固ゆで卵で行こう!

ハードボイルド・冒険小説をメインにした読書の日々。


時に映画やRockな日々。またDragonsを応援する日々。そして珈琲とスイーツな日々。


テーマ:
映画 ホビット 決戦のゆくえ ポスター 42x30cm 写真 The Hobbit: The Battle of the Five Armies Lord of the rings 映画 ホビット 決戦のゆくえ ポスター 42x30cm 写真 The Hobbit: The Battle of the Five Armies Lord of the rings

The Hobbit: The Battle of the Five Armies
売り上げランキング : 20833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画「ホビット 決戦のゆくえ」を観てきました。


三部作の完結編となる本作ですが、前作が「ここで終わり?!」という終わり方でしたので、公開を首を長くして待っていたファンも多いはず。


原作は言わずと知れたJ.R..R.トールキンの『ホビット』。

もともとが子供たちの為に書かれた冒険ファンタジーという事で、後の『ロード・オブ・ザ・リング』とは、例の指輪と一部の登場人物以外での繋がりは薄いんですが、この映画版では大きな序章であるように描かれてボリュームアップをはかられているのが大きな特徴でした。


実際に三部作を観て、うまいこと整合させてるなぁといった印象を受けます。

原作には出てこないレゴラスを始めとした登場人物が物語に厚みを加えると共に画面に華を添えています。


この辺は原作ファンとしては賛否両論あるかと思うところですね。

個人的には無理に三部作にしないで、楽しくてちょっと切ない冒険活劇な映像を観てみたかったと思う気持ちの方が大きいかな。


なにはともあれ“ホビットの冒険”を見事に映像化してくれた事に感謝したいですね。




注意!ここからネタバレあり(観てない方、これから原作読む方は要注意!)※
















さてさて、完結編となる本作も上映時間は150分と長丁場でした。

しかし、その時間を感じさせない映像と展開は見事。

五軍の戦いの場面は圧巻です。


しかしながら、そこにポイントの比重があるせいか、逆に物足りなく思わせる部分があるのは残念なところでしょうか。


トーリンが正気に戻る場面の演出が分かりにくい(なんだかあっさり正気に戻り過ぎない?)

五軍の戦いは一体どうやって終わったの?(原作ではワシたちの応援と共に第二部で登場したビヨンが最後に怒りのあまりか膨張して巨人のようなクマの姿で現れ敵を蹴散らし、総大将を打ち取ると敵は逃げ出します)

戦いが終わった後、はなれ山はどうなったの?(原作ではトーリンの従姉であるダインが〈山の王〉となっています)

アルケン・ストーンはどうなったの?(原作ではトーリンと共に埋葬されています)


などといったところが描き切れてなくて残念。

もしかしてDVD化される際にまたスペシャル・エクステンデット・エディションに大幅に未公開シーンが追加されるんじゃないかと期待です。



映画の方はラストは予想通りイアン・ホルム演ずる後のビルボが登場し、あの誕生日とガンダルフを迎える場面で終わりました。

でも原作であったように、ガンダルフとバーリンがビルボの元を訪れるほのぼのとした場面も観たかったですねぇ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 ボーナスパック【Blu-ray1枚+DVD2枚組】 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 ボーナスパック【Blu-ray1枚+DVD2枚組】

アミューズソフトエンタテインメント 2013-11-01
売り上げランキング : 27996

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ようやく映画「探偵はBARにいる」の続編「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」を観ました。


原作は東直己の「探偵はひとりぼっち」なんですが、こちらは長編シリーズ4作目となります。


映画自体は主人公の“俺”と高田のコンビぶりが前作以上に相棒としての関係性が強く描かれていて、よりバディものとしての楽しみが強くなっています。


もっとも高田の強さも半端ないせいで、コミカルさもまた増しているのですが、これは全編通してもコミカル度は増している事もあって、それほど違和感は覚えないというか、これはこれで観てて楽しいし、こういうスタイルとしてこのシリーズが確立された感があります。


ただ、やはり話としては強引さが目立ちますし(特にマスクして主人公を襲ってくる謎の集団とか)、映画オリジナルの登場人物のヒロインもどこか浮いてるように見えるのがマイナスポイントでしょうか。


原作の方はこの話の前に「消えた少年」という作品で主人公に恋人が出来るのですが、映画の方はとうぜん出てきません。


映画オリジナルヒロインに主人公が惹かれるといった場面もないので、ヒロインとして弱いってのもあるかも。


それでもやはり“俺”と相棒の高田のコンビぶりは楽しい。


原作とは更に乖離していってもいいので、二人の活躍をまたスクリーンで観てみたいもんですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ホビット 竜に奪われた王国 ブルーレイ&DVD セット(初回限定生産)3枚組 [Blu-ray] ホビット 竜に奪われた王国 ブルーレイ&DVD セット(初回限定生産)3枚組 [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2099-01-01
売り上げランキング : 186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


