弾を落としたい」「日本にはいつか日露戦争のお返しをする」などと言った酔っぱらいロシア人と殴り合いをして、最後には二人とも疲れ果て、酒を飲んでゲラゲラ笑い合ったこともあります。

また、一仏教徒であり、神社にも参拝する者として、欧米の長いキリスト教文化に敬意を抱きつつ、同時に神秘的なユダヤ教やイスラム教の奥深さにも惹かれてしまう人間です。人類がこれまで紡いできた文化伝統と歴史の深さに圧倒され、昔の世界を夢想することにロマンを感じる身でもあります。そんな私は、ただひたすら、日本という国を少しでも良くし、強くしたいと思うがゆえに、自ら集めた情報に「限られたわずかな体験」を加味して分析するという手法で文章を書くようにしております。そもそも、他国に対してはっきりモノを言えず、独立の気概を失った無知な国など、一体どこの国が頼りにし、あるいは信頼することがあろうかと思うからです。そのためには、世界の人々が当たり前のように持っている知識や感覚くらい身につけないと、勝負のスタートラインにも立てません。

私の中には、戦後に腑抜けのようになった日本人がもっと団結してしっかりせねば、そのうち世界から置いていかれてしまう、という危機感があるのですが、そ ういう意味では「確信犯的・(戦後)日本嫌い」であるかも知れず、時に日本人が耳に痛いことでも、言うべきはハッキリと言わねばならないと考えている次第です。そして、そんな危機感を前にすれば、アメリカだのヨーロッパだの、ロシア、中国、韓国などはある意味で二の次なのです。

私の発する情報は、海外のジャーナリストや知識人の多くが有している情報に過ぎませんが、それを聞いて多くの皆さんが驚かれるのは、つまりそれだけ日本国内の大手メディアが重要な問題を報じて来なかったことに起因するのではと思っていますが、そんな知的教養の穴を少しでも埋められるような仕事が出来ればと願っています。

2016年の3月以降、ハート出版さんより新刊を出版させていただく予定ですが、そこでは、
将来の若い世代に強くて安定した国を残すため、たった一度の敗北でここまで骨抜きになってしまった戦後日本を見直すような文章を書きたいと思っております。改めて、少しでも多くの皆様にこれをお読みいただくことが出来るのであれば、著者としてこれに勝る喜びはございません。

その日を目指して、目下執筆中でありますので、引き続き、皆様からのご声援をよろしくお願い申し上げます!
AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この度出演をいたしましたチャンネル桜の人気討論番組『闘論!倒論!討論!2015』(3時間)のURLを以下にお知らせいたします。YouTubeやニコニコ動画では、公開から12時間ほどで、すでに何千人もの方が視聴されており、多くのコメントをいただいております。

今回、私は初参加でありましたが、何度もお話をさせていただくことが出来ました。超一流の諸先生方を前にして、稚拙な表現しか出来なかったと反省しておりますが、お楽しみいただけましたら幸いです。

12月19日放送 「ヨーロッパ解体と野蛮の台頭」(YouTube)
チャンネル桜 討論番組「ヨーロッパ解体と野蛮の台頭」1/3
チャンネル桜 討論番組「ヨーロッパ解体と野蛮の台頭」2/3
チャンネル桜 討論番組「ヨーロッパ解体と野蛮の台頭」3/3 

参加者は以下のとおりです。
 小浜逸郎 先生(評論家)
 高山正之 先生(ジャーナリスト)
 西尾幹二 先生(評論家)
 馬渕睦夫 先生(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)
 宮崎正弘 先生(作家・評論家)
 渡邉哲也 先生(経済評論家)
 丸谷元人(ジャーナリスト・危機管理コンサルタント)

引き続き、よろしくお願い申し上げます!

丸谷元人 拝
AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お陰さまで、12月4日に発売となった『学校が教えてくれない戦争の真実 ─日本は本当に「悪い国」だったのか』(ハート出版)が、Amazon(昭和平成部門)で第6位となりました!!

改めて、皆様に心からの御礼を申し上げます!!




いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。