固ゆで卵で行こう!

ハードボイルド・冒険小説をメインにした読書の日々。


時に映画やRockな日々。またDragonsを応援する日々。そして珈琲とスイーツな日々。


テーマ:
シャルロットの憂鬱 シャルロットの憂鬱
近藤 史恵

光文社 2016-10-18
売り上げランキング : 108801

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

真澄と浩輔は、元警察犬である雌のジャーマンシェパードのシャルロットを迎え入れる事に。

元警察犬だけあって、利口で不審者の気配を感じる事もできるけれど、警察犬である重圧から解放されたのか甘えん坊でもあるシャルロットに、二人はすっかり夢中に。

そんな二人と一匹の穏やかな暮らしに不穏な気配が・・・。





元警察犬のジャーマンシェパードのシャルロットと暮らす事になった真澄と浩輔夫妻。


警察犬だったという事で、初めて犬と暮らす二人の不安もすぐに払拭できるくら利口なシャルロット。

けれども徐々に甘えん坊である様子を見せ始め、それがまた二人がシャルロットをより愛おしく思えるような描写などがとっても優しく描かれています。


とにかく、ほんわかした雰囲気漂う日常の謎をテーマにした連作ミステリ短編集です。


決して著者は狙ってはいないだろうと思われる、各話にあるちょっとした文章に思わずウルッときてしまうのは、真澄のシャルロットを含めた犬たちに対する愛情を感じ取れるから。


それは犬だけでなく、生物と暮らす上で、命を慈しみ見守っていく覚悟も優しく教えてくれているからでもあるからでしょうか。


また、一度でも犬と暮らした事がある人にとっては共感しまくりな場面がいっぱいで暖かい気持ちで胸がいっぱになれますし、犬好きさんは勿論、生き物が好きな人は無条件で楽しめるミステリ。


昔は我が家でも犬がいましたが、また犬と暮らしたくなりましたね~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シャドウ・ストーカー 上 (文春文庫) シャドウ・ストーカー 上 (文春文庫)
ジェフリー ディーヴァー Jeffery Deaver

文藝春秋 2016-11-10
売り上げランキング : 49352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シャドウ・ストーカー 下 (文春文庫) シャドウ・ストーカー 下 (文春文庫)
ジェフリー ディーヴァー Jeffery Deaver

文藝春秋 2016-11-10
売り上げランキング : 51371

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キャサリン・ダンスは休暇先で、友人である人気カントリー・シンガー・ソング・ライターのケイリーがストーカーに悩まされている事を知る。

ボディガードを雇い、法的にも身を守ろうとする中、ケイリーのスタッフの一人が殺される。

果たして犯人はそのストーカーなのか?!




キネクシスの使い手で人間嘘発見器とも言われるキャサリン・ダンスを主人公としたシリーズ3作目。


今回はキャサリンの友人である人気カントリーSSWのケイリーにつきまとうストーカーのお話。


影のようにつきまとうそのストーカーはエドウィンという男で、ケイリーがメアドを変えてもすぐにメールを送りつけ、ケイリーの行く先々へと現れます。


そして発生する殺人事件。

果たしてエドウィンが本当に犯人なのか。

捜査に加わるキャサリンはエドウィンの様子を見てもキネクシスが通用しない相手である事を察します。


やがて新たな殺人事件が発生し、ケイリーの“your shadow”という曲の歌詞になぞらえて事件が起こされているようだと判明する中、容疑者であるエドウィンはその不気味な姿をケイリーの前に度々現わします。


とにかく今回は最初からサスペンス感が全開で、作中に散りばめられている伏線は犯人を指しているのか、それとも著者による誤導なのか・・・。


キャサリンと同じように翻弄されながら読み進ませ、二転三転する展開はディーヴァーらしいジェットコースターサスペンスでした。


また、今回はオニールとボーリング、二人の男性との関係も更に複雑になっていって、キャサリンの女性としての悩みも大きくなります。

もっとも、その二人の男性の間でふらふらする辺りはちょっと好きじゃないんんですよねぇ。

なんだかんだで振り回される男性陣が可愛そうになってきました(笑)。


なにはともあれ今後が気になりますが、どうか男性陣を振り回さないで欲しいです(汗)。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
生か、死か (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) 生か、死か (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
マイケル ロボサム Michael Robotham