遅まきながら映画「ホビット 竜に奪われた王国」を観てきました。


三部作の第二部という事ですが、正直第一部はそれほどハマれなかったんですよね。


無理やり三部作にしたために冗長になった・・・そんな印象があって。


そんな訳でこの第二部もそれほど期待してなかったんですが、しかしながら期待してなかったせいもあってか予想以上に楽しめました。


次々と新たに物語が展開していき、160分以上ある上映時間も長さを感じませんでした。



さて、「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚としての側面を強く押し出す為に原作には無い場面も多々あります。


そしてその為か原作にあった場面は削られてしまうところも。


その中で残念なのは、やはりビヨルンの元での休息する場面。


この辺はほのぼのと出来る場面なので、ゆっくりと楽しみたかったところです。



原作に無いもので登場したもので最たるものの一つはレゴラスの登場などですね。


「ロード・オブ・ザ・リング」のファンを取り込むためなのかどうかは知りませんが、彼の登場は画面が華やかになりますね(笑)。



さてさて、この第二部のラストは思いっきりのヒキで終わっています。


「えぇ、ここで~!」と思った方も多いはず。


早く完結編が観たいものです(;´▽`A``




新版 ホビット 上: ゆきてかえりし物語 第四版・注釈版 新版 ホビット 上: ゆきてかえりし物語 第四版・注釈版
J.R.R. トールキン ダグラス・A. アンダーソン J.R.R. Tolkien

原書房 2012-11-06
売り上げランキング : 39297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新版 ホビット 下: ゆきてかえりし物語 第四版・注釈版 新版 ホビット 下: ゆきてかえりし物語 第四版・注釈版
J.R.R. トールキン ダグラス・A. アンダーソン J.R.R. Tolkien

原書房 2012-11-06
売り上げランキング : 41447

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
図書館戦争 ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray] 図書館戦争 ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray]

角川書店 2013-11-13
売り上げランキング : 561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画「図書館戦争」をレンタルしてきて観ました。


アニメ化された方は観てませんが、原作の方は愛読していたので今回の実写化も楽しみに。


映画の方は原作の一巻なんですが、原作の良さを引き出しつつ映画というエンターテイメントに昇華させていてるといった印象でしょうか。


特にキャスティングはほぼ完璧でしたねー。


主演の岡田くんのアクションはもうキレまくりで格好いいし、そして榮倉奈々もキュートな笠原郁となってて良かったですね。


ただ個人的にはアクションシーンというか、戦争シーンは長過ぎかなと思いました。

この辺はもっと思い切りカットして、その他のドラマを見てみたかったです。


なんといっても原作の一巻分なので、物語としては完結してない訳で、原作を読んでない人には分かりにくい部分もあったかと・・・。


なので恋愛的要素を強めにするとか、主役二人以外のエピソードも増やして印象づけたりして欲しかったかなと。


あ、それだと映画という尺には収まらないかな(^_^;)


でも、楽しめることは楽しめたので、完結まで映画化されてくれたら嬉しいなぁ、なんて思いました。



図書館戦争シリーズ 1-6巻セット 図書館戦争シリーズ 1-6巻セット
有川 浩

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-09-08
売り上げランキング : 5281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
るろうに剣心 豪華版 [Blu-ray] るろうに剣心 豪華版 [Blu-ray]

アミューズソフトエンタテインメント 2012-12-26
売り上げランキング : 2111

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ようやく映画版「るろうに剣心」を観ました。


原作はジャンプ連載時にリアルタイムで夢中で読んでた思い出深い漫画。

映画はそれをどのように表現されているのか、期待をあまりせずに観ました。


この映画のなにが一番いいかっていうと、剣心役の佐藤健くんじゃないでしょうか。

最初にキャストが発表された時にピッタリだと思いましたが、実際に見るとやはりピッタリ。

とぼけたような普段のときとシリアスな抜刀斎なとき、どちらもピッタリ。

もう健ちゃんファンは必見ですね。

戦い方も見事な演出で格好いい。

仮面ライダー時代から応援してるので、こういう格好いい姿を見れるのは嬉しいです。


逆に残念なのは左之助。

ただの喧嘩好きなチンピラぐらいにしか見えず戦いの場面ももうちょっと凝って欲しかったところ。


惜しいのは斎藤一。

演ずる江口洋介は良かったのですが、牙突を放つ場面がいまひとつでした。

あそこも格好いい演出を見せて欲しかったです。


ストーリー自体は原作を元に広げすぎず、狭くなりすぎずで、物語の展開の若干の唐突感は否めなかったですが、その辺は原作を約二時間でまとめようとするところある程度はしょうがないんでしょうかね。



さて、この映画版は続編が二部作として公開されるんですね。

今度は蒼紫とか出てくるんですね。

うーん、楽しみ。





るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス) るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)
和月伸宏

集英社 2010-11-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。