固ゆで卵で行こう!

ハードボイルド・冒険小説をメインにした読書の日々。


時に映画やRockな日々。またDragonsを応援する日々。そして珈琲とスイーツな日々。


テーマ:
魔界都市ブルース 黒魔孔 (ノン・ノベル) 魔界都市ブルース 黒魔孔 (ノン・ノベル)
菊地秀行

祥伝社 2017-12-12
売り上げランキング : 34734

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

〈魔界都市ブルース〉シリーズ最新作。

 

新宿一のマン・サーチャーである秋せつらは、妻子を殺された恨みを晴らそうとする男に命を狙われているという花森から、その男の居場所を捜すという依頼を果たしたかと思えたが、それは世界の存亡に繋がる事態に発展していき・・・。

 

 

 

 

今回は全体的に読みやすい印象でした。

普段のひょうひょうというか、茫洋としたせつらの姿はどこかほのぼのとした雰囲気さえ感じられますしね(笑)。

 

しかし、新宿に、そして世界の存亡に繋がる危機が迫っているはずだけど、その緊迫感や危機感はあまり感じれなかったですね。

 

夜香の出番などもあってシリーズのファンには嬉しい部分はあるけれど、世界すら飲み込む黒い孔との戦いまでの流れも含めてあっさりめな物語だったかも。

 

せっかく登場する“私”もインパクトに欠けるので、もう少し”私”の強さとかが見たいなぁ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミュータント (ハヤカワ文庫SF) ミュータント (ハヤカワ文庫SF)
Michael Marcus Thurner

早川書房 2017-11-21
売り上げランキング : 127970

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

〈ローダンNEO〉シリーズ5巻目。

 

今回はテレポーターであるシドの過去がメインに描かれる中で、異能者を集め自分たちのために利用する組織と、異能者の能力を世界をよりよくするためにローダンに協力しようとする勢力と、二つの反する組織の事が少しずつ明らかにされます。

 

一方、アルコン人(クレスト)の本当の目的も明らかになり、また、ゴビ砂漠ではパイ・ジェン将軍に詰め寄られていよいよ苦境に陥るローダンが描かれる中、より一層事態は混沌としてきた模様。

 

あと3巻でピタリと着地点が見えるのか心配になってきました(笑)。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
魔界都市ブルース ゴルゴダ騎兵団 (ノン・ノベル) 魔界都市ブルース ゴルゴダ騎兵団 (ノン・ノベル)
菊地秀行

祥伝社 2017-05-11
売り上げランキング : 69756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

ゴルゴダの丘でイエスを刺した〝ロンギヌスの槍〟

その槍を手にした者は世界を手にする事が。

 

そしてその槍に対抗するのは、”無名兵士の槍”。

これは実はイエスはもう片方からも刺されていたとする、著者の創作設定で、その二つの槍から大きく飛躍する物語となっています。

 

その“ロンギヌスの槍”を巡る戦い、それは<新宿>そのものが決着をつける意思を見せ始めます。

 

そんな中でせつらが鈴香にかけた言葉が印象的で、その言葉をもう一度言ってもらいたいと望む鈴香が、最初に登場した時の印象よりも純な感じなのが意外で良かったです。

 

また、槍に捉われたラジアが時折せつらを想って正気に戻ったのも切ないところですね。

 

しかしせつらがメフィストに受けた特訓て何だったんでしょう。

 

それに「私」の登場もちょっと唐突感は否めず、結末も菊池さんらしくバタバタと一気に畳み掛けられ、結局何だったのかといったところも残念。

 

以前のように“せつら”の怖さを感じさせながらも陶然とさせられるような描写が欲しいですね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
魔界都市ブルース 霧幻の章 (ノン・ノベル) 魔界都市ブルース 霧幻の章 (ノン・ノベル)
菊地秀行

祥伝社 2017-02-14
売り上げランキング : 84660

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

〈マン・サーチャー・シリーズ〉14作目。

 

短編集の秋せつらの物語には、哀愁が詰まっているのが特徴で、その中にコミカルなものがあったりして好きです。

 

しかしながら、こうまで「わたし」が出なくなってくると物足りないと思ってしまうのも事実。

 

今回はサブキャラの出番も少なかったですしね。

 

新宿そのものである〈せつら〉その人が印象に残る場面が欲しいところです。

 

それでも《新宿》はやはり《新宿》である様子は描かれ、魔界都市そのものの魅力はあせる事は無いかも知れません。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ) マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)
近藤 史恵

東京創元社 2016-12-12
売り上げランキング : 23314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

〈ビストロ・パ・マル 〉シリーズ3作目。

 

今回はまたギャルソンの高築君の視点での物語に統一されているのが落ち着きます(笑)。

 

しかし今回は胸がざわつくような読後感の物語が多かった印象ですね。

 

その中で最初に収められていた「コウノトリが運ぶもの」は切ないながらもポッと胸に灯がともるようで、思わず涙が。

 

三舟シェフの優れた洞察力と美味しい料理をまた楽しみたいので・・・4作目も待ってます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。