早川書房 2016-09-08
売り上げランキング : 21653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現金輸送車襲撃事件の共犯として十年の刑に服していたオーディ・パーマーは、出所前日に脱獄する。

現金700万ドルの行方を知っているとされ、あと一日で自由と大金を得る事が出来るはずだったオーディは、なぜ脱獄しなければならなかったのか・・・。





「人生は短いが愛は果てしない」


まさに愛の物語。


そしてその愛ゆえの行動は、決して望むようにはいかず、それだけに切なさで胸が溢れます。


4名が死亡した現金輸送車襲撃事件の犯人として服役し、刑務所内で想像を絶するような苦難を乗り越え生き残ってきたものの、出所前日に脱獄したオーディの脱獄した真の理由というものが核となり物語は展開します。


主人公のオーディは脱獄後の行動と、そのオーディを追うFBI捜査官、それに刑務所でのオーディの友の視点などからの視点でも描かれていき、バラバラだった事柄もクライマックスに向けて緊張感と共に収約されていき、ラストの場面では思わぬ感動を得る事が出来ました。



刑務所内で孤高の存在として、ただ生き残るためにどのような試練にも耐えてきたオーディの姿に何を見て、何を感じたのか。


それが現れる場面にはオーディ自身は自分が特別であった事は認識していなかったとしても、逆に、だからこそ胸が熱くなりました。



これをきっかけに、随分前に出版されたきりである著者の「容疑者」(過去記事はこちら )の続編シリーズも紹介してって欲しいですね~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
サラは銀の涙を探しに (集英社文庫) サラは銀の涙を探しに (集英社文庫)
橋本 長道

集英社 2016-10-20
売り上げランキング : 172414

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


18歳の女流棋士・七海は、ライバルである金髪碧眼の天才棋士・サラとの初タイトル戦の場に臨んだが、

サラは対局室に現われず、失踪してしまう。

彼女の行方を追う七海はある日、対局サイトでサラにそっくりの将棋を指すプレイヤー「SARA」を見つける―。




『サラの柔らかな香車』(過去記事はこちら )の続編で、将棋小説でありラブストーリーとして前作以上に楽しめました。



サラをライバル視していた七海は、サラが失踪した事によりタイトルを得ますが、サラと戦えなかったからこそ、サラの亡霊に苦しむ事に。


そんな七海の前にサラの事を師匠だと言う少女が現れ、七海はサラを追い求める事になるのですが、そのサラと思われる姿を電脳の世界で見つけ、対局を続けていく事になります。


やがて、それは将棋界の行く末を占うような事態へと動いていく様子が張り詰めた緊張感の中で描かれていきます。



才能ある者と持たざる者、それぞれが胸に抱え、そして立ち向かおうとした未来。


そして“銀の涙”を探した先にあるものは本当に幸せなものだったのでしょか。


狂おしいまでの将棋への愛と盤上の戦いが見せてくれた結末は、決して希望あふれる物ではなかったものの、それでもそこにある熱情に胸が苦しくなり、思わず涙してしまいました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
その雪と血を(ハヤカワ・ミステリ) (ハヤカワ・ミステリ 1912) その雪と血を(ハヤカワ・ミステリ) (ハヤカワ・ミステリ 1912)
ジョー・ネスボ 鈴木 恵

早川書房 2016-10-06
売り上げランキング : 95293

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

麻薬業者のボスの元で殺し屋として働くオーラヴ・ヨハンセンは、不貞を働いているらしいボスの妻を始末するよう、ボスから依頼を受ける。

果たしてそのボスの妻コリナを始末しようとするオーラブだったが・・・。





始末屋のオーラヴが自身が仕える麻薬業者のボスの依頼で、そのボスの妻コリナを殺す事に。


しかしオーラヴはいざ仕事を果たそうとする瞬間、そのコリナに一目惚れしてしまい、コリナを助けるために転がっていくオーラヴの運命が描かれています。


そこにはオーラブの不器用で真っ直ぐ過ぎる、純真ともいえる生き方の裏にある、オーラヴが生きてきた虚実な世界があり、それがクリスマスを迎える白い雪の世界で、切なく美しく、そしてやるせない虚無感に包まれる結末に繋がっていきます。


その結末は雪のように淡く現実と虚実が広がることにより、なんとも言えない、胸の中でざわついたような読後感にしばし浸りました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。